HARD BLOW !

JBC津江章二理事が緊急理事会召集へ 松尾会長の刑事告発は一旦延期

 タイトルの通りであります。

 北日本協会を除く全協会の連名で
 「JBC理事である津江章二氏に緊急理事会を招集して、JBCの問題を討議して欲しい」
という要望書が出されました。

詳しくは以下の資料をご参照ください。

緊急理事会_R
緊急理事会2_R

これを受けて松尾会長を代表とする「ボクサーの権利を守る会」も声明を出しました。
刑事告発は一旦延期となるようです。

見解_R


理事が召集すれば、緊急理事会をせねばならないことはJBCの定款にも記載はあるのですが、個人的には最高裁の判決を守っていないJBCが定款を守るとも思えないのですが…。

しかしまあほんと事態の進行が驚くほど遅いですね。

違法行為をしたJBC側があれこれと条件闘争してるのを全く批判しないマスコミにも驚いてしまいます。

何で敗訴した側、違法行為をした側が組織に居座っている状態を異常と思わないのでしょうか?余りに不条理。

何の為の裁判だったのかと虚しく感じる(旧徳山と長谷川が好きです)

Comment

says... ""
>何で敗訴した側、違法行為をした側が…

まったくその通りだと思います。
浦谷氏一人をとってみても、普段の興行で「なぜ浦谷氏が平然とここにいれるんだろう?」などと感じますが、こうした問題について、彼に「組織のトップ」としてのコメントを「普通に」求めてることに、非常に違和感を覚えますね。

職員になった経緯から始まり、現在のよくわからん新ポストへの就任等々を、それこそ「普通に」判断すれば、「いや、とりあえずあなたは引っ込んでいなさい」となると思うんですが。

ヤフーのコメント等では「財務諸表を見たが全く問題ない」なんて言ってる人もおり、「また得意の情報戦か?」とも思って見てますが、どう見ても「理」は協会…というか、体ばかりでなく、なけなしのファイトマネーをも削られてきた選手側にあります。
協会には強い意識と態度で臨んで欲しいですが、なんか肝心なところで「利」に流されそうな心配が絶えません。
2016.08.08 23:41 | URL | #NTJgKIh6 [edit]
B.B says... "告発を撤回した訳ではない!"
松尾会長が告発を撤回した、などとガセネタを流してるメディアがあるそうですが、記事の「選手の権利を守る会」の声明文を読んで頂きたい。
本文最後の3行に明確にあります。

これは協会として初めて、要求を明確にした事に対しての一時回答です。
要は秋山JBCが正当な手続きによる開示請求に応えず、あるいは協会執行部が安易な妥協案に再び揺れるような事があれば直ちに「告発を実行する」という宣言です。

ちゃんと取材していれば読み間違いようも無い、恣意的な情報操作といえます。
2016.08.09 00:06 | URL | #bH1htKmU [edit]
B.B says... ""
>彼に「組織のトップ」としてのコメントを「普通に」求めてることに、非常に違和感を覚えますね。

その通りですよ!
メディアのだらしなさ、思考停止には怒りを覚えます。
まぁ、それでも以前に比べれば、正しい情報も共有されて「問題の本質」に気付いたマスメディアは出て来ましたから。
専門誌も含めて4年前は皆無と言っていい状態でしたから。
ただ、ボクシングを取りまくメディアが正常に機能していれば、皆が自分の頭で判断が出来て、こんな大きな問題にはならなかった。
メディアの責任は大きいです。
2016.08.09 00:28 | URL | #bH1htKmU [edit]
B.B says... ""
協会の要請書を受けて、津江コミッション理事が8日の時点で緊急理事会招集要請の権限を発動したようです。

協会の要請で注目される所は、証拠隠滅の恐れがあるとして、当事者である浦谷氏の排除と証憑(詳細かつ正確な証拠)の提出を求めているところです。
文字が小さいので、自分用に書き起こしましたが、相当に厳しい内容からJBCに対しての協会の強い不信感が感じられます。

