HARD BLOW !

20160805 JBCと協会 共同声明合意せず!!

既に報道されている通り、JBCと日本プロボクシング協会は8月3日の協議を経て本日8月5日に共同声明を発表する予定であった。

JPBAとJBCが健保金問題で協議、共同声明発表へ

本日16時よりJBCで記者会見が予定されていたが、双方の協議が長引いた末、結局結論を見ることなく終わり、記者会見そのものも行われなかった。

協議後の囲み取材に対してJBCの浦谷統括本部長は、「健保金問題について協議通りの声明文を用意したが、協会側に意見のちがいがあり、まとまらなかった。」「われわれは健保金に関しては法に則って瑕疵のないようやっている。」「健保金問題については渡辺会長とはフラットになったという形で合意したかったが、会長と副会長とで意見がちがった。」と困惑したように語った。



3日の協議においては金平氏自身「いい話し合いができた」と肯定的に評価していただけに意外な展開である。

これに対して協会側は金平副会長が「JBCサイドは健保金問題を不問に付すことを要求するような文書を提示してきた。このような趣旨の文書は協会として持ち帰れない。浦谷氏辞任とひきかえに健保金を問題をすることができなくなるようになっている。それとこれとは別問題。」

渡辺会長自身に確認すると、3日の協議においては「浦谷氏の辞任」と「健保金問題の継続協議」が合意されたことは確かで、本日はJBCが提示してきた文書について「とり方が私と(金平さんとでは)ちがうといえばちがった。」「私はおおざっぱにこれでいいだろうと思った。」と語った。

金平氏によると、健保金について選手の治療費以外に使わない約束は文書としても存在していることを示し、特定の口座で健保金を運営管理していることからも、JBCサイドの矛盾を衝いたが、JBCは「言い回しのちがい」として従来の主張を譲らなかったという。

JBCサイドは、提示した文書の文言は一字一句変えられないとし、結局この日は話し合いがつかず、‎共同声明発表には至らなかった。浦谷氏も辞任を撤回したという。




JBCの提示した文書は、健保金問題については認識の相違が生じたが、協会にも理解していただいたとするもの。これでは健保金問題を解決済のものとすることになりかねず、それはのめないというのが金平氏の見解である。

協会側に意思の不統一があったのは確かだが、JBCがこれまでなかった内容の文書を提示してきたのも事実。というより、これまでと違う条件を出してくれば、協会側としては再検討する必要が生じるのは当然。

個人的にはJBCの条件闘争のようなやり方には賛成できないし、健保金問題を有耶無耶にしようとする動きという点で言語道断である。

渡辺会長は問題が長期化・泥沼化することによる「ボクシング界のイメージダウンが心配」と言うが、筋の通らぬ主張を認めてしまうことで問題を複雑化することの方が、ボクシング界のイメージダウンにつながるのではないかと私は心配するものである。

by いやまじで

Comment

東日本の善良な市民 says... ""
>JBCの提示した文書は、健保金問題については認識の相違が生じたが、協会にも理解していただいたとするもの。これでは健保金問題を解決済のものとすることになりかねず、それはのめないというのが金平氏の見解である。

本郷記者も書いてくれてますね。(全体的に、いい記事だと思います。)

「この日、JBCが用意した合意文書は、これまでのJBC側の主張を協会側が了承したと、するもので、『一部の方々から認識に相違が生じて問題化してきました。協議の結果、健康管理基金に不信感をいただいていた方々にも、当方の説明をご理解していただくことができました』と、書かれた合意文書を弁護士を連れて協議に臨んだ協会側の金平副会長が問題視した。」
https://thepage.jp/detail/20160805-00000004-wordleafs

共同声明発表!と予告して外に大勢の記者を待たせている中で、相当のプレッシャーがあったでしょうが、協会の利益を守ったのは常識的なご判断だったと思います。ここで協会が納得してしまったら、誰がJBCのトップかなんてことと関係なく、協会は自らの利益を放棄せざるを得なくなっていたでしょう。

