HARD BLOW !

本来が余計な裁判だったと言うお話

30日の判決後、被告であった亀田興毅選手がテレビ電話で記者会見を行ったりと様々な動きがありました。

JBC職員裁判で勝訴、亀田興毅が記者会見

この判決を受けて「なんで原告が賠償金をとられるの?」と不思議がっている方も一部おられましたので、一応説明しますと、JBC職員の提訴に対して、「やってもいない監禁・恫喝・暴行をやったと言われることは名誉毀損である」という反訴を亀田サイドが行い、判決で原告の請求は却下され、反訴した亀田側の請求が認められたというのが顛末であります。

しかし、デッチ上げの被害を受けた亀田兄弟とスタッフの皆さんは勝訴し、いくばくかの金銭を得たとはいえ、浪費された時間は帰ってきません。ジム開き直後にネガテイブキャンペーンをされたことの経済的被害もあると思います。また頭の悪い単細胞のファンは、未だに洗脳から解けない迷妄振りを見せ「亀田が悪い」「何かあったに決まってる」とネット上で中傷を続けていて、これらの被害も未だ回復されていません。

そもそも、この裁判の動機自体に、私は重大な疑義を持っています。この裁判の記者会見が行われたのは、昨年二月。亀田大毅×リボリオ・ソリス戦後の「負けても王者問題」が紛糾を重ねていた、まさにその渦中であります。

JBCの職員が、組織と対立状態にある現役選手を「監禁・恫喝・暴行された」と名指しし、裁判を起こす。いくら表向き「JBCとは関係ない個人の訴訟でございます」と言ったところで、意図があったことは明らかじゃあないでしょうか?

「ライセンスを取り上げて締め上げれば亀田兄弟がトラブルについてJBCに謝罪して、ついでにゴシップライターを訴えている裁判を取り下げるのではないか?」という狙いがあったのではないのか?とついつい下衆の勘繰りをしてしまいます。

まあ狙いがあったとしても、結局見事に外れたわけですが。

判決では、亀田兄弟にそれぞれ130万円、ジムのスタッフに30万円の賠償が命じられましたが、それぞれの30万円の部分がこの記者会見が行われたことについての被害回復と言う名目であります。

なぜか公衆の面前で自分の所属先を名乗って襲撃してきた闖入者(子供向けのヒーロー番組の悪役みたいですね)の乱入などがあった、さむ~い記者会見の代償が120万円の賠償であります。本当に余計なことをしたものであります。

というかそもそもこの訴訟自体が余計なのです。先の記者会見にも同席してイザコザを起こしたゴシップライター氏が自分で亀田兄弟に反訴してれば、このJBC職員氏が敗訴することはそもそも無かったわけです。

同じような事実関係を争う裁判を同時並行で行っても時間と金と労力が余分にかかるだけ。敗訴すれば賠償も増えるだけです。

記事の内容や報道姿勢に自信があるなら自分が反訴すればよかったのに...。そうすれば友人のJBC職員様が訴訟費用プラス320万円の賠償金という金も失うことはなかったのに...。

亀田サイドはいち早く北村弁護士が記者会見するとともに、興毅選手もアメリカから取材に応じましたが、一方のJBC職員様もゴシップライターもダンマリ。人を犯罪者呼ばわりする裁判や記者会見しといて、デッチ上げと認定されたら沈黙とは余りにも分かりやすい対応であります。

職員の弁護士事務所はサンスポの取材に対して「弁護士が不在でコメントは難しい」と答えるのみ。

サンスポ記事へのリンク
    ↓
亀田兄弟が勝訴!JBC職員に320万円支払い命令

不在だったら帰ってからコメント出せよと思うのですが、できないんですかね?この弁護士事務所、弁護士が外出中に緊急事態があっても事務所に来るまで連絡が付かなかったりするんでしょうかね?

ゴシップライター氏は自分の裁判では「ビデオが編集されている」という可能性を熱く語っていたのが印象的でしたが、この裁判ではビデオ映像が判決の決め手になったみたいですよ!その主張で大丈夫ですか?

