HARD BLOW !

あの時君は若かった?今読むと味わい深い『スラップハンタイ』迷言集1

 前回取り上げた山田厚俊氏が亀田サイドの訴訟戦術を、批判した文章は判決後に読み返すと大変味わい深い文章でありました。

 現実の結果と比較すれば、的外れとしか言いようがない観点の批判を自信たっぷりに論じる文章を読むと、山田氏の訴訟に対する無理解ぶりがビンビン伝わって来るわけですが、何も知らない読者が読めば「ベテラン記者が書いてるからそういうものなのかしら?」と信じてしまう可能性もございます。片岡氏の訴訟費用を集める募金活動の旗振りやってた山田氏ですから、亀田サイドのやることはなんでもかんでも批判する必要があったのかもしれませんが、現実との乖離振りを見ると、私には単なる身贔屓としか見えません。

 裁判が進んで訴訟の行く末が分かってきたあとは、さすがにこういう勢いのある(笑)文章は減りましたが、裁判が始まった頃はまさにイケイケドンドン(笑)。悪の亀田と北村弁護士を懲らしめる、正義の片岡亮と山田厚俊というノリで、今じゃ考えられない景気の良い文章が溢れていました。

 「過去に目を閉ざすものは、未来に対しても盲目になる」という、有名なワイゼッカーの警句がございますが、片岡氏と周辺のタイコモチ支援者の皆さんが、控訴するにあたって過去の発言を参照し、同じ失敗を繰り返さないようにという願いをこめて彼らの過去の発言を時系列で振り返ってみたいと思います。

 まずはおなじみの山田氏から。2014年1月26日にアップされた「スラップ訴訟①・序章」という記事から以下に引用します。引用部分は赤字にて表記いたします。

  じつはぼくの友人のフリージャーナリストが先日、あるところから名誉棄損で訴えられた。個人のブログを対象に、事実無根として2000万円の賠償を請求するものだ。もちろん、友人は内容には自信を持っている。ぼくも経緯を取材するなかで、何が事実に反するのか分からない。著しく相手の名誉を棄損しているものでもない。とはいえ、裁判だから、今後法廷で争われる。この詳細は今後、このブログで明らかにしていく。(引用以上)

 判決が出た今となっては「取材したけど何が事実に反するのか分からなかった」のは「山田様に記者として取材力がなかったのが原因ではないのかしら?」と思えてなりません。事実関係が未確認なら、普通に「友人として彼を支援する」と書けば良かったのに、なんでこんな景気のいいこと吹いてしまったのでしょうか?更に同記事より引用いたします。

しかし、何が許せないかは、ここまで読んでくださった方々にはお分かりいただけるだろう。個人のブログより先に報じたスポーツ紙が何の抗議も受けず、フリージャーナリストのブログが訴えられたのだ。こうしたスラップ訴訟は平気で許される現行法制度にもあきれる。改めて、言論の自由とは何か。そんなことも考えさせられる問題だ。(引用以上)

 東スポの記事は監禁・恫喝・暴行を断定もしていないし、亀田サイドの否定コメントも載っていることは、JBC職員の判決文の認定の通りです。ジャーナリストを名乗る山田様がそのような基本的な事実も踏まえずに、吹き上がっている姿には失笑を禁じえません。大上段に「言論の自由」などと言って力みかえる前に、冷静になるべきではなかったのでしょうか?

 つづいて同じく山田様のブログ記事スラップ訴訟④・JBC職員が亀田側を提訴より引用いたします

片岡さんとは10年近い付き合いがあり、彼の人柄や取材態度などを知っている人間からすれば、ウソに塗り固めた記事を書くことは到底考えられない。偏った言い方に聞こえるかもしれないが、友人として信頼しているし、同じジャーナリストとして尊敬もしている。だから、全面的に片岡さんを支持するし、Aさんの訴訟も手伝っていきたい。(引用以上)

 『偏った言い方に聞こえるかもしれないが』なんてどうも感情バイアスを自覚してた風の記述が…。しかし友人と言うのは、時には一番厳しい批判者でなければ、ならないものではないでしょうか?間違ったことをした時は「あなたは間違っている」と言えるのが本当の友人ではないでしょうか?『彼の人柄や取材態度などを知っている人間からすれば、ウソに塗り固めた記事を書くことは到底考えられない。』とまで書いて募金を集めてるわけですから、判決について何かコメントがないとおかしいと思うのですが…。

