HARD BLOW !

健保金問題を矮小化しようと必死の人たち

 いよいよ法廷闘争という段階へと突き進みつつある健保金問題でありますが、このしょうもない混乱の責任は全て

「最高裁判決に従わない」
健保金問題の存在を認めない
嫌疑を晴らす為の情報公開もしない
違法行為に至る組織経営の間違い認めない


というないない尽くしのJBC側にあります。

しかしながら、『違法行為上等!』のブラック経営道をひた走るJBCを、ことここにいたっても熱烈応援するイカレた方が、虚しいネガキャンで今日も安河内事務局長や渡辺協会長、松尾会長を貶めようと必死のようでございます。人間と言うのはここまで卑小な存在になれるのか?と驚くばかりです。実際彼らの論拠はおかしなことばかり。論理も倫理もゼロどころかマイナスでございます。

以下、彼らのおかしな論を検証していきましょう。

財団法人では保険業務は出来ない

日本山岳協会は保険制度維持しています。というわけで出来ます。
    ↓
山岳保険について

健保金は安河内時代に一般会計に組み込まれている

法改正で公益財団法人の資格を一斉に見直す必要上、一旦経過法人となった関係で、一時的措置として会計処理されただけで、実態として保険制度も基金も維持されていました。JBCは保険業務を継続するためにも、是が非でも公益法人格を維持する努力をするべきでしたが、あっさりと一般財団法人になってしまった(とはいえ実態としては現在も経過法人であります)。
「安河内のせいだ」というのは問題の実態がわかっていない人の妄言に過ぎません。松尾会長は2013年から健保金の制度の維持を訴えており、その時点でJBCは協会の抗議を受けて健保金の残額を別口座に移しており、基金的な性格を知悉しています。今頃になって「会計的には一体に管理して来ました」と主張しても無駄であります。
そもそも競技の特性上、傷病対策はJBCにとって最重要の問題であり、そこを投げ出すならJBCの存在意義自体が問われることになる。

安河内氏の裁判と健保金問題は関係ない

健保金は敗訴確実な無謀な裁判費用で消費された可能性が高いので、非常に関係があります。

健保金問題を急に騒ぎ出すのはおかしい

2013年に制度改悪が告知されてからずっと問題になっています。急に問題化したわけではありません。

出勤しない安河内はおかしい

地位確認裁判と言うのは職権を争うものであり、職権を剥奪するような制度変更があれば判決の無視であり、新たな違法行為であることは明らかです。もしこのような制度変更を認めるなら、ブラック企業の跳梁を許すことになり、法の精神の否定となります。制度変更して職権を剥奪するような卑劣な行為を肯定する人間は、単なる社会悪であります。ボクシング界にとどまる問題ではありません。

JBCを批判している人間は亀田にあやつられている

 困った時の亀田頼み、亀田あったらメシ何杯でも食える、無人島に一枚レコードを持っていくなら亀田、という感じで亀田出しときゃ、頭の弱いボクシングファンの感情を動員できるだろうというお馴染みの作戦であります。

 現代ビジネスの長文インタビューで健保金問題や安河内裁判への対応を厳しく批判した、協会におけるJBC批判の急先鋒である協栄ジムの金平桂一郎会長は亀田一家と報酬を巡り裁判闘争となり関係が決裂し、最近では大竹氏を会長にした亀田ジムの協会加入に反対して阻止したと言われる方でございます。なんでこんな人が亀田に操られていることになるのでしょうか?頭の回路が混戦しているのでしょうか?

 理事会で浦谷氏の解任に投票した大橋秀行氏も亀田の操り人形なのでしょうか?

 亀田黒幕論はもはやユダヤ陰謀論と同レヴェルのヨタであります。

 判決からまもなく三ヶ月が経とうというのに、未だに違法行為の当事者が組織に居座っているのは、法治国家の常識から言っても明らかに異常であります。

 詭弁を弄する連中に辟易する(旧徳山と長谷川が好きです)




Comment

ホシイモ says... ""
最高裁ででた判決を守らない場合は逮捕されるのでつかね

(。・ω・。)
2016.08.28 16:29 | URL | #bGf9qjkw [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
また裁判で負けるだけです
2016.08.28 16:51 | URL | #- [edit]
Tech21 says... ""
矮小化だけならまだしも、現実に目を瞑り、事実を捻じ曲げてまでの
健保金問題を訴える方々への非難はもはや中傷の域です。
しかも、そうした中傷をする人は裁判で敗けたライター周辺に集中しているように見えます。
と言うより、敗訴ライターを批判すると必ず起こる現象でもあります。

