HARD BLOW !

終戦記念日の翌日にJBCから大本営発表「JBCは悪くない!」

昨日、高山選手の世界戦興行のタイムテーブルを確認しようとJBCのHPを開いてみると、トップページに8月16日付けで発表された

健康管理見舞金、ならびに安河内剛氏に関してのご説明

なる文書へのリンクを発見。(↑クリックしていただければリンク先に飛びます)

内容は、予想通り(笑)真摯な反省とは程遠い、「JBCは悪くない!悪いのは安河内だ!」という没論理かつ怨嗟に満ちた内容で、不快な残暑が五倍増しになるようなシロモノでございました。以下に画像を添付しておきます。

文書
文書2
文書3
文書4

どーです、この飽くなき自己肯定感!ブラック企業張りの違法行為が原因で、裁判で完全敗訴し、膨大な裁判費用が消尽されたにも関わらず、自己弁護と責任転嫁で乗り切ろうとするこの厚かましさときたら...。

以下に特に味わい深い部分をピックアップしてみます。

上述のとおり、平成 20 年には「健康基金」は存在しなくなりましたので、平成 24 年にこれを横領するなどということは不可能ですし、ましてや訴訟費用や和解金等は当財団における正当な事業経費ですから次期繰越収支差額金及びすべての事業収入から支出することは当然のことであり、何らの問題もありません。


健保金の基金に当たる金額はJBCの会計とは別の口座に移されていたことは周知のことであり、JBCサイドも分けて考えていたことは明らかなのに、いまさら「一緒くたに管理しておりました」てな感じで誤魔化そうというのも相当姑息でありますが、デタラメな労働事件を起こして敗訴した費用の支出を「当然」と言い切る姿勢はまさにブラック企業の鑑。違法行為に対する反省の念はゼロのようであります。

さらに引用します。

当財団には次期繰越収支差額金のほか毎年約1億6000万円前後の収入が見込まれますので、約4875万円にいたるまで1年につき約600万円を支出しましても健康管理見舞金制度は問題なく運用されます。

JBCの財産が年々目減りしていることは、収支報告からも明らかなのに、問題意識は微塵も感じられず、逆に「まあ金が入ってくるから大丈夫っしょ」という感じの能天気さが透けて見えます。

安河内剛事務局長との裁判については

当財団の意見が最高裁判所に認められなかったことは洵に遺憾に存じます。

違法行為したのに、なぜか上から目線で現実逃避丸出し。地裁判決の時点でJBCの主張はほぼ全て退けられており、最高裁での逆転など望むべくもないことは明らかでありました。そのような展望の無い裁判に組織を挙げて突っ込んで、無駄な費用を使っていながら、支出は「当然」というのだから開いた口が塞がりません。人気捏造ライターの片岡亮氏と組んで名誉毀損事件を起こしたJBC職員が事件後も普通に就業してるところといい、どうもJBCは違法行為など屁の河童という、脱法的感性が蔓延しているようであります。

違法行為をして賠償を命じられたくせに、相手が悪いと言わんばかりの、無反省な主張も散見されます。

また、当財団から同氏に再三にわたり電話しましたが、留守電になるばかりで、同氏に当財団に電話するよう伝言を残してもやはり何らの連絡もありませんでした。

そりゃー最高裁まで争って敗訴した側に、偉そうに命令されても「はあ?」としか思わないでしょう。安河内氏の職権を剥奪するような組織変更をしているのですから、名目だけの事務局長に復帰しても意味が無いことも明らか。汚い違法行為を連発した側が、あれこれと指図をしている姿は正気とは思えません。

JBCは判決後も一切変化無く、ブラック財団法人体質を堅持していると分かる、大変味わい深い文書でありました。

そうこうしているうちにもJBCの財政状況は刻一刻を悪化しているのにな~と感じる(旧徳山と長谷川が好きです)