1平成28年7月末現在の正味財産額。
2平成28年7月末現在の健康管理見舞金口座の残高と、この口座からのこれまで
のすべての支出明細
3裁判費用の総額とその内訳(和解金、バックペイ、訴訟費用、弁護士費用、その
他経費(交通費等)
4裁判費用等の稟議書
5平成23年度以降各期の委託費の内訳
6内閣府に提出した、公益目的財産額並びに公益目的支出計画書
7協会からの本件に関する要請並びにJBCからの回答書
8安河内裁判における控訴および上告決定時の理事会・評議員会議事録
9その他本件に関するあらゆる証憑

2016.08.09 02:30 | URL | #bH1htKmU [edit]
says... ""
https://thepage.jp/detail/20160808-00000007-wordleafs

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49339

もう流れは止まらないですね。
2016.08.09 08:29 | URL | #- [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
この件での疑いが時効になるまでには、生まれたばかりの子供が成長して自らの内なる正義感(間違っていることもある)で友達を守ったり時には傷つけたりするようになるぐらいの時間がありますから、松尾会長が当面は厳しく「注視」ということなら、それに伴走していこうかと思います。別の誰かが正確に引き継いでくれるならそれでもいい。

それより先日の本郷記者の記事で「ファン不在、なにより、ボクサー不在。」とあったのが頭に残ってしまって。「ファン不在」はまあわかります。「ボクサー不在」っていうのは、この件に関して動く選手ということか、大勢のファンをひきつける選手ということか。よくわかりませんが、ここで想定されるあらゆる要求に応えられる選手なんて後にも先にもアリぐらいだったかもしれませんね。
ほんとにこういう霞が関文学はやめてほしいんですよ。気になっちゃうから。
考えてみたら、「ボクシング、人気ないなあ」と思うことはあっても、「ボクサー不在」と少しでも感じたことは全くなかったので、すごくドキッとさせられたんですよね。まあそういう個人的な煩悶も今はどうでもいいか。

JBCはまた回りくどい表現でゼロ回答にしか見えないゼロ回答で応えるつもりなんでしょうけど、とりあえずの対応で他人の時間やお金や労力を食い潰すのはもういい加減止めて、松尾会長みたいな明解な意思表示や、自分達のしてきた「仕事」を証明する物の提示をしてほしいですね。「自分達は正しい」の御託並べはもういいから、彼らなりにどう正しく財産を食い潰してきたのか証明する「物」を提示しろ!ってことです。
2016.08.09 08:32 | URL | #7SPhLgiM [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
THE PAGEは見出しがミスリードですね(笑)
2016.08.09 09:08 | URL | #- [edit]
B.B says... "現代ビジネス記事"
匿名さん、ご紹介有難うございます。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49339

業界内部から、これほど切迫した危機感が表に出たのは初めてではないですか?
金平さんの主張と判断は正しいと思います。
2016.08.09 10:00 | URL | #bH1htKmU [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
>金平さんの主張と判断は正しいと思います。

なんか金平さんのお写真、CDジャケットみたいですね。

プロボクシング界は「リーダー不在」。上の文書で連名されてる皆さんに引っ張っていってほしいです。細部まで意見がまとまってる必要はないと思うので(それなら一人でいいわけで)。
2016.08.09 12:19 | URL | #7SPhLgiM [edit]
幻 says... ""
なんかgossipライター氏がブログでハードブローさんの中傷と自分の弁護士の悪口を書いてました。
最近、ライター氏のコメントな長文が多いんですが、人間、苦しい時や不安な時は多弁になるので、ライター氏は何か強い不安を抱えてるんでしょうか?
2016.08.10 17:30 | URL | #- [edit]
B・B says... ""
かつては亀田問題や安河内問題で世論をリードしましたからね。
それが悉くの裁判でミスリードと明らかになってしまった。
それどころか、職員と結託していたことまで自ら暴露。
ここまで来たら、もう誰も信用しないでしょうね。
世間はそんなにおばかではないですし。
2016.08.10 21:46 | URL | #bH1htKmU [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
捏造ライター君は告発と告訴の違いも分かってないみたいだしね

