HARD BLOW !

WBFタイトルマッチの余波色々 西日本協会は緊急理事会を召集し引き締め&組織防衛!

さてさて試合後一ヶ月が経過しましたが、採点を巡るゴタゴタも含めて紛糾が止まない、山口賢一VS小林健太郎のWBFスーパーバンタム級タイトルマッチ。

当方も記事でお伝えしたとおり、一旦は小林選手の負傷判定勝ちが宣されたものの、本来採点に含まれるはずのストップされた9ラウンドの採点が含まれていないことが発覚し、結果はドローであるという訂正がWBFより出されました。

このことは試合レポートの記事で触れましたが(記事へのリンク→本邦初!WBFタイトルマッチリポート 山口賢一VS小林健太郎)、会場でも試合直後から「9Rでストップなのになぜに80点満点なの?」と言う疑問は出ており、私を含めてリングサイドの役員席でジャッジペーパーを見ながらそのことを質問している方が何人かいました。

IMG_7049_R.jpg


ですがその場でWBFの立会人ゴールドバーグ会長が「WBFルールではストップのラウンドは含めない」と明言したため、それが正しいかと思っていたのですが、なんとその後山口選手陣営がWBFルールを参照すると「ストップのラウンドを含める」と銘記してあることが発覚。

当ブログでも、WBFのHPに掲載されているルールブックを調べた読者の方から、「ルールと裁定に齟齬がある旨」ご指摘を頂いておりました。

問題の9Rはそこまで一点差だった川端ジャッジが山口選手優勢につけていたため、同点となり結果三者三様のドローとなるのがルール上正しいわけですが、この試合は実質的には山口選手サイドが仕切っている興行ではあるわけで、裁定がくつがえった経緯について小林選手サイドが不信感をもつのも、まあ止む無いところかな?とは感じます。とはいえルールブックどおりではあるわけで、一番の責任があるのはルールを把握していなかった立会人であろうと思います。

このことを受けて感じたのは「やはり競技を統括・運営するプロフェッショナルなコミッションが必要だな」ということでした。トラブルの原因自体は亀田大毅×リボリオ・ソリス戦後のゴタゴタと同じ、立会人がルールを把握せず間違った発表をしたことです。ルールブックをしっかり読み込んで、理解している人間がその場で訂正できていれば起こり得ないトラブルであり、JBCが関与してる興行でも同趣旨のトラブルが発生してることを見れば、JBCの関与自体の有無は本質でないと思います。

はたして再戦は組まれるのか?ですが、個人的には試合はアクションに満ち、噛み合った好試合でしたし、内容自体も拮抗していたのでもう一回見てみたいなと思っています。小林選手陣営からすれば裁定が覆ったことに不信感はあるかと思いますが、山口選手にしたところで引退をかけた試合でこのようなトラブルが起きたことは意図せざるものであり、彼自身もまた被害者です。双方のファンにとっても再戦は望むところだと思うのですが…。なりゆきを見守りたいと思います。

試合後の反響のほうでありますが、専門誌は黙殺かと思いきや、ボクシングビート誌が短信欄とコラム(執筆は編集者か?)で試合に触れており大変驚きました。文中では日本IBFにも触れられており、「JBCが統括していようがいまいがボクシングはボクシングである」というビート誌の専門誌としての矜持は感じられるものでした。ただ試合内容について論評していないのは「逃げているな」とも感じました。ビート誌は果たしてあの試合のクオリティや会場の盛り上がりをいかに評価されたのでありましょうか?日々の興行を「勝った負けた」と報じてるだけでは広報誌となんら変わりません。試合に関する批評があってこその専門誌ではないでしょうか?

