HARD BLOW !

セコンドによるタオル投入を批判する本田明彦会長は、選手の健康や人命を軽視しているのか?

タイトルの通りです。

昨夜の山中慎介×ルイス・ネリ戦で、4Rに中盤からネリの猛攻に晒された山中選手は防戦一方となり、セコンドの大和心トレーナーのタオル投入によるストップ負け、TKOとなりました。

私は、諸事情でリアルタイムの観戦はかなわず、先ほど録画した試合を見たのですが、ダウンしていない段階でのタオル投入は確かに異例っちゃ異例ですが、別にそうおかしくもないよなあ、と感じた次第。山中選手のキャリアに寄り添ってきた大和トレーナー以上に、正確な判断が出来る人がいるんですか?ちゅう話であります。

頭の中が昭和のまま冷凍睡眠になってるアホマニアは「昔の試合はあんな程度でストップしなかったよ」みたいな、やくたいもないこと言ってるみたいですが、そんなもん「だから何?」という話であります。アホちゃうか。

まあそういうアホなオッサンが、視野の狭い思い込みで「もっとやらせろ」「どっちが倒れるまでやれ」「金返せ」とやるのは下品でバカですが、まあシロウトさんやし仕方がない。問題は利害当事者である帝拳の本田会長と、一部タイコモチボクシング記者の言動であります。

多くのスポーツ紙が報じているように、本田明彦会長は試合後にセコンドのタオル投入にあからさまに不満を表し、「あれぐらいでタオル投げるなよ」という旨の発言をしたというのです。

スポーツ紙各紙の報道を見てみましょう。

まずはデイリースポーツ紙。
  ↓
帝拳・本田会長怒り心頭「最悪のストップ」タオル投入の判断に

以下に引用いたします。

 山中の王座陥落に、帝拳ジムの本田明彦会長は「最悪のストップ」と試合後、怒りを抑えきれなかった。怒りの矛先は、棄権を示した陣営のタオル投入のタイミングに向けられた。4回中盤、ネリの左右フックでダメージを負った山中は懸命に左ストレートを打ち返すも、嵐のような挑戦者の連打を断ち切れず、ロープを背負って防戦一方となった。2分24秒、ダメージを心配した大和心トレーナー(元日本同級、東洋太平洋スーパーバンタム級王者)がタオルを投げ、レフェリーが試合を止めた。「(通常タオルを投げる時は)相談がある。こんなことは初めて」と本田会長。「あいつはいいヤツで優しいから。魔が差したかな」と、二人三脚で山中とV12ロードを歩んできた大和トレーナーについて語った。
 過去、山中はダウンを喫しながらも逆転KOで仕留めた防衛戦が複数回ある。「展開は予想通り。2、3回倒れても結果KOで勝つという。コンディションは最高だった」。


なんと「2.3回倒れても」予定通りだと言うじゃないですか。本気ですかセニョール?!なんすか、そのダウンありきの作戦?!

岩佐選手との伝説の日本大タイトルマッチから、世界奪取後の長期防衛までずっと山中選手に寄り添ってきた功労者の大和氏が、さしておかしいとも思えないタオル投入をしたらマスコミの前で吊るし上げ食っちゃうというのは、パワハラなんじゃないでしょうかね?

つづいては報知
 ↓
山中TKO 陣営の思いに温度差 トレーナーのタオル投入に本田会長「個人的な感情が入った」

帝拳ジムの本田明彦会長(69)は「(トレーナーの)個人的な感情が入った。しのいでしのいで、後半チャンスを待つというボクシングを練習していた。耐える展開は予想通り。トレーナーも分かっていたはず」と早いストップを悔やんだ。大記録を逃した結末を「観客やテレビを見ていた人たちに申し訳ない」とわびた。

帝拳プロモーションの浜田剛史代表(56)は「俺の指示不足かな。山中は効いてなかった」と複雑な表情だった。


どうみても『感情が入って』いるのは本田会長ではないでしょうか?端から見てる分には「日本記録達成を煽って、具志堅さんも呼んで盛り上げてる試合で何してくれてるねん!」とキレてるだけで、冷静さは皆無です。

浜田代表は『指示不足』と謎の総括をしてますが、帝拳はチーフセコンドに決定権がない状態で試合をしているんでしょうかね?