>「今は、毎年、健康管理見舞金残高相当額計算書を協会に提出することになっていて、それを協会が認めたのだから何の問題もない」

こういうのも、誰が認めたんだ?って話です。協会のトップはJBCの植民地かなんかなんですか? 誰かが勝手に了承したかどうか知りませんが、協会内での下達がなかったから今の状況を招いているのでしょう。協会の利益のために動けなかったその人たちの責任は追及されなければならないと私は思います。
したがって、松尾会長は大変なご苦労をされることと思いますが、現執行部の問題認識の甘さを考えれば、告発主体は「ボクサーの権利を守る会」でしかありえないでしょうね。そもそも協会がJBCに意見書なんて書ける立場でもないんです。

>「JBCが、健保金の扱いになんら法的問題がないことを回答書という形で返答したにもかかわらず、松尾氏が、記者会見をするなど、メディアに報道させたのは、名誉毀損の行動。協会員に対する松尾氏にどんな処分を下すのか」

回答書での返答なんて一方的なもの。松尾会長は協会員や選手たちの利益のために動いていらっしゃると思います。協会執行部のためではなく。その彼を処分するのはおかしい。協会執行部は協会員の利益を最優先させるべきです。今から守るかどうかという段階ではなく、すでに奪われている利益を奪還するには、思い切った手段がどうしても必要です。現執行部には、旧執行部と多くの協会員とどちらを守りたいのか、問われていると思います。

>「松尾氏のライセンス取り消し、及び、名誉毀損に対する刑事、民事訴訟。もし松尾氏が、刑事告発した場合、JBC側は虚偽告発罪での刑事告発で反訴する考えであること」
>「もし松尾氏が刑事告発した場合、こちらも対応する準備がある」

虚偽告発ではないからそんなもの絶対に成立しません。それに本郷記者も書いていますが、その費用はどこから出すつもりなんでしょうか。荒唐無稽としか言いようがありません。


一方、健保金について真摯に向き合ってくださってる感のあるデイリーさんですが、「この日発表用に準備された合意文書に『一般財源』とされていたため、JPBA側の意見が割れ合意に至らず」とあるのはちょっと違うと思います。
http://www.daily.co.jp/ring/2016/08/06/0009357847.shtml

問題はそこではないのですが、あまり詳しく説明すると協会弁護士さんが嫌がるみたいなので、「公然と事実を摘示」するのは今はやめておこうかなと思います。


>われわれは健保金に関しては法に則って瑕疵のないようやっている。

JBCの主張については、文科省の指導に従ったということまでは当然のこととしてわかります。でもそこで自由に使えるお金が1億円ぐらい増えたと考えることは間違っています。文科省の指導以外の何の法に基づいて瑕疵がないのか、彼らには答えられないんじゃないでしょうか。これは道義的な問題ではありません(道義的にもアウトですが)。

>「私はおおざっぱにこれでいいだろうと思った。」と語った。
>JBCは「言い回しのちがい」として

こんなユルい考え方だからいちいち3時間も4時間も話し合う羽目になるんですよ。多くの他人の時間まで奪って。もっとまともな社会人としての緊張感をもってください。
実務レベルでつめの協議をしたかったならそのレベルで双方の経理担当者とか話が分かる人を連れてきたら時間のロスも減らせるでしょう。
それ以前に共同声明発表を前提としていたならコミッショナーを立ち会わせたらどうなんですか? この期に及んで一度も姿を見せないコミッショナーって必要なんですか?
2016.08.06 11:40 | URL | #7SPhLgiM [edit]
いやまじで says... ""
金平氏の主張は従来の協会のスタンス通りで、浦谷氏辞任、健保金問題の継続協議でブレはない。

ただこの日の経緯を見る限り、前回の協議ですでにJBCと協会、もしくは、協会内部で認識のズレの生じていた可能性はありますね。

それにしても、浦谷氏辞任と引き換えに健保金問題を不問に付すべしとは、この問題についてはよほど突っ込まれて困ることがあるのでしょう。それはJBCばかりではなく協会自体にも責任追及が及ぶ可能性が大だからでしょうが、しかしそんなことははっきりいって些末な問題です。

