HARD BLOW !

 『スラップ裁判はありま~す』 普通の名誉毀損裁判傍聴記in東京地裁 PART2 取材メモ断舎利編


 前回の続きです。
 前回は被告人に対する弁護人の尋問で、まあ言うたら予定調和のお芝居のようなようなものであります。陳述書の内容に沿って、被告人の言い分を質問形式で展開する場で、言わばアピールタイム。その中でもチョイチョイ「?」という部分はありましたが、ライター氏側の言い分は大過なく言えたのではないかしらと感じました。ただその主張に説得力があるかどうかというのは全く別の話ですが...。

 『信者』の方にとっては「声を聞けば正しさが分かる」と言うような神々しいものであったようですが、正直記事の真実性よりも「初期段階から断定的だった見出しは管理人のせいです」とか「取材は尽くしました」「JBCの内部文書があります」という主張が主で、隔靴掻痒の感がございました。

 特に現場取材していた時事通信、東京スポーツ、サンケイスポーツの記者に電話取材したと言う部分はとても不思議でした。前回指摘した通り、取材源を秘匿するなら媒体名から秘匿しないと意味がないと感じられたからです。亀田サイドにとっては媒体名を言えば当日の取材者はすぐ分かるわけで、個人名を伏せても取材拒否を避ける効果があるとは思えません。もとより取材拒否をする気があるなら、媒体名を知った時点で「じゃその媒体は出禁ね」となるのではないでしょうか?新しい担当が来たら「ようこそ!何が聞きたいの?」となるなら、根本的に取材拒否の意味もありません。

 『個人名隠して、媒体名隠さず』という方針に一体何の効果があるのか?と言えば若干信憑性が増すのかな~と言う程度で、失礼ながら私には意図が良く分かりませんでした。

 というわけでここからは、反対尋問の模様をお送りします。この部分こそ、予定調和では終わらない争点を巡る尋問の部分であります。

 亀田サイドの弁護人はテレビでお馴染みの北村晴男弁護士。
 ですが尋問の大半はもう一人の代理人である片岡麻衣弁護士によって行われました。
 片岡弁護士は矢継ぎ早に被告人の陳述内容(取材時の状況や時系列)について質問していくのですが、その中で何度も
 「会話を録音していますか?」
 「メモを取っていますか?」
 と聞いていきます。恐らくこの一連の質問は被告人の証言の信用性が低いということを証明することを目的としていると思われます。ある意味充分予想された質問ですが、被告人の答えは全て「録音はない」「メモはない」または「メモはとったがどこにあるか分からない」と言うものでした。要するに記事の信用性を担保する取材の具体的痕跡が本人の証言以外何もないのです。

 イジワルな弁護士から「このときの状況はどうだったんですか?」と聞かれたとき、取材メモをもとに「この日は何時何分にこういう内容の話をしました」と言えば証言の信用性もグッと増そうというものですが、被告人はどうやら裸一貫、記憶一つが財産だと言う勝負を挑んでいるようです。なんと男らしい。

 このやりとりを受けて片岡弁護士が
「(取材時に)メモは取らないのですか?」
と尋ねると、被告人は
「メモはとるが破棄する。私は字が汚いので一ヶ月くらい経つと読めなくなる。」(筆者注:「一ヶ月間経つと読めなくなる」という表現の真意は不明)
 と答え、更に
「毎日取材するのでメモはドンドンたまるから、一ヶ月か二ヶ月で捨てる」
と驚くべき証言をします。
 
 なんと被告人は、断舎利OLよろしく取材後一ヶ月か二ヶ月でメモを捨てているというのです。物凄い量のメモをとってすぐ捨てる!なんだかあんまり合理的な方法には思えませんが、まあそれは個人の好き好きです。

 ですが記者と言うのは、そんな簡単に取材の結晶であるメモを捨ててしまうもんなんでしょうか?この裁判における、陳述書の作成や尋問も、かつてのメモを参照せず記憶だけで行っているのでしょうか?というかこの記事については、ブログに掲載したことで亀田サイドから内容証明が届いています。そんな事案に関する取材メモも捨ててしまったのでありましょうか?

