HARD BLOW !

今年も色々ありました。

皆さま、年末は如何お過ごしですか?

当方、相変わらず仕事に追われる日々でありまして、昨晩は最終便で帰国。
明日26日は亀田裁判のJBC側証人尋問と、息つく暇もありませんが、書き入れ時も先が見えた事で今年の総括でもしておこうかと、記事枠だけ作っておきたいと思います。
我々がずっと追って来た日本ボクシングコミッション事件、亀田裁判、安河内剛氏JBC本部事務局復帰などなど、実に結果としても色々あった訳ですが、ボクシングファンとしては年末の世界戦に向けて多少浮かれてもみたい。

一見として活況に見える日本ボクシングですが、来年こそは正常を取り戻しますように。

追記もしなくてはな・・と考えている B・B


<12月30日の世界戦>

東京(有明コロシアム)  フジテレビ18時

WBO世界S・フライ級タイトルマッチ
王者 井上尚弥(大橋)vs挑戦者 河野公平(ワタナベ)

IBF世界L・フライ級タイトルマッチ
王者 八重樫東(大橋)vs挑戦者 サマートレック・ゴーキャットジム(タイ)

注目試合 ミドル級10回戦 村田諒太(帝拳)vsブルーノ・サンドバル(メキシコ)


<12月31日各地の世界戦>

岐阜(岐阜メモリアルセンター) CBCテレビ15時

WBO世界L・フライ級王座決定戦
1位 モイセス・フェンテス(メキシコ)vs2位 田中恒成(畑中)


京都(島津アリーナ) TBS

WBA世界フライ級タイトルマッチ
王者 井岡一翔(井岡)vs挑戦者 スタンプ・キャットニワット(タイ)

IBF世界S・バンタム級タイトルマッチ
王者 ジョナタン・グスマン(ドミニカ共和国)vs挑戦者 小國以載(角海老宝石)

注目試合 大森将平(ウォズ)vsロッキー・フェンテス(比)


東京(大田区総合体育館)テレビ東京21時30分

WBA世界S・フェザー級タイトルマッチ
王者 ジェスレル・コラレス(パナマ)vs挑戦者 内山高志(ワタナベ)

WBA世界L・フライ級タイトルマッチ
王者 田口良一(ワタナベ)vs挑戦者 カルロス・カニサレス(ベネズエラ)


※太字は個人的に注目している試合。

Comment

B.B says... "観戦に行かれる方が羨ましい・・"
写真で見る河野選手はいつも通りの仕上がり。
若い井上選手の体の張りと艶には目が惹かれますね。
順調なら王者のワンサイドか、それとも・・
http://boxingnews.jp/news/43837/

八重樫選手と対戦者には体格差がだいぶありそう。
打たせずに打つボクシングを期待。
村田選手の相手サンドバルも仕上がってます。
これに勝って来年はいよいよ勝負ですね!
http://boxingnews.jp/news/43840/

その他、松本亮選手のリベンジマッチに注目してます。
しかし、テレビ観戦もままならずで残念!!
娘が友人と会場に行きますが、いい写真撮れるかな?
2016.12.30 09:34 | URL | #bH1htKmU [edit]
B.B says... ""
間もなくネット配信始まります。
田中恒成対モイセス・フェンテス戦
http://hicbc.com/tv/soulfighting/
2016.12.31 14:52 | URL | #bH1htKmU [edit]
いやまじで says... ""
井上選手のKOパンチ。
動く相手にステップを踏みながらの一撃は狙い澄ましていたとはいえ見事。
Wゴメス×R小林を思い出しました。

田中×フェンテスは見逃しましたが5R決着のようですね。
2016.12.31 16:25 | URL | #Twj7/TDM [edit]
B.B says... ""
井上選手は完ぺきでしたね。
タフな河野選手のダウンシーンは衝撃的でした。
井上選手が危ないシーンと言った通り、一度目のダウンで止めて良かった。

