HARD BLOW !

地域タイトルの権威を下げてるのは誰なのか?PART2

 過去記事『地域タイトルの権威を下げてるのは誰なのか?』はこちらから
            ↓
        記事へのリンク
 過去記事『「WBOアジアパシフィック認可で地域タイトルの権威ガ~」的な皆様にささげるOPBFランキングの実態』はこちらから
            ↓
        記事へのリンク

  「WBOアジアの認可で地域タイトルの権威ガー」という、偏狭なボクシングファン検証なしの思い込みに反して、彼らが『伝統ある本家アジアタイトル』と信じて疑わぬOPBFタイトルの適当な運営は、ますます歯止めがかからない様相を呈して参りました。

 過去記事でお伝えしたとおり、『二年以上勝利が無く二連敗中、一年以上ブランクがあるボクサー』が、政治力でいきなり一桁ランカーに入ってタイトルマッチをやるという、酷いランキング操作が行われたことはお伝えしましたが、6月20日発表の最新ランキングでは、その逆のケース「ランカーに勝ったのにランキングに入らない。なんならランキングが落ちる」という珍妙なケースが二つも発生しました。

 角海老宝石ジムの、元『あきべえ」としてお馴染みのヴェテラン、渡部あきのり選手は5月8日に10位のマキシ・ナハク選手に勝利するも、ランキングに反映されずランク外のまま。関門JAPANジムのアクセル住吉選手は6月4日の試合で、一階級下の東洋12位にして日本14位だった中谷有利選手に勝利して、ドローを挟んで5連勝となりましたが、なぜかランキングは3位から9位に下落...。負けた中谷選手はランク外になっており、こちらはなぜかきっちり反映されております(笑)。

 試合していない連敗選手がランキングに入れるのに、一方でランカーに勝ってもランキングに入らない・ランキングが落ちるという謎だらけのOPBF。こんなデタラメもWBOアジアのせいなんでしょうかね?

 繰り返しになりますが、興行事情でランキングに多少下駄を履かせたりというのはある程度はしょうがないです。自営業者がHPや名刺にハッタリを効かせたり、レストランやデリバリーのメニュー写真が多少実物より良かったりと言った『粉飾』は、実社会では割と誰でもやってること。上場企業でも粉飾をやってるご時勢ですから、ボクシング界だけが完璧に清潔であれというのは現実から遊離しています。 

 ただだからこそ、現場の人間には最低限の節度がいると思うのです。せめて「勝ったらランキングが上がる、負けたり試合をしなかったら下がる」というような最低限の原則だけは守っていただきたいと思います。

NETFLIXの『GLOW』がガツンと来た(旧徳山と長谷川が好きです)

Comment

幻 says... ""
とりあえずここに。
先ほど、吉井氏、嶋氏の亀田ジム側とJBCで和解が成立したとニュースがありました。
両氏が損害賠償請求を取り下げる代わりにライセンスの発行を認めるとのことです。
これは事実上のJBCの完全敗訴と見てよろしいんでしょうか?
2017.07.19 20:37 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
まあ要するにJBCの主張する根拠ではライセンスは剥奪できないってことですな。

予想通りです。

しかし和解じゃなくて判決まで行ってほしかったなあ~。
2017.07.19 21:29 | URL | #- [edit]
B .B says... ""
和解内容の詳細が不明なので何とも言えませんが、地位確認でそれが認められた訳ですね。
つまり亀田サイドとしては勝ちに等しいと思います。
これで亀田ジム復活が確定です。

それと損害賠償裁判が残ってますが、どのような判決が出るのか?ですね。
2017.07.21 22:56 | URL | #bH1htKmU [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
こんだけ裁判で連敗しても秋山氏や浦谷氏、顧問弁護士の責任は問われないんですね。凄い組織です。
2017.07.23 01:28 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/573-721e6bef