HARD BLOW !

ボクサーの権利を守る署名活動

 現代ビジネスの記事にも登場した、緑ジムの松尾敏郎会長が呼びかけ人となる形で、健保金の不明瞭な使い方を糾す署名運動が始まりました。署名は原則的に健保金を納めてきたボクサーや元ボクサーが対象だそうですが、関係者やファンも署名可能とのこと。

 松尾会長は健保金制度が廃止され、目的外の流用が始まった当初から批判の声を上げてこられましたが、実際に氏が危惧されていたとおり、健保金は溶けてなくなる寸前となっております。

 放漫経営を続けるJBCのトップを更迭し、責任を取らせるとともに、傷病対策のシステムを維持する為にも是非署名へのご協力をお願いします。

 署名をされたい方は、以下の画像をA4でプリントアウトしてお使い頂ければ幸いです。送り先は署名用紙の下部に明記されております。
健保金 署名

Comment

B・B says... ""
すでに300名近い署名が集まっているようです。その中には数名の元世界チャンピオンや、有名選手も。
やはり、みな共通の問題意識を持っているんですね。
当事者なら当然の事ではありますが。
これまで表面化しませんでしたけど、封殺されて来たのでしょう。
間違い無く何かが変わり始めています。
2016.07.07 00:42 | URL | #bH1htKmU [edit]
いやまじで says... ""
ボクシングマスターさんも今回の問題を5日付け記事で取り上げています。

http://ameblo.jp/stanbox7/entry-12177604994.html

JBCの司法の判断を蔑ろにする行為、また、不明朗な財政運営は、
ボクシング界の社会的信用を大きく失墜させるものです。
私には現JBCは自らの保身のために、
かなり前から思考停止しているようにしか見えません。
もはやJBC内部で問題の解決が図られない以上、
外部からメスを入れざるを得ない段階にあると思います。





2016.07.07 07:39 | URL | #Twj7/TDM [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
問題性は安河内裁判の一審判決が出た時点で明らかだったわけで、残念ながら自浄作用は望むべくもないですね。
2016.07.07 12:08 | URL | #- [edit]
ホシイモ says... ""
ボクシングマスターブログ酷い現実をみせられますたね

これもきちんとマスコミで伝えてほしいでつ
(。・ω・。)

難しい実務は元々専門の安河内しゃんにお願いしたほうがいいと思われまつ

やれないからこういうのがありますたと
2016.07.07 12:37 | URL | #bGf9qjkw [edit]
ホシイモ says... ""
また大きなニュースくるかもでつよ
( ̄^ ̄)
2016.07.07 18:54 | URL | #bGf9qjkw [edit]
B.B says... "思えば・・"
5年前の、まさに日本の未曽有の危機の混乱に乗じて企てられた一部試合役員、職員らによるクーデター。
大半の人達がそれを支持あるいは暗黙のうちに了解した。
暴走を許し続けたその結果のひとつがこの深刻な健保金問題です。
保身と欺瞞に満ちた輩の策謀に騙され、当時はみな冷静な判断が出来なかったのです。
アウトサイダーとはいえ、ファンと名乗る僕らにも責任はあります。
問題の原因にいち早く気づき行動を起こしたものの、力不足により周知徹底が遅れた。
松尾会長のような覚悟が足りなかったのだと思います。
しかしこうして事実が明らかになった今こそ、それぞれが、それではどうするのか?がまさに問われている訳です。
既に事態は最悪の時を迎えてしまいましたが、しかし、これはむしろ大改革への転換なのだと信じています。
そしてそのカギは僕ら一人一人も握っている。
その環境を作ってくれた松尾会長には心から感謝したい。

この週末から来週の半ばにかけて、これまでの大きな動きは表面化します。
ただそれは、新たな出発の烽火でもあります。
読者の方々にも、歴史に乗り遅れるな!と叫びたい気持ちで一杯です。
2016.07.09 05:37 | URL | #bH1htKmU [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
>歴史に乗り遅れるな!

フジテレビが村田選手デビューに際し、伝説を最初から目撃しよう!的なキャンペーンをしてましたね。
これはJBC管轄下のひとりひとりのボクサー人生をすべて覆い尽くす、全体のシステムに関わる問題です。すでに焼け野原となりつつあるなかで、21世紀の黎明期を今すぐ幕開けしなければならない。遅れるほど再建は遠退き、難しくなります。おかしな学閥体制、不透明なお金の流れに一刻も早く幕を引かなければ。
ぼーっとしてると長い時間、多額の資金があっという間に費やされてしまいます。それはこの5年を顧みてもわかること。
3分がどれだけ長いか、よく知っているはずの業界の皆さんに、時間もお金ももっと有効に使ってほしい。心からそう願います。
2016.07.09 09:40 | URL | #7SPhLgiM [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
事故と自己責任については、スタントマン vs 日俳連の問題と似た面もあるなあと思ったので張っておきます。
https://www.bengo4.com/c_5/c_1626/n_4870/
2016.07.09 10:15 | URL | #7SPhLgiM [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>スタントマン vs 日俳連

高瀬さんだ!映画秘宝の連載読んでました。

自分の会社の部下の為に体を張って交渉してくれるこういう親方がいれば心強いですね。

やはり選手会的な組織がないと権利主張は難しいでしょうかね?
2016.07.09 19:04 | URL | #- [edit]
B・B says... ""
色んな意味で変われるチャンスなんですよね。
選手やOBがそこに気づけるかどうかです。
権利は選手にあるんですから。
余分かも知れませんが、普通に考えれば、誰にでも理解出来ることですが亀田が絡むと途端に正気で無くなる一部のファン。
そうした偏向が自分の応援する選手にも影響する事に気づけない。
契約や移籍の問題など、泣いている選手は本当に多いです。
ただそれは双方が知らないがゆえに起こるトラブルも多分にあって、ルールとして明文化確立する事で解決して行く事も可能なんです。
今回の流れは様々な改革の基点になり得る。
当事者の選手の皆さんが気付くかどうかだけなんです。
2016.07.09 20:51 | URL | #bH1htKmU [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
>高瀬さんだ!

「最近はCGも発達していますが、お客さんはごまかしのない命がけのアクション、スタントをごらんになりたいのです。」っておっしゃってますね。
ボクシングの場合、CGと何が違うんだろ?って考えてみると、生身の技術面での個性の他に、どういう性格、生き方の人物がどういう試合でどう戦うかっていう見所も大きいですね。
長谷川選手あたりは世界王者になって注目もされるなかで、私生活面では比較的正直に物を言ってこられたのかなと思うし、それが魅力でもあるけれど、その彼にしても継子的なポジションで言えないこともあるはずです。
日本の選手は発言に制約が多過ぎて、そういう意味ではCGに近いし、そういった選手ほど魅力にも乏しいですね。

>ルールとして明文化確立する事で解決して行く事も可能なんです。

腹の探り合いのなかでルール策定は厳しいですから、とにかくは信頼関係の確立ですよね。時間をかけて徐々にやるつもりなら、そもそも利害は対立してなかった、ということも往々にしてあるはずなんですが。
2016.07.10 00:43 | URL | #7SPhLgiM [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/510-2e091bd4