HARD BLOW !

司法判断でバッサリ!デッチ上げ裁判分析PART1 監禁・恫喝・暴行全否定編

 先日お約束したとおり今回の記事では、JBC職員が亀田兄弟に敗訴した裁判の判決における事実認定について、判決文を参照しながら、原告(JBC職員)・被告(亀田サイド)双方の主張に対して裁判所がどのような判断を下したのか?をお伝えし、その意味を考えたいと思います。

 すでに報道されているのでご存知のこととは思いますが、判決は総額320万円プラス利息の支払いをJBC職員に命じるものとなっています。320万円の内訳は、亀田興毅選手、亀田和毅選手にそれぞれ130万円、亀田サイドのスタッフ二人にそれぞれ30万円。亀田兄弟二人にそれぞれ100万円がJBC職員が事件をでっち上げて裁判をしたことへの、残りの4名への30万円が、ゴシップライターと一緒に記者会見を開いて虚偽を流布したことについての賠償となります。

 以上の前提を踏まえて頂いた上で、以下の解説をお読み頂きたいと思います。

 まずはこの訴訟、もっというと『本訴』とも言うべき、ゴッシプライターが被告となっているブログ記事を巡る訴訟の根幹部分となる「監禁・恫喝・暴行」があったのか?無かったのか?についてのこの裁判での認定であります。

 裁判長の結論は非常にシンプルです。判決文19ページより引用します(以下引用は赤字、筆者による註・補足は青字にて表記します)

被告らが原告に対し、監禁,強要,どうかつ及び暴行と表現されるような違法行為をしたとの事実は認められないというべきである。

 非常にきっぱりと監禁・恫喝・暴行を否定しています。これはつまり原告の主張はでっち上げと認定されたということです。

 そしてこの結論は亀田ジムサイドが、当日のやりとりを撮影したビデオ映像を根拠としています。

 原告はこのビデオ映像を、違法収集証拠である旨主張していたようですが、判決ではその主張を却下。
 
 以下判決文14ページより引用いたします

 原告も○○(筆者注:現場に同席していたJBC職員の個人名)も被告××(筆者注:亀田サイドのスタッフの個人名)による撮影行為を認識しながら撮影の中止を求めたことがないことが認められ、信義則上、上記映像を本件の証拠から排除すべき事情は認められない。

 まあ普通に有力な証拠になったようです。「編集されてるから証拠能力が無い」なんて書いてる人達は赤っ恥でしたね。現実見ようよ...。

 この部分の認定について、判決文より印象的だった描写を抜き出してみます。

 被告らが原告の身体を拘束したことはなく、2ヶ所ある本件会場の出入り口はいずれも施錠されていなかった(19ページ)

 原告が最終的に本件会場から退室しようとした際、被告和毅が本件出口に立ち塞がるようにし、同被告が伸ばした左腕が原告の身体と接触したとうかがえる場面はあったものの、被告和毅が原告をどうかつするような発言をしたり身体を小突いたりした、すなわち意図的に有形力を行使したとの事実は認められず、原告は被告和毅の強い抵抗に遭うことなく容易に本件会場から退室していることが認められる。(19ページ)

 あの~原告は確か、和毅選手が部屋を出ようとした原告を押しとどめて「おいおいまだ話は終わってないんや」と言ったと主張してたと思うんですけど、そのセリフ自体がないんですけど、どこにいったんですか?幻聴を書いてしまったのでしょうか?

原告主張とビデオ映像の対比_01_R


 のどわをされた、小突かれたという主張は一体なんだったのでしょうか?暴言や暴行を捏造していたということでしょうか?裁判と言うのは真実を述べる場所です。まして原告は行政書士だと言うじゃないですか。法廷で虚偽の主張をしていたとなれば、ちょっとシャレにならないと思うのですが。

 原告の主張の根幹をなす『監禁・恫喝・暴行』のマボロシは事実認定の冒頭でバッサリと否定され、そこから先はひたすら、原告側の虚偽の主張とゴッシプライターと連携したデマ宣伝がいかに亀田サイドの社会的評価を低下させ、名誉を毀損したかが滔々と述べられていきます。

 この部分で、私が驚いたのは裁判長がゴッシプライターについてに多くの紙幅を費やして、分析していることでした。(この項続く)

誰も得をしない無駄な裁判だったと感じる(旧徳山と長谷川が好きです)

Comment

東日本の善良な市民 says... ""
お疲れさまです。そしてありがとうございます。大変有益だと思います!
2015.10.05 12:59 | URL | #7SPhLgiM [edit]
前川清 says... ""
判決文の引用ありがとうございます。
本当に糞な裁判ですね。
ウソのでっち上げで、人を陥れるような連中がJBC内部にいるのは
怒りを覚えますね。
2015.10.05 14:18 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>東日本の善良な市民様

この裁判であえてよかったところを探せば、JBC職員氏の問題だらけの実像が分かったところくらいでしょうかね?この事件もゴッシプライターを使って安河内氏や谷川氏を陥れた手法とそっくりですね。

>前川清様

今JBCの中枢にいる人はデッチ上げに関係してる人ばっかりですよ。
どんな判決が出ようが居座ってる厚かましさが凄いです

2015.10.05 16:48 | URL | #- [edit]
元業者 says... ""
協会は俊敏に動かないと。
ボクシング界は自浄作用無い事が社会で確定するだろう。
安河内氏排除した挙げ句がこれ。
しかし神楽の御大は何やりたったのかね。
いい加減に神楽の幻想やめた方が良い。
2015.10.05 17:04 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
メデイアも業界も反応が鈍いですね...
2015.10.05 17:23 | URL | #- [edit]
says... ""
さすがにあそこの読者も実態がわかったことでしょう。このままだと日本のボクシングのマイナー化が加速するばかりか、崩壊まで行ってしまう懸念も。でも、前向きに考えれば本物はもっと金の稼げる本場で実力でノシ上がればいいだけだし、ちっさいおウチのお庭に呼んでお山の大将チャンプばかり乱造するよりもいい傾向かとも思ったりします。JBCと個人ゴシップブログライターは終わりましたね。控訴して引き伸ばすんですかね。
2015.10.05 17:51 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>さすがにあそこの読者も実態がわかったことでしょう

いや~人間の考え方変えるのは大変ですわ

>控訴して引き伸ばすんですかね。

先延ばしするか新たにトラブルを捏造するかしかないでしょうね。
2015.10.05 19:49 | URL | #- [edit]
ボクシングが健全化されますように says... ""
あそこの常連はどうでしょうね
気持ち悪い馴れ合いがお好きですから
否定的なコメントはすぐ削除してますから、あそこのブログも亀◯やデ◯ィ夫人のような友好的なコメントばかりの気色悪さですね
2015.10.05 19:58 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
でっち上げで賠償を命じられたわけでね、もう誰がこういうコメントしたとか規制がなんたらとか眠たい話してる場合じゃないと思うんですけどね。

ネット中毒って不思議ですね
2015.10.05 20:02 | URL | #- [edit]
前川清 says... ""
JBCが、ここには頭が上がらない組織って、どこかありますか?
2015.10.05 20:16 | URL | #- [edit]
前川清 says... ""
また提案なんですが、JBCという組織を見直せという 内容で、ハードブローさんで署名集めませんか?
2015.10.05 20:18 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>JBCが、ここには頭が上がらない組織って、どこかありますか?