 取材メモというのは、いつ誰と会って何を話したかと言う記録であり、正確な記事を書くには欠かせないものだと思いますが、驚くほどあっけらかんと「取材メモを捨てる」と法廷で言い切れる被告人は恐ろしく記憶力が良い方なのだろうと感心しました。一連の安河内剛氏に関する記事やオウム真理教の逃亡犯についての記事も、きっとその超人的な記憶力を駆使して書かれたものなのだろうなあと大いに得心致しました。

 続いて記事の根拠となったもう一つの要素となるJBCの内部文書について、亀田サイドに密室で恫喝されたことについて処分を求める報告書の他に、JBCがこの事案について『事情聴取をする』旨記者発表するプレスリリースの予定稿についての質問がありました。

 報告書については前述の通り、あくまでJBC職員側の言い分であり、JBCの文書であるからと言って信用性がアップしたり客観性が高まったりするもんではありません。あくまで『一方の言い分』であります。私が見た現場のビデオ映像とも矛盾しています。

 もう一つのプレスリリースについても『JBCが今後事実関係を調査する』ということを宣言する内容で、監禁や暴行や恫喝を証明するものではありません。そもそもこのプレスリリースは実際には発表されていません。なんでこういうオクラになった文書の内容まで一介のフリーライターが把握してるかというと、それはJBCの職員がそれを教えているからです。

 友人であると言うだけで、内部情報を外部のライターに流すことは情報漏えいではないのでしょうか?ましてこの文書は発表すらされていないものです。何でそんな特殊な文書まで外部の人間にホイホイ渡してしまうのでしょうか?普段から亀田バッシングの燃料を提供するような関係だったのではなかったのか?とついつい邪推してしまいます。

 もし対立関係にある選手を叩かせる目的でコミッションの職員がフリーライターにせっせと材料を渡しているとしたら、それは明らかに逸脱行為であると思います。

 さらに記事の文中『刑事事件にするべきといった業界関係者もいる』と言った表現があることについて
「誰がこう言ったのか?」
という片岡弁護士の質問に対して、ライター氏が
「又聞きですが大橋秀行会長がこういったと聞いています」
と答えた時は、思わず
「そこは秘匿せんのかい!」
と思いました。又聞きの情報で個人名を出しちゃう度胸のよさは大変印象的でした。

 更に進んで、被告サイドがこの何の変哲もない名誉毀損事件を『スラップ訴訟である』とする主張する根拠となる、東スポの記事についてのやりとりに。

 被告サイドはこの東スポの記事が『監禁・恫喝・暴行が事実だという根拠である』と信じて疑わない風でありまして、再三言及しています。
また『東スポも同じ内容の報道をしてるのに、フリーライターだけを提訴するのはスラップ訴訟だ!』と言う論理の根拠でもあります。

というわけもう一度この記事を読んでみました。
      記事へのリンク
         ↓
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/180212/
 
 改めてこの記事読んでも、監禁・暴行・恫喝があったとはどこにも書いてないですし、あくまで『ネット上で「とんでもない暴挙があった」という記事があったために、憶測を生んだ』という程度です。亀田サイドが事件自体を全面否定するコメントも掲載されています。
 
 なんでこの記事とライター氏の記事が同じだと思えるのか不思議、としか思えない良くある東スポ風の記事です。

 そもそも『とんでもない暴挙があった』という記事はライター氏ご本人が書いたものです。自分が書いた記事が原因で憶測を生んでる、と言う内容を受けて『これは事実の裏づけだ!』と思える強い精神力は敬服に値します。取材メモがなくとも確信があればよい記事が書けるということでありましょうか?

『東スポも書いてるのに俺だけ訴えるなんてずるい』という論理も、いたずらをとがめられた子供が『○○くんもやってるのに』と言ってる図を思わせます。名誉毀損というのは『大メデイアもやってるからこっちもやって良いだろ』と言うようなもんじゃないと思うのですが...。

 東スポの憶測記事で亀田サイドが全面否定するコメントを出しているにも関わらず、監禁・恫喝・暴行は事実だと確信するに至ったというライター氏は、しかし双方取材として亀田に接触することはありませんでした。亀田サイドに恐怖心を抱いていたため、直接会うのは憚られたというのです。

 かつて取材を拒否されたというライター氏、そのときの経緯として片岡弁護士に平成21年11月29日に試合(内藤大助×亀田興毅)への入場を断られた事件について「誰と誰の試合ですか?」と尋ねられて、「えーと誰だったかなあ~」と答えて「あなたが陳述書に書いてるんですよ」と言われてしまいます。取材メモいらずの自慢の記憶力にも時々ほころびが出るようですが、こういう人間味が『信者』にとっては、またたまらないものなんだろうなあと感嘆した次第。

 このときの取材拒否や過去に試合会場で亀田ジャンパーの男にからまれた事件、またフライデーなどに掲載された亀田一家が広域暴力団の幹部と同席している写真などを根拠として、面と向かって話すのは危ないと感じたというライター氏。