帝拳の選手は試合後の勝利者インタビューで必ず「試合を組んでくれた本田会長ありがとうございます」とリング上で謝意をあらわしますが、勝ったら会長・代表のおかげで、負けたらトレーナーのせいなんでしょうかね?「成果はトップのもの、失点は部下のもの」じゃブラック企業か独裁国家です。

本田会長は、村田×エンダムの後も「村田にポイント入れなかったジャッジは処分しろ!」と『激おこ』でございましたが、最近ちょっと言動が過激になってるようで心配でございます。周囲に諌めるものがおらず、裸の王様になっておられるのではないでしょうか?

そもそも帝拳ジムは、2009年に起きた辻昌健選手の痛ましいリング事故の当事者です。辻選手がポイントでリードしていた為に、セコンドがタオル投入を躊躇したという分析も多かったあの試合のことを、本田会長はもう忘れてしまったのでしょうか?本田会長の叱責によって、今後セコンドがタオル投入を躊躇し、その結果深刻事故が発生したらどうやって責任をとるのでしょうか?業界の『天皇』とも言われ、プロボクシングのイメージを担っている帝拳のトップが、このような粗雑な発言を公共の場所ですることの責任の重さが分かっているのでしょうか?私は呆れてしまいました。

業界のトップが、こうした人命軽視・健康度外視の前近代的発言をしても、さして問題にもならないのはまあお約束ですが、全力でタイコモチを演じる奴もいるというのですから、ボクシング記者の質も落ちたもんであります。

その記者とはネットメデイア『THE PAGE』の本郷陽一記者。亀田大毅×リボリオ・ソリス戦後トラブルの時は検証なしにJBC秋山大本営の発表を垂れ流したり、長谷川穂積選手の三階級制覇の記事で肉親の発言を捏造したり、アクセス稼ぎのヒマツブシメデイアに相応しい活躍を見せてくれる彼氏ですが、今回はなんと本田会長のセコンド批判に丸乗り。

本郷陽一記者のチョウチン記事はこちらから
       ↓
V13具志堅超えに失敗した山中はタオル投入の暴走がなければ勝てていたのか

記事のタイトルにあるとおり、非常に妥当なタイミングだったセコンドのタオル投入を『暴走』とむりやり印象操作して、業界の天皇にすりよるイイ仕事ぶりを見せています。以下に特にイイ部分を引用してみます。

 ネリが入念に練った作戦の罠に嵌っての敗北だったが、4ラウンドのTKOは、山中陣営のセコンドが暴走してタオルを投入したことが発端となっていた。帝拳の本田明彦会長は「最悪のストップ。ビックリした。山中も納得していないだろう」と無断でタオルを投げたトレーナーに激怒。山中も「効いたパンチもなかった。期待してくれたファンに申し訳ない」と悔しさを隠さず号泣した。セコンドの暴走がなければ逆転勝利があったのか。それとも……まさかの不完全燃焼で、6年間積み上げてきた記録が止まった34歳の神の左と呼ばれたボクサーは、今後の進退についての明言を避けた。(引用以上)

のっけから『無断でタオルを投げたトレーナーに激怒』『セコンドの暴走がなければ逆転勝利があったのか』と本田会長の忠犬ぶりを遺憾なく発揮。「本田会長と山中は速すぎたストップの犠牲者で、悪いのはセコンド」と印象付けようと必死ですが、あんまり巧く行っているとは思えません。更に引用します。