ついでにジャッジ・レフェリーは元JBC所属のランカーやチャンピオンであるのに「経歴不肖な人」みたいな感じで書いてるのもミスリードなんじゃないの?と感じました。ジャッジやレフェリーについて疑問に感じたことがあれば、それぞれのジムや個人の携帯に電話すれば済む話で、専門誌のコネクションや実績があれば簡単なはずです。

立会人の誤発表によるトラブルも、先述のとおり亀田大毅VSリボリオ・ソリスで発生しており、JBCの不在やマイナー団体であるが故の問題点でもありません。

せっかく取り上げているのに残念だなと感じました。

もうひとつ、意外なところでは人気バラエティ番組でこの興行の様子が伝えられました。

関西発の人気番組として有名な「探偵ナイトスクープ」の撮影チームがアンダーカードに出場した磯道鉄平選手に密着しており(『磯道選手の8歳のご子息が試合でセコンドに付く』という内容)、興行の様子がかなり時間を割いて伝えられました。タイトルマッチすら深夜にローカルでと言うご時勢ですから、全国放送の高視聴率番組で取り上げられることは、大きな波及効果があるかと思います。番組の作り自体も、バラエティ特有の演出はあるものの、JBC非公認の興行であるがプロボクシングであるということをきちんと伝えており、シリアスなボクシングとしての迫力は充分伝わるものでした。対戦相手の小沢大将選手やクレイジーキム会長、山口選手も登場するのでボクシングファンの皆様は是非ごらんになって頂きたいと思います。ネット局では、これから放送と言うところもあるようです。(各局放送時間へのリンク

大きな声じゃ言えないですが、あの有名動画サイトで見れるような話もチラホラと…。私も久々にあの番組見てみたら新鮮でした。越前屋俵太はもう出てないの?北野誠は?

IMG_7255_R.jpg
IMG_7263_R.jpg


磯道選手が普段練習してるジムが、メチャクチャ広くてきれいで設備も立派で印象的でした。JPBA加盟か非加盟かなんてことは練習環境には何の関係もないんですよね~。実際普段はJPBA非加盟ジムで練習してるプロ選手は沢山います。

試合前には全国紙の朝日新聞や大阪の地方紙大阪日日新聞が、写真入りで大きな記事も掲載しており、関西の標準的な興行やタイトルマッチよりよっぽど注目度やメデイアの露出も多かったと思います。ただ試合結果だけがスポーツ面で報じられない。BOXRECにレコードも反映されない。ここが問題になっていると思います。

この他、試合後の余波としては、何をおいても一番大きなリアクションがあったのは、JPBAの西日本協会からのものでした。試合後になんと臨時理事会を召集し「今後非加盟ジムによる興行に参加したものは厳しく処分する」「引退選手であれば復帰は認めない」という議決をし、併せてこの日の興行に観客として来ていた選手やトレーナーと言ったライセンス保持者の極く一部を槍玉に上げてジムの会長を通じて「厳重な注意」をしたと言うことをわざわざ議事録に記載したというじゃありませんか。

さらに、この興行に選手を出場させたり、オフィシャルを派遣したりといった協力をした元プロ・OBの皆さんに対しても「今後は協力するな」という抗議があったのだとか。

この話を聞いたときに私には意味が良く分かりませんでした。というのは試合会場には多くのライセンス保持者が観戦に来ていましたし、試合前に同じリングで行われていたスパーリング大会には山口選手の古巣の大阪帝拳をはじめ多くのJPBA加盟ジムの練習生が参加していたからです。会場に来ていたライセンス保持者の中から一部の人間だけをクローズアップして、理事会の場で所属先の会長を吊るし上げると言うのも不公平ですし、「あんな興行にかかわるなよ!」と言ってる理事のやってるジムが、同じ会場の同じリングで同じ主催者がやってるスパーリング大会に練習生を参加させているというのは悪い冗談であります。

この試合を巡っては試合前から、JPBA西日本協会が事情聴取を名目に山口選手を呼び出すなど興行への妨害ともとれることが行われました。そもそもJBCやJPBAがボクシング興行を独占する法的な根拠はないですし、個人的な交友の中で観戦に行くことすら制限するというのは個人の日常生活や内心の自由への干渉であり、大きなお世話としか言いようのないものです。むしろJPBAのボクシング興行と競合するものを見ることは勉強や研究として有意義だと思うのですが。

