HARD BLOW !

謎の仮払金3600万円 JBCの金庫はカラッポ?!

 読者の方より様々なご指摘を受けましたので、記事を改稿しております。会計には不案内なもので、まことに申し訳ありません。(2016年6月23日追記)

 最高裁判決が確定した後も「当方としては、安河内氏にすみやかに出社するよう命じております」と、一切現実が見えてない居丈高なコメントを発表し、世間をポカンとさせた栄光のJBC統括本部長(笑)浦谷信彰氏。

 2011年に怪文書に端を発する内紛に呼応するかのように安河内氏を追及して安河内氏を追い出し、一介の試合役員からJBC職員→事務局長→統括本部長(笑)へと階段を駆け上がった現代のシンデレラ…。

 そんな彼が一連の騒動のさなかに、記者会見を開いてまで告発したのは、安河内事務局長が関西出張の際立ち寄った大衆ふぐ料理店の17000円相当の飲食費のレシートでありました。この飲食費を「不正経理である」と槍玉にあげ、公益通報までした浦谷氏。聞くところにようと当時彼は、この飲食費を告発した理由について「ボクサーの納めた金は一円たりとも無駄にしてはいけない」と言っていたそうです。なんと清廉な方でありましょう。

 この時夕刊紙のコラムやブログを使って安河内氏の『疑惑』を焚きつけたのは、後に亀田兄弟への名誉毀損事件で敗訴し賠償を命じられる、悲運の捏造ライター片岡亮氏でありました。安河内氏の怪文書に丸ノリして

「僕が追っているものは、 たかが1万数千円のレシートだけではないですよ。」

とまでぶち上げながら、裁判に関する続報は皆無で、記者会見にすら現れなかった片岡氏。あの怪気炎は何だったのでありましょうか?景気のいい発言が今となっては虚しくこだまするのみです。

 ちなみに「亀田兄弟に監禁・恫喝・暴行された」という狂言を広める記者会見と捏造ライター片岡氏への情報提供で仲良く敗訴した語尾を延ばすJBC職員氏は、浦谷氏の大学の部活の後輩で、安河内氏を追い出した後、浦谷氏と同時期にJBC職員となっています。

 脱線しましたね。浦谷氏に話を戻します。
 賢明な読者諸氏に置かれましては

 「17000円の支出にすら、疑惑の目を向ける浦谷氏が統括本部長(笑)という要職に就いたからには、さぞJBCの財政状況は健全に維持されているのであろうなあ」

 とお考えのことと思います。というわけで、JBC様のサイトにお邪魔して公開されている財務諸表から現在の財政状況をチェックしてみましょう。

 財務諸表はWEBサイトにて公開されています
      ↓
平成27年度財務諸表

 この表で注目すべきは貸借対照表の流動資産の項目にある『仮払金』の部分。
13517982_1061076083972333_1990464633_o_R.jpg

 2014年、2015年の二年連続で、なんと1990万円→3600万円と多額に計上されているのです。ちなみにその前年は500円!なんだよこの増え方。

 仮払金というのはサラリーマンの皆様にとっては出張旅費の前渡しでおなじみのシステムでありましょう。貰ったお金で新幹線や飛行機のチケット代やホテル代を払った後、残額を領収書を添えて提出すれば会計処理されるのが通例。一般に、企業や団体は仮払金を早く分類して会計処理したがるもので、まあ普通は出張から帰ったら「早く返しなさい」といわれる類のもんであります。そんな仮払金が3600万円も未処理のまま放置されていることは、財団法人としてはちょっと異常なことであると思います。

 そもそもJBCの年間予算一は億円台というところ。そんな予算規模のところが3600万円もの仮払金を抱えていることも不自然です。
 
 仮払金は会計上は資産に分類されるので、粉飾決算に利用されるということもままあるのだとか。苦しい財政状況を糊塗する為の手法でなければ良いのですが…。心配です(魚の死んだ目で)。

 JBCの仮払金は、おそらく解雇した職員との一連の地位確認裁判が連続で敗訴となり、未払いの賃金や上告に際しての供託金などとして充当されたのではないか?と推測されます。

 勝訴すれば返ってくる可能性があるから『仮払い』というのが、JBC側の一応の根拠なのでありましょうか?まあ現実は思ったような結果になってませんが。

 と、ここでBBさんもコメント欄で触れられているように『健保金の残額が2200万円しかない』という情報が現在業界を駆け巡っています。

 ご存知のとおり健保金はもともと、JBCが試合時の傷病対策・医療費として選手からファイトマネーの3パーセントを徴収して積み立てられてきた保険金的な資産であります。2011年度に安河内事務機局長が辞任する時点で1億2千万があったことが分かっています。

 2013年度にJBCがこの健保金を一般会計に組み入れて、傷病時の支払い金額も減らすという制度変更決定(JBCのWEBに掲載されている制度移行の告示告示 平成25年6月14日)をした時に、協会から抗議を受けて預金口座を切り離したという経緯もあります。この時点で協会サイドが確認した残額は5700万円という情報を当方は得ています。なぜか二年で6000万円以上が減っています。この時のJBCと協会の対立の様子は当方でも何度か記事にしています。
             ↓
健保金問題解決へ向けて

深刻事故を受けて ある文書から考える健康管理

 当時掲載した資料を再掲します。この時点で問題点は予見されていましたね。

 9・23 JPBA緊急理事会

 そして最新の数字といわれている残高が2200万円。

 17000円のレシートで鬼の首でも獲ったように騒いでいた浦谷氏は現在の財政状況をどのように考えているのでしょうか?
 
