HARD BLOW !

京都から世界へのはずが…WBOバンタム級挑戦者決定戦レポート 

久々の更新であります。もう辞めたんじゃないの?と期待されていた向きにはお気の毒でした。これからガンガン更新しますよ。いや出来る範囲でね、やらせて頂きます。

まあ色々書きたいことはあったんですけね。長谷川選手の試合のあの判定ありなんですか?とか、「まだまだ出来るよ」みたいに無責任に煽ってる人なんなの?とか、「ダウン以外は完璧」って、それ野球で「ホームラン以外は完璧」とかサッカーで「ゴールシーン以外完璧」とかいうみたいなもんだよね?とかまあ色々とね。批評空間の歪みといいますか、語られ方のおかしさといいますかね。

というわけで本題です。

IMG_6044_R.jpg

WOZジムの日本タイトルマッチ+WBOバンタム級挑戦者決定戦興行に行ってまいりました。今関西で最注目のホープ大森将平選手がいよいよ世界へと踏み出すか?という注目の一戦がメインでありますが、なんと試合があるのは年末のド平日。しかも会場は、どのターミナル駅からも微妙に遠いというアクセスが激悪の島津アリーナであります。私は私鉄駅からバスに乗って向かいましたが「ほんとにここで合ってるのかよ…」と不安になるような住宅街の中。アンダーカードはたった二試合で、こりゃーハナから客集める気ないんじゃないの?と言う気になってくる。で会場に入ると案の定ガラガラであります。

私6年間ほど京都に住んでたことがあるので体感として分かるわけですが、そもそも京都人はクールで個人主義なので、あんまりスポーツを熱くなって応援したりする風土がそもそもないわけです。サッカーのサンガだってその辺を苦労してるわけです。だからこそ会場選定や期日についてはもうちょっと配慮があっていいんじゃないの?と思いました。

会場についたのは7時頃で、ちょうど徳永幸大×西谷和宏の日本ライト級タイトルマッチが始まるところ。徳永はスタイリッシュなパンチャーですが、ご自身がプロフィールにわざわざ書いてるように打たれ脆さがある選手。とはいえ積んできてキャリアは明らかに徳永が上であります。というわけで徳永選手の優位は動かないであろうと言う気持ちで観戦していたのですが、なんと西谷が変則的なリズムで撹乱しつつ巧みな密着戦法で距離をつぶして大善戦。頭の低さも、クリンチワークも減点を取られない絶妙な按配で、変則的なリズムから時折強打を叩き込み見事にペースを掌握。徳永は自慢の強打を封じられてズルズルと前半のラウンドを消費。5R終了時点の中間採点ではドローが二者、1ポイント西谷が一者と番狂わせのにおいが…。

IMG_6030_R.jpg


しかし5Rの後半に潜り込む西谷に徳永が合わせたアッパーがなかなか効果的に見えて、ペースが変わってくるんじゃないの?と言う予感もしたのですが、ポイントに感応したか6Rに入って西谷は更にギアを上げて食い下がりなかなかペースを渡さない。ここまで来ると後が無い徳永は開き直ったか、7Rから果敢に打ち合いに出てあえて近距離でパンチの交換をすることでジリジリとペースを奪還。徳永のパンチ力が徐々に西谷を削っていくが、西谷も時折ビッグパンチを返して応戦。徳永の打たれ弱さも相俟って後半戦はスリル充分のすばらしい展開でした。最終ラウンドは特に中身濃く、いいラウンドでありました。

採点は後半3Rの徳永の頑張りが効いたか、3-0でチャンピオンの防衛。しかし前半の拮抗した展開から、後半もスリル充分で番狂わせもありえる好試合でした。徳永選手の地力と後半の勇気は勿論のこと、チャレンジャー西谷選手の攻撃的変則ボクシングも大変印象的でした。

そしていよいよこの日のメイン。日本中のボクシングファンが注目するホープ大森将平選手が、WBOの挑戦者決定戦に挑む大一番。実はこの日の対戦相手マーロン・タパレス選手は、私の知人のフィリピンボクシング事情に詳しい何名かの方が揃って『あれは強いよ』と太鼓判を押す選手であります。実際この日会場でお会いしたフィリピン通は「タパレスが本調子なら大森は遊ばれちゃいますよ」という見立てでございました。