 じゃ電話すればいいのではないか?と思いました。

 スラップ訴訟支援サイトには関わっているのか?と問われて関わっていません、と答えたものの裁判について情報提供はしているとのことでした。

 というわけで今回はここまで。次回は北村弁護士による質問部分でこのシリーズは終わろうと思います。

 やはり傍聴は行っとくもんだなと感じる(旧徳山と長谷川が好きです)

Comment

says... ""
予想の斜め上で呆れるしかないすわ。取材メモは1ヶ月で読めなくなるから捨てる?ぜひかつての上司的な存在の久田にコメントして欲しいですな
2015.08.12 00:40 | URL | #- [edit]
匿名Y says... ""
>改めてこの記事読んでも、監禁・暴行・恫喝があったとはどこにも書いてないですし、

初めまして。
真実を知りたいと願うものの一人です。
私も改めてこの記事を読んでみましたが
東スポさんの記事にはこのような記述を確認できます。

>さらには報道陣を退去させて”密室状態”にすると、より強い口調でJBCに迫ったという。(伝聞・又聞き)
>ただ、ドアを閉じた部屋の外まで聞こえるような大声で会話しており、穏便なものではなかったことだけは間違いない。(認定・断定)

なるほど。
【ドアを閉じた部屋】【部屋の外まで聞こえるような大声】は認定していますね。
東スポさんは
「監禁・暴行・恫喝があった」とは何処にも明言していません。
ただし、現在争われているのが監禁(軟禁は監禁)の有無や恫喝の有無であったならば、【】の部分は監禁及び恫喝の可能性を否定するものではないと考えますが?
如何でしょうか?

また取材メモを残していないという主張は、極めてライター氏の言動の信憑性を低下させる発言で、二か月で破棄するなど一般常識と照らし合わせても異常な行動であることも付け加えておきます。
管理人氏がキーパーソンであるにもかかわらず、出廷を拒む事情も腑に落ちませんね。

私は一方に与するものではありませんが、ボク愛様はじめかつて某ブログで意見交換をさせて頂き非常に良い時間を過ごさせて頂いたものでございます。皆様が離れていった経緯は又聞き程度で詳しく存じ上げませんが、袂を分かった現在真実がどこにあったのか知りたいと願う者でもあります。

対立する両者に感情的になるなというのも難しいことだとは存じますが、どこかにソフトランディングできるポイントがあればと願っております。
2015.08.12 06:06 | URL | #ipICXXLg [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>匿名Y様
>可能性を否定するものではないと考えますが?

可能性を否定するものではないですね。東スポでは良くある「凄いことがあったんじゃない?」というトバシ気味の憶測記事ですね。ですが亀田サイドの否定コメントもあります。この記事を読んで「監禁・恫喝・暴行」を確信しちゃう人がいるとしたら、かなりオッチョコチョイなんじゃないかと思います。増してトバシ記事に便乗して更にトバすような人がもしいるとすれば、その人は相当軽率だと思います。あるいは確信犯か。

>皆様が離れていった経緯は又聞き程度で詳しく存じ上げませんが、袂を分かった現在真実がどこにあったのか知りたいと願う者でもあります。

過去記事内に、執筆メンバーの当時の体験記がございますので読んでみてください。

サイドバー内過去記事の『ボク愛回顧録』『市民団体』の項をご参照いただければ...。

2015.08.12 06:58 | URL | #- [edit]
幻 says... ""
取材メモは破棄しているという弁明は、
実験データは破棄しているという弁明していた論文捏造事件のシェーン事件にそっくりですね(笑)
2015.08.12 06:58 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>幻様

一般に検証可能性を放棄している人は結論ありきで動く性向があるのでは無いかと思います。大変興味深いですね。
2015.08.12 07:20 | URL | #- [edit]
たぬきち says... ""
強いとか弱いとか主観的なことを書くのは自由でしょうが、
「監禁・暴行・恫喝」が本当であれば刑事事件ですよね?

職業がライター(?)の人が実名で書くには責任が問われるような
気がしますが。
もし内容が事実ではなければ、名誉を傷つけることになるのでは
ないでしょうか。
それともこれは、物語ですとでも言いたいのでしょうか?