基本的に勉強不足です
2016.08.10 23:28 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
それはそうと、今回の現代ビジネス記事。
現代のこれまでの最高ヒット数を記録したようです。
金平さん、やはり知名度あるんですねぇ。
内容もこれは内部告発に等しい印象ですし、これまでの密室密談で行われたボクシング業界論理を排して、窓を開けオープンにしようとしてますね。
勇気のいる事ですが、改革をしようという強い息吹きを感じます。
2016.08.11 00:03 | URL | #bH1htKmU [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
金平さんの写真ベテランホストみたいでしたね。

言っている事は至極ごもっともという内容でありました。

低脳アンチ亀田は「安河内復帰と浦谷排除は亀田復帰の為」みたいなおかしな陰謀論展開してますが、JBC批判で先頭立ってる金平会長は亀田ジムの復帰に一番反対してた人なんですけどね。

なんでもかんでも亀田に結びつける連中はアホ過ぎて手に負えんですな。

2016.08.11 01:37 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
ボクシング界隈だけかも知れませんが、ファンも低次元なレベルからなかなか脱却出来ない、だからメディアも育たないという逆説も成り立つ気がしますね。
僕らの世代はスポーツメディアが機能していて、ちゃんとファンをリードしてくれていた。
http://boxing-zine.com/boxingstories_ashizawa.html

ある記者に「芦沢清一さんらボクシングを愛するが故の正当な批判精神といいますか、そうした視点のジャーナリストはあまり見られませんね。お弟子さんとか居ないんでしょうか?」と聞くと・・
「芦沢さんの弟子を名乗る人は沢山いるでしょうけど、芦沢さんになれる人はいませんね。今は横並び記事しか書けない構造ですし、みな生活があるし」と。

芦沢さんといえばディリーですが、ここ最近のデイリー記事には芦沢イズムが少し感じられますが。
まぁ、今回のというか一連の問題も一般社会の尺度でモノを見れば何が正しい道かは明らかなんですけどね。
2016.08.11 02:02 | URL | #bH1htKmU [edit]
谷川しゅんき says... ""
B.B さんの書いてられることを読んで、思い出したことがあったので。
因果は巡るというか。

私は1985年にデイリースポーツ社に入社(神戸新聞社からの出向扱い)しましたが、当初から、ボクシングやアマチュアスポーツの担当希望でした。しかし、時のデイリーは、東京本社に芦沢清一さん、大阪本社に朝熊伸一郎さんがいた時代。大阪本社のプロ野球担当に配属された私は、そう簡単に目指すボクシングの現場には行かせていただけませんでした。それでも、しつこく「ボクシングの取材とオリンピックの取材をするために、スポーツ記者になったんです」と朝熊さんには言い続けました。結果として、粘り強くいうと実る部分はあって。

井岡弘樹さんが、初めて世界戦の舞台に立った、大阪の近大体育館で行われたWBCストロー級王座決定戦(1987年10月だったと思います)で、やっとボクシングの取材現場に。芦沢さんにデイリーの評論家になったばかりの具志堅用高さんを会場で紹介されて舞い上がったのも覚えています。佐瀬稔さんの文章の素晴らしさを、朝熊さんと話し合ったのも、今、思い出しました。

その後、1990年に時事通信社に移り、今度は正式にボクシングの担当に東京でなりました。ただし、時事通信にも名物記者(山田さん)があおり、2番手。それでも、芦沢さんには、デイリーつながりで、よくしていただきました。ボクシングマガジンの当時の編集長の原さんとか、東京中日新聞の山崎さんらとの後楽園ホールで試合を見た後の飲み会に参加させてもらっていたのも、いい思い出です。

芦沢さんや朝熊さんらは、ある意味、壁、でした。その業種で彼らが偉大であればあるほど、後輩が育たない。デイリーには、僕以外にも何人かボクシング記者を志しながら、担当につけず他の方法でボクシングの記事を書く側に回った方もいました。木村直樹さん(面識はありますが、個人的に話した記憶はないです)まで、芦沢さんのデイリー内での後任は育たなかったですし、朝熊さんにいたっては、ついに朝熊さんで完結してたように思います(加藤善己さんは、こう書くと怒るかもしれませんが)。

