HARD BLOW !

日本タイトルの権威を貶めているのは誰なのか?

 いやーロマゴン負けましたね。いかなロマゴンとはいえ、昇級即チャンピオン級と連戦というのはちょっと無理があったようです。でロマゴンが負けた後、一斉に「井上との対戦が消滅」みたいな報道が出たのですが、あれなんででしょうね?

 ロマゴンが負けたことでファイトマネーは下がるし、WBCから統一戦の承認を得る交渉も必要なくなります。今回ロマゴンのファイトマネーが6000万ということから推測すると、統一戦となれば井上選手のファイトマネーと合わせれば二団体に支払う承認料だけでウン千万?となりそうですが、それがWBOだけで済むならむしろ実現はしやすくなったと思うんですけどね。山中×モレノだって、モレノがWBAのチャンピオンじゃなくなったから実現したわけで、要はやる気次第。何のことは無い

「ロマゴンのファイトマネーが下がる」+「WBCを噛ませられない」+「井上に負けそう」=「帝拳に旨みが無いから消滅」

ということならファンをバカにした話だと思いますが。まあ別にビジネスだからより多く儲けたいというのは当然のことですが、じゃ「帝拳にとって利益に対してリスクが大きすぎるから中止になりそう」って書けばいいのにね。

 そういえば、村田諒太選手の世界戦も海外の報道が出た後に、帝拳の本田会長自らがコメントを出して打ち消すという珍事がありましたね。どうも契約前に情報が出たことで、相手陣営がファイトマネーの吊り上げに出たということのようです。やれセニョールだ天皇だと言って見た所で、世界に出てみりゃWBCの軽量級以外では大した影響力の無いローカルプレイヤーに過ぎません。粟生選手のベルトラン戦も、体重超過した相手にボコボコにされるという理不尽な目にあいましたが、海外で中量級以上となると、とんと『神通力』が薄れるようでございます。国内で普段自分がやってる政治力の行使を、海外でやられて困ってるという構造ですね。ついでですが、報道されたのは亀田や井岡がやったときは人非人のごとく叩かれたWBAの複数王者がいる階級の、しかも発表当時第三王座という試合(結局第二王座に昇格)でしたが、亀田と井岡の悪口が何よりのご馳走という低脳マニア連中は見事にスルーという対応。権威に弱く思考力も無いという彼らの本質が見事に露呈されました。

 でようやく本題です。

 WBOのアジアパシフィックタイトル(以下WBOAP)の認可以降、アナクロで思考停止の一部マニアが「WBOAPの認可は日本タイトルやOPBFタイトルの権威が低下するからやることはまかりならねえ!」「そうじゃ!まったくじゃ!」とばかり、世界のボクシング界の辺境在住者に相応しい田舎もんマインド全開で吹き上がっておりますが、日本タイトルやOPBFの権威の低下など別に今に始まったこっちゃありません。

 元々OPBFはWBAとWBCの分裂時に、WBC側についたプロモーターが創設したタイトルですが、今やWBCとの関係も形骸化しており獲得して防衛を重ねたところでWBCの世界ランキングに大きく反映されることもありません。結果、世界挑戦に結びつかないという現状では、タイやフィリピンのプロモーターが力を入れている選手を出してくることも無くなったマイナータイトルになっています。日本のファンや業界関係者に思い入れがあることは分かりますが、現実的には他の地域タイトルより別段グレードが高いというもんでもないのです。そもそも地域タイトルが増えていることは時代の趨勢であり、ゴネたところで昔には戻れません。

 本格的な4団体時代を迎え、ますます変化する業界環境の中で、日本タイトルの権威低下を象徴するような酷い事件が先日起こりました。なんと日本タイトルマッチが試合二週間前に、選手の自己都合で一方的にキャンセルされたのです。

 その試合は4月2日に大阪のエディオンアリーナで開催予定だった、日本ライトフライ級タイトルマッチ拳四朗×久田哲也戦。チャンピオンの拳四郎選手が日本タイトルを返上するということで興行のメインだった試合は中止になりました。天災や傷病でなく一方的な返上で、直前に試合中止になるというのは恐らく前代未聞でありましょう。

 この発表と前後して、拳四朗選手が世界戦に出場するのではないかという情報が業界を駆け巡りました。まあ、世界戦が決まったので日本タイトルマッチをする必要がなくなったちゅうことなんでしょうね。

 3月21日に情報を知った久田選手はツイッターで怒りを表明しましたが、それは極めて正当な感情でありましょう。やっと日本タイトルマッチに辿り着き、追い込んだ練習をしながらチケットを売っていたであろう彼の心境は、少しでもボクサーと交流がある人なら想像することが出来るのではないでしょうか?

