HARD BLOW !

「WBOアジアパシフィック認可で地域タイトルの権威ガ~」的な皆様にささげるOPBFランキングの実態

 WBOアジアパシフィックタイトル(以下WBOAP)の国内開催が認められて一年弱。人生の黄昏を迎えつつある思考の硬直したシニアファンの「伝統ある日本タイトルとOPBFタイトルの権威ガー」という『苦言』を尻目に、試合は増える一方でございます。

 そりゃあ、WBOAPをとればWBOの世界ランクに入るわけですから、極めて当たり前の話であります。WBAやWBCに比べて、IBFやWBOは王者挑戦や世界ランキングへの参入のルールが明確で、癒着関係にあるプロモーターやマッチメイカー氏へ不透明なマージンの支払いやゴマすりも必要ありません。

 そもそも二年以上勝利が無く二連敗中、一年以上ブランクがあるボクサーがいきなりランキングに入ってくるのがOPBFであります。どのような政治力を背景にすれば、このようなデタラメなランキング操作が出来るのでありましょうか?

FullSizeRender_R_201705242234382ed.jpg
IMG_7305_R.jpg

 WBOAPを腐してりゃ済む話じゃあないのです。まあ試合の質の真贋が見抜けない人には権威付けがいるんでしょうね。

 田中恒成がいい試合をしたのに村田の判定問題で注目されていないのが気の毒な(旧徳山と長谷川が好きです)

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/567-9c3d0e22