裁判所でしょう

>また提案なんですが、JBCという組織を見直せという 内容で、ハードブローさんで署名集めませんか?

もうこっちは手一杯ですので、ご自分でやってください
2015.10.05 21:31 | URL | #- [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
>この裁判であえてよかったところを探せば、
どんなに混乱した絶望的な局面でも的確な状況判断力を失わない、誠実な管理メンバーと論者の方々の存在をこのブログを通じて知ることができた、私にはその一点だけです。

>この事件もゴッシプライターを使って安河内氏や谷川氏を陥れた手法とそっくりですね。
そう思います。記事中にも書かれている「原告側の虚偽の主張とゴッシプライターと連携したデマ宣伝」、本当におぞましいものでした。
2015.10.06 08:00 | URL | #7SPhLgiM [edit]
渡辺パンチドランカー says... ""
自らが寄付して、さらに周りに寄付促してまで続けて欲しいブログがあるなんて幸せな事なんですかね
そこまで夢中になれるブログが私も欲しい(笑)

なんだかすっかりボクシングブログとして機能しなくなっちゃってますが、そもそもが亀田を叩きたいだけのものだったんですかね

馴れ合いも見てて痛々しいですが
2015.10.06 17:46 | URL | #- [edit]
ホシイモ says... ""
さいきん偽者のホシイモしゃんがあちらのサイトで遊んでおられまつ
(☆∀☆)

ホシイモしゃん亀田側の人間とかいわれる始末でつ
昔からのコテハンや匿名とかホシイモを擁護すると
一部の読者ちゃんが攻撃されたり自演とか言われまつ

あちらのサイトの読者ちゃんは元々洗脳されやすいのかもしれまてんね

(。・ω・。)
2015.10.07 08:29 | URL | #bGf9qjkw [edit]
ホシイモ says... ""
まだ映像が偽者だといいはる読者ちゃんがいるから
あちらのサイトは洗脳されすぎだと思われまつ
(^皿^)本物の映像だしてない
とか
カメラで写すのは脅迫だ監禁だとか言われまつ
言った言わなかったとかよく仕事でありまつし~プライベートではなく仕事場でつよ

ただムカついたから元々亀田がきにくわないから
焚き付けられて裁判した感じなのかもしれまてんね
それもジムオープンの日に記者会見やるし
(´ω`)名誉棄損と営業妨害と風評被害

風評被害は特にありまつ

対戦相手や試合内容を酷評するスタイルだけならここまでにならなかったと思いまつよ
こういう風評被害は別にかまわないけど
それは仕方がないでつけど

ここから先に行き過ぎますた
亀田プロが会社として裁判やるまでに警告や書類を送って抗議してるのに
逆に荒らしだとかブログで被害者だとかいって亀田を虚像化しますた
煽りまくってリアルで無視して戦うといって対応しなかったから
亀田プロは仕方がなく最後の手段でやりたくないけど裁判になりますたし
生活ありまつし
亀田ジムに電話すればよかったのにビビったのでつかね
それで亀田に何かされたら警察ざたになりまつし亀田は終わりまつ
三流でもプロレスラーなんだし負けないでしょ

ジムライセンス問題も最後の手段としてやりたくないけどやらざるをえなくて裁判になったはずでつし
(^ω^)

亀田が一番の被害者だと思いまつ
二年試合できなくなりますたし

できたら息子らにはボクシングやらせたくないとブログに以前見かけますた
(´ω`)みんなが思ってるほどボクシングは儲からないみたいでつし

2015.10.07 08:58 | URL | #bGf9qjkw [edit]
名乗れない人 says... ""
判決後の、あちらのブログでの常連の書き込み

>「編集し過ぎて自分達の主張を証明出来なかった」筈の
 映像に「監禁・暴行・恫喝の事実」が映っていなかったから
 東京地裁が事実誤認をした上での判決でしょうしね。

>僕としては、コメントは有料制でも良いかな、と。
 そうすれば、バカな荒しは消えるでしょうし、荒らしてもお金を払って荒らしてるなら、
 それはそれで笑えますし。

>さらに、コメント料金の一部を亀田裁判に回したら、
 あちら側の嫌がらせも無くなるでしょうね

もう、つける薬もないですな
裁判は事実誤認、今後は拳論信者だけの課金制にして
まだまだ「亀田は悪だ」とか
「片岡さんガンバレ」みたいにやるそうです

JBC職員の裁判で完敗しておきながら
拳論マンセーの勢いは、これっぽっちも変わっておりません

なんだかカルト宗教の信者の集まりみたいですな

2015.10.07 13:13 | URL | #- [edit]
ホシイモ says... ""
課金制度になると拳論サイトとは決別しまつよ
(´ω`)

ボクサーブログに住み着いてまつので
2015.10.07 15:32 | URL | #bGf9qjkw [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
あの人は信者相手にメルマガでもやったらいいんじゃないすか?

それが身の丈にあってる
2015.10.07 21:16 | URL | #- [edit]
says... ""
裁判に負けた職員とライターの共謀が判決で明らかになったらしいですね。
個人的な裁判でまだ確定してないと当の職員が言ったらしいですけど、自分の置かれた状況がまだ分かってないようです。
控訴するならそれはそれでいいですが、これ民事で終わらなくなりますよ。
謝罪した上で進退を考えるよう助言してくれる上司とか友人は周りにいないんでしょうか?
自業自得とはいえ可哀想に思います。このままでは一生笑い者になりますよ。
裁判なんてと言ったら語弊ありますが、厳粛に受け止めて再起の道を考えればいいのです。
過ちは誰にでもある。
認めてやり直せば良いのです。

2015.10.07 23:49 | URL | #65fpICiI [edit]
says... ""
連投ですが、自称ライターの為に人生を犠牲にする必要は無い!
2015.10.07 23:55 | URL | #65fpICiI [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
判決受けてはじめて事の重大さに気付いたんじゃないですかね?