大森のWBOランキングは試合時点で一位。なんでこんな危険な挑戦者決定戦をはさむ必要があるのかイマイチ分かりません。この日はジャッジもレフェリーもアメリカ人で、スーパーバイザーも来日。その経費だけでも馬鹿にならん金額でありましょう。それに承認料も必要です。失礼ながら、前述したように集客も好調とは見えずかなりの負担をして組んだ試合と思えます。「同じ金や労力を使うなら挑戦者決定戦よりも指名挑戦を優先すればよいのに…」と言う根本的な疑問が湧きます。

競技的にも経済的にもハイリスクな試合ではありますが、とはいえ陣営からすればタパレスの評価は強いとは言えテクニシャンと言うイメージで、大森の今の勢いを持ってすればクリアしてくれるという計算はあったのでしょう。かくいう私もそう思っておりました。

しかし…

リングで対峙した両者には相当な体格差があり、大森が頭一つ大きく見える。タパレスは体つきもマッチョには程遠く、なんだったら二階級くらい下に見えるくらいです。「何ぼテクニックがあっても、これだけ体が違ったら厳しいよな~」と思いつつ開始のゴングを聞くと、大森は動きも軽快に接近してジャブをヒット。前戦の向井戦はパワー差を生かしてかなり強引に攻めましたが、今回はフットワークを使ってスピードを生かして戦うつもりだなと感じたその矢先、大森のジャブに合わせたタパレスのオーバーハンドの左フックがヒット。大森はバランスを崩して思わずリングに手をつき、ダウン。この瞬間会場全体が「あれっ?」という空気に変わり、大森にも動揺が見える。ダメージも少しあるよう。チャンスと見たかタパレスは一気に圧力を強め、左の強打で大森を下がらせ体勢の悪い大森に右のストレートを当てて二度目のダウンを奪取。このパンチは、当て方は巧いものの、スイング自体は強いとは言えずやはり最初のダウンが尾を引いているのかな?と感じられる。守勢一方となった大森はさらに、ダッキングしたところに右アッパー合わされて三度目のダウン。もはや展開は一方的で、会場は水を打ったような静けさに…。なりふり構わぬクリンチを駆使してなんとか1ラウンドを終えたものの、いきなり4ポイントのビハインドを背負った大森。タパレスは防御型のテクニシャンのはずが、パンチ力もあり、調子もよさそうで打開策があるようには見えない状況のまま2ラウンド開始。

大森は失われたポイントを取り返そうとしてか、果敢にタパレスの距離に入って打ち合いますが、大きな右フックを合わされバッタリとダウン。これは今までのダウンと違ってダメージは明らかでした。これも何とか立ち上がったものの、再開後パンチを食ったところでレフェリーがストップ。妥当なタイミングでのストップでありました。

IMG_6058_R.jpg


サウスポー同士の対戦でしたが、タパレス選手は最初のダウン以外は全て右のパンチで、巧さとバランスの良さが際立つ内容でありました。こういう選手がまだいるか!と言うあたりフィリピンボクサーの層の厚さを感じます。

一方の大森選手は経験不足が出たと言いましょうか、ゲームプランが狂ってパニックになっているうちに終わったと言う印象であります。「この経験を生かしてもう一度頑張って」と言うのは簡単ですが、この敗戦は重いよな~と感じた次第。しかしここまでハッキリと負ければ逆に踏ん切りも付きやすいとも言えるでしょう。ポンサクレック戦の惨敗を糧にスターへと昇り詰めた内藤大助選手のように、逞しき再起を期待したいところであります。

そしてタパレス選手にはトレーナーのペニャロサさんとともに更なる高みを目指して欲しいと思います。体格的にはフライ級も行けそうなので、ローマン戦とかね。ドネア以降のフィリピンのスターを目指してほしいと思います。

というわけで良いもん見せて頂きました。ありがとうございました。


長谷川は引退するべきとしか思えない(旧徳山と長谷川が好きです)

Comment

いやまじで says... ""
タパレス選手、この階級では短躯でKO率は高くありませんが、
タイミング勝負で、手数は多くありませんが要所でアグレッシブに攻める選手、勝負強さも感じます。

大森選手、外国人選手との対戦があまりなく、この試合がよい経験になるはずでした。
敗れましたが敗戦を糧にしてほしいですね。この階級はいずれにしても厳しいですから。
2015.12.20 04:02 | URL | #QWDkGr0I [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
やっぱりフィリピン人はアウェイだと詰めに来ますね

集中力が違います

2015.12.20 19:48 | URL | #- [edit]
ホシイモ says... ""
(^ω^)タパレスはしばらくは日本人と試合ないでつね

次は世界でつし
2015.12.21 22:15 | URL | #bGf9qjkw [edit]
ホシイモ says... ""
来月1月からプロテストルール変わりまつ