Comment

B.B says... "詭弁を弄するJBC"
平成 20 年には「健康基金」は存在しなくなりましたので

選手に対する最後の救済措置とも言える健保金が、充分な議論もされず一方的に廃止された事、それと当事者である選手に周知徹底されなかった事が先ずは一番の大きな問題なのです。
当時の協会幹部が認めたとJBCは言っていますが、実際にはこれを重大な問題と気づいた協会員が連名でJBCに対して異議を申し立てている。
これに対してJBCはまるで財団法人とは思えないような二枚舌を使い分けて、基金は無いと言ってみたり、内々には「ある」と言ってみたり、協会の要請に同意して基金として口座を分ける事に応じ他の事には使わないと約束したにも関わらず、この金額も大きく目減りしている事はマスメディアでも既報の通り。
Hard Blow !でも2013年から数回に分けて取り上げています。
http://boxing2012.blog.fc2.com/blog-entry-227.html
http://boxing2012.blog.fc2.com/blog-entry-226.html
http://boxing2012.blog.fc2.com/blog-entry-224.html
http://boxing2012.blog.fc2.com/blog-entry-220.html
繰り返しになりますが、健保金財源は選手が積み立てた命の代償による浄財と言って過言ではない。
これまでは開頭手術の時点で1千5百万円が支払われていた。
現在は支払い上限10万円で、これで一体何が出来るのでしょうか。
しかも財源が無くなり次第これも廃止される見通しです。
JBCは保険業法に関わる法令を持ち出して、この健保金改定をしましたが、それでは山岳関係などの共済目的基金維持はどう判断されるのでしょうか?
現在は協会がそれを肩代わりする形になっている事実は?
選手を第一義に考えれば、健保金はそう簡単に投げ出す事は出来ないはずなのです。

JBCは「選手に安心して試合に臨んでもらうために」と詭弁を使っています。
2016.08.21 08:16 | URL | #bH1htKmU [edit]
B.B says... "安河内氏に望むこと。"
また、当財団から同氏に再三にわたり電話しましたが、留守電になるばかりで、同氏に
当財団に電話するよう伝言を残してもやはり何らの連絡もありませんでした。

安河内氏には一日も早く復帰して頂きたいのですが、復帰すればすべてが解決すると考える人が一部にあるようです。
これは認識が足りないと思います。
そもそもですが、事務局長降格人事の無効が最高裁でも認められているのですから、JBCは直ちに定款に従って理事会を開催し、復帰と待遇について決議し、さらに評議委員会承認という手続きを踏まなければならないのです。
その結果を持って安河内氏を迎えるべきなのです。
ところが、二審を争っている段階で現JBC執行部は敗訴を予測してか、定款を変更して事務局長職の権限を奪っただけでなく、クーデターを起こした浦谷氏にその権限を実質移譲させる形を取った。
つまり事務局長とは名ばかりで重要な仕事をさせない実質のヒラ社員です。
JBCが違法人事を行なった可能性があると言う事と、これまで組織改革を行なって来た安河内氏がその手腕を発揮する事は不可能と代理人が判断して、最高裁直後に代理人を通じて改善を要求し、代理人同士で話し合いが行われているようです。
今日の時点でも訂正することなく「連絡がない」とネット上で喧伝する意図は何なんでしょうか?

