HARD BLOW !

浦谷信彰 JBC 前統括本部長の試合会場出入り禁止!

日本ボクシング協会は8月4日、日本ボクシングコミッション秋山弘志理事長に対し、前統括本部長(現本部事務局長)浦谷氏の国内試合運営関与を制限する旨を通告した。
内容は浦谷氏に対して全国の試合会場立ち入りを実質的に禁止するもの。
この決定は7月26日に行われた協会理事会で決議されたもので、9月1日から実行に移される。

昨年8月5日、混乱と混迷を深めたコミッションの財務問題、健康管理金問題、労使裁判問題その他の解明に向けて共同声明文が発表される予定であったが、直前に決裂。
以来、協会側は根気強くJBC側との話合いを模索したが、責任追及を避けたい秋山氏の態度は固く、協会側の要求にも応える事無く一年が経過した事から今回の強硬措置となった。

これはウィキペディアの日本ボクシングコミッション事件に詳しいが、2011年当時、試合役員であった浦谷氏を中心とした一部の職員が上司を追い落とすために企てたクーデター事件に起因する。
最高裁まで持ち込まれた民事裁判において、不法行為と認定された卑劣ともいえる手段でコミッションを乗っ取ったかたちの浦谷氏らだが、業界内では当時からその職務能力に疑問が投げかけられていた。
そして、その後起こった所謂、健保金問題でも適当な言質や言い逃れを重ねた結果、ジム会長や選手らによる告発準備にまで至り混乱に拍車をかけた。
今回はその責任の追及というかたちだが、筆者の取材では、その他にもコミッション内部の混乱(クーデター一派の内部確執)、財務悪化にも有効な手段を講じる事も無く、高額な給与を受け取っていること、混乱を招く事務局長2名体制、等の背景もあるようだ。

我々もJBC問題をこれまでつぶさに伝えてきたが、とりわけ健保金問題では緑ジム松尾会長の勇気ある行動が無ければ、こうした様々な問題は浮き彫りにはされなかった。
この後のコミッション改革を目指したJBC理事による実質の内部告発、協会理事による問題提起並びに告発記事と続く訳だが、業界内部の意識改革はこれまでを見れば一気に進んだ事は間違いない。
今回の浦谷氏への措置は問題解明に向けての協会総意の回答であり一つの決着であるとして、しばらくトップに固定してあった健保金署名記事は一旦下げる事にした。
これまで趣旨に賛同しご支援とご協力を下さいました皆さまには、この場を借りて深く感謝申し上げたい。

しかし、一連のJBC問題はまだまだ解決には至っておらず、また、係争中の高額訴訟問題もまだ終わっていない。
これらの現場管理責任はJBC理事長である秋山氏にあることは明白だ。

ある協会理事は「とかげのしっぽ切りにはさせない」と当ブログ取材に応えてくれた。

文責 B.B

Comment

シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
というか統括本部長っていつ無くなったんですか?
2017.08.25 22:39 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
JBCの定款によると統括本部長職はまだありますね。
https://www.jbc.or.jp/outline/teikan.pdf
いつのまにか降格になったんですね。
内示として公示しなかったんでしょうか?
高裁判決の解釈の中で違法人事の指摘をされてますし。
それと改革を目指して内部告発をした津江章二氏はJBC理事を外れて、代わりに?改革推進派の東 中日本協会長が理事に。
正味財産は予定通り順調に減らされてる?

あと財務関連では

2017.08.25 23:43 | URL | #bH1htKmU [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/579-12461b94