なぜ彼らは健保金問題を矮小化しようとするのでしょうか?
私には当事者への取材もせず、噂レベルや憶測で記事を書くライターの正当化であり、
記事対象者やライターへの批判者に社会的に悪印象を植え付けることこそを目的とし、
矮小化そのものは二次的ではないかと思います。
実力は伴わないが異常に自尊心が高い人に良く見られる代償行動なので、
事実や間違いを認められない以上、収まることはないでしょうね。

所詮、勇なき者です。論に能わずではないでしょうか。
2016.08.28 20:19 | URL | #- [edit]
B・B says... ""
その通りであります。
それ以下でもそれ以上でもありません。
2016.08.28 21:24 | URL | #bH1htKmU [edit]
B・B says... ""
だから、もう相手にする必要もないのです。
論壇を壊すのが目的なんですから。
まともな論壇があると困る人、壊したい人が最終の的です。
もはや手先を相手にする必要もありません。
2016.08.28 21:31 | URL | #bH1htKmU [edit]
幻 says... ""
某ブログで亀田ジム移転(廃業の可能性)を詐欺だとかでコメント欄を賑わせてますが、
しかしまあ、自分らのことを棚に上げて良く書けるなと。
亀田ジムに損害を与えたのはブログ主で、スラップ訴訟募金活動という詐欺行為もブログ主で間違いないと思うんですがね。
2016.08.28 22:27 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
ちゃんと教育を受けた人や、社会的な地位がある人でも、ネトウヨが流布してるようなデマを信じてる人はわりと一杯います。

ネット上の中傷に対して裁判で勝っても、デマが消えないケースも多々あります。中傷は攻撃対象にマイナスイメージを植えつけることが目的で、一般の人はいちいち裁判について調べたり、デマ書いてる書き手の経歴を調べたりもしません。大半の人は活字になってりゃ信じると言うレベルです。
 
だからこそ、高踏的に構えないで、しつこく事実を指摘し、捏造やデマはすぐ否定し、問題の有る書き手についてはしつこく注意喚起する必要があります。

そうでないとまた新たな犠牲が出るだけです。
2016.08.29 00:53 | URL | #- [edit]
B・B says... ""
旧徳さんの意思が何処にあるのか、ここで改めて聞けて良かったです。
記事と併せて納得しました。

しっかし疲れる作業だなぁ(笑

2016.08.29 11:50 | URL | #bH1htKmU [edit]
いやまじで says... ""
とりあえず安河内氏の件についてコメントします。

安河内氏が出社しないという事実を、何らの留保もなしに文書で示すJBCの対応は余りに不謹慎。情けないとしかいいようがない対応です。

安河内氏が出社しないのには理由があります。また留守電云々を含めて文書で示された事実は判決確定直後の話で、文書発表時は既にJBCと安河内氏は代理人を通じて何度も折衝を重ねています。


平成28年7月30日付「健康管理見舞金、ならびに安河内剛氏に関してのご説明」(HP上は「健康管理見舞金等に関するご説明」)の「2 安河内剛事務局長の就業問題について」の中でJBCは次のように示しています。

「(前略…)当財団としては、当然に同氏が判決〔6月8日…引用者注〕の翌日から事務局長として就業するものと考えておりましたが、同氏は出社しないばかりか、何らの連絡もしませんでした。また当財団から同氏に再三にわたり電話しましたが、留守電になるばかりで、同氏に当財団に電話するよう伝言を残してもやはり何らの連絡もありませんでした。
 そこで、当財団は、同氏に対し、平成28年6月16日付書面にて同月20日からの出社を命じましたが、同氏は、代理人弁護士を介して出社の条件につき協議を申し入れてきただけで未だに当財団に出社しておりません(なお代理人弁護士同士の協議は始まっております。)
 いずれにしましても、当財団としては、同年6月20日に出社するよう通知しているにもかかわらず、未だに同氏が当財団に出社しないのは、極めて遺憾であります。」

※ 全文→http://www.jbc.or.jp/rls/2016/0816.pdf

安河内氏が出社しない理由は、JBCが安河内氏との裁判の間に定款を変更し、事務局長職の上に「統括本部長」なるものを設け、従来現場の全権を担った事務局長職の権限を大幅に削ったことにあります。そしてその統括本部長に就任したのは安河内氏降格の判断を当時の林有厚コミッショナーに迫った浦谷氏。そしてその降格人事は不当なものと最高裁が認定したのです。

最高裁で確定した「事務局長の地位にあること」を認める判決を実質無効化するこの行為。あまりに見え透いた、子供だましとしかいいようがない行為ですが、それでもJBCは、安河内氏が出社しない、非があるのは安河内氏、と言い募る。JBCの居直りとしかいいようがありません。

また、「出社しない」「留守電になる」とは判決確定直後の話(6月9日以降)。文書の公開は7月30日付で、既にJBCは安河内氏と代理人を通じた交渉を何度も重ねている時期。その時期に、安河内氏が「出社しない」「連絡しない」という、かなり以前の事実を示すことにどのような意味があるのか。安河内氏の名誉を不当に傷つける意図があるとしか思えません。

