HARD BLOW !

完敗・・    それでもボク愛

「ひとつひとつ答えましょう」
勝又氏は私の挑発的ともいえる質問にひと睨みした後、淡々と話し始めました。

「先ず私の拳論への投稿に際しては勝又プロモーション代表 勝又 洋と明記してあります。それ以外の投稿は私ではありません。誰かが私になりすまして書いたものと思われます。拳論さんにはその事を指摘してなりすましをやめるよう、また削除依頼もしております。その事(なりすましかどうか)は拳論さんが良く分かっているはずです。コメントの管理をされているのですから」

続けて7月1日に何があったのかを説明した後、問題の襲撃メールについて聞きました。

「7月1日芹江・瀬藤戦の興行でしたね。その日は私もホールに行きました」
「あの日は・・
これまで拳論でのなりすましが一向に止まない為、メールにて再三抗議をした事はありましたが、なしのつぶてでしたから直接会って話しをしたい意向はありました。私はK記者とは会って話をした事がありませんでしたので、Sプロモーターが彼と懇意にされているとの事でしたからSさんに仲介をお願いしました。それぞれスケジュールを調整した後、あの日、7月1日に(3人で)会おうかという話になりました。これは無用な騒ぎを起こさない為です。その事はSさんからK記者には勿論伝わっていたはずです。それがどこでどうなったら襲撃メールなどという物騒な話しになるのかまったく解りません。
しかし、あの日はSさんも興行でずっと忙しかったですし、私も挨拶などで走り回っていましたから、結局は実現しませんでした。

あの日の真相といえばそれだけです。

例えばの話し襲撃してやろうなんて事を本気で考えたとしたら、わざわざメールなんかしますか?ふざけた話です。
その裏で(ファンを巻き込んでの)そんな事があったなんてことも知りませんでした。」


それとあの日、N選手がK記者にストーカーまがいの行為をしたとの噂がありましたね。

「知っています。しかし冗談じゃありません、Nはウチの大事な選手ですよ。その選手を使ってストーカーだなんていくらなんでもあり得ないでしょう。あの日Nは試合を間近に控えてましたからジムで猛練習してましたよ。今ここに本人を呼びますか?」

これまでは冷静に話されていた勝又氏でしたが、N選手のこの話しになった時にはさすがに語気は荒くなっていました。
当然です。
手塩にかけて育てた選手に事実無根の中傷が投げかけられれば黙っていられるわけがありません。私は非礼を詫びました。

しかし、まだまだファンの持つ疑惑は晴れません。
「一歩も退くものか・・」私の執拗な質問攻撃は続きます。

勝又氏は一つ一つ丁寧に、そして包み隠さずに答え話しを続けられました。
その話題はY元事務局長との関係、亀田家との出会いと今に至る経緯、そして何故応援するのか、有名選手移籍問題の真相、噂される団体との関係とその真相など拳論の読者なら皆が事実を知りたいと思ったであろう事柄ばかりでした。それは過去の思想事件の真相にまで及びました。
主義主張の違いはあるものの、真摯に応えられるその姿は実に潔く、私も次第に襟を正さざるを得なくなっていました。

いつしかそれはネット上の勝又氏への誹謗中傷によって作られた幻影を取り除き実像に迫るものとなりました。ファンの心に積りに積もった垢を取り除く作業ともなりました。

午後8時過ぎから始まった勝又氏との会談はジム内で約2時間、更に場所を替えて朝5時過ぎまで延々9時間にも及びました。
これまでの鬱憤を晴らすかのように勝又氏の語りは止まりません。
私もこの6年間の思いの丈を全てぶつけました。
互いに真剣勝負の長丁場ですから、私にとっては頭が痺れる様な展開もありました。
それは一片の曇りも無い、ケシ粒ほどの嘘さえ入り込む余地の無い、実に研ぎ澄まされた時間でした。
しかし、それでもこの数年間をたった一晩では語り尽くせる筈も無く、再会を約束していただきました。

当たって砕けろと特攻隊の覚悟で臨んだ会談でしたが、終わってみれば勝又氏のボクシングや選手に対する愛情と、懐の深さ、男としての器の前に完敗でした。

私はむしろ清々しさを全身に感じていました。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/71-503c1d4b