北村弁護士の発言を情報操作だって騒いでますけど、そう思うなら名誉毀損でうったえりゃいいのにね。コメント欄で信者相手に体面つくろっても虚しいだけでしょ。

情報操作って言うのはありもしない「監禁・恫喝・暴行」を記者会見を開いて、宣伝することのほうが相応しい表現だと思いますよ。

しかし良くあれで裁判勝てると思えたもんですね。

誰の発案か知らんけど世間知らずすぎますよ。世の中なめて高くついちゃいましたね。
2015.10.08 00:02 | URL | #- [edit]
says... ""
たぶんですが、浦谷さんは彼を守りきれないですよ。
サイコパスの犠牲になるだけ。
2015.10.08 00:11 | URL | #65fpICiI [edit]
すだち星人 says... ""
>課金制度になると拳論サイトとは決別しまつよ

ホシイモさん、あなたも自宅PCのみでの閲覧にすれば、アク禁どころか、閲覧禁止までかけてくれますよ。おれみたいにさ(笑)。「言論の自由」なんて言葉、彼らにとっちゃ日々気持ちよく飯を食うための呪文に過ぎませんよ。
2015.10.08 01:40 | URL | #- [edit]
ウチ猫 says... ""
この件に関して「個人のことなので」などと眠たいコメントを出していたJBCですが、この期に及んでも「我関せず」を貫くのか、それともシレッと「尻尾切り」でもするんだろうか…などとあれこれ想像してたんですが、よく考えたら当のJBCが、ライセンスの問題で亀田ジムと揉めてるんですよね。

あの件も、どういうウルトラCを駆使したら「ライセンス剥奪」なんて結論になるのかまったく意味不明だし、その他にも、これ以上何を論拠に闘うのかサッパリわからないのに、時間と税金を無駄に浪費して上告までしている元事務局長氏との裁判もあります(「開票前から敗訴当確」のライター氏は、こちらの方でも大活躍されてましたね)。

かように、「猪木の常識」どころではない、そのはるか斜め上をいってるのがJBCさんの常識なので、この職員氏にしかるべき助言をする上司なんてのは期待できないでしょう。

しかし、これだけデタラメぶりを露呈してるにも関わらず、相変わらず一般メディアでは私の知る限り、事実関係の記述以上の報道をしていませんね。
私は件のライター氏と違い、誰かを叩いて喜ぶ趣味はないのですが、これだけの事態を前に鈍感でいられるのは、かなり問題ではないかと思います。

別記事の「東日本…」さんのコメントで、「メディアによる抑止力」というのを読んで「なるほどな」と思ったんですが、たとえば亀田訴訟に限って言えば、多少「自業自得」の部分もあったと思います。
本性なのか演技なのかは別にして、ヒールキャラを演じることを売りにしてるところもあり、よってメディア側も「亀田家はネタ的にヒールとして扱う」というファンの期待に(勝手に)応えた、という側面もあるでしょうから。それでも、彼らメディアの責任は重大だと思いますが。

しかし私が根本的に問題だと思うのは、もう何度か言ってきましたが、もはやメディアにとって、ボクシングはスポーツと思われてないんじゃないの?という懸念ですね。
ボクシングなんざ(悪い意味で)プロレスや芸能界と同じなんだから、ネタとして面白おかしく書けばいいじゃん…という程度なんじゃないの?と。だから、ネタボクサーである亀田兄弟の名誉が侵害されようと知ったこっちゃない、という具合で。

まあそこまではいかなくとも、試合の報道だけでなく、その他の様々な部分について、チェックや検証という作業がなされているかといえば、そんなものは皆無でしょう。
これまた何度も言ってますが、他のスポーツ界で、統轄団体を巡ってこれだけ多くの(しかも非常にタチの悪い)問題が噴出したら、ファンは勿論、メディアも評論家もOBも総出で大騒ぎになりますよ。

皆さんご存知の通り、野球界では選手の賭博問題が発覚した途端、プレーオフを辞退するべきか否か、なんて議論にまでなってます。
語弊を恐れずに言えば、いくら人気球団とはいえ、ほとんど出番のない選手(いち個人)が百数十万ぽっちのバクチの金を焦げ付かせる程度のことより、統轄団体が組織ぐるみで違法行為を働いて職員を解雇したり、正当な理由がなく選手やジムの生活権を侵害する方が、よほど問題だと思いますけどね。

某新聞社さんなどは最近「ラグビー日本代表チームはガイジンばかりでインチキだ!」とか、「ガッツポーズを繰り返す米国の球児には、相手を敬う武士道精神というものが備わっていないからけしからん!」なんていうトンチンカンな記事を連発してますが、そんなこじつけみたいな記事を無理矢理書く暇があるなら、ボクシング界には書くべき問題が山ほどありますよ、と言いたいです。
2015.10.08 05:40 | URL | #gnBYJsCU [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
>メディア側も「亀田家はネタ的にヒールとして扱う」というファンの期待に(勝手に)応えた、という側面もあるでしょうから。それでも、彼らメディアの責任は重大だと思いますが。

今回傍観を決め込んでた訴外のメディアが法的に責任を問われることはありませんが、調子に乗って火のないところに煙を立てて「亀田家はネタ的にヒールとして扱う」を徹底的にやり尽くしてしまった方々はそれなりの報いを受けないといけませんね。それについての判断基準は過去に事例が多くあるので予測も容易です。

>私が根本的に問題だと思うのは、もう何度か言ってきましたが、もはやメディアにとって、ボクシングはスポーツと思われてないんじゃないの?という懸念ですね。

今回の裁判で明らかになるかな?と思っていたのですが、公益目的であったかどうかについてはボクシング史上で最も低レベルなところで地裁にNo! を突きつけられてしまい、ボクシングという競技をめぐる公益性については全く触れられずに終わってしまいました。残念です。


>控訴するならそれはそれでいいですが、これ民事で終わらなくなりますよ。
謝罪した上で進退を考えるよう助言してくれる上司とか友人は周りにいないんでしょうか?

そういう上司や友人に恵まれなかった、あるいはいたとしてもその助言を素直に聞ける耳を持たなかったからこその現状だとすれば、再犯防止も期待しにくいですから、刑事裁判になれば量刑決定の際に情状酌量される要素はないということになります。とはいえ、

>厳粛に受け止めて再起の道を考えればいいのです。
過ちは誰にでもある。
認めてやり直せば良いのです。

私がこの職員ないし安河内さんの裁判で一審、二審と敗訴したJBCに対してずっと伝えたいと思っているのはこの方のおっしゃっている通りのことです。ただ、今それを言って彼ないし彼らに伝わるんだろうか、どうしたら伝わるのだろう、という迷いがずっとありまして、発言も滞りがちです。

HARD BLOW! さんにお邪魔するようになる前は、やたら検索にヒットするサイトだな、こんなサイトあったっけ?と思ってまして、何かを知りたいと思う度に、答えをいただいたり、自らの頭で考えるヒントをいただいて持ち帰ったりしました。これは今もそうです。ですからその恩返しに少しでも別の誰かがその人自身で考えるヒントを提供できればな、と思い続けています。また来ます。
2015.10.08 08:32 | URL | #7SPhLgiM [edit]
says... ""
河野選手ご結婚おめでとう!!
因縁の相手を吹き飛ばし、勝って自ら花を添えて下さい!
http://boxingnews.jp/news/30733/

