HARD BLOW !

4/28 神戸 久保隼と世界ランカー対決!大沢宏晋打ち上げスパーレポート

大沢宏晋選手についての過去記事はこちらから→大沢宏晋

いよいよ前世界王者の久保隼選手とのサバイバルマッチが迫って来た大沢宏晋選手。昨年の再起以来、全ての試合に進退をかけて挑んでいる大沢選手ですが、小細工をせず世界ランカーを連破して着実にランキングを上げて来ました。ここで久保選手を退ければもう一度世界が見えてきます。

先週火曜4月17日に行われた、最終スパーリングにお邪魔してきました。

ジムに着くと大沢選手はアップ中。ウエイトを伺うとあと4キロ弱で極めて順調とのこと。サウスポー相手のスパーは、先週も日本ライト級8位の脇田将士選手相手にインターバル30秒で長いラウンドをこなしており質量とも充分。私が見学した二週前のスパーではダウンを奪うシーンもあり、サウスポー対策はかなり順調に見えました(そのときの記事はこちらから→4/28神戸 久保隼とのサバイバルマッチに挑む! 大沢宏晋スパーリングリポート

アップ中に雑談していて知ったのですが、なんでも大沢選手本当は左利きなんだそうです。なのになぜか構えはオーソドックス。右利きの人がわざわざ左に変えると言うのはよく聞きますが、逆は珍しい。そうなった経緯を伺うと「初心者の時に『構えてみろ』って言われて自然にやったら左手が前になったんですよ。『左利きやったら逆やん』って言われたんですけど『左を制するものは世界を制するって』聞いたことがあったんで、これでええかって」と、野生児らしい答えが返ってきました。

この日のスパーはインターバル1分で8R。前回の記事でも書きましたが、パートナーの脇田選手も4月30日にスーパーフェザー級の日本ランカー杉田聖選手とのサバイバルマッチを控える身。お互いが試合直前で減量中のキツいコンデイションの中でどこまで想定した動きが出来るか?

序盤は大沢選手がボディストレートから攻勢。
2018-04-17_19-34-04_456_R.jpg

2018-04-17_19-35-05_684_R.jpg

しかし脇田選手もスパーを重ねて大沢選手のスタイルに慣れてきたようで、体格を生かしてジャブで挽回。

2018-04-17_19-35-13_056_R.jpg
2018-04-17_19-36-05_000_R.jpg

細かいボディうちやアッパーを織り交ぜて、中盤は脇田選手が押し気味。

2018-04-17_19-38-42_381_R.jpg
2018-04-17_19-48-41_233_R.jpg

大沢選手はやや疲れ気味か?とはいえ打ち合いになれば階級が下なのに打ち勝つ場面が多い。

2018-04-17_19-40-56_647_R.jpg
2018-04-17_19-40-57_047_R.jpg

脇田選手も負けずに打ち返す。

2018-04-17_19-54-05_578_R.jpg

大沢サイドの中島トレーナーからは、再三前足の位置を外に置くように注意が飛ぶが、脇田選手は有利なポジションを渡さずヒットを重ねる。

2018-04-17_19-58-20_506_R.jpg
2018-04-17_19-59-05_594_R.jpg

大沢選手は後半ロープに詰めて反撃。

2018-04-17_19-59-17_840_R.jpg
2018-04-17_19-59-18_957_R.jpg
2018-04-17_19-59-19_625_R.jpg

ボディからの連打。

2018-04-17_20-02-25_377_R.jpg
2018-04-17_20-02-27_445_R.jpg

ラスト30秒は両陣営から「出し切れ」の合図が出て無酸素ラッシュで打ち合い!