というわけで今後は、判決の事実認定などの分析を進めていきます。楽しみにお待ち下さい。

弁護士や裁判官の悪口書くしかやることがないのかねと感じる(旧徳山と長谷川が好きです)






Comment

一介のネトウヨ says... ""
職員が勤務中に起きたと主張する出来事を、所属団体がバックアップしないのは、どう考えてもおかしいですな。
これでは雇用先が従業員の権利を、何一つ保障せず担保せずとなってるのも一緒。
┐(´д`)┌

もっとも逆にJBCが「あれは個人の起こしている訴訟」としている事で、却って「監禁・恫喝・暴行」は無かったのだろうと察せられたのですが。
敗訴が見えていても、個人の責任としておけば、本体に泥は被らないですからね。

この構図に気が付いていれば、ブロガー各氏も予想は全く違ったでしょうが。
しかし、全ては見通せずとも冷静にいたアンチの立場のブロガーの方も存在いたします。
秘密結社(笑)に騙されない大人という様にね∩( ・ω・)∩
せめてあの半分の大人の冷静冷徹さが、純情可憐な彼等にあれば…と
(´・_・`)
2015.10.03 19:41 | URL | #- [edit]
前川 says... ""
判決文を、アップして下さい。
新聞記事だけでは、濡れ衣を着さされかけた亀田兄弟が浮かばれないですよ。
ウソをついてまで、人を陥れようとした最低な人達。
心から反省しない限り決して許してはいけません。
二審、三審ってバカな往生際の悪い事を言っているんですからね。
2015.10.03 20:31 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>職員が勤務中に起きたと主張する出来事を、所属団体がバックアップしないのは、どう考えてもおかしいですな。

就業中に職員が監禁されても放置する財団法人っていやですよね。

>この構図に気が付いていれば、ブロガー各氏も予想は全く違ったでしょうが。

無理ですよ。彼らにとっては亀田叩きは娯楽ですから。正義のつもりで違法行為の片棒担いでる。

>判決文を、アップして下さい。

原告被告の名前が分かってれば、東京地裁で事件番号調べて閲覧できるのでどうぞご自分でやってみてください。こちらとしては掲載は致しかねます。

>二審、三審ってバカな往生際の悪い事を言っているんですからね。

そんなことしても判決内容が悪くなるだけだと思いますけどね
きっと時間もお金もふんだんにある人なんですね
2015.10.03 20:41 | URL | #- [edit]
ウチ猫 says... ""
ラグビー日本代表チームが南アフリカに勝った時、ハリーポッターの著者が「こんなストーリーは書けない」と言ったことは有名ですが、あれは、もしそんな内容の小説を書いたとしても「そんなのバカバカしすぎて話にならない」というほど荒唐無稽なシナリオだ、ということだと思います。つまりは、日本チームの偉業はそれほど凄いことだ!と。

で、私たちが紹介してきた、某ゴシップライターさんの所業や、安河内氏の裁判におけるJBCサイドの面々の有り得ない言動、そして今般の亀田訴訟。
これらも正に、こんな内容の小説を書いたらアホらしすぎて相手にされないような内容なので、最初聞くと、到底本当のこととは思っていただけない、というレベルのシロモノばかりです。
なんでこういう人達を支持できるのか…

以前、これだけの事実がまるで見えなくなるってことは「亀田憎し」の負のパワーは凄いなぁ、なんて書いたことがありますが、今やもう「亀田は悪いことするから嫌い」というところを超越して、「亀田を叩きたくて仕方ない!早くあいつら、何かやらかさないかな!」くらいの段階に思えます。いやマジメな話。

ホントに皆さん、きちんと物事をみて判断して欲しいと思います。
2015.10.03 21:24 | URL | #gnBYJsCU [edit]
名も無いボクサーに両手いっぱいの報酬を says... ""
私は相変わらず、亀田君たちは好きになれませんが、
この件のこわいところは、マスコミ関係者に目をつけられちゃうと
有ることないことでっち上げられちゃうっていうことの恐怖ですね。
ウチ猫さんの回想録を読ませていただいても、利用価値が無くなると巧妙に
ハシゴ外されたり、罠に嵌められたりでしょ。
以前どなただったかな、ベテラン芸能人の回想録に、週刊誌記者が出てきて、
「おれが本気になればあんたなんか簡単につぶせるんだぜ」と凄まれたって
話が出てくるんですが、そういうのと同じ世界ですよね。この裁判に至る経緯は。

