FC2ブログ

HARD BLOW !

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公正取引委員会がプロスポーツ選手契約の違法性を指摘 IOCがAIBAへの分配金の拠出を停止 等々

 今年のボクシングも年末二興行を残して、もうおしまいですね。

 今年ボクシング界は、プロ・アマともに旧来的な人脈支配や不合理な慣行による悪弊があらわになった年であったと思います。今年は当HARD BLOW!において、澤谷 廣典氏のインタビューを掲載するとともに、日本ボクシング連盟=オリンピックボクシングの問題点を指摘する記事を沢山掲載してきました。そこで感じたことはプロアマの抱えている問題は地続きで問題の根は同じだということです。

 不透明な人脈支配や不合理な商慣行、競争条件の不公平さ、選手の地位の低さ、などなど「これじゃ競技人口は増えないわ」と思うことばかり。そんなボクシング業界に僥倖となるような一つのニュースが報じられました。

 この記事の重大さが分かっているボクシング関係者、ファンははたしてどれくらいいるでしょうか?
                 ↓
 公取委、契約慣行の違法性を指摘

 年の瀬も押し迫った12月27日、公正取引委員会が芸能人やプロスポーツ選手の契約制度について、画期的な見解を表明しました。いわゆる契約していたタレントや選手に対して、移籍後に活動を制限・妨害する行為は違法だとはっきり表明したのです。

 これにより選手の移籍を制限する法的な正当性は一切なくなりました。移籍が自由化されたということです。

 井岡選手も井岡ジムを離れてどこにでも移籍できる法的な自由が担保されたのです。

 これはプロボクシング界を支えたきた、クラブ制度や従来の商習慣についても重大な影響を及ぼすことになります。

 今年はボクシング界で選手契約を巡って様々な問題が起きました。日本を代表する現役チャンピオンである井岡一翔選手が、肉親の脱税事件に巻き込まれて試合枯れした挙句「引退するのでは?」というような話がまことしやかに流れております。これは、選手の望む移籍が出来ないゆえのトラブルであります。

 駿河ジム所属だった日本ランカー青木クリスチャーノ選手が、不可解なギブアップ負けをしたあと、近親者の方が「骨折しているのに所属ジムから『キャンセルすると高額の違約金がかかる』と言われて試合を強行された」とSNS上で暴露し(現在書き込みは削除済み)これも大問題になりました。青木選手は現在角海老宝石ジムに移籍していますが、このトラブルも周辺取材してみるとかなり信憑性が高いです。

 薬師寺ジム所属のマンモス和則選手が支払い額が二万円と書かれたファイトマネーの明細書を画像つきで公開し、その金額がルールに抵触するものだったことも大きな問題になりました。更にリング上で読みえ上げられた激励賞も受け取っていないということで、新人ボクサーにたいする厳しい搾取構造が浮き彫りになりました。→マンモス和則選手のツイート

 私は今までも
・激励賞を会長にとられた
・33%以上のコミッションをとられたので抗議したら試合を組んで貰えなくなった
・会場で「○○の月間賞の賞金が入ったらからこれから飲みに行こう」と某有名ジムの会長が大声で電話してた
・チケット売ったらタイトルマッチさせてやると言われたけどウソだった
・怪我でタイトルマッチをキャンセルしたら会長に「迷惑料50万よこせ」と言われた

などなど様々なボクサーのエピソードを聞いてきましたが、こんだけデタラメしててもダメなジムの会長の権益は強く守られて来ました。ですが、これからはデタラメな経営をしているジムから選手が移籍しても、法的には何の問題もないことを、国がお墨付きを与えたということです。

 井岡一翔選手!自由に移籍していいんですよ!引退なんかしなくていいんですよ!

 公取委の見解表明によって、ちゃんと規定のファイトマネーを現金で渡しているまともなジムに選手が集まり、選手を搾取しているブラックジムからは選手が流出してまもとな業界になる契機となることを、念じて止みません。

 当HARD BLOW!でもおなじみの元日本ランカーの斉藤司選手も、所属ジムの三谷大和ジムと待遇や報酬を巡って現在裁判となっていますが、今回の公取の見解を見れば訴訟の行方は火を見るより明らかでありましょう。ただ訴訟と言う手段をとれば、選手は貴重な現役時代に空白をつくることになります。

 そのためにはJBCや協会が、違法とならないような実効性のあるルール変更をする必要があります。

 JBC・JPBAのボクシング興行に改善が見られず不合理性や違法性が浮き彫りになれば、大阪天神ジムの山口賢一会長が現在JBCの枠外でやっているプロボクシング興行の優位性がより明確になります。実際彼の興行に参加する選手は増える一方なのです。草試合とバカにしてすむ段階ではもはやありません。

 この公取の違法認定と併せて、タイ人選手の招請禁止や練習生・4回戦選手の激減、ランカー・チャンピオンの高齢化などで来年はプロボクシング興行の根幹が揺らぐ年になると思います。

 今月号のボクシングビート誌に、今年引退した内山高志氏、三浦隆司氏、金子大樹氏三者の座談会の記事が掲載されていますが、近々ジムを開業する予定の内山氏はプロ加盟しない方針をその中で語っています。同じく名王者だった西岡利晃氏もプロ加盟はしていません。知名度があり加盟条件が優遇されている元スター選手がプロ加盟を避けているのいうのは、プロボクシング業界が稼げない世界になっているということの証左であり、名門ヨネクラジムの廃業などと並んで業界の沈滞の象徴であると思います。

 まともなビジネスに刷新する為には制度の変更は不可欠であります。

 一方アマ側に目を転じてみれば、更なる大ネタが発生しました。オリンピックの元締めであるIOCがオリンピックボクシングの統括機関であるAIBAへの分配金の拠出を停止したというのです。

