HARD BLOW !

ここまでやるかJBC?! 最高裁での敗訴に備えて脱法的手法で組織変更して司法へ挑戦の巻


人事異動
定款変更 新旧対照表

 まあやるやるという話は聞いていたので驚きは無いわけですが、しかしまあ改めて本当にここまでしますかね?



 安河内剛氏の地位確認裁判で最高裁での敗訴が確定的となっているJBCが、安河内氏の本部事務局長復帰に備えて上級職を設置し、安河内氏の実権を剥奪する人事制度の変更を行ったようです。

 職員が選手をデッチ上げで訴えて敗訴したばかりですが、ほんとこの組織の闇は底なしのようです...。

 このような手法で司法判断を無効化できると本気で考えているのでしょうか?顧問弁護士はかような脱法的手法を是認されているのでしょうか?

 ブラック企業というか、なんにせよまともじゃねえです。

 逆にどこまでやるのか興味が湧いてきた(旧徳山と長谷川が好きです)

Comment

says... ""
また敗訴ネタが増えるだけのような。頭が底なしに悪いのでは?
2015.10.10 21:45 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
顧問弁護士の責任でかいですよ
2015.10.10 21:48 | URL | #- [edit]
まつば says... ""
違法人事の次は脱法人事ですか...
2015.10.10 22:03 | URL | #- [edit]
一介のネトウヨ says... "本気でJBC分裂が有り得そうに思えてきた…"
しかし違法な手段で組織を乗っ取った咎は、役職変えても、やっぱり後で問われる様な気が。

そうなったら,どうにもならないとは思うのですが。
┓( ̄∇ ̄;)┏

この分では、何処まで行くのやら…
( ̄□ ̄|||)
2015.10.10 22:40 | URL | #- [edit]
says... ""
多分、JBCなくなります。国会とかで取り上げられるような。そんな存在感も、もうないか。海外で本物の日本人が見れれば、それでいいんですけどね。色々なカラクリやらを詮索するのももう疲れてきました。嫌気さしますわ。JBCもまさか個人ブログ主ごときと心中するとは思ってもみなかったでしょうね。
2015.10.11 01:31 | URL | #- [edit]
says... ""
分裂解体の道を選択しましたね。
組織的には平時であれば脱法行為には当たらないでしょうが、ご指摘の通り背景には違法行為を裁判で認定された事実が直近にある。
その違法行為を画策した人物を登用するなど言語道断。
重大な背任行為です。
ここまでやらざるを得ない背景には、保身と共に何か不正隠蔽があるのではないか?と疑念が起こる。
かつての健保金流用もうやむやのようですが、協会や理事会はもう一度資金の流れを洗うべきでは?
そもそもは選手や協会員から集めた金で運営されてるのですから。
こんな形で独裁独立をを認めてはならないと思います。
2015.10.11 05:49 | URL | #- [edit]
たぬきち says... ""
朝から笑わせていただきました。(大笑い)

こんな姑息な手法が堂々と通るのであれば、何でもありですね。
会社が倒産寸前だから、別会社に資産等を移してしまうとか?

名称を変えようが、会社で言う代表権の話をしているのですから、
名称を変えるのであれば現在の権限等に相当する地位に移行
するだけと思いますが?

代表取締役専務なのか代表取締役会長なのか別として、呼び名
に対しての話など誰もしていませんし、一刻も早くもとの仕事に
復帰するための裁判なのですから。

車の免許でも大型車に乗っていた人に、今度から特大車と言う
免許が出来て、その車は大型車免許では乗れません。とはなら
ないと思いますが?
2015.10.11 07:38 | URL | #- [edit]
一ファン says... ""
足掻けば足掻くほどに深い墓穴を掘ってます。
組織にしがみつく輩のなんという浅ましさ。
業界の僅かな良心も落とし所を探していたようですが、ここまでとなっては遅すぎました。
司法の判断を完全に無視した暴挙。
どなたかが言われましたが、反社会的組織になったと言っても過言ではありません。
周辺にも自浄作用の働かない事が明白になった今、関与した人全てを法廷に立たせるべき時に来たと思います。