いろいろと無しにしたいなら本筋を明確にすればいいだけです。それなしに問題は解決しない。

浦谷氏辞任、健保金継続協議、これはそのためには最低ラインだと思います。
2016.08.06 14:48 | URL | #Twj7/TDM [edit]
ホシイモ says... ""
(///∇///)

浦谷しゃん引責辞任したくないのでつね

健保金なかった事にしてくれは何かしたことでつよ

(浦谷^m^爆笑)
2016.08.06 15:24 | URL | #bGf9qjkw [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>われわれは健保金に関しては法に則って瑕疵のないようやっている。

瑕疵がないなら告訴されようが告発されようが平気だと思うんですけどね(笑)

違法行為はしてないけど告発されたら困ると言うのは一体どういう思考から導かれたのでしょうかね?こういう主張に説得力があると思ってるところが凄いですホント。

最高裁の判決を履行せず、逆にアレコレと条件闘争してるところも凄いです。和解したいならなぜ最高裁まで上告したのでしょうか?喧嘩上等でどう考えても勝てない裁判を継続して、負けた途端あれこれ駆け引きするのは、人間として卑怯すぎます。

違法行為をして、卑怯な対応をしてる人間が、選手にルールの遵守やクリーンファイトを説くというこの倒錯と来たら…。

>「JBCが、健保金の扱いになんら法的問題がないことを回答書という形で返答したにもかかわらず、松尾氏が、記者会見をするなど、メディアに報道させたのは、名誉毀損の行動。協会員に対する松尾氏にどんな処分を下すのか」

じゃ健保金が保全されてる証拠出せばいいじゃん!と思うのが普通ですよね。

>「もし松尾氏が刑事告発した場合、こちらも対応する準備がある」

こういうのをこそ『スラップ訴訟』と言うんじゃないでしょうかね?(笑)

ちなみに刑事告発というのは誰でも出来るので、松尾会長だけ攻撃しても、意味無いんじゃ…。

告発の動きを止めたいなら、健保金の残額の証拠を示すのが一番じゃあないでしょうかね?

なぜそうしないのでしょうか?不思議だなあ~(死んだ魚の目で)。
2016.08.06 16:04 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
法的に瑕疵がないなら、告発をされても検察が捜査に動くことはありません。

JBCはドンと構えてりゃいいのに、なぜかナーバスな対応に終始してますね。

自信がないのかなあ~
2016.08.06 16:12 | URL | #- [edit]
いやまじで says... ""
>浦谷しゃん引責辞任したくないのでつね

解任・解雇でないので辞任はかなり武士の情けだったんですけどね。

>じゃ健保金が保全されてる証拠出せばいいじゃん!と思うのが普通ですよね。

JBCはいろいろ文書を提出しているといい、新田さんや片岡弁護士にも説明しているようですが、
渡辺会長はいろいろと出てないものがあると認識されてました。

>こういうのをこそ『スラップ訴訟』と言うんじゃないでしょうかね?(笑)

訴訟への対応以前に松尾会長への処分のようなものを予告しているようです。
脅しですね。

ルールを守らせる側の機能が崩壊するとどこまでも暴走して止められなくなる。
それが今現実に起こっているのだと思います。
2016.08.06 16:40 | URL | #Twj7/TDM [edit]
B.B says... ""
「おれたちがJBCを食わせてやっていると協会側は言うが、コミッションがなければ、日本のプロボクシングは成り立たない。そのことをわかっているのだろうか。ボクシング界は、JBCと協会が共に両輪で支えていかねばならないのだから」と、浦谷統括本部長は、正論を訴える。

そもそも数々の問題の発端となった浦谷氏に今さら正論なんかありませんよ!
盗人猛々しいとはまさにこういう事でしょう。
概ね本郷さんの記事には賛同しますが、この一文だけは納得がいかない。
事の発端と経緯、そして結果としての司法判断がいまいち把握できていないか、ミスリードを誘う一文だと思います。