現在の統括本部長の浦谷氏は、8月5日の共同声明決裂後の囲み会見で「何かいろんな噂が流れてるみたいですけど(笑…」と発言していましたが(映像もありますので公開も可能です。。)天下のJBC、歴史あるJBCの曲がりなりにも現場トップともあろう者がこのような発言をすることに大いに違和感と失望を覚えたものですが、その「いろんな噂」に対抗するためにJBCはこのような文書を出したのでしょうか。あるいは最高裁確定判決も彼らにとって「いろんな噂」の一つに過ぎないのでしょうか。そうだとしたら、救いようがないとしか言いようがない。

私は浦谷氏のみならず秋山氏も解任すべきだと思っています。
2016.08.29 23:09 | URL | #Twj7/TDM [edit]
いやまじで says... ""
あと、JBCの文書の中で、安河内氏について「懲戒解雇処分が無効と確定」とは書いても、
「事務局長降格の無効が確定」とは決してしませんね。

「懲戒解雇」を強調したいのでしょうか。
「事務局長降格(林有厚前コミッショナー・前東京ドーム社長による判断)の無効」を認めたくないのでしょうか。
その両方なのでしょうか。
2016.08.29 23:31 | URL | #Twj7/TDM [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
>「何かいろんな噂が流れてるみたいですけど(笑…」

貼っていただいてるPDFファイルの文面にも、「当財団が健康基金から平成24年4月以降の訴訟費用や和解金等を支払っているなどとし、これは横領とか特別背任であるとの発言がありますが、」とありますが、JBCは誰のいつのどのような発言にたいして、誰に何を説明しようしているのかをはっきりさせず、自分たちが言いたいことを何かにかこつけて一方的に漠然と話すばかりで、とにかく時間のロスが多いですね。強力な第三者の存在なしにはストレスに満ちた時間が無為に過ぎていくだけです。

ちなみに上の「 」でくくった引用は「これは全くの誤りであり、当財団に対する名誉毀損にもなりかねない」と続きますが、誰か公然とそれを摘示した人があったでしょうか。書面や口頭で直接伝えたとしても名誉毀損の要件を満たしませんし、伝え方によって侮辱に当たるかどうか、また「これは横領とか特別背任であるとの発言」があったとすればその真実性については、今後いやでも明らかになると思います。

以上、「 」で引用した部分がなぜ当該文書に記されたのか、何らかの牽制になるとでも考えたのか、常識的な私には全くの謎です。本郷記者の記事では協会にも同様のことを(訴えるなら反訴するとも)伝えているようですが、それまで健保金にそこまで興味を向けていなかった私も、これ(「横領や背任って言わないで!」と言っているように聞こえてしまうJBCの主張)を読んで関心を強め、調べ、気づいたこともありました。
2016.08.30 08:31 | URL | #7SPhLgiM [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
刑事告発というのは、非親告罪において、違法行為・犯罪行為を認知した第三者が行うものであって、それ自体で名誉毀損だなんだというようなものじゃないんですけどね。

例えばSTAP細胞事件の小保方さんが理研CDBの元職員からES細胞の盗難容疑で告発された事件
『ES細胞「窃盗」不起訴=「事件発生疑わしい」-神戸地検』
  ↓
http://www.huffingtonpost.jp/2015/01/26/obokata-es_n_6551530.html

地検は小保方さんから聴取するなど捜査を行いましたが、結局容疑者不詳のまま書類送検。不起訴となりました。

こういうのもありました。『御柱祭 氏子転落死 弁護士が宮司への告発状提出』
  ↓
http://mainichi.jp/articles/20160526/mog/00m/040/006000c

日本でも有数のエクストリーム&デンジャラスな祭りとして知られる御柱祭を舞台にしたこの騒動。この案件は被害者遺族や祭りには縁もゆかりもない、茨城と東京の義憤(?)にかられた弁護士の先生による告発でありました。こちらも結局不起訴。

告発=立件・起訴ではないことは少し報道記事を調べれば分かると思います。

不起訴となれば、司直によって違法行為ではないというお墨付きをもらったようなもんなわけで、「健保金は適法に運用にされている」という立場をとるJBCにとっては願ったりな話だと思うのですが...。なんで抵抗するんでしょうね?自信があるならデンと構えてたら良いのに。
2016.08.30 11:57 | URL | #- [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
>なんで抵抗するんでしょうね?自信があるならデンと構えてたら良いのに。

ほんと、横領なんて言葉、JBC側自らが言うまで、私は聞いたことも想像したこともなかったんですから。ドSなのかな?
2016.08.30 12:54 | URL | #7SPhLgiM [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
そもそもこれだけ裁判で連敗してる人たちが

