HARD BLOW !

モハメド・アリについての色々


 20世紀最高のボクサーにして、おそらく世界で一番有名なスポーツ選手でもあり、尚且つ反差別の激烈な闘士でもあり、ブルース・リーやゲバラのような人種や国境を越えて世界中の人に愛されたポップアイコン・トリックスターでもあったモハメド・アリ氏が、6月3日に亡くなりました。

 プロボクシングが現在も世界中の人に愛されるコンテンツになっているのは、この人の功績でありましょう。日本じゃ『アントニオ猪木と変な試合をしたボクサー』として有名になってしまったという特殊事情はありますが…。

 アリの人生を知るのに好適な本としては、トマス・ハウザーによる、上下刊合わせて1000ページを超える長大な評伝『モハメド・アリ―その生と時代』(岩波現代文庫)が読み応えが充分でおすすめです。『高校時代に遠征に行く途上ずっと汽車の窓から「俺は最高だ~」と叫んでた』、とか『「蝶のように舞い、蜂のように刺す!」と最初に言ったのはアリじゃなくてハロルド・バンディーニ』とか、『ザイール人を人食い人種呼ばわりしてザイールの外務大臣に注意された』とか、『スパーリングパートナーしてたスピンクスがアリが練習しないで女とずっとイチャイチャしてるので注意したら逆ギレされた』等々、面白いエピソードも沢山載っております。別れた奥さん達への取材も抜かりなく、アリの人間性が重層的に伝わる労作となっております。

 そしてアリのライヴァルはやっぱりフレイジャーなんだよなあということも、この本読めば良く分かる。実直で口下手なフレイジャーはアリから散々「ゴリラ」とか「アンクルトム(白人にへつらう黒人の意)」とかなんとか罵倒されても言われっぱなし。だが、アリの悪口攻撃の影響で子供が学校で苛められたことで堪忍袋の緒が切れて、アリ戦に並々ならぬ闘志で挑んだというという経緯など、大変興味深いものでした。個性豊かなライヴァル達の存在があってアリもまた輝くことが出来たということが良く分かります。

 映画ではやはり『モハメド・アリ かけがえのない日々』でしょうかね。アリのボクシングキャリアのクライマックスとなる『キンシャサの奇跡』でおなじみ、アリ×フォアマン戦のドキュメンタリーです。キンシャサでのアリの様子や、試合前に行われた黒人ミュージシャンによるライブコンサートなど、70年代の空気感がビンビン伝わる貴重映像がテンコ盛り。アリに対峙する若き日のジョージ・フォアマンの存在感も完璧です。

 ドン・キングはキンシャサのアリ×フォアマンをプロモートしたと現在も広言していますが、実際に試合資金を提供してプロモーターを務めたのはザイールのモブツ大統領でした。アリ×フォアマンを開催し、全世界に衛星中継するという、どハデな国家宣伝を行った独裁者モブツは、97年に失脚するまで30年以上大統領を勤めました。コンゴ民主共和国がザイールという国名だったのはモブツ独裁の26年間だけで、アリ×フォアマンによって現代史の1ページに名前を残すことになりました。

20160608074950695.jpeg

徴兵っちゅうのは白人が黒人を黄色人種と戦わせて先住民から奪った国を守らせるってことだろう!

 アリはキャリアのピークとなるべき期間を、徴兵拒否による裁判闘争で棒に振っており、「あの期間試合が出来ていたらなあ」というマニアも未だに多くいます。実際当時も「意地張ってないで、ボクシングするために兵役にいけよ」という人は多かったそうです。「後方の任務に行けるようにするから」というような働きかけもあったのだとか。だがアリは頑として我を曲げず、裁判を戦い抜きました。アリの不屈のイメージはこの時の裁判闘争から生まれたものだと思います。