そもそもこのゴタゴタにはもともとの原因があります。

昨年山口選手はフィリピンで試合に勝ってOPBFランキングに復帰した上で、フィリピンの国営コミッションであるGABAのライセンスを取得し、輸入ボクサーと言う形で、日本国内でOPBFタイトルマッチに出場できないか?ということをJBCに打診しています。しかしJBCとしてはそれを認めず、かつての所属先である大阪帝拳ジムに許可を求めた上で移籍して他のジムに所属せよという指示を出しましたが、移籍交渉は決裂し試合自体が幻に終わりました。

その帰結として山口選手が選択したのが今回のWBFタイトルマッチだったということです。

JBC統括下の試合は移籍しないと認めない。でも移籍はさせん。でも未公認タイトルも許さん。でも選手契約が永遠に続くことにも興行の独占にも法的な根拠はないよ。JPBAの制度が嫌で一度足抜けしたら政治力使って孤立させて、プロボクシングと名のつくことはさせへんで。タクシー強盗して6年半刑務所に入っていた選手のライセンスはすぐ出るけれど、JPBA以外でプロ興行やったら永久追放やと。なんですか、これ?どこの未開社会?と言う話であります。


そもそも現在のクラブ制度の下では、選手は会長と対立したりトレーナーと合わなかったりしても移籍すらままならず、飼い殺しになるといのはJPBA側の制度の問題であります。そうした選手に対して「マネージャーも練習環境も自分で選んでプロとして試合が出来るよ」という『道』が提示されれば、JBC・JPBAから抜け出してやろうという選手が出てくるのも当然です。

JBC・JPBAが現行の不合理な制度を改革しない限り、このような動きは決して止まないと思います。JPBAに加盟せねばプロボクシングは出来ぬと言う時代ではもはやないのです。

なにより一部のクラブオーナーの権益だけが過剰に保護された今の制度では、大半の選手もトレーナーも使い捨ててで終わってしまうことになると思います。

そんなプロボクシング界でいいんでしょうかね?

というわけでこの試合ますます余波を生みそうであります。再戦があるのか?も含め今後も動きがあり次第レポートしていきます。

IBF総会に行った人から話を色々聞いて面白かった(旧徳山と長谷川が好きです)

Comment

B.B says... ""
こういう面白い記事書けるのはやっぱり旧徳さんしかないなぁ。
あと、大阪やっぱり面白い!
記事についての真面目な意見投稿はこれからあるでしょうが、興味惹かれたのが探偵ナイトスクープ!
このなかで登場するなんやこの色黒もみあげのおっさん!面白すぎる(笑
調べたら・・浦和洋一さん御年71歳!!
辻本章二さんデビュー戦の相手をつとめたのがラストマッチで、ライオン古山さんと日本タイトル争ってるやないですか!
びっくりしたなぁ、もう(笑
2016.05.31 03:41 | URL | #bH1htKmU [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
>探偵ナイトスクープ

明日見てみます。おもしろそう!

JBCライセンスをとっても適当な口実でいつ取り上げられるかわかりませんし、協会の加盟金を安全管理に回して自立しようとする動きを制止できるだけの大義名分はもはや崩れ去ってますから、JBCや協会はまずは自分の頭の上の蝿を払って、中の人たちを安心させてあげてほしいですね。外の人がうらやましがるような枠組みができれば放っておいても単一組織の独占市場になるでしょう。
2016.05.31 07:54 | URL | #7SPhLgiM [edit]
ジョン軍曹 says... ""
全くもって同感です。この体制のままでは、ボクサーやトレーナーなど非常に不利な立場で発言権も全く無し。山口選手のような現状を切り開いてくれるようなボクサーを自らの利益のために叩いて潰すような組織には、開いた口がふさがりませんわ。もう呆れました。
2016.06.02 14:55 | URL | #- [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
探偵ナイトスクープ、扱いがでかいし丁寧ですね。笑うより泣いちゃいましたよ。あのリング見てたらメインも思い出しちゃったし。

JBCも協会も他人の妨害、好きですよねえ。こんなこと↓もありましたね。
http://boxing2012.blog.fc2.com/blog-entry-482.html

