HARD BLOW !

「いやまじで」さんからの寄稿 (五)

以下は、第2回会合の議事録である。固有名詞をランダムにイニシャル化(本名や本文との相関性はない)している以外は、誤字脱字も含めて変更していない。

◆◆◆◆

仮称「ボクシングファンの組織」第2回会合 議事録
(2011/07/09 10:30~21:00 於:某所)

1.議案の確認

①団体名称と代表の決定
②本会の目的(まとめ)
③活動について具体的提案(質問書作成、署名活動等)
④会則を設けるか(本会議への参加条件等、条件を設けた場合資格喪失等)
⑤第一回会合と同じく、Mの本会参加の動機と目的。およびあらためてのご紹介。
※実名の問題

*上記議案についての掲示板における事前の意見交換は、資料として掲示板にまとめを掲示、会合当日も別紙で配布。

*当日参加できなかったPさんからの事前に掲示板に寄せられた意見(趣旨)。

P:参加資格については妨害行為などを考慮し段階分け(運営とそれ以外)の資格、どこまで情報を流すかの定義が必要か。掲示板とメーリングリストではどちらが安心か。ファンによる業界への意見交流が出来ているサッカー界のサポーター制をモデルケースとして調べてみる必要がある。

2.議事進行

(1)⑤参加者自己紹介(確認のためもあり参加動機を再説)

Y:ジム側からの訴えができないか。

(※PCが立ち上がる前で議事録が不完全。)

T:業界に知り合いがいなかったが疑問を感じてきた。ファンの立場で言えることがある。目的はJBCの問題に絞る。

W:E問題を発端に、JBCに不信感。JBCの監視団体として団体に参加したいと思った。

N:E問題をきっかけに疑問。真実を汚された。Eと近所で核心にちかいものがある。協会を正さないとファンが納得できない。ネットの壁を越えて声を広げていきたい。

C:JBCの対応がひどすぎる。見るのをやめようと思ったが、その前にやることをやってやめようと思い参加。JBCに対してまっとうな調査をしてほしい。

N:(Zさんについて)最初は私怨にしか見えなかったが、Zさんと直接話した
我々はファンの立場として動くと伝えた。

C:業界を離れた方は1ファンとして参加してもいいのではないか、Lさんとか。今JBCとかJPBAにいる人は無理だろう。

N:Zさんの主張とは線引きが必要ではないか。

H:Zさんの暴走を止めるために掲示板を立ち上げた。出発点はボクシングが好きと言うより、人として許せない。D→JBC理事会→の順におかしい、ここを見てやってるんだぞ!とやっていきたい。

N:心情的にはわかるが、Zさんの魂を沈めるのは無理。会としては路線が違うということは明確にする。

T:拳論のリンクが外れたこと。

N:拳論と別にしていいのではないか

C:拳論との位置関係は?