安河内氏がドーム相手に一個人として戦い抜く事が出来たのは、並みではないボクシングに対する愛情と、もっと早くに気づくべきでした。

日本ボクシング界は自らの痛みと共にそれを知るべきと思います。

まだ僅かにでも良心のかけらがあるならば、あるいは連座したくなければ、今このコミッションの惨状を見て、せめて声を出すべき時ではないでしょうか。
2015.10.11 17:53 | URL | #v8QjPvAY [edit]
いやまじで says... ""
ここまで来たらもう言っていいと思うので言いますが、
最高裁で判決が確定した場合には、
彼らは法人をいったん解散して新たに設立ということも考えるでしょう。

これはすべての人にとって不幸な、とりわけ彼ら自身にとって不幸な結末になることを意味します。

残念ながら彼らを法務面でサポートする人間には先を見通す力が欠けています。
引き返す機を失った彼らに待ち受けているのは何か。
さらなる責任追及です。
もし事態に気付いている人がいるならば、彼らを止めてやるべきです。
2015.10.12 06:52 | URL | #Twj7/TDM [edit]
たぬきち says... ""
>彼らは法人をいったん解散して新たに設立ということも考えるでしょう。

なるほど・・・です。
勝つ見込みが無い裁判を、ジムや選手の出した金を使って争って、
負けたら無駄使いで資金を減らした末に「自分たちは正しいから第二
JBCを設立します。」ですか。

組織のための裁判とは思えないのですが?

だとすれば、個人で無駄に使った金を支払ってから辞めるのが筋だと
思いますが。
2015.10.12 07:55 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
時間稼ぎですね。志が余りにも低い。

理事会も機能してませんね。
2015.10.12 20:42 | URL | #- [edit]
says... ""
秋山さん倒れたってホンマ?
2015.10.13 17:09 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
私には分かりません
2015.10.13 18:53 | URL | #- [edit]
ホシイモ says... ""
職員のそろそろ二週間でつ

(´ω`)
2015.10.14 08:06 | URL | #bGf9qjkw [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
2週間ですね~。まあ控訴したところ何回やっても同じでしょう。
2015.10.14 13:40 | URL | #- [edit]
JBCは解体 says... "腐りきってません?"
JBCはもはや誰も客観的に物事を考えられる人間はいないのですかね。
こんなことが許されると本当に思っているのか?
腐敗しきってる。亀田追放も無茶苦茶な手法で開き直りはっきり言ってヤ●ザもびっくりの仁義なき組織です。
2015.10.15 01:02 | URL | #- [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
東京試合役員会会長だった彼が上にいけばいくほど、試合環境における選手目線、現場目線がおろそかになっていってると感じているのも私だけではないでしょう。
2015.10.15 08:12 | URL | #7SPhLgiM [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
明確な意図を持って虚偽の情報を流布するような人間に公正な試合管理が出来るんでしょうかね?

例えば営業マンなら「取引先の人間に監禁されて殴られました」って言いふらして裁判でウソがばれて負けた奴が、後日何事も無かったかのように「こんにちわ~」と営業に来たらイヤでしょ?

JBCがやってるのはそういうことです。まともな組織じゃない。
2015.10.15 20:37 | URL | #- [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
勤務時間内に念入りに準備して記者会見もしたんですよね。安河内さんの一審判決文によると、当日はこんな様子だったとか。

「平成23年5月31日,X2らは,被告の許可を得ることなく,マスコミ向けの記者会見を開き,〔安河内〕に関する不正経理疑惑について公益通報と称する外部告発を行った。当日は,いつにも増して,X2らは,本来の業務もなおざりに,職場で席を離れては戻りと慌ただしく過ごしていた。また,上記同日,X1が会長を務める東京試合役員会も記者会見を開き,上記公益通報を行ったX2らを支持する旨を表明した。」