今日の田中選手のボクシングも素晴らしかったです。
2016.12.31 16:46 | URL | #bH1htKmU [edit]
B.B says... ""
内山選手、2-1判定負け。残念!
後半は完全にペースを奪っただけに惜しかったです!
2016.12.31 23:27 | URL | #bH1htKmU [edit]
B.B says... ""
小國選手の載冠はお見事!大金星です。
井岡選手は、ヒヤリとする場面も盤石のボクシング。
田口選手、防衛おめでとう!
すべての選手の健闘に感謝!
みなさま、良いお年を!
2016.12.31 23:34 | URL | #bH1htKmU [edit]
いやまじで says... ""
謹賀新年。

コラレス×内山は露骨にホールド繰り返すコラレスに見ていてフラストレーションが溜まりました(苦笑。あんな選手がチャンピオンというのは残念です。ああいうのには減点するルールを明確にした方がいいと思いましたね。今は駆け引きのひとつになってますが。攻めきれなかった内山も確かに衰えたのかもしれません。今はただご苦労様と。これまでの素晴らしいファイトに感謝です。

井岡、田口、両選手は実力を見せましたね。

それにしても小國選手、素晴らしかったです!!
冷静な戦いぶりには強い意志が感じられましたし、距離感、足遣いが素晴らしかった。
ホンワカしたキャラなのでどこでまで行けるかと思いましたが、本当に最後まで集中を切らさなかった。(試合後のインタビューでは元のキャラに戻ってましたが(笑。
相手に待たれた時の攻撃が課題と思いますが、これまで紆余曲折ありましたし、本当に勝ててよかった。明けまして戴冠おめでとう!!
2017.01.01 12:16 | URL | #Twj7/TDM [edit]
B.B says... ""
内山選手は紛れもなく一流の王者だったと自分は思います。
サルガド戦以来、その風格はセクシーとまで形容されて、日本の歴代世界王者の中でも際立ったものでした。
‘’ダイナマイト‘’だけでなく、どっしりと挑戦者の力を受け止め、左とボディ打ちでプロセスを作り、そして導かれる文句も出ない納得の結果。
名王者です。
しかし、勝負の世界は厳しいですね。
コラレスの終盤のビビり方は尋常でなかったけれど、勝負と言うよりもタイトルへの執着が内山選手のあと一発を許さなかった。
戦前から相性が悪いと言われてましたが、確かに判定では勝てない相手でした。

井岡選手は、ダウンシーンを除けば盤石の一言。
一流のテクニシャンである事を今回も証明したと思います。
彼の試合は観ていて本当に面白い。
井上選手には越された感はありますが、当代きってのスラッガー対技巧の戦いは観たかったです。

田口選手は、まだ伸びしろを感じさせますね。
静かに淡々と、内に秘める闘志は内山選手から学んだのかも知れませんが、これから外に溢出て来るはずです。

そして、何と言っても小國選手ですね。
ボクサーらしからぬ、線の細さが印象でしたが、今回のリングでは一変して見えました。
英国人アウトボクサーのようなテクニックと強靭な意志には本当に驚きました。
実際に和氣選手に完敗した頃とは別人と感じた人は多いと思いますが、元々のセンスに頼らず、ボクシングを研究し尽したのでしょう。
そして、それを最後まで遂行する精神力には目を見張りました。
強打のグスマンと言えば、具志堅さんが挑んだ同じドミニカ共和国のファンを思い出しますが、今回のグスマンは連打で相手を痛めつけるタイプ。
対戦者にとっては本当に嫌なタイプでしょう。
失礼ながら、中盤には捕まるのではないか?と予想してましたが、逆に強打に隠されたウィークポイントを露呈させるとは。
具志堅さんに欠点を暴かれ敗れたグスマンは、その後二度と浮上出来ませんでしたが、前王者も同じ道を辿るような気がします。
それほどに完ぺきな小國選手のボクシングでした。

見事な勝利の田中選手ですが、物怖じしない面白いキャラですね(笑
素晴らしい内容でしたので、見逃された方は是非映像を。
https://www.youtube.com/watch?v=CBjLZcbcLTk

2017.01.02 05:50 | URL | #bH1htKmU [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/552-b3b150aa