 KOラウンドの予告や、アリラップといわれた詩の朗読、時に露悪的ともとれる対戦相手への罵倒などのいわゆるキャラクター作りは、当時の反差別闘争の高揚とセットで考えなければ理解できない部分が多々あると思います。ザイールでの試合も「黒人によるビジネス」の模索の一環でありました。黒人によるビジネスにこだわりにすぎた結果、ドン・キングに偉い目に遭わされたりするわけですが…。

 彼の巨大さはなかなか語りつくせないですが、今後も様々な評伝や研究書が出てくると思うのです、それを楽しみに待ちたいと思います。

 ケン・ノートンの人生が壮絶すぎて驚いた(旧徳山と長谷川が好きです)
 

Comment

B.B says... ""
>徴兵拒否による裁判闘争

これがあったからこそ、永久に語り継がれるアリの存在が確立したのだと思いますね。
「ベトナムに恨みはない」
偉大なる思想家であり、それを体現した不世出の平和運動家。
完ぺきではないが故に完成するリアリティーへの蜂起。
学ぶべきは生き方そのものですね。
2016.06.08 08:52 | URL | #bH1htKmU [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
もう5年近く前になりますが、ビートの2011年7月号に粂川麻里生氏が書かれた「『アメリカのヘビー級』の主役たち 栄光の日々はもう戻らないのか?」という記事が今も私の中で強烈な印象を放っています。
黒人ヘビー級のバトンはジャック・ジョンソンからジョー・ルイス、アリ、タイソンへと受け継がれたけれども、スポーツシーン全体で見れば、アリからバトンがわたったのはマイケル・ジョーダンであり、その後、オバマ大統領が手にした、と。ジョンソンのタイトル奪取からオバマの大統領就任までがちょうど100年なのだそうです。記事は次のように結ばれています。

「差別の撤廃がまた一歩進んだのは慶賀すべきことだ。しかし、その意味での黒人たちの戦いは終わった。そして、彼らのボクシングもまた、その歴史的な役割を終えたのかもしれない。」

黒人たちの戦いが終わったとは思いませんが、戦いの場が別のところに移ったということなら、さびしさとともに納得できます。とても読みごたえのある記事でした。

今現在はヒラリー・クリントンが初の女性大統領候補の指名を確実にし、「我々は(歴史の)重要な節目に達した」と演説したとの報道がありますが、女子選手も気を引きしめて栄光をつかみとってほしいものです。

それと米国でマイナースポーツ化、スター不在と指摘されるなか、世界全体を見ればやはりアジアのマーケットが注目されています。先日のIBFチャイナのご乱行を見ても、この巨大マーケットにPPVが導入されることに目の色を変えた大人たちが理性を失わないように監視の目が必要だと思います。アジアにおもねろうとするあまり、ホームの選手を優遇しようとすることもありえますが、日本には自国の選手が不自然に優遇されることを歓迎しない精神風土があり、下手に優遇すれば逆にプライドを傷つけ、信頼を失うこともあるでしょう。公平性が確保されてこそ、このシンプルなスポーツの光と影が生き、その精彩が発展の道を拓くのだと思います。
2016.06.08 23:28 | URL | #7SPhLgiM [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
ジョー・ルイスが品行方正に振舞っていたのは、白人を挑発し続けて迫害を受けたジャック・ジョンソンを反面教師にしたからだそうです。逆にアリはルイスのような物分りのいい優等生的な黒人ボクサーのイメージを打破するためにキャラクターを研ぎ澄ませたわけで、いわばジャック・ジョンソンの隔世遺伝といえると思います。

現代の代表的黒人ボクサーといえばやはりメイウエザーでしょうね。一試合で100億円稼ぐ彼にしたところで、未だに人種問題への言及を続けている。先のアカデミー賞に対する黒人俳優のボイコット事件や、警官による暴行事件を発端にする人種暴動など、アリが人生を捧げた差別との闘いは未だに続いているんだなと思います。

黒人音楽の世界でも一時「アメリカの黒人の生活が向上して、音楽からソウルがなくなった」みたいな粗雑なこと言ってる人がいましたが、海外の音楽好きの趣味のためにアメリカの黒人は虐げられてないとアカンのかいな?と思いました。