会見の最中に、廊下に出た本田会長は早すぎるタオル投入をしたセコンドの暴走に怒りを爆発させた。

「ダウンもしておらずタオルを投げるタイミングじゃない。ビックリした。個人の感情が入った最悪のストップ。魔がさして頭が真っ白になったんだろうけど、こういうこと(冷静に判断できないこと)が起きるから私は、親子にセコンドをやらせるようなこともしないんだ。山中は相手のフックを流していた。それを(セコンドが)わかっていない。
 一回我慢してから巻き返し倒して勝つのが山中のボクシング。展開は予想通り。7回や8回で、あの展開ならまだわかるが、今回、山中は練習の段階から肉体が丈夫で強くなっていたんだ。チケットが手に入らないほどの記録のかかった大きな興行。お客さんやファンに申し訳ないし、これからという展開で、ああいうことが起きて、もし私がファンならカネ返せの世界ですよ。タオルはもとより(セコンドが)リングの中に入っちゃっているんだから、取り返しがつかない。山中も納得いかないだろう」

 帝拳ではタオル投入や重要な試合中の作戦指示は、本田会長が出すが、今回は会長の判断を仰ぐことなく、山中と長年タッグを組んでいた大和トレーナーが独断でタオルを投げたという。
(引用以上)

本郷記者自ら『本田会長は早すぎるタオル投入をしたセコンドの暴走に怒りを爆発させた。』と書いてるように明らかに感情的なのは本田会長の方なのですが、なぜか本田会長がセコンドの判断をこき下ろすと、本郷記者は「セコンドの分際で本田天皇に逆らうとは何事じゃ!」と言わんばかりのタイコモチぶりで同調。そこには「展開が速い試合でそんな悠長なことやってて事故が起きたらどないするねん」という安全に対する問題意識は微塵もありません。

本田会長が滔々と述べてる興行にまつわる話も、要は「俺が日本記録煽って話題作って盛り上げてたのに、なんで止めるねん」というゼニカネ+世間体の話で、長年TV中継の屋台骨を支えてきた功労者である山中選手の健康状態への配慮は微塵もありません。

この記事はYAHOOのポータルのほうにも掲載されているので、沢山コメントがついているのですが、上位のコメントは概ね『暴走』と言う表現には批判的で折角の援護射撃も失敗してるようです。

取材章貰ってリングサイドで見せてもらってる本田会長を批判するわけにはいかんのかも知れませんが、こういうセコい記事はどうかと思いますよ本郷さん。

明日から仕事の(旧徳山と長谷川が好きです)


Comment

B.B says... ""
自分も映像を見て、早いストップと一瞬感じました。
山中選手が酷く殴られて倒れるシーンを見たかったのか?あの展開のあと逆転の左が深く突き刺さるシーンを期待したのか?
正直言えばどちらもです。
自己分析をすれば、ボクシングに、リングの山中選手に挑戦者に、それだけのめり込んで自身をも投影して。
それほどボクシングは深層心理までも揺さぶられるほどに魅力的なものなのです。
ボクシングはスポーツの中でも特に非日常でありますし、それ故、一面を切り取れば自身の中にある狂気をも炙り出される世界でもあります。
試合ではなく死合いの果ての数々の名勝負がボクシングを支えて来たのもまた事実。
それがボクシングの歴史であり本質という論も否定は出来ません。
ですから、感情を剥き出しにするファンの声や、元選手からのコメントも理解は出来る。
しかし、レコーダーのスイッチを消して、日常に戻り我に返った時、大和トレーナーの英断は心から納得の出来るものでした。

山中選手の敗戦は悲しかったけれども、彼の行動は選手を救うだけでなく、ボクシングに関わる全ての人(勿論ファンも含めて)を狂気の世界から引き戻す重要な役目を結果として果たしたと思います。

本郷さんの記事には、長くボクシングを見ているのに何故?とビックリしましたが、紹介のあったヤフーのコメント欄を見て、冷静にボクシングを見ている人が多くて安堵しました。