おそらく、ブイブイ言わせてた頃の亀田君たちは、「何ぼのもんじゃい」って
侮る気持ちもあったと思うんですが、失言を重ねたりタイトル戦でいろいろな
失敗をしているうちに、気づいたら国内に居場所がなくなっている。それからは
恐怖だったんじゃないでしょうか。その辺りの恐怖心理は容易に推察できます。
いくら亀田プロモーションと言っても、興行ビジネスの経験が少ない選手たちが
自主興行打っているようなもので、インディープロレスと同じようなもん
だったと思うんですよね。
本来、JBCがしっかり業界を統治していればこんな突出した事例は成立しなかったはずでしょうに。
2015.10.03 22:05 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
いま自前で世界戦がうてるプロモーターは帝拳、ワタナベ、大橋、井岡に亀田といったところでしょうかね?角海老はもう日本タイトル専門と言う感じ。

で亀田はWBOとIBFが認可されたら速攻でツバつけてしまった。これはいわゆる旧来的な業界秩序には無い動きです。

で今はアル・ヘイモンと組んでビジネスをしている。こういう動きと言うのは存外侮れないものです。史郎氏は今大阪で大箱のジムやってますが、ここで育成も出来る。

興毅選手はまだ20代で、海外とのパイプもある。スタッフもいる。日本のジムは英語が出来る人もいなくて未だ海外との交渉はジョーさんに丸投げというところが多いです。でもジョーさんももう高齢です。

日本じゃビッグプロモーターの帝拳も、ラスベガスでWBOの決定戦やれば粟生みたいな酷い目に遭ってしまう。WBC以外のプロモーターにはあんまり影響力が無い。むしろWBCとの密着ぶりは他の団体から見ればどう見えるか?

今はガラパゴスの最末期状態ではないかと思えます。JBCのあり方も変わらざるを得ないのではないかと思います。

その時亀田ジムのプレゼンスと言うのは侮れないですよ、ほんと。ファンもありのままに見たほうがいいです。バイアスがかかりすぎていると言いますか。

今の業界事情は未来永劫続くわけではないので。ファンが現実に置いていかれる日が来るかもしれない。




2015.10.03 22:43 | URL | #- [edit]
名も無いボクサーに両手いっぱいの報酬を says... ""
旧徳さま

なるほど。それはちょっと見えなかったですね。
っていうか、教えてもらわないとわからなかったです。

>ファンが現実に置いていかれる日が来るかもしれない。
それは逆に困っちゃうんじゃないですか。
今の報道の在り方だとファン離れにつながりかねない。
なるほど、そういう意味でも過渡期にあるんですね。
2015.10.03 23:20 | URL | #- [edit]
一介のネトウヨ says... "アンチ亀田それぞれにしてアンチであるはずの私の思う事"
そうなると、亀田に何かを期待するなら、選手としてではなくプロモーター的な働きになりそうですな。

話をまた戻しますが、アンチ亀田の立場としても、今回の判決で思うなら…

「むざむざ亀田に勝訴というポイント献上しおって!あの大馬鹿者が( ゚Д゚)q」
「勝てもしない裁判を起こして可哀想な立場にしやがって!何考えてんだ!」

と口は悪いが、本来なら皆さんも、こういう声であってもおかしくないのですよ。
私もゴシップライター氏が訴えられた段階で、予測から一行目の様な感情を抱いてしまったからですが。
よりこういう思いを向けるのはJBC職員ではなく、ゴシップライター氏に、なのですがね。

しかしこういう声が大勢を占めないのも、彼に関して一定の信頼が置かれていたからという事でもあるんでしょうね。
裁判そのものと関係ない事とは言え、成り済まし疑惑に始まる件は、決していきなり降って沸いたものではありません。
(知っている限りでは彼一人の所業に収斂されるものばかりではないみたいですが)
ですが、ボクシング畑ではない方面での出来事であるのと、ウチ猫さんが仰る様に信じてもらう迄には情報をかなり公開しないといけない点もありますから。
ここで実際に被害に遭った方の心情なり意思なりも尊重しなければいけない訳で、彼等との関わりを迷惑に感じると言われたら、矛を収めないといけない場合もあるでしょうし。
何とかあそこでかわいそうな思いをする前に、皆さん脱出して欲しいとは願うのですが…