 もう一箇所、同記事から引用いたします。

 さらに会見後、"事件"が勃発。会見場を出た片岡さんに、ある芸能プロダクションの人間が詰め寄った。「こんなこと、止めろ」。途切れ途切れだったが、明らかに恫喝、脅迫まがいの行動。片岡さんは男に「てめえ」と呼ばれたことに立腹し、一気に張りつめた雰囲気に包まれた。すかさずAさんが間に入り、事なきを得た。誰かに頼まれたことなのか、本人の独断なのか。いずれにせよ、許せない行為。異論や反論があるなら、正々堂々と抗議や申し入れをすべきだ。(引用以上)

 亀田サイドの記者会見をマスコミ受けを狙ったパフォーマンスのように言い「裁判官の心証が悪くなる」なんてトンチンカンな難癖つけてた山田様が、片岡氏が記者会見でやった安いプロレスについてはなぜか前のめりに丸乗り!パフォーマンスはどっちやねん、と言う話であります。

 ジャーナリストの山田様にお聞きしたいのですが、この件結局一体何だったんですか?なんでその後乱入の背景や理由を取材して明らかにしてくれないのでしょうか?あれは「なんか亀田サイドから妨害が来たっぽいよ」という雰囲気を出すための三文芝居なんじゃないの?と言う疑問が当方は拭えないのでありますが。

 ビデオと言う明確な証拠があり、負けようがない裁判を闘う亀田サイドには訴訟を妨害する理由が、そもそもありません。結果的にJBC職員は完敗し320万円の賠償を命じられています。衆人環視の前で「亀田サイドから来てんだよ!」みたいなことをわざわざ名乗るのも、子供番組の悪の組織のような幼稚な手法です。

 山田様は黒田ジャーナルや大谷昭宏事務所で培った記者としての洞察力で見た結果、「あれは亀田サイドの画策した妨害だ」と感じられたのでありましょうか?私にはどうにも信じられないのであります。

 山田様のブログの最後の更新となっている片岡さん裁判について思う ~ちょっとヘンだぞ⁉ 相手側代理人~と言う記事もちょっと変です。この記事のテーマである尋問は私も傍聴しておりまして、山田様が傍聴席にいらっしゃったのもお見受けしておりますが、同じ裁判を見たとは思えないような感想であります。

 北村弁護士と同じ事務所の片岡麻衣弁護士が出廷し、挑発的な質問、オーバーアクションを繰り返していた。個人的な感想を言えば、ドラマ「リーガルハイ」を見せられている感じだった。実際に、こんな尋問をする弁護士がいるんだと、愕然とした。(引用以上)

 私、裁判を傍聴するのはこのときが二度目ですが、片岡弁護士や北村弁護士の尋問はごくごく普通の内容にしか思えませんでした。オーバーアクションなど皆無でしたし、ドラマのようでもありませんでした。北村弁護士の尋問は声が小さくて聞き取りにくかったくらいです。それよりも片岡氏の口から「取材メモは二ヶ月で捨てる」とか「(亀田サイドから送られた内容証明は)無視した」「東スポに載ったから事実と思った」などの発言が出たことの方が私にはよっぽど衝撃的だったのですが…。

 煽りに煽った前フリを現実が悉く裏切っている、『スラップハンタイ』周りの動きでありますが、支援サイトの管理人という小林俊之氏の書いてきたことも、負けず劣らず景気の良いものが多くあります。次回はそちらを検証していきたいと思います。

 ジャーナリストなら書いたもんに責任取れよと思う(旧徳山と長谷川が好きです)
 
 



 

Comment

says... ""
記者でもなく法曹関係でもない一シロウトの方がここまで情熱を傾けるのも凄いですね!

