HARD BLOW !

試合を終えて ~林涼樹選手 (おにぎり君復活!!)

hayasi04012.jpg

(三谷会長と歓喜の林選手)



━厳しい試合だった

林涼樹(以下H)「いや、本当にキツかったです。関本選手は本当に強かったです」

━初回にダウンも獲り、このままいくかとも思えたが、逆に雑になった?

H「自分としてはブランクもあったので、6ラウンドもつかどうかの不安もありました」

H「だからダウンを獲った時、これで終われば楽だと思って大振りになっちゃいました」

━かつてのフライ級から一気にフェザー級へ上げたわけだが、体格差は感じた?

H「押し合いになっても、関本選手が右を振って、回そう・かわそうという感じで下がるシーンもあったし、そこは思ったほど感じなかったです」

でも再起戦でこれだけ苦戦するのは、むしろいい経験になったのでは…と問いかけると、同行していた元トップランカー氏が

「弱いヤツとダラダラ6ラウンドやったわけじゃなく、しぶとい選手と苦労しながら戦って勝ったんだから、絶対今後生きてくるよ」と助言。

H「僕もそう思います。関本選手と試合できて良かったと思います」

再三、ついさっきまで殴りあってた相手選手に対する敬意を口にする林選手であったが、これはさすがに経験者にしかわからない感覚だろう。
同い年の斉藤選手とは立場も大きく異なるが、何といってもまだ21歳。
眠っていた2年間の分を一気に爆発させる活躍に期待したい。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/62-3a58e885