またまた違う話を少しお許しを。
安河内氏勝訴の頃、他のブログのコメント欄でのブログ主さんと強烈なアンチ亀田を自認する方とのやり取りを、目にしました。
そのアンチ亀田を自認する方も、安河内氏への不信感として氏の在任中の亀田への扱い等を挙げておられましたが、ブログ主さんの見解は当時としては、あれ以上を望めずまた亀田を追放したから現体制は良い体制という考えにも組みしませんとの事でした。
現幹事長にしても、レフェリーとしての評価とは別に、決して公正という方とも思えないという要旨の評価をなさっておられましたね。
それでこの2人がコメント欄で険悪な様相になったかと言うと、そうではなく大人同士の会話が成立していたんですね。
つまり意思疎通が互いに大人としての分別があるからこそ、潤滑に進んでいたんです。

2人を単に持ち上げるのではありませんが、話が通じるポイントはやはり存在し、適切な態度と会話であれば、大人同士なら納得も理解もあるという一例と見ています。

せめてこの時の2人の如くであれば、あの人達も話は通じるのかも知れませんが…
ですが、ああも意固地になられては、同じ場面を期待するのも無い物ねだりかも知れませんね。
あのブログのコメント欄を見ると、決して理解を拒絶する人ばかりでも無さそうなだけに、この先に訪れるであろう事を想像すると残念です。
(´-ω-`)


2015.10.04 00:07 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
私も色々な人に話を聞いて考えを変えてきました。コミッションの職員だった人、選手、元選手、JBC加盟ジムの人、加盟していないジムの人、マスコミの人、韓国人やアメリカ人も。海外の事情に詳しい人、統括団体のコンベンションに行った人。亀田興毅選手にも実際会って、かなり印象が変わりました。

地域タイトルやユースタイトルなんかファンに聞けば総スカンですが、業界内の人はかなり肯定的に評価していてそのギャップはなんなのかと、やはりファンも考えないといけないと思います。

亀田バッシングの当時業界内部とファンにかなり温度差がありましたが、それはつまりそれくらいファンにボクシングビジネスの現実が見えていないとも言えるわけです。

河野公平が亀田と試合をするとなるとファンから「亀田と交わるのは反対」と言う意見がでるけど、「じゃ河野がアジアや南米から下位ランカー呼んできて試合したらお前らリングサイドのチケット自腹で買って見に行くのかよ」と思うわけです。

はっきり言って亀田と試合するのとしないのとでは生涯賃金がウン千万違ってくる可能性があるわけです。やるのが普通だと思います。とにかく亀田が嫌いだからと言う理由で亀田と試合することを否定するのはクレーマーと変わらない。

佐藤洋太など引退までアルバイトをやめられなかった。

それって業界にとっていいことなのでしょうか?と思うわけです
2015.10.04 00:19 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>そうなると、亀田に何かを期待するなら、選手としてではなくプロモーター的な働きになりそうですな。

ポスト帝拳、ポストジョー小泉ですな。実際亀田は場数踏んでるし侮れないですよ。裁判闘えたのも海外で試合できたからですし。

とかく亀田に関しては「不信感がある」「納得がいかない」と言われますが「じゃ調べろよ」と思うんですけどね。

予定調和の意見ばっかり見ててもしょうがいと思いますけどね。

ネットのデマはすぐ鵜呑みにするくせに裁判の判決を疑うって大人の態度じゃないですよ。
2015.10.04 00:31 | URL | #- [edit]
一介のネトウヨ says... ""
一応、書いておきますと、私としては選手としては、さして期待する物はないという意味でもあります。
あくまで個人の見解という事ですので、異論は勿論構いません(^^)

まあ調べるという事を言うのであれば、あの人達は件のゴシップライター氏周辺から調べて欲しいとは思いますね。
ボクシングとは確かに関わりの無い分野の、しかも⒑年近く前からの情報ですが、検索すれば余りにもおかしな事が膨大に出てきますから。
その情報に信頼が置けるかと聞かれたら、かつてあのブログでも新人レスラー死亡事故の件を扱っていた事を知って欲しいですね。
あの事で彼と彼の協力者達が何をしていたか、人間一人の生命が失われた事故で取るべき態度だったか、見て欲しいと。
(途中で実際に事故とは関連のない事で、裁判が起きているが、この事からして情報はガセと断じる事は不可能だと言えると思います。何故なら彼等の主張して来た事とリンクしていたからと)

せめてここからでも情報を得て、判断して欲しいとは思いますね。
途中でウンザリするのを我慢しなければいけませんが…
2015.10.04 00:55 | URL | #- [edit]
名も無いボクサーに両手いっぱいの報酬を says... ""
自分は、安河内さんがJBCを辞める辞めない辺りから、
騒動がアホらしくなってきて、亀田関係のニュースはヤフーのトップに
上がるニュースくらいしか、動向知らなかったんですよね。
裁判のスラップ何とかっていうのも最近知ったんですが、