場違いですが、少しほのぼのほんわかしたもんで嬉しくて。
テレビ東京で録画放映あるんですね。
2015.10.08 10:15 | URL | #65fpICiI [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
一時期は負けたら死のうかと・・・なんて思い詰めてたあの河野選手にも春が!(日本はすっかり秋ですが)
二度も世界獲ったし生きてるって素晴らしいですね。
テーパリット戦では私の知ってる河野選手とは違って見えて、思わず「河野くん何やってんの!?」なんて言ってる間に勝っちゃって、嬉しいっていうよりしばらくはただただ驚嘆してた覚えがあります。
2015.10.08 12:34 | URL | #7SPhLgiM [edit]
says... ""
>テーパリット戦では
明らかにスタイルをチェンジしましたよね!
はじめは、なんじゃこのぎこちないサークリングは!と思ってたらぶっ飛ばしちゃった。

器用ではないと思いますし出来上がった選手と誰もが思っていた事と思います。
30過ぎて進化して、それで結果を出すのですから大したものだと思いますよほんとに。
挑戦者は河野ボクシングをさせないよう細心の注意を払うでしょうが、ハマれば王者の一発あると思います。
閑話休題でもなくて、アメリカでやるというのも後々の一興だったかなと思えるような、すべて吹き飛ばすような試合を両者に期待します。
亀田も被害者ですけど、河野選手も騒動の巻き添え食った一人とも思えるし。
2015.10.08 18:06 | URL | #65fpICiI [edit]
バンコク愚連隊 says... "ただの愚痴です"
お久です♪

頭に来たのでただの愚痴です。(おいおい)

なんか今のタイのネット回線の悪さと、FC2ブログとの相性のせい(だと思う。ここのブログでもコメント欄を読むのに何回かリロードが必要になる場合もあるので)で、拳論のコメント欄に一度閲覧用コメント書き込んで(そうすると最新コメントまで見れる。原因不明)そのあと本チャンコメントを書き込むようにしていたら

  閲覧制限食らった…(--;)

それを旧論で書いたら、(要はうざいんで)閲覧停止にした、とハイセー氏から返事のコメントと

>こっちでは、なるべく笑いましょう。

という書き込みがあったが

  しっかり旧論も書き込み規制されていた。

もうかれこれ8年程拳論を見ていたが、最後はこの扱いだそうな。

  あーあ

それとも少し前に裁判の証拠が弱いって書いたのが引っかかったのかな(苦笑)もしそうならkoumonmax様や桃色竿様も閲覧停止にしてもらわないと筋が通らないんだが。

(ここの渡辺パンチや宇弓のコメントと違ってなりすましじゃないよ)
2015.10.08 18:56 | URL | #mQop/nM. [edit]
名も無いボクサーに両手いっぱいの報酬を says... ""
バンコク愚連隊さんもアウトですか(笑)

どうです。やっと私の悲しみがわかったでしょ(笑)
いえ、冗談です。
まあ、寄付金を入れる以外に方法がないのでは?
私も一時随分お世話になっていたんですけどね。
私の時は、格闘家詐欺事件関係でごちゃごちゃした記事が続いたときに、
「格闘技関係者にはろくでなししかいないみたいじゃん」的なこと書いて
ゲームセットでしたよ。
多分自分たちのことを批判されたと思ったんでしょう・・・・・
でも、今考えるともしや思い当たることがあったのかなって(笑)
2015.10.08 19:36 | URL | #- [edit]
懲戒 says... ""
>過ちは誰にでもある。
>認めてやり直せば良いのです。

上記の名無しの方。
そんな甘い話ではないですよ。本件以外に余罪も沢山あり、人生を狂わされた方も沢山おります。未だに謝罪もなく開き直っている連中に「反省すれば許してあげますよ」は筋違いではないですか。

>控訴するならそれはそれでいいですが、これ民事で終わらなくなりますよ。
謝罪した上で進退を考えるよう助言してくれる上司とか友人は周りにいないんでしょうか?

 彼らの上司や友人らの幾人かは、安河内氏の判決に実名で不法行為を指摘されております。

ウチ猫様
 プロレス界でも芸能界でも、刑事罰の対象となる可能性のある判決が出ればネタではすまないと思いますよ。関係者が口をそろえてダンマリするのはボクシング界だけですね。

誤りは認めてやり直せばいい。確かにその通りですが一連の事件で問題を起こした側は未だに謝罪どころか誰一人として処分も糾弾もされていません。もちろん被害者の救済もです。本来は彼らに指摘する立場の組織、人物も皆事件の関係当事者となり共犯的立場です。JBCは本来は監督、指導する組織です。社会の中でやり直すのは結構ですが、JBCでやり直すことはありえないと認識すべきではないでしょうか。これだけの事実が明らかになりながら、関係者は皆沈黙し、現実は何一つ変わることなく当事者たちは笑いながら居座っています。
2015.10.08 19:39 | URL | #- [edit]
ウチ猫 says... ""
>懲戒様

いや、芸能界やプロレスと書いたのは、「メディアにとってボクシングは、厳正なルールに基づいて運営されるプロスポーツなんかではなく、面白きゃ何でもいいエンタメ扱いなんじゃないの?」という喩えでしたので、確かに芸能界やプロレス界にも失礼な物言いでしたね。
実際それらの世界のことは詳しくないですが、まあボクシング界より酷いということはないでしょうしね。

ご指摘の通り、このまま行けば「まだ係争中だから」という屁理屈ではなく、最高裁まで行って判決が確定しても、その後平気でみんなJBCのメンバーとして活動しそうですよね。
業界もメディアも(大多数の)ファンも、そんな辛気くさい裁判沙汰になんか興味ないから、ってなもんで。
どうなってしまうのやら。
2015.10.08 20:16 | URL | #gnBYJsCU [edit]
ホシイモ says... ""
ここではいつも愚痴ばかりいってるような汗
(´ω`)
ここは昔の拳論そのままでつしね
今日は悲しいイベントがありますた
大阪の期待の京口が逮捕されますた

辰吉二世だったのに残念

他のジムでは二世は阪神ジムとかで小倉とか天才はいますたけどやめますた

残念

強いのは継続できるひとだとおもいまつ
2015.10.08 20:46 | URL | #bGf9qjkw [edit]
ホシイモ says... ""
昔の常連を大事にしなくなりますたねバンコクしゃん

いまは余裕がなさすぎるハイセーしゃん(´ω`)

昔のほうがよかったでし

一人ごとですた
2015.10.08 20:50 | URL | #bGf9qjkw [edit]
says... ""
懲戒様

ご指名の名無しでございます。
ご指摘の主旨分かりますが、裁判でも報道でも虚偽の報告をした、つまり嘘つきと言われたわけで、ファンからはリングで選手よりも目立とうとする人と言われるあの職員の事であれば、もう二度とリングには立てないでしょう恥ずかしくて普通なら。