蛇足ですが、別に擁護する訳ではありませんが、試合直後の本田会長の感情的発言を鵜呑みにしてそのまま書く新聞メディアもどうかしてると思います。
けして打たれ強くない、これまでの山中選手の試合から「ダウンも想定内だった」と解釈するのがプロの書き手だと思います。
これまでの盟主のイメージをぶち壊し、素を炙り出したという意味では、おバカなりに意義はあったと思いますが。
本当の太鼓持ちはもういないんですよ。
2017.08.17 04:36 | URL | #bH1htKmU [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
私は本田会長無防備になったなあと感じました。昔はなかなか表に出て来なかったのに、最近は村田の件でジャッジ批判したり、今回は記者の前で迂闊なこと言ったり、なんか雑だなとかんじます。
2017.08.17 09:06 | URL | #- [edit]
B .B says... ""
一つには、JBC危機問題があったと思いますね。
業界内でも、あら?本田さんの言ってる事と結果が違うじゃないかと。
この人は自分の発言に責任が持てないんだと皆が気付いてしまった。
本田さんが悪いんじゃなくて、周りのメディアがバカだったんです。
本田さんはボクシング界では、傑出したビジネスの人ですが、政治家でも評論家でもない。
門外の事を聞かれても、主観で答えるしかない訳で。
それを鵜呑みにして 、検証もせず大本営発表を後ろ楯のようにして報道し、世論を形成していったメディアの責任です。
僕はある意味では、本田さん可哀想だなと。
2017.08.17 09:58 | URL | #bH1htKmU [edit]
タール says... ""
大前提として、内輪のことなんですから、会長が外に向かっていうこと自体はダメですよね。

ストップ自体のことですが、
スポニチに出てますが、二月の石本の試合のあとに、ストップ時の申し合わせが帝拳内であったようで。
ルールはルールなんだから独断でタオルはダメでしょ。まして、WBCはタオルの投入は認められてないんだから、それを無視しているくらい冷静さを欠いていたんだから、暴走は暴走だと思う。
早すぎるから、心残りでもう1試合して、余計なダメージ負うこともある。どっちが良かったかなんて誰もわからないんだから、ジム内のルールどうりにやるしかない。
2017.08.17 14:13 | URL | #XAjl2.RA [edit]
B.B says... ""
そうです。先の事は誰にも判らない。
だからこそ、目の前の現象を優先すべきでは?

たしかに打たれる山中選手に感情が先走ったかも知れない。
しかし、それも人間の発露です。
結果、「余分なダメージから選手を救った」で良いのではないでしょうか。

浜田さんの言質は男前でかっこいいですけど、それは無事であることが前提であって、万が一の時には責任なんて誰も取れないですよ。
ジム内のルールに従わなかったという事で処分などあれば、僕は業界盟主たる帝拳の見識を疑います。
2017.08.17 18:02 | URL | #bH1htKmU [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
選手が死んだら浜田さんはどうやって責任取るんでしょうかね?実際は人が死んだことに責任なんか取れないんですよ。だからこそストップを早くする必要がある。

ジム内のルールなんてものが、「人命の尊重」という人類共通の規範に優先するはずもありません。実際大和トレーナーは辞職も口にしているのだとか。連続防衛でずっとジムを支えてきた功労者でも、なんの問題もないタオル投入という根拠で一気に信頼がゼロになるって一体どういう世界なんでしょうね。人間味がなさ過ぎる。
2017.08.17 19:45 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
タオル投入は辰吉の試合でもあったし、WBCで禁止とかは盆栽いじりみたいな矮小な話ですよ。下らん。

