HARD BLOW !

西麻布にて

旧徳さんのいち早い情報のおかげで金メダリスト村田諒太トークショーに行って来られました。
ありがとうございました!

記事は本業が忙しいウチ猫記者に無理やりお願いしましたので、お願いします(笑

まぁとにかく普通のちょっとヤンキー入ってたあんちゃんが金メダル取っちゃったって事で、そんなに騒がないでくださいよ。ま、それもあと3ヶ月くらいなもんでしょうからってな感じで始まりしたが・・

大偉業を果たしたにも関わらず、メディアも含めて勘違いしないでくださいね!と言うあたりは頭のいい人だなと。
一貫したボクシング観はプロの業界の方々にも選手にも是非とも傾聴して頂きたい。
耳の痛い話ではありますが、ファンもしっかりと受け止めていかなければならないと思います。

皆が聞きたかった事、プロ入りは考えているか?には

「それは0(ゼロ)です」と言い切りました。
この理由がふるっている訳なんですが、それは深夜に上がるはずの記事にて

あとひとつ、南京都高校(通称ナンキン)時代の恩師、武元前川先生との師弟愛は今どきの先生や親に考えさせられる部分が大きいと思いました。
武元先生の教えないで教える「生徒に気付かせる」教育方法はいやまじでさんの考える部分にも共通するのでは。

その関係はコミカルでハートフルで武元先生亡き後も村田諒太の心に深く関わり続けているようです。
「オリンピック2日目の夜に武元先生が夢枕に立ったんですけど何も言ってくれない。朝起きると自分泣いてるんですよ。けれども今でも傍に居てくれていると感じた時、(五輪特有のプレッシャーによる)怖さなど吹き飛んでいたんです」

思春期に関わった人間が如何に大事なことか親としても考えさせられるひとコマでした。



その後、折角ギロッポン(死語)まで行くんだからコウジ有沢さんの職場も見ておかなくちゃというわけで西麻布の寿司屋に行って来ました。
ボクシング談義を思いっきりやってきましたので当たり障りの無い所で、それも写真と共にご紹介したいと思います。

これもウチ猫記者にフォームを決めて貰ったあと、僕もそこに書きあげたいと思います。
なんかいつもおんぶにだっこでスミマセン。

さて、色男・有澤幸司の前で「女論」を調子ぶっこいてた僕でしたが確信犯的朝帰りをした後、ウチ猫さんの予想通り我家の今後についての緊急トークショーが某所で行われました。

今回のテーマは引き続き「ボクシングは家庭ひいては人生において本当に必要なのか?副題として女はそこにいるのか!」でした。

僕もこれまでになく真摯な態度でテーブルにつき、彼のキム君にならい対話路線を目指しましたので今すぐ紛争とはなりませんでしたのでご安心を(笑

B.B

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/99-dbe5cbcf