コアなファンからは白い目で見られ、過剰なパフォーマンスも尚更に滑稽に見える事でしょうし、なによりコールされる選手が拒否するんじゃないでしょうか普通なら。

テレビ局も世界戦とかで使えないだろうな普通なら。
本人の反省がないのならば、先ずはそういう普通の目で見てあげればいいんじゃないかと。
ナルシストっぽい彼が気付くのはそういうところからだと思います。

>人生を狂わされた方も沢山おります
ならばその当事者が勇気を持って告発すべきではないでしょうか?
ボクシング界はケジメもつけられない意気地無しのあつまりなんでしょうか?
あれ?勇気あるのは今のところ亀田だけじゃん!
つまり普通なのは亀田だけってこと??
2015.10.08 21:03 | URL | #65fpICiI [edit]
says... ""
鋭いコメントは全て規制って感じですね。残るはちょっと弱そうな人ばかりという状況。そういう人が寄付してくれるのでしょうけど。監禁暴行なら普通は警察。それが民事ってことで、普通なら?つくと思うけど、民事で勝った後、刑事だとかいう奴もいたり、まあ、レベルが低すぎです。
2015.10.08 21:07 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
死ぬまで裁判を続けて行けば『まだ係争中なので』と言い逃れ出来ますね
2015.10.08 21:31 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
職員が業務中に監禁・恫喝・暴行されたら雇ってる財団法人は当然対応しないとおかしいと思うんですけどねえ~。個人の裁判だから関与しませんって異常な対応ですよ。

業務中に自分とこの職員がやられたんですよ!それ「いや個人の問題ですから」で済みます?

こういうこと一つとっても職員もJBCもまともじゃないんですよ。

それを指摘するメデイアが皆無!世も末!
2015.10.08 22:01 | URL | #- [edit]
says... ""
警察に被害届出さないのは、亀田は悪いは悪いしライセンス取り上げたけどそこまでやらないのは武士の情とでも言い分けしてそう。
真っ先に裁判所に嘘っぱち言うなって認定されちゃったけど。
2015.10.08 22:12 | URL | #- [edit]
桃色竿(ほろ酔い) says... ""
えーっと、この書き込みはバンコクさん宛ての書き込みで、ほかの方には一切関係ありませんし、ご意見とかも結構ですので、バンコクさん以外の方は、以下の書き込みはスルーしてください。
(ハードブロウの管理の方、すみません)

バンコクさんが私なんざの名前を出してくださったので、チョー久しぶりに書き込みします。

私、その昔、「市民団体」立ち上げの時は、それを応援しようと参加表明し、4時起きさんのアドレスに自分のメールアドレスを登録したりもしました。
結局、自分の個人的な都合もあったりして、会合には一度も行けず・・・
そうこうしているうちに「市民団体」は空中分解しちゃって・・・

ここハードブロウさんには、もうずいぶん前に安河内氏への独占インタビューとかがあった頃お邪魔しました。
私的には、当時、一番関心のあった安河内氏と亀田家の癒着というか、表面的には史郎を「追放処分」とか言いながら、野放しにしてきたことへの追求を期待していたのですが、なんか、そのへんもウヤムヤみたいになってたので、「ああ、所詮、拳論が憎いから安河内氏に擦り寄っただけで、肝心な所は聞かないんだな」とも思いました。

で、今回の裁判騒動に関しては、私は当事者でも無いですし、どっちが勝とうとも、「判断した裁判所の決定が一番妥当なんだろうな」って感じですから、それを全く受け入れようとしない拳論の「最近の」常連さんの思考回路は、なんだかなあ・・・って思っています。
それに、拳論の運営側のほうも、自分らに都合の悪い書き込みは、有無を言わずに削除したり規制したりして・・・

長々と書きましたが、ここからが本題です(おい!)

当たり前のことですが、昼間に定職を持っている身としては、数多くあるボクシングブログを全てチェックすることもできず、もっぱら拳論とかボクマスさんとかをチェックする程度で、自分の意見を書き込むなんてことはほとんどありません。
過去からの経緯もあって、一番身近なのが拳論なので、たまに書き込むのが拳論ってだけで、拳論以外には、ここも含めほとんど書き込むことが無いってのが私の実情です。

バンコクさんとは直接意見を交換するなんてことは、ほとんど無かったですよね。
まあ実際に興行の現場なんかに関わっていらっしゃるバンコクさんと、ただただボクシングファンとして外野から見てきただけの私なんか、接点があるハズも無いですし、たとえブログ上とは言え、バンコクさんみたいな方と交わらせていただいただけでも、私的には大それたことというか、光栄なことですからね。

拳論でバンコクさんの書き込みを見ることが出来ないのは、とても残念です。
ただ、今後もハードブロウさんのほうに書き込みをされるのであれば、私も定期的にここをチェックするようにします。
もちろん、ここ以外でも、バンコクさんのお名前を見かけたら、それをチェックしたいですし、ご迷惑のかからない範囲でレスとかさせていただきます。

これからもタイの旬の情報とかを教えてくださいね。

まあ、そう遠くないうちに、私も「敵」と見なされて、拳論から追い出されるかもしれませんけどね・・・

長文、失礼しました。




2015.10.08 22:20 | URL | #Xa0.Kibk [edit]
says... ""
あと刑事に出来ない理由は他にありそう。
亀田は民事勝ったか徹底的にやるだろうけど。
2015.10.08 22:22 | URL | #- [edit]
says... ""
桃色さんも失礼な人ですね。
意見は結構と言いながらハードブローさんが亀田と安河内の癒着をウヤムヤにしたみたいな言い草。
ここをちゃんと読んでない証拠でしょう。
愚連隊さんとやりとりしたいなら愚連隊さんのブログでやればいいのに。
ここの管理人さんがいいと言うなら別にいいですけど。
2015.10.08 22:45 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
桃色竿さんは確か公務員でしたよね?

海保の隊員が尖閣のビデオを公開した時に、結構隊員に好意的な意見が多い中で、桃色竿さんが「どんな理由があろうと公務員は法令を遵守しなければならない」と言う批判を書いておられて、「ああこの人は凄く厳格な人なんだな~」と思った覚えがございます。

安河内氏と亀田の癒着なんていいますが、安河内さんが辞めたあとも亀田家は元気一杯じゃなかったですか?清水の休養王者問題があったり、認可後すぐIBFやWBOとったり。あの大毅の負けても王者の興行でも和毅が勝ったあと森田健さんが認定証の受け渡しで「おめでとう!」って声張り上げてたんですよ。自分の部下が業務中に監禁されて殴られて恫喝された相手にこんな対応しますかね?

