FC2ブログ

HARD BLOW !

亀田VSJBC裁判 判決の前に その①

 ボクシングの亀田三兄弟が、JBC(日本ボクシングコミッション)とその理事を訴えた裁判の判決がいよいよ今週末に迫ってきました。

 とりあえず判決前の情報整理の意味で、この裁判についての過去記事のリンクを再掲しておきます

 亀田兄弟とJBC職員の尋問の様子はこちらから
   ↓
亀田興毅氏主尋問↓
いよいよ最後の戦いか? 亀田とJBCが法廷で直接対決した当事者尋問傍聴記 PART1
亀田興毅氏反対尋問↓
いよいよ最後の戦いか? 亀田とJBCが法廷で直接対決した当事者尋問傍聴記 PART2
浦谷信彰氏(JBC事務局長)の尋問↓
いよいよ最後の戦いか? 亀田とJBCが法廷で直接対決した当事者尋問傍聴記 PART3
秋山弘志理事長の尋問↓
いよいよ最後の戦いか? 亀田とJBCが法廷で直接対決した当事者尋問傍聴記 PART4

 この訴訟は亀田大毅とリボリオ・ソリスとで争われた、IBF・WBA統一戦において、リボリオ・ソリスが体重超過したことによって、IBFタイトルが勝敗によって空位になるのか亀田の防衛になるのか?という情報が錯綜し、結果的に『亀田が負けた場合、IBF王座は空位になる』という間違った情報がテレビ中継や報道で周知されたため試合後に大きな混乱を呼んだことに端を発しています。

 IBFのタイトルは挑戦者が体重超過した場合に移動しないことは、ルールブックに明記されており、IBFの立会人だったリンゼイ・タッカー氏も自分が誤情報を発信したことを認めています。当該試合のルールミーテイングにはJBCも参加しており、彼らにはルールブックを参照して正しい裁定を調べて、メディアに情報を発信する義務があります。

 JBCは、試合の統括管理者でありながら職責を放棄し、のみならず誤情報が広まった原因を亀田サイドに一方的に押し付けて当時亀田兄弟が所属していた亀田ジムの会長とマネージャーのライセンスを停止。新会長の人事や移籍についてもあれこれと難癖をつけて事実上妨害したことで、亀田兄弟の選手活動は著しく制限されました。

 亀田兄弟が請求している6億6千万円という金額は、ライセンスがあれば得られたはずの利益を過去の納税書類に基づいて算出しており、一見多額に見えますが根拠のある数字です。

 根本的な問題として、この問題における亀田大毅選手と亀田ジムは、リボリオ・ソリスのやらかした体重超過の被害者であるはずです。手落ちはあったかも知れませんが、なぜに亀田だけが責任を問われなければいけないのでしょうか?

 そしてJBCはこの事件を起こす前に安河内剛氏をはじめとする多数の職員を不当解雇して、結果的に数千万円という多額の金銭を損害賠償と裁判費用で空費しています。

 安河内剛氏の地位確認訴訟判決文
             ↓
        高等裁判所判決文

 更に安河内氏の不当解雇に加担した獨協大学出身の巻き舌ナルシストリングアナが、「亀田兄弟に監禁されて恫喝されて暴行されました」と虚偽の被害を申告して大騒ぎ。安河内氏を追放するときにも嘘八百書いてた捏造ライターの片岡亮と組んで記者会見まで開いて大げさに被害体験を訴えましたが、一部始終がビデオに録画されていたことで恥ずかしいウソがばれて、逆に敗訴し、およそ300万円の賠償を命じられています。

 今週判決が出ることでいくつか報道記事はでると思いますが、この問題を時系列順に整理すると

・一部職員とレフェリー・リングアナが画策した不当解雇により労働裁判で敗訴し、損害賠償と裁判費用でJBCの財政が悪化
      ↓
・嘘つきリングアナとライターが共謀して『監禁・恫喝・暴行』を捏造した名誉棄損事件で信用が失墜
      ↓
・大毅×ソリス戦後のライセンス停止による活動妨害に対して亀田に裁判を起こされて、数千万円の高額賠償が必至

という流れがあり、全てが密接に関連しています。労働裁判で金が無くなり、職員による暴行事件の捏造騒ぎで信用がなくなり、亀田との裁判で息の根が止まりそう、という三段跳びで肥溜めに落ちる一歩手前となってるわけです。



口幅ったいことは言いたくありませんが、私たちは何年も前から、こんなアホな裁判や被害体験の捏造、処分の乱発などは全部意味がないからお辞めなさいと何度も言ってきました。こんなことは素人がちょっと調べても分かる事です。

専門の記者やJBCの顧問弁護士、協会の会長達なら事実関係は容易に分かったはずです。破綻が間近になって騒ぎだしてますが、安河内氏が労働裁判の一審で勝訴した時点できちんと総括してればこんな悲惨な事態にはなっていないのです。

JBCに害をなした人達にはちゃんと責任をとって欲しいですが、これまでの経緯を見ると、「どうせうやむやになるんでしょ?」という醒めた気持ちしか浮かびません。自浄作用がない世界には未来はないですけどね。

判決後は『ボクシング愛』とかそういう美辞麗句に騙されないで、社会の中でボクシングが存続できるようなあり方を考える必要があると思います。

3月の観戦が楽しみな(旧徳山と長谷川が好きです)

Comment

久々君 says... ""
久しぶりにお邪魔します。
何時もお疲れ様です。

ここで書かれた通りの展開になりそうですね。

まさか、選手から集めた健保金?までも使ってないとは思いますが、次は刑事事件に発展でしょうか?

2020.01.28 15:19 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
理事会や評議会が機能してないんですよね。なんとか責任をとらせたいのですが...
2020.01.28 23:24 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/635-3fbe0515