大和さんは山中の衰えも織り込んで冷静な判断をした、本田会長はプランが狂って逆上した。これが現実でしょう。
2017.08.17 19:58 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
すいません!今ビートルさんより頂いた素晴らしいコメントを操作ミスで削除してしまいました。物凄い中身の濃い長文のコメントだったのに…。本当に申し訳ありません!もしお気持ちが許すなら再度同趣旨のご投稿を宜しくお願い致します。もう一度すいません。
2017.08.17 21:22 | URL | #- [edit]
懲戒 says... ""
村田が負けたらジャッジが悪い、山中が負けたらセコンドが悪い、お話にならないぐらいの責任転嫁には呆れますね。山中がネリ負けたのは単純に、”山中がネリより弱い”からでしょう。ラウンド途中で打ち込まれ、4ラウンド途中採点も聞かずに試合終了。この結果が全てです。

 さらに呆れるのはメディアに対し、自チームのチーフトレーナーをかばうどころかメディアの前で公開処刑。タオルを投げるのが適切か否かを語る以前に、組織のトップとしての根本的な資質に欠けているとしか思えません。このような無能な人物を長年天皇などとあげつらっているボクシング業界のみならず、メディア業界も同一に問題があるのだと思います。この程度でボクシング界で傑出したビジネスの人だというのであれば、本当に程度の低い業界ですね。私には業界でなく本田会長の人格、能力双方の資質に大きく欠陥があると思えます。少なくともこの天皇には、自身が業界のリーダーだとの自覚も矜持もありませんね。帝拳お抱えタイトルのWBCが帝拳選手がチャンピオンの階級の指名挑戦者にネリクラスの挑戦者を指名すること自体が、世界でも帝拳の影響力の低下が確実に進行していることを示しているように思えます。

 次は村田の世界戦再戦でしょう。前の試合でエンダムを勝ちにつけたジャッジが処分される異様な状況の中で開催される世界戦で、エンダムはどうすれば勝てるのでしょうか。リングの上では「本田会長ありがとうございます。」と叫びながら、リングの下では日連の山根会長への挨拶は欠かさない選手が、世界チャンピオンを目指すお手本にならないことを願います。

 
2017.08.17 21:42 | URL | #- [edit]
ビートル says... "極め付きの問題発言"
 本田会長の発言は極めて問題のあるものです。内容もさることながら、大和トレーナーへのバッシングを招来しうるものであり、良識ある大人の行動とは言えません。

 山中選手とずっと二人三脚でやってきており、彼のことを知り尽くしているトレーナーさんが「もうだめだ」と判断したのですから、それを尊重すべきでしょう。「個人の感情が入った最悪のストップ」という意見は、トレーナーに対するすさまじい侮辱であり、この発言こそが最悪と言えます。

 続けていれば逆転できたか?確かにその可能性はありました。しかし、それはネリ選手があのまま押し切って勝利する可能性と比較してどれほどあったのか?むしろ、今回以上のひどい負け方をしてしまう危険性の方が高かったと考えます(実際、最近の山中選手の試合ぶりは危ういものになっていた)。

 今回の試合は「若く力強い挑戦者が衰えの見える名王者を倒して王座を奪った」というものです。試合は面白かったし、試合後の両選手の態度も素晴らしかった。それを権力者の暴言が汚してしまった。腹立たしいことです。

 ただ、唯一プラスの点があるとすれば、帝拳ジムの暗黒面の一部があらわになったことでしょう。ここ10年余り、帝拳ジムは「インチキな亀田一家とは正反対の本物かつ正義のボクシング集団」という扱いを受けていましたが、この一件はその評価に冷水をぶっかけたと思われます。

 さて、ボクシングメディア(特に『マガジン』『ビート』)は今回の出来事をどう書くか?残念ながら事実上日本ボクシング界のトップに立つ帝拳と本田会長に異議を申し立てる気骨のある記者がいるとは思えません。おそらく「試合を止めるのは早すぎたが、トレーナーは責められない」という所でお茶を濁すと考えます。