全てがデタラメなんですよ。

そもそもボクシング会場の外での史郎氏の関与を禁止するなんていうことはそれこそ法的に不可能です。

あのころアンチファンは、強豪日本人と戦え、密室のジムではなく練習生のいる開かれたジムを持てと批判してて、今はそうなっているのに未だに難癖つけて批判している。

没論理だし、無茶苦茶な運営してるJBCについても「亀田を追放してるから良い組織」という理由だけで肯定している。

2015.10.08 22:59 | URL | #- [edit]
すだち星人 says... ""
しかし、件の4時起き氏が、いろんなところで、反乱者の住所氏名を握っているとか書いているのは何とかならないのかね。ほとんど脅迫じゃないか。
4時起き氏って、元U系の関係者の彼だろ。おれも、これ以上はルールを重んじて書かんけど。
いずれにせよ、さらしたら誤爆っていうんじゃ、困る人が沢山出るから、もう、いい加減にした方がいいと思うね。
2015.10.08 23:01 | URL | #- [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
>これ民事で終わらなくなりますよ。
謝罪した上で進退を考えるよう助言してくれる上司とか友人は周りにいないんでしょうか?
>厳粛に受け止めて再起の道を考えればいいのです。
過ちは誰にでもある。
認めてやり直せば良いのです。
これらのコメントに対して思うことを上に述べましたが、改めて補足を兼ねて、名誉棄損の刑事事件の判例を3件ご紹介します。

まず1件目。
【東京地判昭和46・10・13高刑25巻3号278頁】
X出版社発行の週刊誌の副編集長と複数名の編集部員が、女優Yの離婚の話題と関連付けて、警視庁がYを麻薬や拳銃等の密輸入の疑いで内偵しているという虚偽の事実を記事として掲載した事案です。被告人側の弁護人は「Y自身、かつては清純派の女優ではあつたが、現在はヌードモデル等をしているものであり、この程度の表示が同女の名誉を毀損するものとは考えられない」などと主張しました。判決文から一部引用します。
「きわめて遺憾におもわれることは、本件記事の作成経過からも明らかなとおり、被告人らが、それが他人の犯罪の嫌疑というきわめて重大なる事柄に関するものであるにかかわらず、きわめて無責任な取扱いをしているといわざるを得ないことである。……きわめて不十分な取材をもとにして、被告人らは、……被害者には、いかにも麻薬等の密輸入という、きわめて重大なる犯罪の嫌疑があるかの如き記事を作成し、単に、右記事に2、3の疑問符を付し、あるいは、文章を曖昧な表現で結ぶことにより、文章全体としては被害者の名誉を毀損するものでないとしているのである。このような編集態度に明らかに認められることは、被告人ら本件記事の関係者の芸能人に対する名誉の軽視ということである。……被告人らにおいて、仮りに被害者の名誉を毀損することがあろうとも、とくに問題となることはないであろう(被害者がこれを問題とすることはなかろう、仮りに問題としても何とか言い逃れができるであろう。)との、被害者の名誉を無視した安易な気持が先行したことが窺われるのである。これを要するに、本件記事は、被告人らの芸能人に対する名誉についてのこのような麻痺した感覚と、読者の興味をそそることのみを主眼とする極端な商業主義との産物であるといわざるを得ず、被害者が芸能人であるからといつて、これを忍受しなければならないいわれは全くなく、このような点において、被告人ら本件記事の関係者については、今後のためにも厳しい反省が求められるところである。」
虚偽の内容を断言して憚らない記事については言うまでもありませんが、「2、3の疑問符を付し」たり、「文章を曖昧な表現で結ぶ」などしてみたところで、公益目的とかけ離れた虚偽情報の垂れ流しついては、相手が著名人であろうがなかろうが言ったもん勝ちも言い逃れも許されないということですね。ただし、量刑を決めるにあたっては以下の状況が考慮されました。

「しかし一方、本件記事は、……とくにYに対して害意をもつて作成されたものとは認められないこと、被告人自身、……前記の商業主義の要請との兼ね合い等もあり、苦慮したことが窺われ、一人、被告人のみを責めることが当を得た措置であるとは認められないこと、被告人は、本件の前後を通じてX社の優良なる社員として勤務しており、当公判廷における審理を通じて見ても、被告人自身、本件犯行については十分反省していることが認められ、また、X社においても、本件を機会に社員の研修を強化するなどの施策をして、このような誤ちを二度と繰り返すことのないよう努力していることが認められること、さらにはまた、本件後、X社において、被害者に対して慰謝の措置を講じ、これによって、被害者の宥恕を得ていることはもとより、被害者と以前と同様の交誼が復活していること等の事実が認められるのであり、以上の事実は、被告人に対する有利な情状として十分斟酌すべきものと考える。」(懲役6か月・執行猶予2年)
被告人自身の反省や、周囲からの被告人に対する支援および被害者へのケアって大事だなあと思わせる内容ですね。それによって再犯防止の効果が期待できたり、社会との調和が見込めたりするからでしょう。ただし、被害者感情の変化が認められることが何より肝要で、上辺だけの反省や支援では裁判所にも社会にも通用しないと思います。

2件目です。
【東京地判昭和56・1・29判時1029号134頁】
X新聞社の会長X1と編集人兼発行人X2が、Y証券の経営状況並びに同社代表取締役Y1・Y2らの私事等について虚偽の事実をX新聞(発行部数2万部。一般的な人気ブログのアクセス数より少ないぐらいでしょうか)に掲載し、Y証券の信用・名誉とY1・Y2らの名誉を毀損した事案です。記事内容は既刊の週刊誌や風説、伝聞等による曖昧で不確実な諸事実を基にしており、真実性は認められませんでした。この判例では上記の例と対照的に、被告人に反省の色が全く見られず情状酌量の余地はありませんでした。判決文から、被告人の態度を示す部分を引用します。
「本件犯行の動機においても……、被害者らに対する攻撃中傷の意図、さらには賛助企業などに対する経済的効用の認識など不純な動機意図のあったことも否定できないので芳しからざるものがあるといわざるをえない。本件犯行により被害者であるY証券やY1、Y2の名誉信用は低下失墜し(本件記事内容や本件後の反響からみても明らかである)同人らの受けた財産上及び精神上の損害には大きいものがあるが、被告人らはその責任を痛感して被害者らに対し卒直にその非を認め謝罪して慰藉の途を講じるべきであるのに、被害者らに対し縷々述べてその正当性を主張したり本件告訴がなされるや国会議員秘書らを通じて告訴取下げに奔走したりするなど反省改悔の情はみられず、被害者らも被告人らに対し厳しい処罰を求めているところである。……同被告人には法無視の態度もみられ今後新聞の社会的使命とその責務の重大性やさらに他人の名誉信用の尊重などに対する深い配慮をもって慎重に自戒執筆しない限り再犯のおそれも否定できないところである。なお、被告人X1には今迄にいわゆるブラックジャーナリストとして芳しからざる生活をして来た一面のあることも看過できない。被告人X2においても同種の前科前歴こそないが今後も執筆活動を続ける限りは本件を機会に同様の深い配慮と自戒の念をもって慎重に執筆しない限り再犯のおそれも否定できないところである。」(X1:懲役1年・執行猶予5年、X2:懲役1年・執行猶予3年)