現・統括本部長は、東京試合役員会から理事会への意見書を掲載した週刊誌相手にこんなこともおっしゃった。

「安河内さんの一連の疑惑は、ボクサーや職員を愚弄する行為で許せません。本当にボクシングを愛しているなら自ら身を引くべきです。」

「疑惑」を「実体」に変えてそのまま突っ返したいです。
改めて就業規則に立ち戻れば、これらは54条7号の減給または停職(JBCを誹謗中傷する目的をもって外部に対して告発をしたとき)、ないし55条14号の懲戒解雇事由(不正の行為をしてJBCの名誉を汚したとき)にあたる行為です。
理事、監事又は評議員の皆さんは「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」334条1項4号により、「自己若しくは第三者の利益を図り又は一般社団法人等に損害を加える目的で、その任務に背く行為をし、当該一般社団法人等に財産上の損害を加えたときは、七年以下の懲役若しくは五百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。」と定められた身であり、これは同条3項により、未遂でも処罰されますが、大丈夫なんでしょうか?
集団心理で気持ちが大きくなってはいても、亀田選手を訴えた裁判で支払いを命じられた職員さんを見ても明らかな通り、最終的に責任を負うのは個人なんですよ。
2015.10.15 23:56 | URL | #7SPhLgiM [edit]
たぬきち says... ""
>>集団心理で気持ちが大きくなってはいても、

そんな虫の良い話が通るのだろうか?
と思っていたのですが、勉強になります。

全うなスポウンサー等ならかばいきれなくなる頃でしょうし、
それだけのことをやった代償とはいえ、個人で償うのは大変そうですね。
2015.10.16 07:13 | URL | #- [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
あ、個人というか、個々人ですね。置かれていたポジションによって持てる権限も期待される役割も違い、同等のポジションでも何をしたかによって、万一の時は賠償額や量刑が変わってきますから、お仲間で仲良く悪さを働いてるような状態がいつまで続くのかな、と。
元々、業界の皆さんがことあるごとに「全会一致で決議」されることが不思議でたまらないんです。そしてそのこと自体が内外の閉塞感や停滞をもたらしているとも思います。
2015.10.16 12:59 | URL | #7SPhLgiM [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
定款変更に伴い、各種規則の変更もあっただろうと思います。同時期に行われたすべての変更点を列挙してみれば、すべては本部事務局長という職位に対する労働条件の変更を目的に行われていることが認められるのではないでしょうか。

JBCサイトに掲載されている定款16条4号・20条2項2号・51条によると定款変更は評議員会で決議、同36条1項4号によると規則変更は理事会で決議、同28条1項3号によると監事の職務には評議員会および理事会に出席し、意見を述べるというのがあり、同7号には「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」103条(197条で準用)に見られる、監事による理事の行為の差止めも定められています。定款には見当たりませんが、同法88条(197条で準用)には評議員による理事の行為の差止めについての定めがあります。

財産管理についてはひとまずおいておくとして、今回の定款等変更については、これらすべてのメンバーが関わったことになりますね。
2015.10.20 01:23 | URL | #7SPhLgiM [edit]
says... "不法人事に誰が加担したか"
旧人事では10名中の過半数をもって議決された事になってる。
今回は6名が賛成票を投じたといわれ誰が賛成したか。
特に協会役付きの理事がどうであったのかが注目される。
若し賛成票を投じていれば、今回の人事が今後において不法人事と認定される事があるなら、協会理事会をも紛争に巻き込む事になるからだ。
協会トップという重責から一個人の意見とは言い逃れ出来ない。
世間は協会の総意と見るからだ。
当然に協会理事会の議決、あるいは一任を受けての行動であったのかどうか明らかにして欲しい。
2015.10.20 07:48 | URL | #mQop/nM. [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」334条1項4号

これ厳しい法律ですね。財団法人をワンマン企業と同じように考えて脱法的な運営してる人は覚悟がいるようですな。

理事や顧問弁護士というのはこのような脱法行為が行われないようにするための機能として存在していると思うのですが、むしろ加担してますね。

意思決定の経緯が不明確なまま組織の破壊だけが進んでいる印象ですね。

2015.10.20 12:09 | URL | #- [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
定款等変更に関わったメンバーについては上に書きましたが、新設された職位に誰を任命するかについては、定款47条3項に「理事会の決議により別に定める」とありますね。

>これ厳しい法律ですね。
刑法第247条の背任罪(5年以下の懲役または50万円以下の罰金)と比べても、それらのポジションの責任が重いことがわかりますね。
仮に、その「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」334条1項4号で有罪となった場合には、この犯罪行為により生じ、もしくは当該犯罪行為により得た財産または当該犯罪行為の報酬として得た財産は、「組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律」2条2項1号により「犯罪収益」とみなされ、13条1項1号2号による没収、22条による没収保全命令、42条による追徴保全命令の対象となります。
2015.10.21 01:00 | URL | #7SPhLgiM [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/447-113d68b5