浦谷氏の問題はクーデターを首謀して組織とボクシング界を混乱させた事にあって、その責任を先ず追及する事が筋であるべきです。
浦谷氏登場後に起こった事とはいえ、健保金問題は財務処理の問題であって、決定権者つまりコミッショナー以下業務執行部のトップである理事長、それと的確なサポートと判断を誤った顧問弁護士の責任です。
浦谷氏引責辞任は問題の本質を有耶無耶にする為のトカゲのしっぽ切りと同じではありませんか。
健保金問題を不問にするなら辞任?不問でないなら辞任撤回?
厳しい追及に思考が追い付かないのか、自らそれを暴露してしまっている。
舛添問題と同じではありませんか。
法的に問題は無いという主張も、税金が民意からかけ離れたところに流用されていれば都民(国民)が怒りを覚えるのは当然のこと。
しかも、松尾会長の告発には相当と判断出来る根拠があるのです。
それは10日の記者会見で明らかになるでしょう。

自分は第三者ですが、普通に考えてもJBCがここまで財務処理の開示を拒む理由がまったく解りません。
開示出来ない理由があるからとしか考えられない。

金平協会副会長の「それでは(JBCが用意した一方的な合意文書)問題の追及が出来なくなってしまう」は問題の本質を理解しているからこその、まったくの正論であります。
渡辺協会長が囲み取材の中で、協会員の意見も八割方は金平氏と同じと言ったそうですが、とすると、これはもはや毅然として民意を問う時期に来ているのではないか?
民意が「明らかにせよ!」と言っているわけですから。
2016.08.06 17:40 | URL | #bH1htKmU [edit]
B.B says... ""
>訴訟への対応以前に松尾会長への処分のようなものを予告しているようです。
脅しですね。

もう見境がつけられない。
正気でないこれを狂気というんですよ。
しかもこれは文書で残っていると聞きました。
JBCの暴走が止まらないとはその通りで、「やっちまったな!」と思いました。
告発の材料を自ら発してしまっている。
恐ろしい人たちです。
2016.08.06 17:55 | URL | #bH1htKmU [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
>健保金の残額の証拠を示すのが一番じゃあないでしょうかね?

なんか折に触れて数字が出てきますが、それぞれの数字の根拠がわからないので、「健康管理見舞金残高相当額計算書」を出してほしいですね。

>ボクシング界は、JBCと協会が共に両輪で支えていかねばならないのだから

これは、中に今誰がいるかということを抜きに考えれば、「ねばならない」というよりも、そうするのが日本のプロボクシング史のなかで今は自然だし、再建も楽に進められるだろうとは思います。そういう意味では正論と言えなくもないです。(おそらく、本郷記者の意図もそのようなものであっただろうと個人的には感じます。)
近未来には別のあり方も視野に入ってくるとは思いますが、当面は何より資金不足の業界でそこまでは変えにくいのが実情だと思います。変えるべきかどうか、ということも、コミッションや協会を牽引するのが誰であるか、中の人たちの意識がどうであるか、に大きくかかわる問題でもあるので、当面は考えにくいですが、「ねばならない」という強い意志があるなら、もう少しまともな運営を心がけるべきです。その時初めて正論が説得力を持つし、「誰かが別コミッションを画策してるんじゃないか?」「JBC管轄外の選手や指導者の動きを封じておかないとえらいことになるんじゃないか?」なんてビクビクしながら強権を振るわなくてもすむようになるでしょう。
一国一コミッション、唯一の統括団体などとあぐらをかいて怠けていないで、(競合相手があったとしても)「選ばれるJBC」を目指すべきでしょう。

>普通に考えてもJBCがここまで財務処理の開示を拒む理由がまったく解りません。

数字の根拠がわからないと書きましたが、減ったものが数千万単位で増えたりしていますよね。返さないといけないという意識はあるのだと思います。法的に瑕疵のない運用として、一般収入だから自由に使う、という方針ではなかったんですかね。やってることに一貫性がないんです。数千万というのはJBCにとって気軽に動かせる金額ではないでしょう。
2016.08.06 20:44 | URL | #7SPhLgiM [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>ボクシング界は、JBCと協会が共に両輪で支えていかねばならないのだから