>「むざむざ亀田に勝訴というポイント献上しおって!あの大馬鹿者が( ゚Д゚)q」
>「勝てもしない裁判を起こして可哀想な立場にしやがって!何考えてんだ!」

まさにその通りですわ。 自分の中では、ひと段落ついた人たちだったので
もうほっとけよと思いましたね。海外で人並みに苦労しているんだしさと。

しかし、旧徳さんのコメント読んでいると、有力選手の帝拳集中現象は、
国際化の波に対抗するためであると同時に、帝vs亀のもみ合いという
含みもありそうですね・・・。
こういうことジャーナリズムできちんと解説してくれないと困るよな。
裁判がどうしたとかサイコパスとか意識の低い感情論のリフレインじゃ本当に困る。
試合日程並べていればいいわけじゃないよね。まあ、裁判費用集めに
忙しいのかもしれないけど。

ちょっと驚きましたというか・・・・・、よくぞ、こういう一段高い認識に
たどり着きましたね。
2015.10.04 01:28 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>よくぞ、こういう一段高い認識に たどり着きましたね。


いや意外と選手からチケット買って行ってる人は、選手の生活の大変さとか知ってますから普通に共有されてると思いますよ。

そういう人は海外で地域タイトルとっても良く頑張ったという感じですし。そもそもジムに金ややる気がなければ、日本やOPBFのタイトルマッチだって出来ないですしね。

首都圏以外で日本タイトルとっても、なかなかビジネスとして回すのはむつかしい。大森将平の日本タイトルマッチもガラガラでしたからね。

結局業界の主流は未だに地上波テレビ中継が前提で20世紀から大差ない構造です。

一方亀田家は和毅選手をメキシコに行かせたことで、日本でライセンスをとられても干上がることはなかった。

今日本のジムで、帝拳やリングジャパンや地上波テレビ中継の力をかりず、海外のプロモーターや統括団体と直接交渉してビジネス出来る、しようとしてる人がどれだけいるか?と考えたら亀田がやってることはなかなか先見があると思えるはずです。
2015.10.04 07:27 | URL | #- [edit]
名乗れない人 says... ""
拳論はなぜか限定版(課金)記事の比率が前より格段に上昇していますね
無料なのがいいところなのにお金を取るようになりました
たぶん自分の支援者のコメントしか見たくないのでしょうね
2015.10.04 13:15 | URL | #- [edit]
ホシイモ says... ""
課金のは見たことないでつけど
亀田記事のは売れそう
月100円のですた
(´ω`)
課金してお客様を規制するなとも言えまつけど汗
ホシイモは正確には携帯を規制して巻き込まれてまつ
携帯を規制するとその携帯会社の携帯から全部書き込みできなくなりまつ
だから時々解除しておられまつ
ホシイモは携帯電話か
たまに亀田とかの世界戦とかネットカフェにいった時にテレビみながら書き書きするスタイルですたけどね
(・∀・)ノ

最近は荒らしとか言われてカリスマ管理人とかのIPコピペして
管理人ハイセーがよく見せしめで規制したとかでてますたけど
あれは個人情報として本当はやってはいけないのでは(´・ω・`)?
2015.10.04 14:56 | URL | #bGf9qjkw [edit]
ホシイモ says... ""
ちなみに見たい月のをクリックして100円
毎月一本ありますた
今月は日本
(^ω^)
2015.10.04 14:59 | URL | #bGf9qjkw [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
100円集めて何百万の費用を捻出するのって大変そうですね

2015.10.04 23:13 | URL | #- [edit]
一介のネトウヨ says... ""
100円だけで何百万?

うーん、それで済めば、幸運かも知れませんな((+_+))
訴訟が単に一つだけで済むのなら、という前提で申し上げておりますぞ。

一つで済まなかった場合…
同じ境遇に置かれる方もおられるかも知れませんし、首魁?たる方であった場合はお仲間から責任を要求されるでしょうからして。
もっとも既にそういう境遇に陥られた、お仲間らしき方には、何一つ支援したという話も聞きませんが。

その時まで募金を続けられるほどに、心が広い方も存在するかも定かではありません。
∩( ・ω・)∩
2015.10.05 03:18 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/444-21540a10