仮想敵を設定することのメリットは集団がまとまることだと思うんですが、全然まとまってないしなあ。内部での異論や少数意見を上手に取り扱えば組織は成長できる(できた)のに。
2016.06.03 12:18 | URL | #7SPhLgiM [edit]
ホシイモ says... ""
益羅ジムからの本当の真実を記事にすると予告がありますた

アメブロでつ

小林健太郎世界チャンピオンのとこのジムでつ

(^m^)みんなに知ってほしいから拡散していいそうでつ

2016.06.03 17:49 | URL | #bGf9qjkw [edit]
東日本の善良な市民 says... "似たような話"
WBCはオリンピックに出場したプロ選手については2年間ランキングから外し、WBC戦を認可しないって言ってるみたいですね。下部組織のFECOMBOXも追随して、少なくとも1年のサスペンドを課すとのこと。
ABC(ボクシング・コミッション協会)とBBBofC(英国ボクシング管理委員会)も安全面やアマチュアの尊厳を理由にオリンピックのプロ解禁に反対していますが、サスペンドにまで言及している団体は今のところ他に見当たりません。
http://www.boxingscene.com/wbc-british-board-abc-fecombox-unite-against-aibas-decision--105264
2016.06.03 18:39 | URL | #7SPhLgiM [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>ジョン軍曹様

コメントありがとうございます。

敵視してるのは一部の人みたいですけどね。自分のジムから選手が抜けて言ってることを心配したほうがいいんじゃないの?と思います。
2016.06.03 23:10 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
オリンピックのプロ容認はAIBAの白旗ですかね。IOCはトップの選手が参加しない競技は遠慮なくパージしていく方針のようです。IOCからの分配金が無ければAIBAの財政も立ち行かないですからね。ただIOCも腐敗してることは間違いないわけですが…。

トッププロがオリンピックのボクシングに出ることはないんじゃないでしょうかね?毎日計量があって相手も選べないわけでしょ?
2016.06.03 23:18 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>益羅ジムからの本当の真実を記事にすると予告がありますた

怒ってるようですね。タイをベースにすると言う記事もありますね。
2016.06.03 23:19 | URL | #- [edit]
ホシイモ says... ""
パート1記事アップされますた

簡単にすると

ブログパート1がアップされますたね
凄い怒ってまつね

怒りの真実パート1より

ブログでは山口に買い取りのベルトと9万を持っていって
喫茶店でベルトを邪魔だからここに置いといてと言われて
交渉していてめちゃくちゃな欲求されて決裂して
帰ろうとしたらベルトがない
(`へ´)
山口賢一しゃんの追っかけのWBF日本事務局長山中とかいう人物らに窃盗されますた
と書かれていて預かると言われて返してもらえなかったとありまつ
凄いはなしでつ

パート1の記事より
くわしくは益羅ジムのブログにもっとくわしくかかれてまつ

盗みますたという認識になってまつよ
(●´∀`●)

パート2があるみたいでし
2016.06.04 11:40 | URL | #bGf9qjkw [edit]
ホシイモ says... ""
ブログでWBF世界チャンピオンベルト買取は9万だということを知りますた

^m^9万)つ
2016.06.04 11:50 | URL | #bGf9qjkw [edit]
ホシイモ says... ""
山口最低~
パート2は酷い記事ですた
山口しゃんの買収工作したのが明らかな内容の記事ですた
マジでつか(わろた^m^わろた)
接待して高いホテルに泊まらせて500万の認定料(・・?はらって試合したようなないようでつた

パート3も書くみたいでつ


やっぱり認定団体は必要だと思いますたよ

個人でやると最初から胡散臭いとか思われまつ
山口しやんの例で
2016.06.04 12:35 | URL | #bGf9qjkw [edit]
せっかく says... ""
せっかくここで盛り上げてくれたのに終わってますね。
まず一連の事が事実であれば
興行とは言えないですね。
発表会です。
レフリーが自分のジムのトレーナー等が真実なら。
戦っていた選手同士はよいんですが。。。
選手という立場から離れればこういった事があったとは、