芦沢さんも朝熊さんも、そして佐瀬稔さんもすでに他界され、その後のボクシング記者は長く担当に居続けることが難しいこともあって、名物記者、とまで呼ばれる人は育ってない気がします。辰吉丈一郎選手ときちんと対峙できた、唯一の記者といえた本郷陽一君(今、THE PAGE で有名ですが)やデイリー大阪本社の船曳陽子さんらが、そうなるはずの人たちだったのでしょうが。

全然、関係ない話を書いてしまい、失礼しました。
あとひとつだけ、昔の名物記者さんらの思い出話を書くと、1991年2月の名古屋。暖房設備のない極寒の名古屋市国際展示場。リングサイド記者席の私の横が佐瀬さんで。デシマの強打でダウンを奪われるなど劣勢だった畑中選手が、大逆転して世界王座を獲得したあの試合。記者席で、立ち上がった佐瀬さんが「こんなの見たことない!」と興奮して、私に叫ぶように語りかけてきたのは忘れられません。こんな凄い方でも、やはり凄いものを見ると、興奮されるのだ、という。人間だから、当たり前、といえば、当たり前なのですが。

返す返すも、関係ない話、長々とすみません。
2016.08.11 07:54 | URL | #/OUezYRM [edit]
B.B says... ""
>因果は巡るというか。

いや、これは貴重なお話しをありがとうございます。
85年ですか・・
ボクシングも良い時代でした。
スポーツ各紙にも名物記者がいて、皆さんルールは勿論のこと勉強されていたんだなぁと今の風潮を見て改めて感じます。
何より心からボクシングを愛して、楽しんで、そして熱がありましたよね。
あの頃のファンはネットなんかありませんでしたから、情報は遅かったかもしれませんが、それでも幸せだったんだなと思います。
ファンも熱かった。
2016.08.11 09:07 | URL | #bH1htKmU [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
那覇で噂の真相の元編集長の岡留安則さんのお店に行った時に

「ボクシング記者匿名座談会に芦沢さんが参加したときに、芦沢さんがジョー小泉さんが連れてきた選手が試合後行方不明になった件を話したら、ジョーさんに匿名記者が芦沢さんだとばれて怒られたという噂がありましたが事実ですか?」

と聞いたら

「そんものあったともなかったとも言えないよ」

と笑って答えられました。まああったんでしょうね(笑)。
2016.08.11 12:18 | URL | #- [edit]
says... ""
松尾さんが仮に告発やめても他の誰かやるとわからないほどバカなんですかね
2016.08.12 11:30 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
その動きはあります。
健保金の問題当事者は「選手の権利を守る会」だけではありませんから。
2016.08.12 16:04 | URL | #bH1htKmU [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>松尾さんが仮に告発やめても他の誰かやるとわからないほどバカなんですかね

告訴と告発を混同してる奴には所詮分からないのでしょうね(笑)
2016.08.12 17:55 | URL | #- [edit]
says... ""
ゴシップライターが他人事のような態度なのも意味不明ですな 自分も確実に告訴されていままでの悪行全部晒されるのに。
2016.08.12 23:16 | URL | #- [edit]
says... ""
「選手の権利を守る会」の声明文を読んで、刑事告訴が撤回ではなく延期だということがはっきり理解ができているからこそ、「見舞金問題 緑ジム松尾会長が刑事告訴を撤回 」のように喧伝しないと虚実綯い交ぜでコツコツ築き上げた自分像が維持できない人がいるよう。
客観的には、捏造記事書いて敗訴するような3流ライターなんだから何を言っても恥の上塗りだし、見栄のために嘘ばかり重ねる小人の妄言と看過すれば良いような気もするが、自己保身のために、誰かを貶める迷惑行為をルーティンにしてるのは、あきらかに反社会的じゃない?
最近は語彙力の限界からか、自分に対する攻撃理由が「私怨」だとかつぶやき始める始末。ジャーナリストと自称するも客観的な証左のない言葉を使わざるを得ず、弱文しか書けない者だと知らしめていることを苦笑するのはさておき、「彼」がかなり精神的に追いつめられてるのはわかる。

過ちを認めることも、そこから学ぶこともできない人間の末路がじきに見られそうな気がして、なんだか目が離せなくなってきた。


2016.08.13 04:31 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/525-d5315eb6