2018-04-17_20-04-16_862_R.jpg
2018-04-17_20-04-35_534_R.jpg
2018-04-17_20-04-43_202_R.jpg
2018-04-17_20-04-48_620_R.jpg
2018-04-17_20-04-49_637_R.jpg
2018-04-17_20-04-52_711_R.jpg
2018-04-17_20-04-55_145_R.jpg

終了と同時に、両者バッタリと倒れこみました。

2018-04-17_20-05-03_320_R.jpg

仲良く路上でクールダウン。

2018-04-17_20-06-57_791 _R

大沢選手は「苦しい中で最後まで動けたけど、足の位置は修正が要りますね」とベテランらしく淡々と振り返り、脇田選手は「インターバルが一分になって大分余裕がありました。今日はやれましたけどやっぱり大沢さんは強い。パンチが強いのは勿論ですけど、思ったより伸びてくる。いい人と練習できて本当に勉強になります」と世界ランカー相手にいいスパーが出来て手ごたえを感じた様子でした。

大沢選手は中島トレーナーともう一度足の位置を確認。いかに前の足を外に出すか?が本番では鍵になります。ライト級の選手相手でも打ち合って捕まえてしまうパンチ力は大きな武器で、昇級初戦の久保選手には脅威となるでしょう。

2018-04-17_20-18-14_828 _R

対する久保選手と経験豊富な真正セコンドは果たしてどのような作戦をとってくるか?週末の試合を楽しみに待ちたいと思います。

連休は二回旅行に行く(旧徳山と長谷川が好きです)







Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018.05.01 15:24 | | # [edit]
ボクシングファン says... ""
動画見たけど公平に見たけども普通に久保の勝ちじゃねーか

大沢のヘタレぶりに逆にビビったわ

久保の事は好きではないが
あの試合は久保の勝ち

大沢のファンが大沢びいきで見すぎと品がない

2018.05.06 05:42 | URL | #- [edit]
says... ""
大澤サイドの視点で書いた記事と理解出来ずにケチつけたいだけの品格の欠片もないコメント。
2018.05.06 15:12 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>動画見たけど公平に見たけども普通に久保の勝ちじゃねーか

2-1でポイントも僅差だったので接戦だったと思いますよ(笑)。あなたのほうが偏ってます。
2018.05.06 23:57 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
大沢選手応援のヤジは確かに下品だったかも分かりませんね。でもタオル投げたセコンドを批判したり、巨額脱税してるのにセコンドについたり、JBCの職員がボクサーに監禁・恫喝・暴行されたと狂言を言いふらして裁判に負けたり、不法行為でJBCを乗っ取ったり、そのために選手のライセンスを止めたり職員を不当解雇したりするほうがよっぽど下品だと思いますよ。

目に付く分かりやすいものを叩くだけならアホでも出来ます。もっと深く世の中を学びましょう。
2018.05.07 00:01 | URL | #- [edit]
フィールズ翔 says... "メイウェザーも絶賛"
今回は敗戦してしまいましたが、大沢選手はアメリカでバルデスと戦い、アジア人嫌いらしいという噂のあったメイウェザー選手から退場時に直接大沢選手の所に来て絶賛されていたし、大沢選手の心の中にまだ燃えるものが残っているのなら次の試合も見たいです。

色々な考えがあるとは思いますが、ボクシングにおいて、勝った方が偉いのではなく、見ている人の心を感動させた方が私は価値がある選手でありお金払ってみたいです。

また、大沢選手の応援団のヤジが下品という意見がありますが、帝拳ジムのM選手の応援団も相当ガラが悪かったですよ。どれくらいガラが悪いかというと、ヤジだけでなく、見た目がアレな人数人が相手選手の応援団の近くに行ってガラの悪いヤジを飛ばして、相手選手の応援団が黙っていました。

それも問題になっていないので、大沢選手の応援団のガラがどれくらい悪いか知りませんが、そこまでではないと思うので、ボクシング観戦にそういうものは許容されていると思っています。

どの選手かは後楽園ホールで観戦している人ならピンと来るはずです。
2018.05.16 06:27 | URL | #U4QAN.3M [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/604-4714ea3e