16歳からうけられまぷ

^皿^スーパー16)

と34以下受験可
あと37で日本ランカーならライセンス許されまつ
2015.12.22 19:48 | URL | #bGf9qjkw [edit]
says... ""
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151222-00000097-jij-spo&pos=4

これですね。
手放しで喜ぶことは出来ないな。
上限年齢の見直しは検討されるべき時期と思うが、下限については健康管理も含めてどんな理由根拠があるのだろうか。
プロボクサー人口の減少を喰い止める事と、承認料の増収見込みくらいか。
過去には未成年の練習生死亡事故例がいくつかある。
前者であれば誰もが憂慮する事だが、年齢制限緩和の前にやるべき事はあるのではないか?
後者が理由なら目眩を覚える。
過去には未成年練習生の死亡事故例が幾つかあり、未だ検証され尽くしてはいないのだ。
ジム側の管理責任は勿論のことJBCの監督責任も更に増す事になる。
JBCが通過措置と言っても、一度緩和されたものを元に戻す事は難しい。
決定の前にリスク回避の重要性は提起されたのだろうか?
2015.12.23 07:39 | URL | #65fpICiI [edit]
says... ""
3ノックダウン制廃止は先の大森、タパレス戦でも採用されているが、これも競技スポーツとして、はたして良かったのだろうか?
世界的傾向だからというのは理由として薄弱ではないのか。
フリーノックダウン制から3ノックダウン制に移行したのは、これも人命尊重を基本としたリスク回避ではなかったか。
勿論これだけでは事故は無くならない。
しかし、時間の流れとともに世界が過去のリング禍を忘れようとしている今こそ重要問題として議論されるべきである。
二重三重のプロテクトを試行する前に安易にルールの変更は行われるべきではない。
新K-1などの再びの台頭を意識するのか、益々格闘技化への道に歩みを運んでいるように思える。
プロボクシングのあるべき姿を日本から世界に発信しようとする気概はもうまったく見えなくなった。
2015.12.23 08:05 | URL | #65fpICiI [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
聞くところによるとプロテストも、昔に比べるとかなり受かりやすくなってるそうです

健保金の改悪や網膜はく離選手の復帰についての『自己責任』見解も併せてみると安全軽視は明らかではないか?と思えます。

長谷川選手の現役続行についての、メデイアやファンの論調など見ても業界全体が危険な方向に行っているのではないか?と思えてなりません
2015.12.23 08:31 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
ラグビーの代表監督だったエディ・ジョーンズさんが退任の記者会見で強調されていたのは、「底辺の拡大とエリートの養成は次元の違う問題だ」ということでした。

プロライセンスの取得ハードルを下げること、引退の条件を緩和することは底辺の拡大にもレベルアップにも繋がらないだろうと思います。

プロ側が底辺の拡大として出来る施策は、キッズや練習生のスパーリング大会や競技会を厳重な安全管理の下で行ってボクシングと触れ合う機会・ボクシングをする機会を増やすこと。

エリートの養成はプロの競技レベルを上げること。

であろうと思います。

一番簡単な底辺の拡大はNPBAの加盟金を安くすることじゃあないでしょうかね(笑)
2015.12.23 08:38 | URL | #- [edit]
幻 says... ""
とうとう一般メディアもJBC問題に対してはっきりとした声を上げました。
叩かれやすい亀田を公平な視点で被害者として扱っている相当踏み込んだ記事となっています。

http://n2ch.net/x?http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151224-00047029-gendaibiz-soci
2015.12.24 17:31 | URL | #- [edit]
ホシイモ says... ""
日本ボクシング界に重大な危機がせまってまつ
(`へ´)
現代ビジネス
JBCのずさんな運営で財政がかなり悪化してるとニュースにでてまつ

8月に秋山理事長と事務局長は
とりあえず
一年はなんとか大丈夫と大橋会長らの質問に険しい表情で答えてますた
五年で4500万減少
五年前は1億6400万
今は1億1900万~その中に健保金がありますたね
健保金ひくと6200万が今年繰り越しで使えるお金
今年は2200万の赤字になるそうでつ
(`へ´)
6200万ひくと4000万残りまつ
あと裁判で今年三人と和解して4000万払いますたよね
まだ事務局長の負ける裁判にお金来年ださないといけないし~亀田との裁判も残っていて
来年は1億の赤字になるという情報もありまつ

