HARD BLOW !

Abema TV 格闘技ストリーミング中継の衝撃

 先日読者の方より教えて頂いて、立ち技格闘技のKrushの興行のストリーミング中継を見る機会がございました。

 中継をやっていたのはテレビ朝日とサイバーエージェントの出資で設立された、ネットストリーミングサーヴィスのAbema TV。

 Abema TVへのリンク
    ↓
 https://abema.tv/

 有料のネット配信業者が続々と参入する昨今ではありますが、Abema TVはテレビ局とネットベンチャーが組んだTV放送のような形式と無料が売り。通常の番組はCMが入りますが、Krushの中継は何時間にも渡ってノーCMで次々と試合が流れ、普段キックの興行を見ない自分には、選手は誰が誰やら分からないながら、大変新鮮で面白かったです。

 先週末にはこれも立ち技のK1や総合のDEEPの中継が連日放送され、「格闘技のストリーミングにかなり力を入れているな」という印象を持ちました。DEEPではUFC帰りの菊野選手の試合が見れたりと、これもなかなか面白かったです。

 有料配信大手のHULUでは、日本テレビ傘下になったことで、NPBの巨人戦のネット中継が始まったりしております。コンテンツを求める有料配信業者が、今後スポーツ中継に食指を伸ばしてくるのは確実と思われます。

 ボクシングは相変わらず地上波テレビ中継一辺倒のビジネスモデルですが、キックや総合勢の柔軟さを見習う必要もあるのでは?と感じたのでありました。

 改めてボクシング以外の格闘技も面白いなと感じた(旧徳山と長谷川が好きです)

Comment

ケンブリッジ飛鳥凉 says... ""
これに関係した話、どこかのブログでも議論されてましたね
やはりクラッシュの興行を見た人たちは皆絶賛してましたね、運営諸々に関しても

なぜボクシングではできないのか?ホールの記録用モニターは外部に流せないのか?
私もこれは以前から思ってた事なんですが、まあ何かできない理由があるんでしょうね…著作権の問題なのかジムとの兼ね合いか、それともjbcの運営が無能なのか
今後行われる世界戦にしても、あまり盛り上がってるように見えないので頑張って欲しいものですが
2016.06.30 08:36 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
〉ケンブリッジ飛鳥凉様

コメントありがとうございます。

自分はKrushの中継は3Rの試合が三時間以上、これでもかとつづくので、正直ちょっと疲れたわけですが(笑)、キックファンに伺うと最近はチケットも売れ行きも良く、また料金設定の工夫で若いファンや子供も多いのだとか。物販やファンサービスの為の工夫など含めてボクシングも見習うところがあるのでは?というお話でした。

何よりボクシングは参入障壁ぐ高過ぎて色んな人が入ってこれない。相撲界みたいに閉鎖的になってしまっていると感じます。

一部のマニアが持っている特権意識や精神主義も正直鬱陶しいかな、と(笑)。
2016.06.30 09:11 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
>一部のマニアが持っている特権意識や精神主義も

僕はマニアではありませんが、正直、耳の痛い話しではあります(苦笑
今はそんなものはぶち壊されましたが。

もう5年ほど前になるでしょうか。
某有名プロモーターさんとHardBlow!懇談会の折に、地上波に乗らない試合をネットで中継することは不可能だろうか?特に足を運ぶには会場から遠い地方のファンも多いだろうし、新たなファンの獲得にも繋がるのではないか?といった話題が出ました。
この時は機材や人件費に掛かるコストと収益を比べると難しいだろうという話しで、ファンサービスよりも先にコストと課金設定の話しに。
それで「全国のコアな(お金を払っても観たい)ファンを集めても、おそらくホールが埋まる程度の数じゃないですか?」と興行側の視点と実感からの言葉に僕らは黙ってしまいました。
その後、コミッション関係者に聞くと、全試合録画されている(はずの)試合検証用の映像については「目的以外に使用することは今のところ難しい」とのこと。
それでも諦めきれずにいたところ、記事にある通り他の格闘技では無料で試合が視聴できる環境があり、それがやがてゲート収入にも新たなファン獲得にも大きな影響を与えていると聞いて、ボクシングはファンも含めて、ある種特権意識?にあぐらをかいていたんだなと。
8月に日本にも上陸する中国のクンルンファイトはネット中継で莫大な収益を上げて更に成長しているとか。
ようやくボクシングでも単発ですが興行主さんによっては試合映像をストリーミング中継されてる方もいますし、内山選手らを抱えるテレビ東京は中継翌日にはyoutubeで映像を開放していますね。
そこで業界関係者の話しを改めて聞くと、「ご指摘の通り強い危機感を持っています。ボクシング界も新しいビジネスモデルを構築しなければならない。その為には分散した権利を一元化する必要がある。ここが一番難しいところ。これが解決したら業界全体が潤い、興行サイドやジムだけでなく選手にもファンにも還元できるんです」と。
コミッションは破綻寸前ですが、協会は幸いにもお金をたくさん持ってるようようで、目先の事でなく、未来に渡って皆が潤うように、今こそ一致団結して頂きたいですね!
2016.06.30 12:08 | URL | #bH1htKmU [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
個々のプロモーターがテレビ局と契約するのは自由競争ですが、その他のプロモーターは様々なチャンネルを模索する必要があると思います。