3件目です。
【東京地判平成14・3・20判例集未登載】
月刊誌の編集人兼発行人X1と編集部員X2が、コンサルタント会社の代表取締役、作家でもある弁護士、その妻の3者(Y1・Y2・Y3)について、事実に反する内容を含む記事を掲載したとして名誉毀損罪に問われた事案です。執筆者自身の直接の見聞や経験でなく、風聞や噂があるという表現や、第三者の発言の引用による表現であっても、読者に対し、単に風聞や噂あるいはある事柄について発言している人が存在するというだけでなく、風聞や噂あるいは発言の内容自体が存在するという印象を与えることが明らかであるとき、その記事はそれらの事実自体を摘示するものであると判示されています(その風聞等の内容の真実性が問われることになります)。以下、判決文の一部を引用します。
「被告人らが本件で摘示した事実は、……Y1、Y2やY3の私生活上の行状等に関する事項にわたり、およそ公共の利害に関する事実とは認めることができないような事柄をも含んでいる。そして、それ自体としては公共の利害に関すると認められる事実の摘示についても、……被告人らの取材、調査の対象は限られた範囲にとどまり、それ自体では真実性が確かめられない他人の噂について特段の裏付けもとらないで、その内容をそのまま記事にしたり、……Zからの取材についても、ZのY2らに対する非難をそのまま受入れ、特段の裏付け調査もしないで、その内容を記事にするなどしたことが明らかであって、その取材、調査の仕方はずさんで粗雑というほかはない。……本件各記事の揶揄、嘲笑的な筆致とも相まって、これら3名の者〔Y1・Y2・Y3〕らが本件によって被った精神的被害には大きなもののあったことが優に認められる。それにもかかわらず、被告人両名は、本件の公判審理においても、Y1やY2の対応、あるいは検察官の公訴提起の姿勢等を非難することに急で、自らの執筆姿勢の問題点や取材の足りなさ等について、振り返ろうとする態度を示さないのであって、この点においても被告人らはやはり非難を免れないといわざるを得ない
以上に加え、被告人X1は、……本件各記事の掲載等に当たっても、最終的な決定権限を持っていたこと、被告人X2は、本件各記事の掲載に当たって、その取材を担当し、本件各記事も、基本的に同被告人の執筆した原稿によって作成されたこと等の諸事情にも照らすと、各被告人の刑責はそれぞれに軽視し難いというほかはない。
他方、各被告人とも前科がないこと、本件の公判係属中、Y1との間に和解が成立して、Y1が被告人らに対する処罰を望まない意思を表すに至ったこと等、被告人らのため考慮すべき事情もある。」(被告人X1:懲役8か月・被告人X2:懲役5か月、いずれも執行猶予2年)
反省の色は全くないものの被害者の一人とは和解し、その被害者においては「処罰を望まない意思」が認められたということで上記2例の中間程度の量刑となっています。
状況の異なる3例を単純に比べることはできませんが、それでも量刑を決めるにあたって(ひいては被告人が再起するにあたって)、被告人自身の真摯な反省の態度や、被害者感情の変化が重要な影響をもたらすことは判決文から十分ご理解いただけることと思います。
2015.10.08 23:17 | URL | #7SPhLgiM [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
>今日は悲しいイベントがありますた
残念な事件の報にあたり、ボクサーの拳について改めて考えさせられました。しかしこれで彼のボクサー人生が終わると限ったわけではなく、ライセンスの取り消しや一定期間のサスペンドはあっても復帰の道は残されているはずです。
以前、長谷川穂積選手のお知り合いのボクサーが一般人にからまれても頑なに反撃しなかったためにボコボコにされたことがあったらしく、長谷川選手は激昂してましたね。そのことについてウチ猫さんが書かれた記事にコメントしようかとっていたら今回の事件があり、ホシイモさんのコメントもありますのでこちらに投稿します。
※ウチ猫さんの記事はこちらです。→http://boxing2012.blog.fc2.com/blog-date-20130911.html

プロボクサーが殴っていいかいけないかという法律はありませんが、判例は法律に準じた効果を持ちます。(国際司法裁判所規程では、裁判所が適用する国際法として、まず条約・国際慣習法の一般原則を挙げ、それを補うものとして判例・学説を規定しています。)最近の判例でプロボクサーの拳がどのように扱われているか、関係者の皆様にもぜひ知っておいてほしいと思います。

【大阪地判平成22・4・26判例集未登載】
これからご紹介する判例は、記憶されている方も多いと思いますが、ある男子プロボクサーが引退前後の2か月間に強盗致傷等、計8件の犯行に及び、懲役6年6か月を言い渡された事案です。犯行に至った経緯にはプロボクサー全般に照らしてシンパシーを感じるところも多々ありますが、プライバシーに配慮して詳細は省くことにします。犯行に至る動機となったのは他人のために自らが負った借金ですが、これに関して被告の性格について述べた部分を引用しておきます。
「利用されていると分かりながら、他人の歓心を買うため善悪や損得を考えず、頼み事を安請け合いする弱さがある。今回、自分の資力等を考えず、安易に他人の借金を背負う等したのも、この弱さの表れと考えられなくもない。」
こういう人、結構いますよね。心当たりのある方は気をつけてほしいと思います。このボクサーも、減量ミスで試合がキャンセルとなり、あてにしていた収入が得られなくなったばかりか、所属していたジムの会長に引退勧告され(しかし、ジムの会長は彼を見捨てませんでした)、ますます厳しい状況に自らを追いつめていきました。

「……強盗致傷は、プロボクサーである被告人が、一般人を拳で殴り、一時的に気を失わせて売上金を奪うという悪質かつ危険なものである。被告人は、脇腹や顎を殴れば、相手方にどのような影響が出るかを専門家として十分に分かった上で、その知識や技能を悪用して犯行に及んでいるのである。たとえ、手加減し、また利き手ではない左手で殴ったとしても、元世界ランカーの被告人のパンチが非常に強烈なものであることは疑いようがない。
弁護人は、ボクサーの犯行であることを過大視すべきではないと主張する。しかし、ボクサーが、その技能を犯罪に用いたことは、恥ずべきことである。厳しく非難もされなければならない。また、被告人は、凶器を用いる代わりに、相手方の反抗を封じる十分な手段として自らのパンチ力等を悪用しているのである。凶器を使った強盗と同視できる。」
これは判決文中、犯行態様について述べられた部分におけるボクサーの拳についての判断です。

