HARD BLOW !

大沢宏晋選手がパッキャオ復帰戦のアンダーカードで世界挑戦!

 ついに来ました。WBOランキング一位まで上昇していた大沢宏晋選手がついに満を持しての世界挑戦です。

  大沢 ポスター

 しかもその舞台は、ラスベガスでのトップランク興行でマニー・パッキャオの復帰戦とドネアのタイトルマッチのアンダーカードで、対戦相手はトップランクがロマチェンコの後継王者・次世代のスターとして猛烈にプッシュする、20勝(18KO)無敗のオスカル・バルデス選手であります。

パッキャオ バルガス



 舞台にも相手にも不足なし!というか近年の日本人選手の試合では最高のスケールではないでしょうか?

 是非勝って名誉と大金を掴んで欲しいと願って止みません。

バルデス選手の戴冠戦 VSマシアス・ルエダの映像
      ↓

 
 当方が何度もお伝えしてきたとおり、安河内剛事務局長や谷川俊毅氏のやその他のJBC職員の方の不当解雇を正当化するためのデタラメな裁定で、世界ランカーとしての貴重な一年をみすみす棒に振った大沢選手。普通の選手ならそこで潰れていてもおかしくなかったような、酷い事件でありました。
                
 経緯については以下の記事をご参照ください
     ↓
 どう考えてもおかしい大沢宏晋選手のサスペンドについて

 もう一つのJBC裁判 谷川俊規氏の場合12
 
 前提が崩れた大沢選手のサスペンド

 プロボクシングを生活の糧にするJBCの職員やボクシングライター、専門誌が自分達の立場を守る為にボクサーを食い物にしたという最悪の事件は、まだ解決したとは言えません。彼らのやったことは決して許されることでなく、当方は絶対に追及は止めません。

 当の大沢選手は、そのような酷い目に遭ったにも関わらず腐ることなく這い上がりKOとTKOばかりで7連勝。我慢に我慢を重ねて世界ランク一位まで上り詰めて、この千載一遇のチャンスを掴みました。

 対戦相手のバルデス選手はオリンピック出場経験もあるエリートで、スピードもパンチ力も一流ですが、まだまだ成長途上でアラもある選手。大沢選手の強打とテクニックを持ってすれば充分にチャンスはあると思います。

 トップランクにすればスターの踏み台として、アジアの無名選手を呼んだつもりかも知れませんが、大沢選手は強いです。アップセットで世界のド肝を抜いて欲しいと思います。

 当方も微力ながら試合本番に向けて応援して行きたいと思います。

 井岡ジム脱税報道の暗い気持ちが吹き飛んだ(旧徳山と長谷川が好きです)

 

Comment

B.B says... ""
大沢選手の世界挑戦決定、まずはおめでとうございます。

一年間のライセンス停止という余りに理不尽な処分も、グッと堪えてくさらず、我慢してコツコツと精進した結果がこの大舞台。
長谷川選手の言葉を借りれば「ボクシングの神様は頑張ってる者にチャンスをくれる。それも実力(のうち)。そのチャンスを物にするかも実力。本人次第」と。
誰もが憧れる世界のリングに立つと言うだけでも、選手として幸せな事だと思います。

若き無敗の王者バルデスは攻防兼備の、大沢選手にとって攻略は非常に難しい選手。
当然ですがこれまでの対戦者とは明らかに違う、最上質のボクシングですね。
一打必倒のパンチャーではないようですが、力強いリード、どんなタイプの相手にも必ず合わせて来る左フック、フルラウンド同じペースで戦えるスタミナと精神力。
やや苦手かと思われる長身の相手にも、ポイントの取り方、アピールも非常に上手くペースを渡しません。
更に同じミスを犯さない、試合中にも修正出来るクレバーさとセコンドワーク。
直近の二試合では見違えるほどの硬質なパンチも手に入れたようです。
数試合の動画を見ただけですが、僕には正直アップセットの要素が見つかりませんでした。
大沢選手には左右の強打が何処かで炸裂するかという期待もありますが、そうではなく
相手が嫌がるボクシングを研究して積み上げたような試合を期待します。
一発で崩れる相手では無さそうですし、頭をつけての打ち合いにも付き合ってくれそうもないとすると、下がることなく追いかけるのみ。
時にガードの上からでも叩き続ける強い精神力とスタミナが要求されるでしょうか。