総合やキックの動きには参考になることが沢山つまっていると思います。
2016.07.01 21:22 | URL | #- [edit]
ホシイモ says... ""
健保金の事で現体制に対して老舗会長らが追求してるのがヤフーニューストップにきますた
(´ω`)使い道に対して怒りに震えてるそうでつ
緑ジムの会長でつ
中日本ボクシング協会元会長で日本ボクシング協会福会長も務めたことあるそうでつ
開示しないと浦谷氏を刑事告訴するそうと言ったそうでつ
浦谷氏が緑ジム会長から開示を求められ拒否されて話し合いは決裂
後日金平しゃんとワナタベ会長が残高を開示しろといって
浦谷氏は
2200万だと白状しますた
今すぐ補てんしろと怒ったそうでつ
刑事告訴の準備中だそうでつ
刑事告訴は和解ができないシステムだと聞いたことありまふ

2013年は1億4800万あったとでてますた

ヤフートップニュースの
現代ニュースより

(*/ω\*)

2016.07.05 17:46 | URL | #bGf9qjkw [edit]
B・B says... ""
告発したら受理されますよ。
業界の人もJBCがいまだ内閣府の管轄指導下にあることを忘れている。
一般財団移行までまだ二年ある。
その前に解散が濃厚です。
秋山氏浦谷氏を特別背任で告訴すべき。
2016.07.05 18:31 | URL | #bH1htKmU [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
>秋山氏浦谷氏を特別背任で告訴すべき。

あまりに遅かったと感じていますが、やらないよりはいいと思います。

ホシイモさんのおっしゃってる記事のコメントを読むと、戸髙が戸田になっていることを指摘するものがチラホラ。
もちろんこういう間違いはあるべきではないけど、トダカと聞いて戸髙秀樹とさらっと書けるようなボクシング記者たちには書けなかった記事です。
2016.07.05 18:53 | URL | #7SPhLgiM [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>もちろんこういう間違いはあるべきではないけど、トダカと聞いて戸髙秀樹とさらっと書けるようなボクシング記者たちには書けなかった記事です。

専門誌は衒学的、オタク的にボクシングについてのみ語っているから、複雑なことや社会のことが分からなくなっているということでしょうね。

ボクサーの納めた金を無駄使いするな!と高所から説教してたボクシングマガジン、と城島充氏、浅沢英氏はいま一億近い金が4年間のデタラメ経営で溶けた事実をどのように伝えるのでしょうかね?それとも伝えないで済ますのか?

JBCの茶坊主ライターやって御用記事書いた結果がこれです。悪いけど物書きとしては終わってます。
2016.07.05 20:17 | URL | #- [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
Hard Blow! さんもツイッターで呟いてたBoxingRaiseに続いて
http://boxingnews.jp/news/38930/

石井一太郎さんも「Aサイン・ボクシング」という動画配信サイトを始めたそうですね。
http://boxingnews.jp/news/39182/

プライベートのネット環境が貧弱なので私はすぐには飛びつけないのですが、こういう試みがボクシング界の農奴解放、自立のための一歩になるといいなと思っています。
2016.07.16 13:25 | URL | #7SPhLgiM [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
本当はプロモーター個別のものでなく、色んな興行が見れる統合サイトがあるといいんですけどね。その辺は今後プロモーター同士で協力していただきたい。

あとチケット売り上げにどういう影響があるか?ですね。短期的に判断せず少なくとも三年くらいは続けて欲しいですけどね。

UFCは今夏スタートするスポーツ専門のストリーミングサーヴィス、「DAZN」(ダ・ゾーン)に参入するとのこと。UFCはすでに自社でファイトパスという配信システムを保有していますが、配信業者やケーブル局と併用で配信業者も使うようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160714-00000079-impress-ind

スポーツチャンネルの一コンテンツという位置づけですね。

abemaTVなどの無料中継も巧く使いながらいかにマネタイズするか?というのがプロモーターの腕の見せ所でしょうね。

ボクシングもちゃんと専門家入れてネット配信に対応していかないといかんと思いますけどね~。
2016.07.16 15:02 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/508-bcf5ba24