コミッション財産0繰り越しのお金来年なしでつ

そればかりかマイナスになりますた
2015.12.24 17:46 | URL | #bGf9qjkw [edit]
says... ""
「当財団はご指摘のような諸問題を引き起こしてはいませんので、選手及びファンにどのように説明をするかと問われましても困惑するばかりでありますが、」

これが独協派閥と言われる現事務局長の頭の中身ですね。
財政破綻は明らかなのにこの状態では、もはや運営能力が無いということです。
リングの上では選手らが懸命に頑張っているのに、その環境を整え守る立場の人間がこれでは道義的にも、また実際にも重大な背任行為ではないでしょうか。
紹介して頂いた記事にもありますが、協会は刑事告発すべき時に来たと思います。
2015.12.24 18:24 | URL | #65fpICiI [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
プロテスト受験資格の緩和や引退の先延ばしなどは単にプロを増やしてライセンスの更新料を稼ぎたいと言う財政的な要請ってことですかね…

余りにも志が低い
2015.12.24 19:30 | URL | #- [edit]
ホシイモ says... ""
身内四人のお家騒動でついに赤字でつね
やらなくていい裁判で赤字でつ

来年もっと詳しくわかりまつね
(´Д`)

現代ビジネスというネットニュースの記事ですた
長い記事でつ

2015.12.24 20:11 | URL | #bGf9qjkw [edit]
KOKO says... "大森VSタパレス"
この挑戦者決定戦は、そりゃWOZジムとしたらあまり気は進まなかったけど、WBOから命じられたから、やったのではないですか?
タパレスは元々Lフライ級みたいです。帝拳にスパーリングに来てたせいか、亀海選手はその強さをブログで褒めてましたね。再び日本人選手との対戦、スパーパートナーとしてやっていた山中選手との対戦も、統一戦ならありえるでしょうか。
2015.12.25 14:57 | URL | #- [edit]
says... ""
WBOはランキングに比較的厳格と思ってましたがマッチメーカーにねじ込まれましたね。
1位でしたから当然に指名挑戦権を待っていても良かったわけです。
ただ、経験としてタパレスというのはその気概もマッチメークも悪くはなかった。
そう考えるしかないですね。
2015.12.25 19:43 | URL | #65fpICiI [edit]
O says... ""
そもそもリスクの高いアジアNO.1の実力者タパレスと対戦せず、タイのチャンピオンと直接対戦すれば済んだ話だったので、ジョーさんが何故この試合を組んだのか理解が出来ませんね。帝拳にスパーリングパートナーで来ていたタパレスの実力を知らないわけがないでしょう。経費のかかるアメリカから3人もジャッジを呼んでわざわざするべき試合だったのでしょうか。

この壮絶な負け方がこれまで積み上げた地元企業の支援やテレビのサポートまでも砕いてしまわなければいいのですが。
2015.12.26 01:12 | URL | #- [edit]
says... ""
ジョーさんとしたらどちらが勝ってもオイシイですからね。
大森が勝てば世界戦も組める。
タパレス勝っても日本人挑戦者の窓口になれる。
流石です。
マッチメーカーの鑑です。
皮肉でも何でもありません。
これこそがビジネスです。

ただ長谷川を駒として扱うのは止めて本田さん!
2015.12.26 02:13 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
帝拳とジョーさんは、大場浩平とやったカバジェロとかこのたびのタパレスとか、チャンピオンクラスのランカーで試合組めるのに、なぜか山中慎介にはぶつけないですよね(笑)。ビジネスセンス感じますね~。

ロマゴンつかった井岡潰しといい、露骨に若い芽を摘むようなマッチメイクするのはどうなんでしょうね~。それにしても今年は帝拳興行で微妙な判定多かったですね。

亀田のときは目を三角にして「買収だ!」「八百長だ!」と叫んでた低脳ファンも帝拳がやれば「日本人が勝ったぞバンザイ!」だもんね。

昭和のプロ野球ファンがよく「巨人が強いことがプロ野球の発展の基本」みたいな妄言言ってましたが、パ・リーグの自助努力とファンの意識改革で業界の構造が一気に変わった。対してボクシングって昭和の時代から業界の構造がなんも変わってなくて、競争条件も不公平でいびつなままなのにファンは何の疑問も感じてない。その時々出て来る話題の選手を消費して飽きたらポイと捨てるだけ。これでは発展は望めません。
2015.12.26 11:43 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/451-19ab5a13