そして、これまでの集大成として思い切り楽しんで来て欲しいです。
アンダードッグとはいえ、これほど大きな舞台に、パッキャオと同じリングに立てる日本人は居ないのですから。
2016.09.23 04:32 | URL | #bH1htKmU [edit]
ホシイモ says... ""
狂ったJBCからの処分でベルト失ってからも
続けてたからチャンスきまつたね
(●´∀`●)
ベルト
アポロ興行がなつかしいでつ

ただ大戦相手が強すぎると思いまつ

しっかりガードしてポイント取っていってほしいし

ルールミーティングでは関西式の採点になるようにプッシュ必要でつ
2016.09.23 11:50 | URL | #bGf9qjkw [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
11月5日ですね!
http://boxingnews.jp/news/41098/

月始め(よかった~)の日曜日、絶対見ます!
谷底に突き落とされたり、こんなにも華やかな山が待ってたり、すごくストーリー性のある人生ですねぇ。
ジャパニーズドリーム叶えて帰ってきてほしいです!
2016.09.24 15:49 | URL | #7SPhLgiM [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
酷い目に遭いましたけれど、それも全て結果でひっくり返して欲しいです。

見くびってる人もいますが、彼は本当に強いですよ。
2016.09.24 16:26 | URL | #- [edit]
B・B says... ""
見くびってるつもりはないですでけど、よっしゃ、大沢選手勝ったらまるとくで祝勝パーティ。
負けたらヤッパリまるとくで残念会でっせ!(笑
2016.09.24 19:30 | URL | #bH1htKmU [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
準備期間もたっぷりあるし、完璧に仕上げて欲しいですね。
2016.09.24 20:17 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
勝負を分けるものの一つには、勝ちに対する貪欲さ(精神論ではない)と思うんですね。
仰ると通り想定される状況にどれだけ準備出来るか。
大沢選手が勝つためには、先ずどれだけのリスク回避を研究準備を出来るか。
ボクシングはやはり打たせずに打つ。
王者バルデスは常にそれをやっています。

僕が今の叩き上げの若い選手に知って欲しいのは輪島功一さんの偉大さ。
それは勝負に対する貪欲さです。
輪島さんも一見クネクネと普通にダッキングを繰り返してるようですが、相手のアッパーや返しの左フックのリスクを避けるべく視界が狭まらないように工夫してますね。
https://www.youtube.com/watch?v=Xh_evVV8EAg

世界戦の準備期間としては僕は短いように思いますが、色んな人の意見を聞いたり見たりする事も勝利には重要な要素と思います。
世界戦に臨むというモチベーションは最高潮になるでしょうし、あらゆる可能性を広げるチャンスですね。
貪欲に、貪欲に、頑張って欲しいです。
結果、世界をあっと言わせる試合を心から期待します!

大沢選手の理不尽な窮状をいち早く伝えてくれた旧徳さんです。
世界戦までのリポートにも期待してます!
2016.09.26 05:52 | URL | #bH1htKmU [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
本当に関西のボクシング界の叡智を結集して戦って欲しいと思います。

私が思うに、ランキングの上げ方見ても全て戦略的で、掴むべくして掴んだ機会だと思っています。決してラッキーでここまで来たわけではない。

最近は、試合後もすぐジムワークを再開したり、いつチャンスが来てもいいような調整になっているようです。

大舞台で今までの鬱憤・鬱積をすべてぶつけて欲しいです。帰ってくるものも大きいですからね。
2016.09.27 10:43 | URL | #- [edit]
B・B says... ""
まったくその通り!と思います。
WBOのシステムや意向をちゃんと理解して利用する、当然の事です。

それと、垣根や利害を越えて関西が一丸となれたらこんなに凄いことはない。
簡単な話し、大沢選手が聞きに行けばいいんですよ。
勝つための純潔な貪欲さってそういう事だと思います。
小さなジムが世界王者を作るって至難の技です。
さらに応援しようと考える人は必ず現れると信じてます。
2016.09.27 19:36 | URL | #bH1htKmU [edit]
says... "必然的なミスマッチ"
これは近年の日本ジム所属選手の世界戦でも稀にみる惨敗になるという確信があります。
短くても小原のようにチャンピオンの膝を揺らす、という見せ場もなく。甚だしい場違い感だけが後味として残るだけでしょうね。

試合を前にして辛辣極まりないですが、この選手ここ数年間、この階級で世界にかするような選手とすら対戦が皆無ですから。
いや、数年と言わず、キャリアを通してもか・・・
この階級で国内の強豪相手にすらサバイバルする気概のない選手なんぞ絶対にノーチャンスです。

細野、下田、天笠、竹中・・・ 皆、大沢のようなぬるいマッチメークではやっていませんから。
陣営も選手本人もこの階級の厳しさを自覚しているからこそ、現実を見据えて鎬を削っているのでしょう。
最近日本王者になった林翔太に勝てるのかどうかも疑問です。

トップコンテンダーになったところでPPVにのるような試合には日本人選手は使えない、という風潮にならないことをただただ願うばかりです。
2016.09.28 00:57 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
まあこういう意見もあってこそ盛り上がると思いますが...

