HARD BLOW !

「いやまじで」さんからの寄稿 (八)

6 雲散霧消の後


2011年12月23日以降、私はファンの会を離れ、一ファンとしてボクシング観戦をし、そしてこうして知り合うことのできた人々と意見・情報交換をしている。もっとも、ボク愛氏の活動に私が貢献できるところは少なく、足を引っ張ることの方が多い始末だが。

結局のところ、拳論の管理者であるR記者と4時起き氏の存在は、私の信に堪えるものではなかった。4時起き氏については、約束を守らず、それを他者に責任転嫁し、さらには人を根拠無く「スパイ」呼ばわりして恥じるところがなかった。

或る人が2ちゃんねるで風説や個人情報を流布した。それが誰であるか私は知らない。2ちゃんねるにあがった情報を持っている人間は限られている。が、2ちゃんねるへの書きこみは匿名である。だから私にはそういう書きこみをした人間が誰であるかは分からない。

人は警察の捜査や裁判の物証のようなものを頼りにして生きてはいない。その前にいつも判断は下されている。人に対する見方は、その人の発言・行動によって作られる。誰かがその人たちの横を通り過ぎることをその人たちは止めることはできない。

私は、一つの失敗や悪行でその人間のすべてを判断しない。ある積み重ねられたものから判断する。その人が変わらない以上、私のその人に対する見方も変わらない。それは仕方のないことだ。

2ちゃんねるに個人情報の書きこみをした人が何をしたかったのか、また現在においても何をしたいのか。誰かに何らかの影響力を持ちたかった、匿名性に守られたネットという安全地帯の中で戯れたかった、そういうことなのかもしれない。そして、上手に遊べなかったことは、ある意味で救いなのかもしれない。

今後も2ちゃんねるへの個人情報の書きこみは続くかもしれない。書きこみをした人はこう考えるかもしれない。今後2ちゃんねるへの書きこみがなくなれば認めることになる、書きこみを続けても同じかもしれないがそうでない可能性もある、どちらを取るとなれば後者だろう、と。そういう個人情報の書きこみによって、少なからぬ人が傷を負っている。書きこみをした人間は、そのことを理解しているだろう。そして、もうその書きこみは消えない。

4時起き氏は拳論コメント欄で、昨年のファンの会の雲散霧消について、弁明らしきものを行っていたようである。何人ものボクシングファンが全国から集まり、その代表に選ばれた人間が、それを放置し、その言い訳をする。なるほど。彼はそれなりの年齢に達したよい大人であり、社会的にそれなりに地位のある人間である。

個人的なことだが、そういう人間を代表に担いだ自身について言えば、私は反省はするけれども後悔はしない。ただ、あの日集まった方々にご報告が遅れたことを謝するのみである。

信じるということは、いつでもどこか賭けである。

(終)

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/79-307f5bc1