 上から目線で『出勤を命じ』ている場合ではないと思います。

 トンチンカンな事実誤認記事で安河内氏や谷川氏を「ボクサーから集めた金を無駄使いした」と指弾したボクシングマガジン誌と、この記事に情報提供した城島充氏と浅沢英氏は、違法行為で無駄な裁判闘争を繰り返し億単位の金を失った可能性があるJBCを放置されるのでありましょうか?いやむしろこの違法行為を行った連中に、お墨付を与えて支援したという自覚はあるのでしょうか?

 財政破綻が来る前に早急に手を打つ必要があると思います。

 解決の方法がとんと思いつかない(旧徳山と長谷川が好きです)

 

Comment

東日本の善良な市民 says... ""
>制度変更決定

その時の報道がこれですね(Hard Blow! さんのデータベースから)。
http://megalodon.jp/2013-0922-1155-41/www.asahi.com/sports/update/0921/TKY201309210386.html
http://boxing2012.blog.fc2.com/blog-entry-289.html

「JBCは日本のプロボクシングを統括する団体で、ジムや選手からのライセンス金で成り立っている団体」で、ジムは経営が厳しくてトレーナーにやめてもらったりしているのに、JBC職員の人件費は健保金からでも支払う、どう使おうが自由、道義的にも問題はない、というのが現在のJBCの考えのようです。

現代記者の藤岡氏によると2014年に1億1900万なくてはならなかった健保金が今は2200万。2015年10月7日の時点で約3100万円だったのがその後の8か月で900万減っていますから長くはもたないでしょうね。

ツイートされているように、「3年前は11288万円あった現金預金は、昨年時点で4221万円」ですが、現金預金以外のものももうほとんどなさそうです。

1個だけ細かいところを突っ込んで恐縮ですが、2013年の仮払金は500円じゃないでしょうか?
会計のことは大の苦手、難しいです。
2016.06.23 08:29 | URL | #7SPhLgiM [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
すいません500円です。他にも色々ご指摘頂いてますのであとでまとめて訂正致します
2016.06.23 08:51 | URL | #- [edit]
幻 says... ""
財務諸表をチラッと目を通しましたが、雑損失2500万って何の費用なんですか?
まさか、裁判費用なんですかね?
間違ってたらスミマセン。
2016.06.23 22:00 | URL | #- [edit]
幻 says... ""
スミマセン。
いきなり間違ってました。
雑損失2500万円ではなくて、指定正味財産2500万円が雑損失2950万円に充てられてますね。
調べたら、指定正味財産は寄付金等の財産みたいなので、
約3000万の不明損失に寄付金が使われたという解釈でオッケーですかね?
それが裁判費用だったら最悪ですね。
会計やJBCの組織運営は詳しくないので、間違ってたらご指摘お願いします。
2016.06.23 22:22 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
固定資産の項目を見ていただければ分かりますが、定期預金を2500万円切り崩してますね。

あくまで推測ですが、敗訴後和解した裁判で生じた未払い賃金や、安河内氏の裁判の上告に際しての供託金に充当されたのではないでしょうかね?

2016.06.23 22:31 | URL | #- [edit]
幻 says... ""
ありがとうございます。
確かに定期預金2500万円を取り崩してますね。

しかし、指定正味財産というのは、寄付金等で、寄付者の意図が明確で、用途に制約があると定義されてるそうですが、そんな重要な財産をデタラメな裁判関係で使うなんてとんでもない話ですね。
私も含めて、一般人は財務諸表なんかよく分からないし興味も持ちませんからね。
だから、一部の人間が好き勝手にできて、発見や対応が遅れるんじゃないかと思います。
2016.06.23 22:57 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
こういうことが起きないように監視するための、理事や評議員や顧問弁護士のはずなんですけどね…。

そしてJBCの財政は実質的にはJPBAが支えてるわけですから、本来JPBAとJBCは相互監視の関係にあるべきです。

裁判では具体性が一切否定された安河内氏の新コミッション構想を声高に批判したアホなメデイア関係者、JBCにも責任がある亀田大毅の「負けても王者問題」でタコ踊りしてたライター連中は、今JBCに起こっていることを伝えていますか?

みんなお仲間の村社会には自浄作用が望めないなら、利害関係のない外部の方に真相を明らかにしてもらうしかないのでしょうかね?
2016.06.23 23:15 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/506-db02e3ed