久田選手による怒りのツイート
IMG_4640_R.jpg

試合キャンセルが報じられる前夜のツイート。磨き上げられた肉体から試合に向けた思いが伝わって来ます。チケットを買ってくれた旧友への感謝の言葉もグッと来ます
IMG_4641_R.jpg

 ここで様々な疑問が生じます。なぜにここまで発表が遅れたのか?なぜこのような身勝手な返上が認めれらたのか?なぜ久田選手の承諾前に情報が発表されたのか?なぜメインが中止になったにも関わらず、プロモーターであるダンガンからチケットの払い戻しがアナウンスされていないのか?

「今はただ受け入れるしかない」という言葉は重く苦いですね
IMG_4642_R.jpg

 拳四朗選手が出場すると言われているのは、5月20日21日二日連続で行われフジテレビが中継するというイベント。井上尚哉選手、村田選手の試合を含む5試合の世界戦が組まれると言われています。此度の理不尽なキャンセルは、まあ言うたらプロモーターの帝拳と大橋ジム、中継するフジテレビの都合に合わせた結果であります。彼らにしてみりゃ日本タイトルマッチの対戦相手の事情や心情なんかどうでもいいのでありましょう。

 本来ならこの試合のプロモーターであるダンガンが試合の実現に向けて尽力しなきゃいけない立場だと思うのですが、実はダンガンは2014年に似たような問題でトラブルになったことがあります。
 騒動を報じる当時の記事
       ↓
<ボクシング>異色のリーゼント王者が事実上の引退危機

 ダンガン興行に出場していた和気真吾選手がTBSが中継する大晦日の興行でのリゴンドー戦をオファーされ、所属ジムサイドは一旦承諾したものの実質的なマネジメントをしていたダンガンはフジテレビとの関係が強く路線対立が発生。和気選手はダンガンと所属ジムの板ばさみとなり結局試合は流れてしまいました。この騒動当時、和気選手には先約でOPBFタイトルマッチの試合契約があり(試合直前ではない)ダンガンサイドは「すでに認定した試合契約を破棄したらとんでもないことになる」と主張したと報じられています。にもかかわらず、今回は試合契約どころか試合直前なのに日本タイトルマッチをキャンセルしており対応が一貫していません。まあはっきり言うてご都合主義です。

 結局今回のトラブルは、ボクシングをコンテンツの一つとしか認識せず念願のタイトルマッチに向けて練習してきた選手の心情など省みない傲慢なフジテレビと、国内ボクシングの事情をよく知っていながら金と自己都合だけでフジテレビに迎合する帝拳と大橋ジム、そういったテレビ局や認定団体とパイプがあるプロモーターに追従するダンガンという三者の合作であります。当事者である拳四朗選手だけを責めて済む問題ではありません。

IMG_4643_R.jpg

 なんと久田選手はチケットの回収・返金とお詫び行脚をしているということですが、なんで一方的に理不尽な目にあった久田選手が『お詫び』をする必要があるのでしょうか?一般社会なら中止の責任がある当事者であるプロモーターが払いもどしに応じることを即発表し、実質的な業務もするのが当然です。

 お詫びするべきはスケジュールを無視して横槍を入れたフジテレビと帝拳・大橋ジムとそれを許容したダンガンではないでしょうか?

 今年は他にも辰吉寿以輝選手が怪我をして試合が中止になったら興行自体が中止になるというひでー事件もありました。これも辰吉選手が出ないならテレビ中継がなくなるから「じゃあ中止にするか」という判断でありましょう。試合に向けて練習してチケットを売っていた選手の心情は置き去りの、プロモータ-のゼニ勘定だけの判断であります。

 TBSが中継する大晦日のイベントは、ここ何年も中継スケジュールに合わせる為に、チケットを買って入場した観客は監禁状態で何時間も会場に閉じ込められるのが恒例になっていますが、興行側はなんら対策をせず放置状態です。

 こうしたテレビ局に迎合した、世界戦スケジュールの極端な偏重と興行サイドの精神的な荒廃が現場にもたらすであろうものを想像する必要があると思います。

 まあやってくる試合をブロイラーのように消費している皆様には所詮大きなお世話なのでしょうかね?

 ファンから怒りの声が出なくて驚いている(旧徳山と長谷川が好きです)
 
  

 

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/560-bd6354f2