「法的に問題はない!」

と言ってもあんまり説得力がないので、やはり第三者による検証を受けるのがいいんじゃないでしょうかね?
2016.08.30 14:13 | URL | #- [edit]
says... ""
JBCの見解を是とするあのライターが主宰するブログでは、監禁・暴行があったとする記事で名誉棄損裁判で敗訴した後も、コメント欄での亀田の監禁・暴行があったとするものを削除せず、そのまま掲載しています。
当該管理人がそうしたコメントを削除しない姿勢に、司法判断を軽く見ているのがうかがえます。
想像や又聞きで犯罪人に仕立てた記事で亀田の悪印象を拡散したことを司法に咎められ、ましてやジャーナリストブログを名乗るなら、敗訴後はその拡散を防ぐのが義務であろうに、彼はまだ拡散を幇助しているわけです。
今にして思えば、彼は安河内氏が降格に到る噂の拡散でも一役買っていましたね。

「問題の有る書き手についてはしつこく注意喚起する必要があります。 」

本当にそうですね。
これからも続くであろう悪意のあるデマや、恣意的なミスリードに躍らされる人を少しでも減らすために、悪質なライターの糾弾はすべきだと思います。


2016.08.31 00:39 | URL | #- [edit]
says... ""
>安河内氏が出社しない理由は、JBCが安河内氏との裁判の間に定款を変更し、事務局長職の上に「統括本部長」なるものを設け、従来現場の全権を担った事務局長職の権限を大幅に削ったことにあります。

よくよく考えて見ると、これって敗訴することがあり得ると見ていたことの証明になりそうですね。にもかかわらずJBCが上告しようとしたのは、裁判費用が嵩むことをあらかじめ見越した上での愚行と断定できるのではないでしょうか。
これが個人の裁判なら歯止めがかかっていたかも知れませんが、自分の腹が痛まない金だからこその判断に及んだのでは?
刑事告訴や告発ではなく、損害賠償請求をボクサーやジムで集団訴訟した方が解決が早くしそうな気がします。その方が一般メディアも報じやすいでしょうに。
2016.08.31 01:07 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
安河内氏の違法な降格、解雇から一連の裁判は組織の乗っ取り・私物化の帰結であると思います。

何度も書いてますが、違法な手段で組織を乗っ取った人間の地位には法的な正当性が無いのです。
2016.08.31 08:04 | URL | #- [edit]
ホシイモ says... ""
健保金より200倍ひどいボクシングジムのボクサーの奴隷扱い
記事でまつた
ブログでなつかしの片岡しゃんが有料で記事買いてまつた
(^m^)
この問題はすぐには治せないでつけどね
すでに追跡調査はしない記者認定されてるのに
一部の信者には無責任記事ばかり書いてるのに自称問題提起するのが素敵な良心的回路第一人者みたいになっておりまぷ

昔ながらでし
(^m^)

久しぶりになつかしのサイトみてきますた
2016.08.31 13:02 | URL | #bGf9qjkw [edit]
ホシイモ says... ""
ちなみに月100円でつた
(´Д`)
カリスマ記者になってまつた

読者ちゃんは悪くないのでコメントしようかなと思いますたがやめときますた
(*/ω\*)
2016.08.31 14:11 | URL | #bGf9qjkw [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
JBC批判の矛先を逸らす詭弁ですな...。

釣られる奴はバカだけでしょう。
2016.08.31 16:33 | URL | #- [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
>すでに追跡調査はしない記者認定されてるのに

ホシイモさんのほうがバランスもフットワークも頭も遥かにいいですね。
2016.09.01 07:41 | URL | #7SPhLgiM [edit]
B.B says... ""
B.B says... ""
>この問題はすぐには治せないでつけどね

これはジムと選手間の契約と周知が問題で、協会がやろうと思えば直ちに多少の改善ができる問題でもあります。
しかし、抜本的に解決するには枠組みから変えて行く必要がありますし、ゆくゆくは現行のジム制度の見直しに着手しなければならない。
仰る通り時間はかかります。
僕らも健保金問題と並行して、不満を持つ選手ら関係者らの聞き取りをしていまして、感情が揺さぶられる事も度々。
感情に訴える事で一時的な喚起は出来るでしょうが、しかし、それでは「争い」に論点が奪われ、個々の不幸を生むだけです。
あるいは第三者が一個一個の仲裁や調停は出来ても、表面化しない問題は埋没してしまう。
健保金と同じで選手が知らない間に守られている(常に)という環境を大人が作るべきなんです。
個人的には10年余り考えて来まして、一つの処方箋と一つの具体策に辿りつきました。
近々にも提案できると思います。


2016.09.01 08:53 | URL | #bH1htKmU [edit]
says... ""
明日13日発売の週刊朝日。
スクープ扱いですが、はたしてどんな記事に?
2016.09.12 20:17 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/532-6c55814e