是非真実を両方の立場に立って平等に真実を取材してください。
このままこの事がスルーされる事は一番最悪ですし。
2016.06.04 15:19 | URL | #- [edit]
B・B says... ""
接待(宿泊、飲食の世話)はまあ普通にあるでしょうが、認定料500万はどう考えてもあり得んでしょう(笑
何処かで話の行き違いがありますねこれは。
2016.06.04 15:46 | URL | #bH1htKmU [edit]
傍観者 says... ""
>認定料500万円

ホシイモ氏の誤読では?
元ブログには
  
   >興行に500万円かかりWBFの会長を良いホテルに泊まらしたり
    高い金出して接待もしたのに

と記載されています。

それにしても、レフリー、ジャッジが一方の選手の
身内で占められた「世界タイトルマッチ」ですか
WBFからの派遣は行われないのでしょうか?
費用の関係で派遣が見送られた?
それを承認する認定団体ってどうなんでしょうね?


2016.06.04 16:02 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
認定料500万ならファイトマネーは幾らなんでしょうね?

ジャッジの採点はおかしくなかったし、レフェリングは試合動画を見た上で検証すれば良い話じゃないでしょうかね?偏向があったようには見えなかったけどな~。

試合後に裁定が変わるというのもままある話です。それこそ山口選手のビリー・ディブ戦とか。

ドーピングでメダルが剥奪されるニュースも最近多いですが、一旦結果が出てもルールと違えば訂正されるのは普通じゃないでしょうかね?

ただ山口選手サイドは興行主として不手際を謝罪する必要はあると思います。

結局ちゃんとしたコミッションがいるんですよ。そこにつきる。
2016.06.04 20:12 | URL | #- [edit]
あなた says... ""
ずれてません?問題は山口が接待して勝つ予定だったと発言した買収疑惑が問題やろ。
ジャッジに問題なかったし。
2016.06.04 20:28 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>ずれてません?問題は山口が接待して勝つ予定だったと発言した買収疑惑が問題やろ。

???

ルールブックにストップしたラウンドの採点を含めると明記してあったのに、現場でストップしたラウンドの採点が加算されていなかったんだから、ルールどおりに集計したらドローになったという単純な話だと思うのですが。

WBFの会長が買収されて後からルールを変えたとかなんとかそういう事実があったのでありましょうか?
2016.06.04 20:49 | URL | #- [edit]
ジョン軍曹 says... ""
こちらこそ、ありがとうございます。いつも、なるほどなーと思う記事やユーモアのある記事を、楽しく読ませていただいております。それぞれに思惑があるのでしょうが、業界自体が鎖国を打ち破る未来思考になってほしいものです。
2016.06.04 23:21 | URL | #- [edit]
ホシイモ says... ""
最終章と補足が記事にでてますた
補足記事がアップされていて500万は全体でかかったお金だとかかれてますた
まとめると
益羅ジムは手数料20万払って
買い取りベルト代9万を払ってベルトしばらく預かると言われて返してもらえなかったのでつ

(●´∀`●)

最終章は
西日本JBC役員に呼び出され
今後山口しゃんとつきあわないと誓約書に署名捺印を押させられたとでてますた汗
JBCのやり方にも理解に苦しむとコメントありますた
JBCまで登場しますた汗

こういう場合ベルトは買い取りで戻ってくるのでつかね

(´ω`)
2016.06.05 06:43 | URL | #bGf9qjkw [edit]
B.B says... ""
益羅ジムのブログ見て来ました。

怒りの小林選手サイド、苦渋のヤマケンさん。
当事者感情に対しては申し訳ないし、もしかしたら不謹慎かもしれませんが・・
ヤマケンさんが言ったという内容が面白すぎる(笑

>あの試合、ほんまは俺が勝つ予定やったんや。
興行に500万円かかりWBFの会長を良いホテルに泊まらしたり高い金出して接待もしたのにあいつ、、、
WBFの会長が間違いよったんや。

これ、興行主さん達のモロ本音やないすか!(笑
むかしホールで某会長と某プロモーターのいざこざ。
「○○さん!話しが違うじゃないか!」
「しーっ!お客さんがいるから!」
ってこれほんとのことらしい(笑
ぶっちゃけ興行に予定調和を下心することはありますよ。
それは対戦者も何となく解ってること。
小林選手サイドもそうした背景に、KOで勝つしかないと思っていたと書いてますが。
アウェイで勝った!!というリング上でのあの喜びだったのでしょうね。

