HARD BLOW !

緑ジム松尾会長がJBCを刑事告発?!

最高裁判決後も遅々として進まぬJBCの正常化、責任追及でありますが、全国紙に驚きのニュースが掲載されました。

なんと健保金問題で、JBCを一貫して追及してきた信念の男、緑ジムの松尾敏郎会長がJBCを刑事告発するというじゃないですか。以下に全文引用させていただきます。

記事へのリンク
   ↓
<ボクシング>見舞金減少でJBCを刑事告発へ
 日本ボクシングコミッション(JBC)が負傷時の治療費などに充てる目的で選手のファイトマネーから徴収してきた健康管理見舞金が著しく減少しているとされる問題で、プロボクシングの緑ジム(名古屋市)の松尾敏郎会長らによる有志の団体は30日、見舞金の使途に不明瞭な点があるとして、近くJBCを刑事告発する意向を明らかにした。この問題については日本プロボクシング協会もJBCに十分な説明をするよう求めている。松尾会長は「再三説明を求めたが、納得のいく回答がなかった。選手から集めたお金を何に使ってもいいわけではない」と話している。

しかもそれを伝えた媒体は、ヨタ記事トバシ記事専門の夕刊フジやサイゾーのWEBでなく全国紙の毎日新聞。かなり堅い情報であります。

共同通信からも記事が配信されています。こちらも全文引用させて頂きます。
記事へのリンク
  ↓
JBC幹部らを刑事告発へ 財産毀損と権利を守る会
 国内のプロボクシングを統括する日本ボクシングコミッション(JBC)の財産が大きく毀損されているとして「ボクサーの権利を守る会」(松尾敏郎代表=緑ジム会長)は30日、JBCの浦谷信彰統括本部長らを刑事告発すると発表した。

 同会は、試合で負傷した際の治療費に充てるため選手から徴収した「健康管理見舞金」に不明瞭なところがあるとした。JBCに説明を求めてきたものの、この日まで納得のいく回答がなかったという。8月10日に東京地検に告発状を提出し、記者会見を開く。

 これに対し、JBCの秋山弘志理事長は「適切に管理されており、問題がないと考えている」と述べた。


 秋山節、健在であります(笑)

 刑事告発となるとその罪名が気になるところでありますが、果たして横領なのかそれとも背任なのか?

 なんたって億単位の金額であります。ウヤムヤで終わることはないと思います。

 JBCは『公開プロテスト』みたいな下らんことやってるヒマがあるなら、きちんと問題に対応して欲しいもんであります。

文責;旧徳山と長谷川が好きです

Comment

東日本の善良な市民 says... ""
JBC「JBCとしては、健保金はあくまで一般収入であり、職員の人件費や電話代、郵送する時の封筒代にも使用している。」
http://boxing2012.blog.fc2.com/blog-entry-255.html

↑こ~んなこといってましたね!

8月10日が楽しみです!
http://this.kiji.is/132074791264190466?c=110564226228225532
2016.07.31 01:12 | URL | #7SPhLgiM [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
一般論として裁判で負け続けてる人達の法解釈は間違ってると予想していいんじゃないでしょうかね?
あくまで一般論ですが…
2016.07.31 01:31 | URL | #- [edit]
B.B says... "ノーと言えない人たちに"
>健保金はあくまで一般収入であり

財務処理上の科目はそうであっても中身はまったく違いますからね。
こういう言い訳をサル知恵と言うんでしょう。
JBCも協会側の強い要請に応え、その認識があったからこそ基金として口座を分けた。
しかも協会議事録には経緯と結果が明確に残っている。
先日の記者会見でも金平氏が言っていますがJBCは「一般の方には無いと言わざるを得ないが、(健康基金は)あります」と答えている。
https://www.youtube.com/watch?v=482dNOt9bq4
複数の証人も文書も残っている。
JBCはこれ以上の言い訳はもう出来ないと思います。

僕もある非営利組織(協同組合)の経験がありましたが、長年倉庫係を実直に務めていた人物が事務局長に昇進、小口現金程の管理する権限まではあったのですが、まぁ簡単に言うと入金手形を現金化する手口で横領していた。
ところが期末準備の監査でこれが発覚し失踪の後、横領事件に発展。
発覚が遅れたのは監査役も隠ぺいに加担した為ではないか?とされました。
当時、業界紙だけでなく一般紙でも報道され、これが引き金となって組合自体が信用を失い組合員の大量脱落で最終的には組合は解散しました。
失踪した本人は呑気に釣りをしていたところを発見され身柄拘束。
「一時的に借りたがすぐに返せば問題ないと思った。家を担保に金を借りて補てんするつもりだった。こんな大ごとになるとは思わなかった。申し訳なかった」と十数年経って言いましたが。
補てんの意思は確かにあったとしても完全アウトでした。
彼は多額の賠償責任を負い家も財産も一瞬にして失いました。

脱線しましたが、世の中は立場にある人の金銭のやり取りには厳しいんですよ。
浦谷さんら週刊誌ネタや一万数千円の領収書で「辞めるべき。男なら身を引くべき」と法廷で言ってましたけど、ご自分に降りかかる今度はネタでなく事実としての一億近い金ですからね、因果応報と申しましょうか・・重いですね。
万が一ですけれども、立場が上がれば上がるほど金にまつわる罪は重くなるんです。
解っているんでしょうか?
一般紙やまともなメディア、そして世間が注目し始めた中では、もう表に出ない水面下でのムラ社会理論は通用しないのです。
ですが、未だに条件闘争などで落としどころを探す一部の人がいる。
こういう人達はハッキリ言ってボクシング界のガンです。
司法で争われ決着を見たという事は、何れ社会がボクシング界に対して決着をつける日がそう遠くはないという事です。
そうした危機感があるのか無いのか?
不当解雇裁判も、亀田裁判も、今回の告発の動きも誰が原因を作ったのでしょうか?
日本のボクシング界は秋山さん、浦谷さんらと心中しますか?
本当にこの人らが必要なんですか?
8月の10日までもう時間はありませんが、業界の皆さんには全力で考えて頂きたい。
2016.07.31 06:46 | URL | #bH1htKmU [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
>失踪した本人は呑気に釣りをしていたところを発見され身柄拘束失踪した本人は呑気に釣りをしていたところを発見され身柄拘束

すみません、笑っちゃいました。
そういうものなんですよねえ。周りじゅうを疲弊させて、組織を弱体化させて、あちこちに迷惑をかけても、ご本人は何が悪いかわかっていないから。
何がよくて何は悪い、と真剣に考えてるほうはグッタリしますが。
でも、落ち着くべきところに落ち着くと思いますよ。

何が悪いか、いつかはわからないと、先の人生でも似たようなことを繰り返してしまうでしょうね。
2016.08.01 00:13 | URL | #7SPhLgiM [edit]
ホシイモ says... ""
和解できないのが刑事告訴

当人どうしプライベート和解しても警察がらみだから和解できなくていくとこまでいくのが
刑事告訴裁判

税金使われてまつから

デスマッチで生きるか死ぬかでし
(*/ω\*)
2016.08.01 17:21 | URL | #bGf9qjkw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/521-acce94a1