HARD BLOW !

記者会見一問一答 

さてさて、次は記者会見に出席して質問までしてきた、当ブログのBBさんから会見のやりとりの模様を伝えて頂きましたのでそれを掲載いたしますが、その前にまずは報道記事をチェックしてみましょう。

弁護士ドットコムは、記者会見の趣旨に沿った、名誉毀損裁判についての解説が中心です。
亀田興毅氏「真実が明らかになって一安心」 JBC職員監禁ブログ訴訟で勝訴確定

デイリーさんは6億円発言のショックで記者会見の目的が消し飛んだ風で…(笑)
亀田3兄弟がJBCに損害賠償訴訟

この記者会見、本来はJBC職員と片岡亮氏が上訴を断念し、彼らの「監禁だー!」「捏造だー!」「暴行だー!」「スラップだー!」という大騒ぎが全部ウソだったということを告知するのが目的であります。でもそんなことがどうでもよくなるくらい、デイリーさんには6億6千万と言う数字はインパクトがあったのでしょう。

実はこの裁判、起こされたのは1月14日で、提訴からすでに一ヶ月経過しているのです。我々も先月下旬にはそのことは知っておりました。ついでにいうと業界関係者の間でも「亀田がJBC相手にすごい額の裁判を起こしたらしいよ」というのは周知の事実でありました。報道の方も当然知っていたはずです。

というか当のJBCが、提訴を受けてもメデイアに対して一ヶ月以上沈黙を守っていたことになります。監禁・恫喝・暴行や、負けても王者問題の時とは随分違う対応ですな~。まいいけど。

ちなみに6億6千万というのはJBCの理事それぞれに対して6千万が11人分ということらしく、訴訟の対象となるのは理事個人と言うことのようです。亀田兄弟がライセンスを止められて、思い描いていたような選手活動・ジム経営が出来なくなり損害を蒙ったのは、個々の理事に責任があるということのようです。まあ組織上、ライセンス停止の決定を下したのは、理事の皆さんなのでそうなりますわな。

というわけで、記者会見のやり取りを以下に掲載いたします。(質問は青字、北村弁護士の返答は赤字で表記します)

NHK「その他に継続されている訴訟はありますか?」

北村弁護士「名誉毀損については今回で終わりました。

NHK「その他に係争されている裁判はありますか?」

北村弁護士「えぇ、その他については亀田プロモーション、それから亀田興毅、亀田和毅、亀田大毅を原告とする、JBCそれからJBCの理事を被告とする損害賠償請求事件が継続しています。あ、それからそれに先行して、亀田ジム元会長吉井慎次、マネージャーの嶋(聡)この二人を原告として処分の無効を訴える訴訟この二つを継続しています」

ハードブロー「JBCに対して新たな提訴に踏み切られたとの事ですが、これはいつですか?」

北村弁護士「本年の1月14日です」

ハードブロー「これは対象は?」

北村弁護士「コミッション並びにコミッション理事のほとんどですね」

デイリースポーツ「今回勝訴した二つの裁判ですけども、これは精神的損害によるものですけれども、精神的な損害だけでなく経済的損害もあった事と思うんですが、JBCに対する損害賠償と今回の個人に対する損害賠償とは別なんでしょうか、それともまとめてなんでしょうか?今回それぞれに320万300万の賠償命令だったわけですけれども、これで終わりなんでしょうか?」


北村弁護士「ま、それは今後の課題ですね。検討されているところです。簡単に申し上げると日本のボクシング界はたいへん特殊な所で、ジムの会長がライセンスを剥奪されるとそこに所属するボクサーのライセンスも剥奪されるという、たいへん特殊な構造を取っております。諸外国ではありえないことであります。そのために亀田ジムの会長のライセンスを取り上げることが、選手のプロボクサーとしての活動を停止させるという事を意味してる訳ですね。
 そうすると当事者として活動できない、ファイトマネーも入って来ない、興行会社としては・・亀田プロモーションとしては興行収益もが入って来ない。そういう経済的損害は莫大なわけです。
 それが先ほど申し上げた訴訟で、他方で職員の起こした行為は想定される損害は大きいんですが、先ほど申し上げた興行収益が入って来ないとか、プロボクサーとしてのファイトマネーが入って来ないとか、そういうことには直接結びつかないので、大変難しいところなんですよね。ただ、それによって仕事的に考えるとそれによる損害も莫大になった事は間違いないです。
つまり人を暴行したりするボクサーがいればこんな人を例えばの話しテレビ番組でオファーする人はいませんよね。応援してくれるスポンサーの人もいないですよね。ただそのことを立証するのはそんなに簡単じゃありません。そういう意味でそこは今後の課題という事です」


ハードブロー「JBC理事のほぼ全員を対象とした損害賠償請求ですが、金額としてはどういう形になるんでしょうか?」

北村弁護士「金額としては6億6千万ほどです」

と言う感じだった模様であります。

北村弁護士はボクシング界の旧弊な商習慣への批判も含んだ、踏み込んだ発言をしていますね。

ボクシング村の太平の眠りを覚ますのは、結局外圧・黒船しかないということでありましょうか?