2015.08.12 08:29 | URL | #- [edit]
やわらか says... ""
幻様と全く同じ感想です。ライター氏その後の会場出入り禁止の試合がどの試合かすらおぼえてないのに…普通出禁された試合くらいおぼえてるような気するんですけどね。
2015.08.12 11:41 | URL | #- [edit]
渡辺パンチ says... ""
渡辺パンチです。

今までは拳◯見てたんですが、今回の件でかなり幻滅しましたね。

一連のタブー郎さんの話を聞くと相当曰く付きな人なんですね。

今でも拳◯で偉そうな事を言ってますが、どの口が言うのでしょう?最新ではMジムについて語ってましたが、そこでも自己弁護の言い訳を連ねてましたね。

本当に男らしくないですよね
2015.08.12 15:59 | URL | #- [edit]
谷川俊規 says... ""
私も、当該ブログ(今裁判被告側のブログ)のコメント欄に長らく、原文が私側からの抗議で削除されていたインターネット配信会社からの中傷記事(あくまで私たち=私と弁護士)を掲載され続けた苦い記憶があります。当該記者には、別の夕刊紙にその記者の署名原稿を載せられた際に、内容証明郵便で名誉毀損の可能性を訴え記事取り消しを求めたものも送りましたが、誠意ある対応はしていただけませんでした。
私の場合、どの記事に関しても中心にあったのが「懲戒解雇」だったのですが、それが結果的にはJBC側の誠意ある対応(私はそう思っています)で、処分などなかったことになった上、「円満退職」となったにもかかわらず、彼らは何も言ってきませんね。私も、こんなことにばかり、かかわっていられないので、これ以上、やるか、どうか、迷っているところですが、ネット上のものは完全に消えない以上、なんらかの形で刑事告発する権利だけは有したままでいきたいと思っています。

(JBCが処分がなかったことを明確にした文書です。JBCのHPで、今月の28日まで見られるはずです)

https://www.jbc.or.jp/rls/2014/0826.pdf
2015.08.12 16:04 | URL | #/OUezYRM [edit]
says... ""
常々疑問なんですが被害者の会って結成されないんですかね。
2015.08.12 17:33 | URL | #- [edit]
says... ""
タブー郎さん、今日はずっとスブド君ネタつぶやき続けてますな。19日のイベントもすでにチケット完売、スブド君ネタがメインになりそう
2015.08.12 17:36 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>たぬきち様
>強いとか弱いとか主観的なことを書くのは自由でしょうが、 「監禁・暴行・恫喝」が本当であれば刑事事件ですよね?

感想と事実の区別が付いていないんでしょうかね?こういう人がジャーナリストを名乗ると言うのは悪い冗談です。

>渡辺パンチ様

ここじゃなくてあっちで本人に言ったげて下さい

>谷川俊規様

世の中の流れと言うのがガラッと変わりますから、怪ライター様の正体が分かれば流れに追随する方は沢山出てくるとかと思います。個人的には公権力でないと解明できない闇があると感じています。

>常々疑問なんですが被害者の会って結成されないんですかね。

情報共有が大切ですね

>タブー郎さん、今日はずっとスブド君ネタつぶやき続けてますな。

頑張って欲しいです。ほんと
2015.08.13 12:29 | URL | #- [edit]
says... ""
言いましたよ

そしたらソッコー削除規制です

当たり前ですが(笑)

まあ図星なんでしょう
2015.08.13 13:59 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
だからと言ってうちでやられても迷惑なので
自分でなんとかして頂戴
2015.08.14 01:27 | URL | #- [edit]
says... ""
久田氏がなりすましで警察が調査中とつぶやいてましたね。お祭り前夜のような空気を感じます くまえりを遥かに超える事件になりそう
2015.08.14 17:01 | URL | #- [edit]
渡辺ぱんち says... ""
渡辺ぱんちです

僕のコメントは影響力が大きいんですよね。
○論の読者の方に信頼と多数の支持を得ています。

中には支持者が多すぎて宗教じゃないか?
と嫉妬するコメントも増えているのが事実なんですよ

僕も年内中にブログを立ち上げる予定です。
僕の上げた記事だったら直ぐに1000到達ですね
何処かの過疎地とは違いは歴然です。
2015.09.15 04:12 | URL | #- [edit]
渡辺ぱんち says... ""
渡辺ぱんち

連投失礼します。
カビイモが規制されたらしいですが、

こちらに規制してるんですね。
早く規制されたほうが得策です。

ここらへんで退散します。
2015.09.15 04:15 | URL | #- [edit]
says... ""
四時起きいい加減にしとけよ。
なりすましのくせに何がコメント千だよ(笑)
2015.09.25 00:05 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/436-37189a45