かつて安河内氏がコミッション財務健全化を目指しておられたようですが、安河内氏が再びここに着手すると都合の悪い事でも、この空白の4年間に何かあるのでしょうか?
JBCは安河内氏を復帰させる為の最大の努力をして、一日も早くJBC再建の仕事をさせるべきです。
安河内氏には失われたコミッションの内外の信頼回復と、健保金の復活とJBCの公益法人化を再び進めて頂きたい。
すべてに渡る再建ですので、これは本当に大変な仕事になる事は誰にも予想できる。
しかし、それは日本のボクシングと選手の環境を守る為その一点です。
その為に、この5年間の苦しい戦いを勝ち抜いて来られた訳ですし、安河内氏の代わりになる人は現れなかったのですから。
2016.08.21 09:10 | URL | #bH1htKmU [edit]
幻 says... ""
文面が数日前に書かれてたゴシップライター氏のブログの主張と「全く」同じなんですが。
どういうことなんですか?
2016.08.21 09:11 | URL | #- [edit]
幻 says... ""
と書きましたが、
ゴシップライター氏のブログには7月30日付で関係者に配布されたJBCの主張をまとめてみたと書かれてました。
そういう資料がすぐに手に入るゴシップライター氏の取材力は本物だと認めざるを得ませんね。
2016.08.21 09:17 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
もはや現JBC執行部の大本営発表を真に受ける人はいないですけどねぇ。
2016.08.21 09:21 | URL | #bH1htKmU [edit]
(笑) says... ""
財政状態と今後の収支見込みを書いてるなら、亀田から訴えられてる6億6千万円の損害賠償訴訟の事実と今後の訴訟の見込みについても触れないとねぇ(笑)

もし敗訴したら安心・安全と謳ってる財政状態と収支見込みの前提条件が崩壊するんだから、利害関係者にとって最重要事項だろ(笑)

ここに触れないってことは、もしかして裁判負けそうだったりして(笑)

亀田ってボクシングは弱かったけど裁判は強い!(笑)

2016.08.21 09:39 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
>ゴシップライター氏の取材力は本物だと認めざるを得ませんね。

主義主張はあるとしても、JBC問題の取材を始めたのなら良い事じゃないですか?
今回の問題は本当に泥沼のような状態ですから、いくつもの材料があれば公正な視点も生まれて来る。
いよいよ受け手が試される番ですが。
2016.08.21 09:41 | URL | #bH1htKmU [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
まあこのリリースを見る限り問題意識はゼロですね。

こんな舌先三寸の屁理屈で最高裁判所の判決を無効にできると考えているなら正気ではないです。

捏造ライター片岡亮氏については、JBCを乗っ取った職員と共謀して名誉毀損事件を起こしている時点で、記事の中立性は皆無であります。

今後も茶坊主ライターとして泥舟JBCべったりのチョウチン記事書いてアホな読者に媚びてりゃいいのです。結果起きることには責任をとって頂きましょう。ボクシングマガジンも。
2016.08.21 13:55 | URL | #- [edit]
アンソニマン says... ""
今回加納の応援で現地に行きました。暑かった!
2016.08.21 17:57 | URL | #- [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
>Hard Blow !でも2013年から数回に分けて取り上げています。
http://boxing2012.blog.fc2.com/blog-entry-227.html
http://boxing2012.blog.fc2.com/blog-entry-226.html
http://boxing2012.blog.fc2.com/blog-entry-224.html
http://boxing2012.blog.fc2.com/blog-entry-220.html

B.Bさん、大事なものをお忘れですよ!
http://boxing2012.blog.fc2.com/blog-entry-255.html
2016.08.21 21:06 | URL | #7SPhLgiM [edit]
ホシイモ says... ""
笑しゃん

ボクシング弱かったら3階級制覇できまてん
相手選んでも八度も防衛できまてんよ

逆に凄いと思いまつよ
素晴らしいマッチメークでつ
普通の感覚なら世界チャンピオンになりたいなら亀田ジムにいきたいと思いまつね
(^m^)
2016.08.22 17:22 | URL | #bGf9qjkw [edit]
B.B says... ""
>B.Bさん、大事なものをお忘れですよ!

すみません、見落としました。
しかし、読み返すも辛い。
2016.08.23 08:03 | URL | #bH1htKmU [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
>すみません、見落としました。

ほんとはもうちょっとカテゴリーが細分化されてると資料としての利便性が高まるのかもしれませんが、個々の問題が複雑に絡み合って分離不可能な気もしますね。

2016.08.23 12:56 | URL | #7SPhLgiM [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/528-cb2056b8