明日以降も続報をお送りします。お楽しみに。

過疎ブログにしてはアクセスが急増しててびびった(旧徳山と長谷川が好きです)







Comment

いやまじで says... ""
こうなることは目に見えていたように思います。
ただJBCの皆様にはそうではなかったのも明らかで。

本来なら組織が否定した監禁暴行での提訴へ向かう職員を止めるか、
もしくは提訴するなら組織から切り離すべきだった。
そういう判断もできない。

組織がジムやボクサーの生殺与奪の権利を持っているその重みを全く理解していない(これは協会もそうだ)。
今後もそれは不可能である以上、
このような形で何かが変わるほかはない。

業界に自浄能力がなかったことがつくづく残念です。
2016.02.24 01:17 | URL | #Twj7/TDM [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
仰るとおりなかったんですよ自浄作用が。
コミッションも理事も協会もメデイアもファンも。

どういう結果を招くか分かってたのに…。

相撲やバスケットのように行くところまで行くしか、どうやらないようですね
2016.02.24 02:01 | URL | #- [edit]
懲戒 says... ""
協会はいつものように
「JBCは何をしているんだ、けしからん」
と大上段から偉そうに批判をするんでしょうか。

しかし今回は他人事では済まないでしょう。
訴えられた10人の理事の中に協会長の名前があるのだから。

2016.02.24 05:00 | URL | #- [edit]
たぬきち says... ""
お疲れ様です。
なるほど、こうなっていたのですか。

ここの皆さんも再三仰っているように、JBCが悪い
わけではなく、運営するメンバーがおかしいのですから、
裁判を起こして世間に知らしめるのも必要と思います。

普通に考えれば、コミッション等がおかしいはずなどあり
えないのですから、中身を知らない9割の人は理解出来
ないはずです。

選手の万が一の時に用達する資金を使い込んで、逆に
選手を陥れ、その理由となるゴシップさんや職員の根拠
がウソだったのですから、やむを得なかったのでしょう。

しかし、JBCは一か月も経過しているのに「ノーコメント」
ですか?

どや顔で会見していた時のように、次の日辺りになぜ
会見をしなかったのでしょうか?

今回は随分のんびりしてますね。

2016.02.24 07:27 | URL | #- [edit]
ホシイモ says... ""
亀田を処分するまで訴えられてることを想定したと言われてまつがどうやるのでつかね

(・∀・)ノ

この件はどちらが正しいのか読めないでつ

この裁判亀田が勝てば認定団体終わりまつよ
2016.02.24 08:26 | URL | #bGf9qjkw [edit]
ボクシングセンセーション says... ""
ヒゲゲ氏は相変わらずですね。反省しなきゃならないのはJBCの方なのに(笑)で、片岡亮氏が控訴を取り下げて敗訴が確定した件については一切触れないダメっぷり。都合の悪い事は信じないスタンスは変わらない様です。間違ってたら謝れば良いと思うんですけど、彼らは謝ったら死ぬ病にかかってるんでしょうね

http://s.ameblo.jp/higege91/entry-12132204956.html



2016.02.24 13:03 | URL | #IhoyXn2o [edit]
B.B says... ""
>組織がジムやボクサーの生殺与奪の権利を持っているその重みを全く理解していない

まったくその通りと思います。
正直、新たな提訴には驚きましたが、ライセンスを認めないとして一票を投じた理事らに対して「そこまでの認識と覚悟はあったのか?」を問う裁判になると思います。
また評議委員会において議決された理由と手続きにおいても、重大な瑕疵があった事が疑われています。
今後はそうした事が法廷で明らかになると思います。
賠償請求額の大きさに驚くあまり、金が欲しいだけなのか?としか考えられないような人らにはこの裁判の重みは到底理解できないことでしょう。
安河内さんの裁判を見れば良く解りますが、裁判イコール金だけではないのです。
そこにどのような意味があるのか?あったのか?を当事者ではない僕らはしっかりと読み取らなければならないのです。

記者会見が終わって取材記者が退出するときに「JBCは大変なことになった」「これからどうするんだろう?」と言った声も聞こえました。
僕は「いまさら何を言ってるのだろう。あなた達もそれに気づかぬうちに加担したのではないか。もっと早く気づいていればあなた達が止められたはずなのに!」と思いました。
2016.02.24 13:10 | URL | #bH1htKmU [edit]
ホシイモ says... ""
ボクシングの一般財団法人とはボランティアなのでつか?