仕事もプライベートも疎かに、もとい二の次で時間と労力を注ぎ込んで活動されているのでしょうが、ここまでやってもらえれば亀田兄弟も片岡氏やこの山田氏という方もさぞ光栄でしょう。

現状では世間はおろか狭いボクシングファンにもその情熱は届いていないようですが、管理人さんの承認欲求が満たされる日がいつか訪れるよう、切に願っております。

そういえば、最近ヒマつぶしゲームの神業をユーチューブで見て驚嘆したことがありました。
日本人だけでなく外国人からも賛辞のコメントに溢れていて、ゲームに膨大な時間を費やしたであろう投稿者の人生がほんのちょっとでも報われたのかもと想像しました。
管理人さんのこれまでの膨大な人物観察記や裁判傍聴記もユーチューブにアップしてみたら面白い、かもしれませんね。
2016.02.11 22:57 | URL | #- [edit]
says... ""
事実はどうでもよくて嘘だろうが捏造だろうがただ友人の片岡氏を支援するだけ、という姿勢なんでしょうね。
2016.02.12 00:17 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>管理人さんの承認欲求が満たされる日がいつか訪れるよう、切に願っております。

記事をアップしてすぐあなたからリアクションがあったので、承認欲求はかなり満たされました(笑)。これからも読んでね。

>事実はどうでもよくて嘘だろうが捏造だろうがただ友人の片岡氏を支援するだけ、という姿勢なんでしょうね。

なんであろうと友人だから彼を支援するって言った方が、男気あるなあと思いますよね。
でも理論武装するからおかしくなるんですよね。正当化しようがないことやってるんだから。

2016.02.12 00:38 | URL | #- [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
私、スピード感覚ないもので、ボクシング観るときは細かい技術とかより全体を通しての戦術にグッとくることが多いのですが(途中で作戦変えてうまくいく陣営なんてもう天才かと)、この人たちあまりにも無策でしたねえ。セコンドの弁護士さん何してたの?って思います。
2016.02.12 13:02 | URL | #7SPhLgiM [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
単純に裁判について無知だったんでしょうね
2016.02.12 14:19 | URL | #- [edit]
ボクシングセンセーション says... ""
お友達の片岡亮氏が裁判で惨敗したというのに、山田厚俊様はダンマリ決め込んでますね。随分と白状なお友達ですよね(笑)
2016.02.12 16:56 | URL | #IhoyXn2o [edit]
Tech21 says... ""
当初からスラップ裁判なのか疑わしいものだっただけに、山田氏は自身をジャーナリストと標榜するのなら、もっと調査や取材をすべきだったのです。
何故なら判決によって、それまでの主張が、とても恥ずかしいものになり、ジャーナリストとしての信用を落としかねない事案だったからです。今となっては覆水盆に返らず、ですが。

彼は友人の身勝手な言い分だけを聞き、それこそ亀田サイドには取材をしていないのではないでしょうか。
取材が充分でないのなら、旧徳さんの言う通り、ジャーナリストとしてでなく友人として応援する、にとどめておくべきでした。
取材の基本姿勢がなかったことで、彼は捏造記事で他人の名誉を毀損するライターを支援し、訴えた被害者をなじるジャーナリストと言う烙印が押されました。
選んだ友人が悪かったと言えばそれまでですが、人を見る目がないのならジャーナリストとして生きていくには不適格でしょう。

また寄付金集めに多大な後押しをしておき、寄付を供した人に何も説明がないのは、ジャーナリストとしてだけではなく、社会人としての責務を全うしていないと思います。

この上、さらに無責任の烙印が押される前に、速やかにご自身のサイトと、ハンタイサイトに説明だけでもすべきでしょう。
2016.02.12 17:38 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
まあ騒ぎにならない限り黙殺じゃないすか?

2016.02.12 19:23 | URL | #- [edit]
says... ""
んなことねーよ
あんたらやったことはでかいよ。
ちゃんと残るから。
俺たちがちゃんと伝えるから。
大丈夫!!
2016.02.13 01:25 | URL | #- [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
>単純に裁判について無知だったんでしょうね
ナポレオンの名言のひとつに「真に恐れるべきは有能な敵ではなく無能な味方である」というのがあり、マキャヴェリも「無能な味方よりも有能な敵のほうが役にたつ」と言っているそうです。
http://yumetokyo.seesaa.net/s/article/384348451.html