 なお、私が深刻に思っているのはボクシングファンの間に極端な意見があること。曰く「ボクサーは生命をかけてリングに上がるものであり、それが出来なければボクサーとは言えない。山中だってそう考えていたはずなのに、愚かなトレーナーが家族のことやらなにやらつまらないことを考えて、全てを台無しにしてしまった」云々。この種の暴力的マッチョ主義の考え方は格闘技ファンの間に少なからず存在しますが、仮にボクシングがこのような野蛮な考えによって立っているとすれば、社会的に無意義・有害であると言わねばならないでしょう。

 本田会長は山中選手の今後について、「ネリとの再戦しかない」と言っているそうですが、どうしてそこまで限定する必要があるのか?大功労者である彼の願いを聞いてその実現に力を尽くすという道だってあるはずです。確か山中選手はレオ・サンタクルス選手との対戦を願っていました。それが難しくても、ビッグネームとの対戦を用意してあげてよいのではないか?それをしないのは結局、本田会長にとって山中選手であってすら単なる「駒」でしかないということでしょう。

 最後に、大和トレーナーに対する不当なバッシングが一刻も早く沈静化することを願います。幸いにも現在多くのメディアは今回の試合に関して「山中の敗勢は明らかで、ストップもやむなし」と考えているようです。
2017.08.17 22:01 | URL | #Dp0g9hEU [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>ビートル様

すみませんでした。再度の投稿大変ありがとうございます。

辻選手の事故のときは、最終ラウンドまで辻選手がリードしていて、「このまましのげば勝てる」と言う状況をセコンドやジャッジが斟酌?忖度?した結果、辻選手がダメージでフラフラでありながら、ストップが遅れたのではないか?ということが指摘されていました。

今回の本田会長の発言は、トレーナーやオフィシャルに「試合をとめるな」というプレッシャーをかけるもので、安全軽視も甚だしい。それにプラスして、自分のジムのセコンドに対するバッシングを誘導するような発言をするのも、人間としておかしいと思います。

そもそもプロモーターと言うのは自分の選手の試合を止める積極的な動機付けが働きにくい立場です。

選手を人間扱いしていないのではないか?駒としか見ていないのではないか?と感じます。

今まではWBCをほぼ独占して、国内市場を寡占状態だったのが、四団体加盟で相対的に地位低下してることが、最近の感情的な言動に影響してるような気がします。
2017.08.17 23:19 | URL | #- [edit]
懲戒 says... ""
> ただ、唯一プラスの点があるとすれば、帝拳ジムの暗黒面の一部があらわになったことでしょう

 本当に疑惑がたくさんあります。
 井岡はロマゴンから逃げた、では村田はゴロフキンから逃げたのではないのか。
 1年以上試合をしていない亀海のランキングが上がり続け、何故かコットと決定戦
 ロマゴンvs井上? ローマンゴンザレスはスーパーフライ級では本当に強いの?

 古い話では
  西岡vsドネア戦。当時のルールではWBO・IBFは統一戦に限り認めるというルールのはずなのにWBCダイアモンドチャンピオンとして統一戦に挑む、とごまかす。

 大概インチキだとは思いますが、選手には罪はないですよね。こういう印象操作に加担したボクシングメディアの正体も暴かないといけないでしょう。この期に及んで、世界戦をさばいた伝説のレフェリー森田健氏は今回のタオル関してこう述べる、とかいい加減にしてほしいですよ。JBC秋山浦谷を擁護し続けてきた本郷陽一、次は帝拳の太鼓持ちですか。ライターとしての資質を厳しく問うべきでしょう。

  
2017.08.17 23:31 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
石井一太郎さんのブログ『山中タオル論争』
   ↓
http://blog.livedoor.jp/ichitaro66/archives/52246850.html

素晴らしい見識であります。

『セコンドによるストップは早かったのか?
早い、とは思った。
日本記録のかかった究極の舞台だからね。
でもセコンドのタオルって、
早くなきゃ意味がない。』
2017.08.18 21:29 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/578-2a34a836