2050年前後にはヒスパニック系がアメリカで最多数派のエスニックグループになることが確実視されており、彼らの中で人気があるスポーツはサッカーとボクシングです。またきっとボクシング人気が再興される日が近い将来来ると思います。その時に日本の選手でアメリカのリングで大金を稼いでる選手はいるでしょうかね?
2016.06.09 00:06 | URL | #- [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
ジョー・ルイスがチャンピオンになるや、軍当局がポスターや映画をつくって「君も軍隊に入って、ジョー・ルイスになろう!」と彼を主役にキャンペーンを張ったそうで、この役割を引き継ぐことへの強烈な拒否反応がアリにはあったのだと粂川氏も書いていました。「殺されたってベトナムには行かない」と。

>海外の音楽好きの趣味のためにアメリカの黒人は虐げられてないとアカンのかいな?

差別や物質的な貧しさが表面的には改善されていった時、このハングリースポーツの担い手はどこにハングリー精神を培って維持していくかが重要になってきますね。この先アメリカかどうかわかりませんが、プロボクシングの中心で日本の選手が活躍できるかどうかも、見せかけの豊かさや平和に甘んじないメンタルを持てるかどうかが鍵になってくると思います。
2016.06.09 01:41 | URL | #7SPhLgiM [edit]
B.B says... ""
モハメド・アリvsジョー・フレイジャー第1戦
https://www.youtube.com/watch?v=RvTtbBMbej0
モハメド・アリvsジョー・フレイジャー第2戦
https://www.youtube.com/watch?v=7LzIHV5BNug
モハメド・アリvsジョー・フレイジャー第3戦 
後に戦慄の試合、スリラーインマニラと言われた名試合。
打っても打っても倒れない対戦者に疲労困憊したアリは13回のインターバルでコーナー戻るとギブアップを口にした言います。それでもなんとか最後の気力を振り絞って14回の攻勢を仕掛けたアリ。フレイジャーはそれでも倒れる事を拒みますが、終にフレイジャーのセコンドはインターバル中にレフェリーに棄権を申し出ました。
https://www.youtube.com/watch?v=oNEfN2R4oRc
キンシャサの奇跡 vsジョージ・フォアマン
https://www.youtube.com/watch?v=yAKEmR27iro

そして忘れる事の出来ないラリー・ホームズとの試合。
偉大なアリに勝っても、アリと同等の社会的名声は最後まで得られなかったホームズ。
何が明暗を分けたのか?民衆は何を求めたのか?時代の背景があったにせよ、生き方そのものにその答えがあるように思います。
https://www.youtube.com/watch?v=RQgOw7SGJ4U
2016.06.09 06:12 | URL | #bH1htKmU [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
旧徳さんも書かれているように、粂川氏いわく「ライバルこそがアリの伝説」。好敵手にはなりえない憎悪すべき差別や社会状況も含め、アリの人生すべてが戦いでしたね。
故郷の市長は「彼の“勝利”はむしろリングの外でずっと続いていた」と。
http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2016/06/04/kiji/K20160604012720000.html

>スパーリングパートナーしてたスピンクスがアリが練習しないで女とずっとイチャイチャしてるので注意したら逆ギレされた

ほっとするエピソードです。

別のスポニチ記事に「1人の養子を含めて子どもは9人」とありましたが、上の記事を見てもお子さん方が父親をリスペクトしているのが伝わります。
2016.06.09 08:01 | URL | #7SPhLgiM [edit]
幻 says... ""
とりあえずここに。
安河内氏の勝訴が確定しました。
ハードブローさんの取材の正しさが改めて証明されましたね。
2016.06.09 19:18 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
ほんとこんな単純な裁判で何でこんな時間かかるんでしょうね?

