HARD BLOW !

回顧録4

前稿で拳論コメント欄における、ボク愛氏除名の経緯を見てもらいましたが、最初の方はまずまず普通の意見のやり取りだと思います。

「野次馬集団になっちゃ困るよ」「おいおい、いきなりそう否定的な言い方するのは失礼じゃないの?これからやっと始まるとこなのに」「まあどんな活動するのか知らないけど、場合によったら接し方が変わるよ」

乱暴に要約するとこんな感じだと思いますが、ここまでは双方の言い分とも理解できます。ちょっと険悪なムードがないでもないですが、大人同士の本気の議論であれば、そういうこともままあるでしょう。また好意的に解釈すれば、K記者が本気であるがゆえに、まだ何も始まってないうちから「野次馬になるなよ」と釘を刺したとも受け取れます。

しかし、K記者の2番目のコメントの後半の「次はゲストに誰を呼ぶとかで盛り上がってる」という一文、これは完全に嘘です。こういう風にサラッと書かれると、読んだ人は「ボク愛氏含む市民団体(笑)のメンバーがそんな風な盛り上がり方をしている」というのが事実であると認識してしまうでしょう。で、そういうことならK記者が協力しにくいのももっともだなぁ、という方向に読者が誘導されてしまう。
そもそも市民団体(笑)の会合に参加していないK記者が、そんな風に盛り上がってるところを見る機会など「絶対に」ないんですが、よほどの推理小説のマニアでもない限り、そんなとこまで気がつかないですわね。

では何を以ってK記者は「盛り上がってる!盛り上がってる!」とプリプリ怒ってるのか。思い当たるのは、7月1日の茶番劇の晩に、東京駅で食事をした時のことです。
いやまじでさんの寄稿(三)の中に「ボク愛氏はこの会において選手をふくめた業界関係者との交流を盛んにしたいという持論を口にした。これについてR記者は特に反応していなかったように思う」という記述があります。この「特に反応していなかった」というのが、いやまじでさんの勘違い。多分その時いやまじでさんは、他の方と話していたかなにかで気づかなかったんだと思います。本当はこの点について口裏を合わせようかとも考えたんですが、お互い思ったままを綴ろうと決めたのでそれはやめました。しかし私は非常に強く印象が残っているのでよく覚えています。

この食事の席でボク愛氏は、ある業界人の名前を出しました。その人は、奇しくもこの日のホールでK記者の横に移って来て、あれこれと話をしていた超有名業界人のJ氏のことですが、ボク愛氏は会の活動のやり方について「こういうのはどうだろう、ああいうのは…」と提案して行く中で「たとえばJさんなんかを呼んで意見を聞いたり、逆にこちらの意見をぶつけたりしてもいいと思いますよ。あの方はそういうファンの声を聞いてくれる方だと思います」と発言しました。
「そんな素人の集まりにあの人が来るかよ(笑)」とかいうことはおいといて、意見としてはごく普通の考えで、私も漠然と「ああ、そうなったら面白いねぇ」と思ったんですが、これにK記者が食いつきました。

それはまさに「突然」という表現がピッタリな勢いで、猛然と「いやいや、そんな誰を呼ぶとかそんなのはどうでもいいんですよ!」と反論しだしたのです。
その後もいったん火がついた勢いは収まらず、といった様子で「市民団体として活動するなら、何か一つでもいいからJBCの規則を書き替えさせるとか、そういった実績を残さないと意味がない」「将来的には、この団体からJBCの理事に名を連ねる人が出るくらいでないと」といった持論を展開していきました。
このファンの会から理事を出すなんちゅうのも、この段階ではJさんを呼ぶ以上に非現実的ですが、しかしまあこれもその内容はともかく、そういう意見を持っているのは一向に構いません。
しかし、ボク愛氏がポッと言った一言に、なぜあれほど執拗に食いつくのか…その理由はわかりませんし、別に知る必要もないので考えることもしませんが、とにかく不思議でしかたありませんでした。その時点では会の会合は第一回目をやっただけだし、ただ意見として今そう言っただけなので、喜ぶもへったくれもないんですけどね。

そのあとの4時起き氏の文章も珍妙ですね。ボク愛氏が「個人の意見です」とことわっているのに「当会のコメントではないことをご理解頂ければ」なんて書いてますし、その次の「また代表ではないボク愛氏が会のコメントとして受け取る内容であった事は、私の代表代行としての力が不足していた事として反省すべき点だと考えております」に至っては日本語になってませんね。
これの三日後のコメントから推測するに「個人的な意見なのに、それが会の意見として受け取られるような発言をした」ということなんでしょうけど、一体何人の人が、あの時のボク愛氏の発言を「会全体の意見」としてとらえたでしょうか?

また、ボク愛氏のコメントは、4時起き氏も書いている通り、7月9日の第二回会合当日の早朝に投稿されたものです。そしてその後、実際の会合での話し合いの結果、「市民団体的な活動で当面はJBC問題に絞る」ということが確認され、4時起き氏が代表に選ばれたんですから、何ら問題はないと思いませんか?
なのに4時起き氏に言わせると「9日の会合前に変なコメントした」「その後会合ではきちんと方向が決まった」「よって会合前に変なこと言ったボク愛は除名」っておかしいでしょう(笑)。
「方向性云々の話し以前の重大な失態」とか、なんだかとんでもない大事件にしちゃってますが、それほど修復不可能な問題なら、9日の会合が始まる前か、代表に4時起き氏が決まった時点、遅くとも当日のうちには発表すべきだと思いますがね。

そしてその後の拳論コメント欄では、主に匿名さん軍団によるボク愛バッシング祭が開催され、それとほぼ同時進行で某巨大掲示板でも同じことが行われます。これらのコメントは、まるで荒唐無稽なウソならいいんですが、ホントのこととウソを混ぜ合わせているから非常にタチが悪い。そしてその中で、何か強調したい、定着させたいデマについては、何回も繰り返して、複数の人間に発言させるので「色々言われてるけど、その中でもこれについては本当なんだろうなぁ」という刷り込みを狙ってるんだと思います。一時は、ボク愛はコウジ有沢や、宮田ジムつながりで内藤大助を呼び出して、会費制の会合をやって金儲けしようとしてる、みたいなのが連発してましたよね。

そして最後に、拳論のコメントを規制すれば一丁上がりです。もっともボク愛氏の場合は、過去の前例からそれは予想してたので、「書き込もうとしたら規制されてた!」と驚くことはなかったですけどね。
このあたりの、巨大掲示板と連動してのバッシングのくだりは、誰が犯人だという証拠もありませんので名指しはしませんし、私もこの7月頭の時点では「何かおかしいぞ」と感じていた程度でした。しかし、このK記者と4時起き氏のコメントは絶対におかしい、ということだけは感じていました。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/97-3f970c4e