セコンド役の弁護士に限らず、記事にあるお友達を含めた周囲の人間関係のお話に戻りますが、何を考えているかわからなかったり無駄な(時には邪魔な)動きをしているように見えたりしても、目的意識が共有されている限り、思わぬときに思わぬところで成果を生むことがありますし、心をつくしているようでも間違った方向に導く人もいるでしょう。
私なんてここではいわば相手方の利益に繋がりかねないことも(相手方に真に再起を求める意思があれば、ですが)たっくさんしてきましたから、Hard Blow! さんが目先の自陣の利益のために行動する方々ならとっくに弾き出されていても何らおかしくありません。物凄く寛大ですよ、こちらの管理スタッフさん達は。そればかりかスタッフ諸兄のやってこられたことこそ、いわば相手方の真の意味での再起を促す可能性があったと思います(これももちろん、相手方に真に再起を求める意思があれば)。その寛大さに甘えて、通じることのない(性善説に基づいた、いわば相手方への)善意のもとに行動することもそろそろやめようと思いますが。

耳障りのいい言葉にだけ耳を貸すのは間違いのもとで、時間が経ってみないと何が正しいのか(あるいは必ずしも正しいとは言えなくても何らかの公益に通じる行為であるか)わかりにくいこともありますから、Hard Blow! さんが第三者の不利益に繋がるおそれがあると判断しない限りコメントを(たとえ一部でも)秘匿しない方針なのも賢明だと思います。

他にもナポレオンはいろいろな名言を遺してますね。リング内外で納得できるものも数々。「有能の士は、どんな足枷をはめられていようとも飛躍する。」とか。「敵が間違いを犯している時は、邪魔するな。」というのもありますが、
http://iyashitour.com/archives/21287#page1

自陣の利益だけを求めるならそういう意地悪も有効でしょうが、ボクシング界全体の将来を展望すると手をこまねいていられる状況でもないのですよね。結果、逆に邪魔に思われることもあったかなかったか存じませんが、いつかは理解されるでしょう。
2016.02.13 13:03 | URL | #7SPhLgiM [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
山田さんや取り巻きの皆さんにも、折に触れて「このままついていったらエライことになりますよ」とは言ってきたつもりなんですけどね。

現実を見れない人が事実に基づいた取材や執筆が出来るのでしょうか?

起こったことを整理すると

片岡氏とJBC職員A氏が連携してデマ記事で亀田兄弟を中傷。
 ↓
亀田サイドが記事の削除と謝罪文の掲載を求める内容証明を送付。
 ↓
片岡氏は受け取った上で無視。
 ↓
亀田サイドが名誉毀損で片岡氏を提訴。
 ↓
片岡氏サイドが取り巻きの記者と連携してただの名誉毀損裁判を『スラップ訴訟』だと宣伝し募金を開始。自分の記事の捏造が原因の裁判を不当な訴訟であるかのように宣伝し、読者を巻き込む。
 ↓
JBC職員が亀田兄弟の監禁・恫喝・暴行により被害を受けたとして提訴。記者会見で不思議なプロレスを披露。
 ↓
証拠のビデオ映像を見れば監禁・恫喝・暴行の事実がないのは明かで、JBC職員が普通に敗訴。賠償は320万円。
 ↓
記事が捏造なので片岡氏が普通に敗訴。賠償はブログとしては異例に高額の300万円。スラップ訴訟だと主張したことが違法行為の構成要件とされ、片岡氏の『スラップ訴訟だ』との主張が否定される。
 ↓
支援者は全員沈黙。片岡氏は「応援ありがとう」。

あまりにひどいし、子供じみてます。
2016.02.13 16:07 | URL | #- [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
>名誉毀損裁判を『スラップ訴訟』だと宣伝し募金を開始。自分の記事の捏造が原因の裁判を不当な訴訟であるかのように宣伝し、読者を巻き込む。

この時点で説明は不十分だったので、これに騙される人はいずれ別の何かに騙されていたような気もしますし、純真無垢(あまりいい意味ではない)な読者が妄信しすぎたきらいはありますね。ただそれが読者の落ち度かというと、一応はモノを書いてメシを食ってるらしき(実情はわかりませんが)男ということで、本来は無闇に疑ってかからないといけない筋合いのものでもないのかな? 彼の主戦場をみれば一目瞭然なんですが、浅い付き合いの人の前では人当たりのいいお兄ちゃん(おじさん)なんでしょうから、良識あるはずの大人たちも気づくまでには一定の時間がかかる。難しい問題です。