違法行為で多くの人間を陥れた奴らがボクサーに「ルールを守れ」と説いているというのは悪い冗談です。

しかもボクサーがコツコツ納めてきた金を無意味な裁判で何千万も溶かしてます。許しがたいです。
2016.06.09 20:32 | URL | #- [edit]
ビートル says... "スポーツ界を超えた方でした。"
 モハメド・アリさんは単にもっとも偉大なボクシング選手にとどまらず、ボクシングはおろかスポーツ界の枠組みをも超えた方だったと思います。ここまでの影響力と名を遺した人はスポーツ選手としては野球界のベーブ・ルースやジャッキー・ロビンソンくらいでしょう。実際、ボクシングに興味のない人の間でもモハメド・アリの名は知れ渡っており、まさに「一つの時代が終わった」との感がありました。

 アリさんの生きてきた過程はまさに闘いの歴史でした。人種差別と闘い、ベトナム侵略戦争を進めるアメリカ国家と闘い、ボクサーとしてのキャリアを少なからず犠牲にしても引き下がらなかった。その後は難病を患いましたが、最後の最後までモハメド・アリでした。こんなことができる人はそうそういません。もちろん、批判されるべき点もあったでしょうが(個人的にはフレージャーに対する態度は「やりすぎ」だと思う)、僭越ながら総評すればまぎれもなく偉人でした。

 さて、数年前に雑誌だったか新聞だったかで読んだことですが、日本のボクシング記者が「アリがカシャス・クレイからモハメド・アリに改名したにも関わらず、その後10年くらい日本のメディアの多くは自分も含めてアリが嫌っていた元の名前で記事を書き続けていた。ひどいことをしてしまった。」と書いていました。確かに昔の新聞を読むと既に「モハメド・アリ」になっていたのに「カシャス・クレイ」と表記しているものを少なからず見かけます。結局、スポーツ記者の多くは社会的な見識がなく、アリの改名を「単なるスポーツ選手のわがまま」としか理解していなかったのかもしれません。

 なお、日本国内では異様に強調されがちな「アリ・猪木戦」ですが、残念なことにアリの名誉を棄損するような情報が流布されてしまっています(曰く「アリはネイション・オブ・イスラムの殺し屋を雇って猪木を脅迫し、自分に有利なルールを押し付けた」等)。プロレスオタクなどはこの話を鵜呑みにしている人がけっこういるみたいです。この辺に関しては『1976年のアントニオ猪木』という本がおすすめです。猪木をメインにすえたルポルタージュですが、著者はこの異種格闘技戦について「残念ながら真に偉大なファイターがどちらかは明らかだ(アリである)』とまとめています。

 最後にザ・グレイテストのご冥福をお祈り申し上げます。
2016.06.11 21:01 | URL | #Dp0g9hEU [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>ビートル様

『1976年のアントニオ猪木』面白いですよね。

「アリのビッグマウスはプロレスの影響だ」という柳澤さんの分析が興味深かったです。

ルスカのエピソードは映画の「フォックスキャッチャー」みたいで泣けましたね。
2016.06.11 21:36 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
テレ朝のアリ特番は猪木のプロレスの試合もリアルファイトとしてやってますね。

プロレスの内情が周知された現在の世相の中でこの作りは…。

>ビートル様

『1976年のアントニオ猪木』は文庫版では猪木のインタビューがそれが面白いですよ。
2016.06.12 21:40 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
昨晩のテレビを観てた息子が僕のところに飛んで来て・・
「大変だよ、異種格闘技だって、アリとイノキだって、すげーよこれ!」と興奮して顔面紅潮させて。
おお、これは彼の目にはどう映るのかと思って興味津々。
テレビの前に正座して身じろぎ一つしない彼の後ろ姿が新鮮で。
ありゃ、これは血だなと。
僕はというとこりゃ追悼番組でも何でもないなとがっかりで観る気もしない。

しばらくして、ふと気になってテレビに目を移すと第8Rの様子.
あら?息子がいない。
部屋の隅でもうDSやってる。
そりゃそうだわな(笑
2016.06.13 11:18 | URL | #bH1htKmU [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
正直な反応ですね(笑)
2016.06.13 12:23 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/496-d93d79ea