一般企業がボランティアに訴えとるんですよと聞かれますた
(´・ω・`)?

拳論で聞かれまつた?
2016.02.24 14:01 | URL | #bGf9qjkw [edit]
B.B says... ""
コミッションについて言えば職員は給与賞与は支払われていますし、試合役員も労働の対価として報酬を得ていますからボランティアではありません。
金額からしたらボランティアと同じだろうという意見は通りません。
ただ、コミッション評議委員や理事は名誉職でありますので、それに付帯する例えば交通費など経費の一部は支払われるにしても、広義の意味ではボランティアと言われるかもしれません。
しかし、厳密に言えばコミッショナーが招集した様々な分野で活躍し尚且つ実績や社会的信用のある方々ですので、ボランティア(自発的な参加)というよりも、プロフェッショナルボランティアと呼ぶべきでしょう。
いずれにしても、競技の公平公正を担保とする重要な位置にある訳ですから、これに反すれば当然に責任も問われるはずです。
ボランティアだからすべてが免責されるというような論法は通用しないと思います。
あくまでも私見ですので他に流用しないでくださいね(笑
2016.02.24 14:32 | URL | #bH1htKmU [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
記事中書いてますが、この裁判はそれぞれの理事個人個人に対して行われています。

理事は無給なのでそれをもってボランテイアと言ってるんでしょう。

ですが無給だからといって責任がないわけじゃありません。

田ジムのライセンスを止める決定をしたのは誰なのか?

それは理事の評決によって決まっているので理事が責任を問われるのは当然です。

逆にそんなことも知らずに理事を引き受けたとしたら安易過ぎる気がします。

ボクサーの人生を預かっているという自覚のない人が理事では困るのです。
2016.02.24 14:34 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
>理事は無給なのでそれをもってボランテイアと言ってるんでしょう。

ああ、やはりそうですか(笑
いや、ついでに真面目な話し。
そもそもですが、実質一格闘技団体に成り下がった今、理念もない機能もしない評議委員なんて本当に必要ありますかね?
こんなボランティアだから赦されるなんて低次元の論法は放っておくにしても、それより本当に必要ならちゃんと機能するよう規則でも設けて、今後は理事らにも報酬が支払われるべきと思いますね。
立派な方々に責任と自覚を促すのも金というのはあまりに淋しい話しですが。
名も財も成した方々ですから辞退されるにしても・・
んー?おやおや?そうでなさそうな人が何人か紛れ込んでるなぁ~。
こりゃぁ根本的に考えないとアカンのではないでしょうか?
2016.02.24 15:31 | URL | #bH1htKmU [edit]
ホシイモ says... ""
それぞれ個人の訴えですたか汗

これ数年たってからの告訴でつね
本当はやりたくなかったのがわかりまつ
お金かかるし
(-ω-)

理事の人らはそれぞれが社長だからお金には困ってなさそうだから最高裁まで引っ張られるのが怖いとこでつ

((((;゜Д゜)))

前事務局長みたいに汗
負けても痛くないと思われてたら怖いでつ

途中で和解になるのがベストかはわかりまてん

しかし全部認定団体負けてまつね
いざとなると自腹でお金補てんするのかも

金持ちばかりでつし
選手の気持ちまではわかるか不明でつ

どちらにしても亀田が一番精神的にしんどいでつ
当事者でまけたらプロボクシングジムができないし
勝った監禁恫喝裁判も
もし負けにされていたらと思うと怖いでつ
危ない橋ばかり渡ってる亀田プロの巻
泣き寝入りしなくてよかったと思いますた

関西の大沢選手は泣き寝入りしたけど
(-ω-)
経済力の問題で
2016.02.24 16:37 | URL | #bGf9qjkw [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
この裁判もライセンスの停止に合理性が無いと判断されれば、賠償の責任が生じると思います。

ですのですでに進んでいる嶋氏と吉井氏のライセンスを巡る裁判が重要だと思います。

その裁判でライセンスの停止が合理性に欠け、違法であるという判断を受ければ賠償するに足る根拠が生じるでしょう。

そうなれば、理事がどれくらい正確な情報に基づいて判断をしていたか?が問題になると思います。

2016.02.24 17:14 | URL | #- [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
>理事らにも報酬が支払われるべきと思いますね。

そんなお金があるなら、ずっと募集中の(これから入ってくる)試合役員の待遇を改善してあげてほしいです。
2016.02.25 00:29 | URL | #7SPhLgiM [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/480-4311dfb0