H:拳論内でも反対があったがRさんが記事にした。こいつらが本気でやってると認知させなければならない。

(2)討議

■議題…①会の目的

H:D、JBCに話を持っていくのは偽名は難しいのではないか。個人名を出せば嫌がらせはあるだろう。Mも恐いはず。

C:名前を出したほうがインパクトがある。会の代表者は実名であるべき。

H:目標を決めないとなにも始まらない。

C:NPO法人を立ち上げるとすれば半年かかる。任意団体としてならすぐに活動できる。

H:ファンとしてJBCの処遇に納得できないので、透明性のある回答を出してもらう。

N:納得のいく回答がもらえなかった場合は。

H:ファンじゃなくてもマスコミが飛びつけばいい。そのためにも実名活動が必要。

N:ファンに信頼される団体にしたい。

H:それだと焦点がぼやけるので、問題を特化すべき、一人でもやる覚悟はある。

N:告発したい。

H:最終的にはそうなる。文科省なりにもっていくことになるだろう。署名活動は自然発生的におこるべき。

W:監視団体として長期戦の構えをとることが効果的。

H:JBCにでも協力できることもあるが、おかしいことは徹底的に糾弾する。その根底はボクシングが好きというのは当たり前。

Y:ボクシングに関わってない人が入ってきてボクシング界をよくしている部分がある。選手が声が上げる時に橋渡しができればよい。

H:JBCに市民団体から理事が入る形になれば一番いい。

◆議決:会の目的を「JBC安河内問題の追及」とすることに決定。

※ 全員賛成〔挙手〕で可決。


■議題…③具体的活動内容

N:署名活動をやりたい、質問書の草案作成を急ぎたい。

H:「JBCへの質問状」の内容として、質問1→調査委員会のメンバーの公表、質問2→告発状に対する調査結果の具体的内容の公表。

◆議決事項なし

※ 正式な議決事項はないが、上記の具体的提案有。

■議題…①代表の決定

C:社会的地位がしっかりしている方が対外的アピールに有利。会への取り組みの姿勢、度合いで選ぶ。

H:証言者が証言してくれないことが多い。実名は中途半端に出さないほうがいい。

T:相手のほころびをついていった方がいい。

※ 参考意見…匿名希望さんよりのメール:JBCに専属の公認会計士をつけること。文科省ではなく労務管理問題として厚生労働省に話をもっていってはどうか。

◆議決2:会の代表をHさんに決定

※ Hさん以外の全員賛成〔挙手〕により可決。


■議題…③団体名称

※YさんとNさんは所用により途中退席、残る4名で討議を続行。

・「ファン」という言葉で参加者を限定するおそれがないか。
・勝手に「ファン」の代表を名乗るなというファンがいる。
・「拳」という字を使うと既存の空手団体などとカブル。
・「愛する」という言葉は語感として弱い。

◆議決事項なし

※ 従来案に決定的なものがなく、有力な新案も出ず、議論を次回以降に持ち越し。

■議題…③具体的活動内容(質問書についての議論)

H:JBC(理事会)宛と林コミッショナー宛の2通送る。(告発内容と対応についてお聞かせ下さい。)

T:複数の理事に送ってはどうか?

・私書箱設置(Hさんの会社の近くである豊島郵便局で)

◆議決事項なし

※ 上記の提案有。私書箱については4名で合意済。採決は経ていない。


■議題…④参加資格

・実名、住所、電話番号、メールアドレスを申告し(Hさんにメールで連絡)、メンバーと共有できること。

◆議決事項なし

※ 上記の提案有。4名で合意済。採決は経ていない。


3.議決事項まとめ

◆議決1:会の目的を「JBC安河内問題の追及」とすることに決定。

◆議決2:会の代表をHさんに決定.

※ 懸案事項および承認待機事項として以下の4つである。

・①団体名称

・③JBCへの質問状の作成と送付

・③私書箱設置(Hさんの会社の近くである豊島郵便局で)

・④参加資格… 実名、住所、電話番号、メールアドレスを申告(Hさんにメールで連絡)、メンバーと共有できることとする。

4.次回第3回会合予定…未定

以上

5.補足

 会の目的である「JBC問題の追及」については、Cより正式な文言として下記のものを提案いたします。これをたたき台にみなさんから再度を意見交換をしていただきたく思います。)

・会の目的(案)…

 本会の目的は、公益法人であり日本のプロボクシングのスポーツとしての公正性を担保する組織である日本ボクシングコミッション(JBC)に対して、安河内前事務局長の不正経理疑惑をはじめとする様々な疑惑問題について、完全な第三者による透明性ある調査と、具体的かつ詳細な結果の報告を、ボクシングを愛する者として、また一市民として、要求し行わせることである。
また、不正が発見された場合には、日本ボクシングコミッション規則第一部総則に則って適切な処分を下し、ボクシング界が失った信頼を回復することを要求し行わせることである。

※ 第1部 総則
 ボクシングはスポーツであるが故にあらゆるボクシング試合はスポーツマンライクの態度をもって行われるべきである。
 また、プロフェッショナル・ボクシングは、ビジネスの要素を持つことを認めるが、あくまでも正直なビジネスの倫理法則に合致すべき方法で行われることをもって方針とする。従って、JBCは不正破壊の行為に対しては、たとえ法規において合法と解釈されることがあっても、フェアープレイと誠実の精神を侵す場合は之を排斥する。(JBCホームページより)

以上。

◆◆◆◆

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/76-9d0be525