FC2ブログ

HARD BLOW !

亀田VSJBC裁判 判決の前に その② 東京ドームの責任について

今回は一般紙や専門誌はおそらく指摘しない視点で、JBC(日本ボクシングコミッション)危機の責任問題を論じたいと思います。それは、一言でいうと株式会社東京ドーム(以下東京ドーム)にもかなり責任があるんじゃないの?ということです。

私たちは、事業活動において、法令等を遵守するとともに、高い倫理観をもって自らを律します。

これは東京ドームのHPに掲載されている『コンプライアンス行動規範』の一節です。

ご存知の通り東京ドームは、JBCと密接な関係にあります。JBCは東京ドームシティ内のビルに事務所を構えており、同じく後楽園ホールは関東圏のボクシング界にとっては常打ち小屋と言っていいポジションです。また、JBCのコミッショナーや理事長は、後楽園スタジアム時代からずっと、東京ドームからの出向者のポジションです。

JBCと東京ドームとの一体ぶりは、東京ドームのHP内にある以下のページを見ていただければ明らかであると思います。
    ↓
後楽園ホールの格闘史

そもそもJBCは、白井義男の世界挑戦の為に作られた組織で、日本最初のボクシング世界戦ダド・マリノ×白井義男戦が後楽園球場で行われたことからも分かるように、設立当初から東京ドームの外郭団体と言っていいポジションでした。いわば何十年も東京ドームのビジネス、営利活動と一体なのです。

もう一度繰り返しますが、東京ドームには『法令等を遵守するとともに、高い倫理観をもって自らを律します』というコンプライアンス規範が存在し、また東証一部上場企業として、株主や社会に対して重い責任を負っています。

そうした高邁な規範がありながら、安河内剛氏に始まる一連の不当解雇と、その後の労働裁判による度重なる敗訴を主導したのは、東京ドームグループ企業出身の秋山弘志氏です。安河内氏が解雇前に閑職に追いやられているときの職場は、JBCとは何の関係もない、そのグループ企業のオフィスの一隅でした。パワハラの舞台として、東京ドームの関連会社が使われているのです。

さらにJBC職員のリングアナウンサーが「亀田兄弟に監禁・恫喝・暴行された」という狂言を広めて高額賠償を命じられた名誉棄損事件でも、JBCから何ら処分は下されていません。

そして現在、亀田兄弟に提起された損害賠償請求訴訟で敗訴となることが秒読み段階となっています。

これら一連の違法行為・不祥事を東京ドームはなぜに看過されているのでありましょうか?

というかこれら一連のJBCの財政や社会的信用を危うくする裁判でJBC側の代理人を勤めてきた谷口好幸弁護士は、東京ドームのインハウスローヤー(社員弁護士)で現在の肩書は専務取締役執行役員です。JBCを裁判でボロ負けさせると東京ドームでの人事評価は高まるのでしょうかね?

本来顧問弁護士というのは、無理筋の訴訟案件などは「こんな裁判は勝ち目がないから辞めときなさい」とアドヴァイスするのが仕事じゃあないんですかね?特に安河内氏の労働裁判では全く勝ち目がないのに、最高裁まで無駄な上訴を続け、JBCの財政を徒に危うくしています。

弁護士の先生方は「クライアントの要望に応えただけだ」と仰るのかもしれませんが、JBCから支払われた訴訟費用はボクサーたちが命がけで戦って収めてきた、文字通り血の出るような金です。裁判を戦うことで経営が傾くなら、いったい何のための顧問弁護士でしょうか?

東京ドームの経営陣の皆様には、遊園地やプロ野球、コンサートと言った大衆娯楽を提供する企業として、守るべきイメージがあるのではないか?ということを、僭越ながら言わせていただきたいと思います。

そもそも関東圏以外のジムや選手は、後楽園ホールで興行が出来るわけでもないので東京ドームから特に恩恵も受けていません。東京ドームと不離一体の関係を築いて恩恵を受けているのは興行が打てる一部のジムとか、東京ドームホテルでWBO総会を開いてブイブイ言わせてる人たちだけです。

東京ドームはボクシング興行に関与して、長い年月で莫大な利益を得ており、またJBCの現在のトップ・法的責任者は東京ドーム出身者です。

今回の件に知らぬ存ぜぬは余りにも無責任ではないか?と思えてなりません。

明日はライセンスを選手や関係者を脅す材料として運用するJBCの卑怯なやり口について書かせていただきます。

明日はbリーグ見に行く(旧徳山と長谷川が好きです)


Comment

says... ""
これが本丸ですね。
亀田裁判後の株主総会が見ものです。
2020.01.28 23:10 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
影響ありますかね?まあドーム態度は余りに無責任だと感じます。
2020.01.28 23:21 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/636-5823677b