むしろ日本タイトルやOPBFを長期防衛してても世界で勝てるわけではないという冷徹な事実を日本のプロボクシング界は直視するべきだと思います。

むしろ国内でばかり試合せず海外でドンドン試合するべきです。

2016.09.28 01:04 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
>トップコンテンダーになったところでPPVにのるような試合には日本人選手は使えない、という風潮にならないことをただただ願うばかりです。

日本人というくくりではそれは無いと思いますが。
そもそもこの試合はスター候補バルデスの強さをアピールする為に組まれた試合と言っても過言ではないと思いますし、興行側も大沢陣営もそう捉えているはずと思います。
大沢選手が例えば惨敗したとしても、「日本人選手は」という事になる根拠は何処にあるのでしょう?
そうした論調は覚悟を決めて試合に臨む選手個人の負担ばかりか、そこに続く選手の必要以上の負担にもなりかねない。
決まったからには、結果を見守る。それで良いのではないでしょうか。

国内戦でしたが、井上選手に惨敗したパレニャスが挑戦時に1位だったことには驚きましたが、だからと言って比国人選手すべてが評価出来無いとはならないでしょう。
海外に出たら尚更のこと国籍よりも個々のタレントの強さやアピール力こそが評価の対象なのではないでしょうか。
千載一遇のチャンスに無名の選手がどれだけアピール出来るのか?僕はそこに、大沢選手の人間力に期待します。
そうしたストーリー性に期待する事もまたボクシングの面白さではないでしょうか?

ただ、仰ることの意味(批判を加えなければならない)は同じファンとして良く解ります。
後で述べようと思いましたが、そもそもですが、自分はいまだにA,C以外の加盟には懐疑的である事を言っておきます。
世界王者は絞られた僅かの人間であるべきというのが持論です。
ですから、世界の趨勢だからという理由だけで日本のボクシングの正統性をアッサリ捨ててしまったのは本当に残念。
日本のやり方でボクシングの基本概念と正統性を世界にアピール、またリード出来たはずと考えていたからです。
これまでのタイトルの権威価値を捨て去る事になりますし、タレント至上主義に日本もまたシフトして行くのかと。
当時、タイトルの承認だけなのか?団体加盟なのか?を明確にしなかったJBCの対応に拘ったのはそれが理由でしたが、予想通りなし崩し的に加盟になった。
今さらですが、こうした経緯はちゃんと残して置かなければまた同じ轍を踏む。
現実になったものは仕方がないので、ならば他団体の全ての下部組織(システム)をも認めなければ筋が通らないという結論になる訳です。
こうした考察や議論も無いままに加盟に至った事で、これからも混乱は必ず起きます。
何れまた触れる事になると思いますが。

さて、仰る通り小原選手も惨敗はしましたが、国内トップを証明して満を持しての挑戦でした。
結果がどうあれ同じように段階を踏むべきという論はまったくその通りであると思います。
しかし、一方でWBOだけでなく他団体の下部組織のランキングシステムの活用が出来る事になった訳ですから、特に有力プロモーター配下に無い選手に取っては、チャンスが大きく広がるもので、これはしがみ付いてでも当然に使うべきです。
大沢選手のトップコンテンダー獲得はWBOのランキングシステムに沿ったものですから、その点では批判に当たらない。
それよりも、世界の現実(現状)を大きな後ろ盾も無い無名の選手が、小さなジム(失礼な言い方ですみません)が、それを見せつけた事で、後に続く同じような境遇の日本人選手らにも夢を与えるのです。

これは大沢選手の事ではありませんが、地方のそれも叩き上げの選手には段階を踏むマッチメークすら困難なのですから。
2016.09.28 06:28 | URL | #bH1htKmU [edit]
ホシイモ says... ""
スーパーバンタム級の小國も大晦日に世界やりまつよ

相手はグスマン

(*/ω\*)厳しいかも
2016.09.30 13:52 | URL | #bGf9qjkw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/536-f781d808