>そっちの客が判定に時間かかっているときに「早よせいや」と急かすからWBFのおっさんが間違えたんや。
だからヤジ言うたそのおっさんのせいや(笑)

これ、ヤマケンさんなら(会った事ないけど)言いそうで、吉本新喜劇観てるみたいで腹抱えて笑ってしまいました。スイマセン!ほんとスイマセン!(笑
口を滑らせたというか、本音をまぁあっけらかんと。

小林選手サイドもジャッジ、レフェリーの買収は無いという判断だし、あとWBFの宿泊飲食の負担は招聘側つまり興行主の責任ですから(法令に則る行為が現在の慣習になってるので)これを一般的な接待とするのは正直無理な話しで。
ただ本音として鼻薬効いたやろか?と両者考えてもおかしくない。いや可笑しい(笑

あとベルトが9万円というのも製作費もピンきりですから、写真で見る限りは価格的にはまぁ打倒かなと。
ただ、窃盗はいかん!窃盗は!ただちに返しなさい!
まずい、最後まで笑いが止まらん(笑
これオフィス北野あたりで映画のワンシーン撮れまっせ(笑

あ、僕はあの試合、小林選手が序盤の攻勢で山口選手にダメージを与え、中盤からの山口選手の反撃を抑えてポイントで僅かに競り勝ったと見ました。
出来るならば和解して再戦。そしてリング上でスッキリと決着して欲しいと思います。
2016.06.05 06:49 | URL | #bH1htKmU [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
今週末はド田舎で「オン・ボクシング」を読破するつもりで充電器を持たずに出てまして、Wi-Fiなんかないところですが、なんとか充電中(笑)。後ほどまた来ますが。

>最終章は
西日本JBC役員に呼び出され
今後山口しゃんとつきあわないと誓約書に署名捺印を押させられたとでてますた汗

これは益羅ジムさんが呼び出されたとも読めますが、他の方が呼び出されたことについてのチーフの方のご意見とも読めますよね。前者で合っているのかもしれませんが。

益羅ジムさんも試合後、相当の冷却期間をおいてなお冷静に努めながら、小林選手やジムのために意を決して書かれているのだと思います。拡散するにも間違って伝わることのないように、しっかり読んで伝えてあげてください。
2016.06.05 09:07 | URL | #7SPhLgiM [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
益羅ボクシングジムさんのご見解を拝見しました。(私も誤読など変なところもあるかもしれません。皆さんも何度でも読み直しましょう。)
山口選手(山口プロモーター)が1人であまりに多くの役割を切り回して奔走されたこと(前例がないから本当に大変ですが)は踏まえた上で、まず思ったのは、今回のゴタゴタのそもそもの原因は、契約書をはじめとして益羅ジムさんに不安や不信感を抱かせて解消しないまま試合を迎えたことにあると思います。たとえ不信感がうまく伝わっていなかったとしても、ここまでは納得してもらえたか?ということはその都度確認した方がよかったと思います。

ポイント集計に対してルールの確認が双方遅れたようですが、例えば「WBFは調印式もルールミーティングもなくて、対WBFの契約を直接するのは主催者だけ」(ということで正しいかどうかわかりませんが)ということについて、益羅ジムさんに納得のいく説明がされていて、試合後も、ルールの不適切な運用についてWBFにこれこれのレターを送るという説明があれば、平和的解決への道はもっと楽なものだったのではないでしょうか。

WBFも会長が9回は加算しないのがWBFルールと言ってしまった手前、今回はルールの不適切運用があったが特例としてリング上のアナウンス(あるいは9回をドローで加算。個人的には9回は3者が山口選手支持でもおかしくないと思いますが)を公式記録とする、と公にリリースしてくれていれば混乱はなかったのでしょうが、そうすると会長のポカを公表することにもなりかねないから、表向き齟齬のないようにポイントと試合結果を書き換えてとぼけましたよね。こういう団体と長きにわたって交渉して試合を成立させるのは本当に骨の折れる作業だったと思います。