タイヤがパンクしたら交換して、故障の原因を究明するべきですね
2016.08.06 21:40 | URL | #- [edit]
バンコク愚連隊 says... ""
まあ正味どーでもいい話なのだが、安河内さんが戻れないのは裁判の負けが見えたところでJBCが屋上屋の組織改編をして事務局長の上のなんたらって役職作ったのが大きいと思うのだが…元に戻るにも戻ったところで元の職権がないのでは判決を無効にされたと等しい訳で。

拳論もいまは匿名が多くて誰がどの発言をしているのかがわからんから付いていけないねえ…ってかそもそもあたしは書き込みも出来ない身分のままだが…(苦笑)

ま、裁判に金かけすぎてJBCの経営が傾いているのは間違いないんだから、現執行部で責任取らないといけないと思うのだけどね。

(呆)
2016.08.07 15:19 | URL | #mQop/nM. [edit]
B・B says... ""
バンコクさん、それが普通の感覚ですよね。
普通でない、つまりは異常という事です。
2016.08.07 15:58 | URL | #bH1htKmU [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>バンコク愚連隊様

根本的な原点として忘れてはならないのは

・そもそも労働裁判において違法行為を認定されたのはJBC側であり、根本的な落ち度はJBC側にある

・その結果膨大な無駄な人件費と裁判費用が発生した責任もJBC側の違法体質と稚拙な法廷戦術に起因する

・裁判は一審の時点で逆転はあり得ないくらいの完全敗訴であったのに、JBCが勝ち目のない裁判を続けて更に負債を増やした

・地位確認裁判で敗色が濃厚になったときに当該職の職権を剥奪するような組織変更をするのは違法である可能性が大。そのような手法を容認すればブラック企業がはびこることになり、社会的にも害悪を及ぼす。

・違法行為・財政悪化の責任者である浦谷氏が辞任するのは当然のこと

・JBCは財団法人であり刑事罰に相当する違法行為があるなら、司直の手に委ねるのは当然。退職を条件に刑事告発を辞めさせるような条件闘争をするのは法令軽視

・刑事告発の断念をさせたいなら、違法行為や放漫経営を謝罪した上で経済損失を個人資産で賠償するくらいのことが必要

ちゅうようなことですね。

人気捏造ライター片岡亮氏は相変わらずJBC擁護の提灯記事書いてますが、全てが本質そらしの屁理屈ですね。飽きずによくやるよ。

JBCと片岡亮氏は違法行為して裁判で負けた同志ですから、さすが感性も合っておられるのでしょうと深く納得した次第。

2016.08.07 18:12 | URL | #- [edit]
ホシイモ says... ""
バンコクしゃん懐かしいでつね

(^m^)お久しぶりでつ
2016.08.07 23:26 | URL | #bGf9qjkw [edit]
ホシイモ says... ""
今の拳論サイトは信用したらだめでつよ
(。・ω・。)ほとんどみなくなりますたけど

片岡しゃんやハイセーの頑固さがダメでつよ


書き込みしてるひとらの片岡さんの
ラブぶりにビックリしてまふ

もう少し自分で判断したらと思いまつね

たまにブログめぐりでみまわりでみたりしてま
2016.08.07 23:36 | URL | #bGf9qjkw [edit]
says... ""
あそこでまともにコメントしてるのは宇弓さん位ですかね。パンドラの箱とかバカな発言してる輩もいますが…。健保金問題は好き嫌いで片付けられる様な問題じゃなく、移籍制度とも関係ない話しなんですけど…。自分もコメントしてみましたが…。ん?バッチリ規制されました♪
2016.08.08 02:31 | URL | #5nO1o6v6 [edit]
ホシイモ says... ""
亀田大毅チャンピオンと何回も試合したり日本人らとも試合たくさんしている
(。・ω・。)
子供三人いてるデンカオセーン世界チャンピオンが日本でトレーナーやりたいそうでつ
給料は15~20万欲しいそうでつ
誰か雇うでつ
ちなみに給料15~20万はフィリピントレーナーの給料より高いそうでつ
初めてしりまつた
相場はもっとやすいそうでつ

雇いたいジムは六島ジムかタイ人案内人のプームに連絡を
(^m^)

2016.08.08 20:17 | URL | #bGf9qjkw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/524-482a376e