「……短期間のうちに、これほどまでに多くの犯行に及んでいる。確かに、その将来が懸念される。
……しかし、被告人は、……歳でプロボクサーとしてデビューし、そのたぐいまれな身体能力により、瞬く間に、世界ランク……位にまで上りながら、……本件各犯行を引き起こして、ボクサーとして最も重要な時期を刑務所で送らざるを得ないのである。……自らが招いた結果とはいえ、本件各犯行により被告人が失ったものは余りにも大きい。被告人なりに後悔し、反省していないとは考えがたい。
……これまでの身柄拘束期間中に、被告人は、自分にとってボクシングがどれほど重要なものかを改めて認識し直したものと考えられる。また、このような事態になっても見放さず、社会復帰後の支援を誓ってくれるボクシングジムの会長や示談のために金策をしてくれた家族に感謝しているようでもある。自分を見つめ直し、どのような点が犯罪につながったのか考えようともしている。」
「被告人には、支援を申し出るボクシングジムの会長や、今後の監督を誓う母親その他の家族もおり、更生のための環境は整っているといえる。その再犯のおそれは必ずしも大きいとはいえない。
……以上によれば、被告人が更生するためにはボクサー等としての再起の機会を与えることが重要ではないかと考えられる。本件各犯行に対する被告人の責任は重大であり、相応の責任を取らせる必要はあるが、殊更に長期の刑を科することは、被告人の更生にとってかえってマイナスであると考えられる。」
これらは当該ボクサーの反省状況及び再犯の可能性について判示した部分からの引用です。

量刑を決めるにあたっての最終的な判断を述べた部分は以下の通りです。
「……判示第6の……、判示第3、第4の……、判示第7の……の被害者とは示談が成立している。また、減刑の嘆願も出されている。示談に応じて刑の軽減を望むという、これら被害者の意向は重視されるべきである。」
「被告人が犯した……強盗致傷は、既に述べたとおり、プロボクサーがその持つ技能を悪用した悪質な態様のものである。他方、被害者の身体に与える危険性という観点からみた場合、相手方にどのような衝撃を与えるかを十分に分かった上で、手加減もして殴ったという点で、刃物等の凶器を使った事案に比べて、その危険性はむしろ低いと評価できる。幸い、被害者の記憶が飛んだのは1分未満の短時間にとどまり、けがの程度も8日間にとどまっている。そうすると、強盗致傷罪の中では軽い方の事案と位置づけることができる。もとより、……酌量減軽すべき事案とはいえない。しかし、……強盗等については示談が成立している。また、被告人が……歳と若く、反省を深めている等の事情も認められる。そして、被告人を更生させるためには、……社会復帰後、被告人の努力次第ではボクサー等として再起する機会を与えることも重要と考えられる。」
検察官は「懲役12年に処すのが相当である」と主張し、弁護人は「懲役5年程度にとどめるのが相当である」と主張していました。一部被害者との示談、嘆願書などもあり、弁護人の主張に近い刑期が言い渡されました。被害者の方の中には今も苦しんでいる方もあるかもしれません。この刑期を終えられましたら、被害者への贖罪のためにも精進し、しっかりと再起してほしいと願わずにいられません。そのためには、上記の名誉棄損の刑事事件の場合と同じく、心からの真摯な反省、周囲の温かい支援が必要だと思います。
2015.10.08 23:20 | URL | #7SPhLgiM [edit]
says... ""
東日本の善良な市民様

判例とかなんか重いなと感じて読むのが躊躇われましたが、読んだら別の意味で重いんだなと思いました。
裁判って冷徹で怖いものと思ってましたが、勿論裁判は絶対では無いにしても知恵と知性のある大人がそれはこうですよと諭す場面が沢山あって血も涙も感じられて。
ご教示いただきました。
2015.10.09 09:00 | URL | #65fpICiI [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
こちらこそ、きっかけを与えてくださって感謝しております。
判決ないし司法は人を裁くものではありますが被告(人)の再生の道を(最後に挙げた判例などでは最大限)考慮して決断されるものであるということがわかれば、いたずらに恐れることもなくなるでしょう。
被告(人)にとって最大の理解者である場合もあると思います。
2015.10.09 12:37 | URL | #7SPhLgiM [edit]
says... ""
それにしても原告はそういう法廷を侮辱してると思うね。
2015.10.09 19:04 | URL | #- [edit]
東日本の善良な市民 says... ""
>それにしても原告は

うーん、そもそも活字媒体が名誉毀損で訴えられて反訴する例ってほとんどなかったんですよ。今でも稀です。この時点でまず職員氏は反省することを拒絶しているわけです。
彼はすでに転がり落ちてしまってはいるわけで、反省してV字復活するか(分野問わず)、さらに落ちるか、ここが分岐点なんですけどねぇ。
人間として再起してほしいとは願うものの、私は彼の今の様子が漏れ聞こえてくるところにいるわけでもないので、どうなっちゃうんだろうなぁ、って遠くから漠然と案ずるだけですね。
(相手方の亀田さんたちは人間万事塞翁が馬の故事のように逆境で幸運を掴むこともあるだろうから、一番上のお兄ちゃんにもそろそろベストバウトを見せてほしいなぁと思います。一生にたった一試合でもいいから勇気を振り絞ってくれ!と。)

ただ、今も職員氏が片岡氏と一蓮托生なら、ネット上で垣間見ることのできる範囲での私の印象としては、残念ながら2件目に紹介した判例で最後に下線引っ張った「法無視の態度もみられ」というのに一番近いですかね。
2015.10.09 20:19 | URL | #7SPhLgiM [edit]
バンコク愚連隊 says... "桃色竿様へ"
(この場をお借りして失礼します。これで最後にしておきますのでご容赦を)

桃色竿様、

あたしがここに書いた愚痴で桃色竿様がコメントまで書いてくださると思いませんでした。感謝してます。
まあここのコメント欄に書くことは滅多にないとは思うので、近いうちに(たぶん)復活するあたしのブログの方を見ていただけたらと思います。

正直、桃色竿様には登場当初から非常に親しみ感じてましたんで、頑ななおっさんに絡まれてる時も援護に回ったりもしてました(汗)にじみ出るボクシング愛と奥さんとの折衝とか面白いですよね。

実際拳論のFC2版閲覧禁止にされて、「こちらで~」と書かれていたDTI版でも書き込み制限されてたんじゃあきらめざるを得ませんわ(--;)

まあ後の続きはうちのブログをたまに見ていただいて、記事が上がったらコメントください。(メアドはさすがにさらせませんので…)


こちらの管理人の方、私信にスペース使ってすいません。
とりあえずこれで退散します。
2015.10.09 20:33 | URL | #mQop/nM. [edit]
リベルタス says... ""
つうか職員さんは今後もシレッと耳につく?鼻につく?いらつく唸り自己マンナルシストアナウンスを継続されはるんでしょうか?
2015.10.09 22:52 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
すげー組織ですよね
2015.10.09 23:09 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/445-340dcf4d