ちゃんと真面目にやってて食えないライターも危険な国に派遣されるカメラマンもたくさんいる一方で、こういうデッチアゲ記者が苦もなく紛れ込めるんだから亀田報道っていうのはつくづく隙間産業だったと思います。まともなボクシング記者の地位は低過ぎると思うし、やはり業界全体のピザをでかくしないとにっちもさっちもいかないのに、内紛を一発解決できるような村長も村民団体もないのは不幸です。
2016.02.13 16:52 | URL | #7SPhLgiM [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
JBC職員が敗訴した直後は裁判長への罵詈雑言が凄かったですよ

全部今見たら失笑するしかないわけですが
2016.02.14 00:05 | URL | #- [edit]
懲戒 says... ""
旧徳さん、その前に

JBC職員A氏、B氏らが、監禁、暴行事件を捏造。

>片岡氏とJBC職員A氏が連携してデマ記事で亀田兄弟を中傷。

裁判は名誉棄損と中傷ですが、事件の本質はA氏、B氏、片岡氏らがありもしない事件を捏造したことです。
2016.02.14 13:36 | URL | #- [edit]
懲戒 says... ""
もう少し以前から全体像を探ると。

片岡氏が介入したプロレス練習生死亡事故にJBC職員になる前のA氏が協力

安河内氏失脚事件に当時試合役員のA氏がB氏らとともに獨協閥浦谷派に加担。
A氏がJBC内部の情報を片岡氏に提供し、片岡氏が拳論で安河内氏を中傷(今回の亀田事件と同じ構図)

安河内氏らの事件の影響で欠員の出たJBC職員の補充人員として、試合役員A氏が常勤のJBC職員に登用。

安河内氏が1審・2審でJBCに勝訴。判決で浦谷氏らの不法行為が認定される。

職員A氏B氏らが亀田選手の監禁、暴行を捏造し片岡氏に報告。

>片岡氏とJBC職員A氏が連携してデマ記事で亀田兄弟を中傷。

結局安河内氏の事件と同じ構図なんですよね。事実関係を押さえるとA氏、片岡氏らがボクシング界で何をしてきたかがよくわかります。
2016.02.14 13:56 | URL | #- [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
>裁判長への罵詈雑言が凄かったですよ

なぜ矛先が裁判長や弁護士に向かうのか、全く解せません。本当に正義がねじ曲げられて不服があるなら正当な手段で申し立てをすべきなのであって、ネットでワーワー言ってても人生の無駄遣いです。
以前、いやまじでさんが司法が絶対とは思わない、とおっしゃってました。それは確かで、だから法改正もあるし、不服申し立ての手続きも整備されているわけです。しかし、この裁判に関しては客観的な真実が覆ることがないのは片岡氏自身が誰よりわかっているはずです。
2016.02.14 14:31 | URL | #7SPhLgiM [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
そこまでやられるなら。

>A氏がJBC内部の情報を片岡氏に提供し、片岡氏が拳論で安河内氏を中傷(今回の亀田事件と同じ構図)

「このあとC誌の記者D氏・E氏がこれに加勢。」
安河内さんの事件における専門誌の影響力は大きかったと思います。
2016.02.14 14:41 | URL | #7SPhLgiM [edit]
B.B says... ""
13年6月15日の本ブログ記事です。
「日本ボクシング界の秩序を守るために」という専門誌の記事ですね。
欺瞞に満ちた記事を既にぶった切ってますが、その後の安河内氏地位確認裁判で記事中の指摘が正しかったことが明らかになりました。
この専門誌の余りに酷すぎる偏向報道記事を書いたライター諸氏も何らかの責任を負わなければならないです。
http://boxing2012.blog.fc2.com/blog-entry-198.html
2016.02.14 19:24 | URL | #bH1htKmU [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
>この専門誌の余りに酷すぎる偏向報道記事を書いたライター諸氏も

すでにご指摘の通り、この記事構成から見ると、書いた人(たち)と載せた人(責任者)両方ですね。

2016.02.14 22:28 | URL | #7SPhLgiM [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/473-0881c991