 ロイターが配信した記事「IOCがAIBAへの資金拠出を停止」→IOC stops payments to boxing federation AIBA

 AIBAの財政はIOCからの分配金に依存しており、支払いのストップは大問題。そもそもこのIOCの声明はボクシングがオリンピックの正式競技から外される可能性を示唆しており、問題を放置すればAIBAの存亡に関わってきます。もはや、日本国内の国体の隔年開催なんかとは次元が違う大問題です。IOCのバッハ会長は、AIBAの財務や、競技におけるレフェリング・判定、アンチドーピングの姿勢に対して疑問があることを表明し、対策についてのレポートの提出を求めています。ここでIOCを満足させるような回答が出来なければ、最悪正式競技からの転落が待っています。AIBAの対応によっては「オリンピックボクシングは東京が最後」となりかねない状況であり、そうなればさらなる競技人口の流出は避けられません。アマチュアボクシングから人材の供給を受けてきたプロボクシングにとっても、重大な懸念材料となります。

 果たしてAIBAはIOCを納得させる方針を示せるのか?注視したいと思います。

 ボクシング界は相撲協会以下の人権状態だと考える(旧徳山と長谷川が好きです)
 

Comment

B.B says... ""
公正取引委員会のこの見解発表は、正直遅すぎたと思いますが、とうとう来てしまったという思いもあります。
ジムと選手間のトラブルは他にも沢山あって、これに危機感を持つあるクラブオーナーは、あくまでもクラブ制度の維持を目的として、協会の法人化、契約関係の法的整備、そしてその上でのコンプライアンス遵守を訴えていました。
復帰した安河内JBC本部事務局長も移籍問題についてのガイドライン作成に着手しましたが、自浄作用、業界内からの改革という意味では何れも間に合わなかった。
選手の権利問題として地続きの健保金問題も理想としての完全決着とはなっていません。
本当にJBC事件以のこの5年間が悔やまれます。
人権が蹂躙されても心を痛めない人たちが支配する世界に、時代がNoを突きつけた形になりますね。
僕はクラブ制度を維持しながらの内部改革が現実的として、第三者機関としての性格の選手会設立の必要性を訴えました。
時代を読めず現状を理解できない人らからの圧力や妨害を考慮して、JBCの下部組織としてOB連絡協議会発足を提案しました。
これはコミッション正常運営とクラブ制度維持の為でもあるのです。
これを否定する人は自らの首を絞めている事に気づいていない。
しかし、これももはや必要なくなるかも知れない。
兆しはありましたが、公取委の今回の指摘は圧力団体に変更させてしまう可能性も。
外圧によって変わる事は残念で仕方ありません。
しかし諦めたくない。
一日も早く改革に向けてのテーブルを作って頂きたい。
まだ間に合うと信じるからです。

しかし、ある関係者から「そのクラブ制度が、人権を無視しても平気な人たちを生み続けて来たんです」と言われた時には何も言い返せませんでした。


2017.12.31 03:46 | URL | #bH1htKmU [edit]
ビートル says... "一歩前進だが、壁はまだある"
 公正取引委員会がスポーツ界や芸能界の奴隷的契約を違法視する見解を公表したことは、理不尽で前近代的な慣行を払拭していく大きな一歩になると思います。ただ、これですべて解決とは当然ながらいかず、選手等の正当な権利を擁護するために克服すべき課題はまだたくさんあります。

 第一に公取委の見解は確かに大きな権威がありますが、独立性が高いとはいえあくまで行政機関の見解にとどまります。合法違法を最終的に決するのは裁判所であり、裁判所が公取委と異なる立場に立つ可能性があります。裁判所が適切に問題を把握できず、現状維持的発想から奴隷的契約を違法とまでは言えないと判断してしまうおそれもあり(アイドルの恋愛禁止を合法とし、損害賠償責任まで認めたひどい裁判例もある)、楽観はできません。

 第二に法的には違法と認定されても、事実上の力関係で現在の問題ある状況が維持される危険性が低くない。芸能界で独立した人が干されてしまう事案は後を絶ちません。そして、メディアはタレントではなく事務所の側に立つものがほとんどであり、ファンもそれに誘導されている有様です。
 ボクシング界でも有力ジムが結託して、ジムに逆らって独立した選手を試合枯れの状態に追い込むことは十分ありえます。そして、スポーツメディアが業界主流におもねった報道を行うことはほぼ確実です。ファンにはきちんと真実と問題の所在を見極めて行動する良識が求められます。

 以上のように壁は高く厚いと言わねばなりません。しかし、今回の公取委の見解が大きなひびを入れたことは間違いありません。今後、業界が公正な方向に向かうことを祈ります。
2017.12.31 11:16 | URL | #Dp0g9hEU [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
今回公取が見解で触れてるスポーツ選手の移籍問題では、ラグビーのトップリーグの移籍ルール(選手が移籍する際、前の所属先から承諾がなければ新チームでの公式戦出場が1年制限される)が例示されています。ラグビーも選手会出来て企業スポーツからの脱却や選手の地位向上が問題にされるようになりました。

まともな業界じゃないから人は入ってこないし、引退した人も留まらない。それが今ボクシングでおきていることだと思います。
2017.12.31 12:30 | URL | #- [edit]
B .B says... ""
新年のご挨拶もままならぬ慌ただしさで、申し訳ないです。
年末の世界戦も日本人選手の活躍に祝辞を贈りたかったですが。
井岡選手の引退会見!!
個人的にはカムバックすると信じてますが、一旦のこの幕引きには正直納得が行きません。
余りにも不自然ですね。

という訳で、今年も宜しくお願いします。

なんじゃそりゃ(笑
2018.01.01 10:23 | URL | #bH1htKmU [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/598-f68600d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。