WBF日本というのも、立ち上げを公表すれば横やりが入るだろうということで公表できなかったのでしょうか。ポスターやチケットにもない名称だし、こういう名称を使うことについてWBFの認可を受けているならその旨を交渉相手には伝えて理解を求めるべきだったでしょうね。認可を受けていないなら、当然使うべきではないですね。

>最初は「200万、300万、いや、500万ぐらいはかかってるわ」。と言いました。

私がクスッとしちゃったのはここでして、山口選手、嘘がつけない人だなあ、と。この言い方だと500万はかかってないんだろうな(間接的な出費を全部ひっくるめて多めに見積もったら500万ぐらい)、と見るのが自然でしょうね。

ベルト買い取りの9万円(確か内藤大助さんはWBCのベルトを30万だか40万だかで買い取ったとテレビで言ってた気がします)は受け取っていないと思いますが、もし受け取っていたら直ちに返すか返す意思表示をしないといけませんね。ベルトもあの時点で了承なく引き上げるのは(というか人の持ち物を勝手に開けてる時点で非常識極まりないし)、問題でしょう。ベルトはチャンピオンの象徴、抱いて寝る選手もいるぐらい大切なものですから、叶ったと思った夢(の象徴)を理由なく奪うことは暴挙だと思います。

ただ、WBFが最終決定としてドローの判断を下し、王座を空位としている以上は、小林選手はチャンピオンに認定されていないわけですから防衛戦ができませんね。今後はWBFにどうしても関わりたくないならIBOあたりに挑戦でも応援したい気持ちはありますが(とにかく誰であれ独自路線を貫くのは勇気と心身のスタミナを要することですし、小林選手がリング上で見せたいわば「静」のエネルギー、パンチの迫力、ぶれない軸は本当にすごかったですね)、でも、できれば山口「選手」とは同じベルトをかけて決着つけてほしいです。しかしもちろん、無理にとは言えませんね。納得できないものに命をかけることはできませんし、その思いが強い人だからこそ、既成の枠組みの外で戦っているのでしょうから。

あと、この際どうでもいいようなところを空気読まず突っ込みますが、確か山口さんがプロモーターとしてやってらっしゃるのは「ゴールデンプロモーション」ではなく、「ゴールデンボールプロモーション」だったと思います……。
http://blog-imgs-96-origin.fc2.com/b/o/x/boxing2012/201604142329016af.jpg
https://pbs.twimg.com/media/Ce46agCVAAEhhs4.jpg

この自由過ぎるセンスは、ほとんど日本語の通じない「世界」相手だからこそスルーしてもらえてる(笑ってもらえない)わけですが、この名称をポスターで見たとき、サリド戦の公開計量で会場を爆笑の渦に巻き込んだ(←ご本人談ですが、私これ当時、映像で確認した遠い記憶があります)カンチョーを思い出しました。
http://boxing2012.blog.fc2.com/blog-entry-293.html?sp

フェイスオフでも相手の体には(リングに上がるまでいい緊張感を維持するためにも)触れないのが普通。私がサリドや関係者だったら怒って二度とやらないと一筆書いてもらってたかもしれませんが、こういうセンスも大真面目に生きて冗談が通じない人(私のセンスでは前者は許容範囲内、後者は範囲外。笑)から見れば、「そういうところがキライ!」っていうお怒りというか拒否反応はあるでしょう。

ええっと、とにかく事前のルール確認は絶対に怠ってはいけないし、双方納得で物事を進めるのが大事だと思います。一番の問題はWBF会長がルールを知らなかったことだとは思うますけどね。
2016.06.05 10:38 | URL | #7SPhLgiM [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
ヤマケンさんがカンチョーしたのはサリドじゃ無くてファンマです
2016.06.05 11:43 | URL | #- [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
>サリドじゃ無くてファンマ

!!!!!
もっとすごい人でしたか!
・・・自由過ぎる。。
2016.06.05 11:50 | URL | #7SPhLgiM [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/495-7268b72f