HARD BLOW !

で結局、この裁判は一体なんだったのか? PART3(無責任マスコミ人編)

 先週末、私が住んでる関西では台風で公共交通が大混乱でした。私もJRが予告無く運休したことで、友人・知人が止まった電車に閉じ込められたり同僚が遅刻したりちょっとした影響があったわけですが、まあなんだかんだ言ってJR西日本は福知山線の大事故の記憶がまだまだ生々しく「無理は出来ないんだろうなあ」と感じました。

 福知山線の事故の以前には、信楽高原鉄道の衝突事故や、尼崎の踏み切りで人身事故に対応していた救急隊員を通過電車が轢いた事故など先触れとなる事件が色々ありました。その時にマスメデイアが感度のある対応をしてJRの安全軽視・利益優先の体質を指摘できていれば悲惨な事故は防げていたかも知れません。

 公権力や大企業を監視し、大事件や大事故の先触れとなる事案をいち早く報じるのもメデイアの大きな役割です。ただそこには公益性が無ければなりません。まして公権力や大企業の走狗となって無実の人間に濡れ衣を着せるというようなマスメデイアは、その本義を忘れているということを通り越して、有害な存在ですらあります。

 JBCが毛先一本ほどの勝ち目も無い裁判を上告し、終わりの時をいたずらに引き伸ばしておりますが、これは完全な金と時間の無駄使い。一切公益性の無い行為であります。当方の『情報源』からは上告の際に提出する印紙代だけでも20万円だとか、弁護士費用が4000万円だとかいう真偽の定かならぬお話も漏れ聞こえて参ります。今までは当方も「ウン千万のJBCの予算が」という形で表現して参りましたが、こりゃどーも億単位の損失の可能性もあるのでは?と思えてきます。

 JBCの年間予算は一億八千万程度で収支計画では年間二千万超の赤字(安河内氏の時代は赤字運営では無かった)です。その程度の予算規模の組織がこの負担に耐えられるのでありましょうか?

 この馬鹿げた勝ち目も大義も無い裁判の原因となった一連の懲戒解雇を一貫して批判してきたのは、手前味噌ながら当HARD BLOW!だけであります。運送屋や自営業やってるドシロウトのオッサンが仕事の片手間に無い知恵を絞ってやってるブログでもちょっと調べれば分かることが、なぜ業界内にいる人や取材のプロである記者に分からないのか?当方には大変不可解でありましたが、さすがに高裁判決が出て業界人やメディアの対応も変わって参りました。「どうもJBCがおかしいのではないか?」「莫大な裁判費用を勝ち目のない裁判で無駄使いした責任は誰にあるのか?」という当たり前の批判の機運が少しづつですが出てきております。弁護士ドットコムといったスポーツとかかわりの無い業界の記者の方が「おかしいんじゃないか?」という声を上げ始めたことも大変に大きいと思います。実際この事案はスポーツの統括団体で起きた人権侵害であり、れっきとした社会事件なのです。

 もっとも不作為で『取り上げなかった』記者の皆さんは、今後いくらでも挽回のチャンスはあります。

 より悪質なのは事件の実相である「怪文書を利用して違法な手段でJBCを乗っ取った」という事実を知っていながら、その不正義な違法行為をした側に加担していたメディアの連中であります。構造的な冤罪事件ともいえる問題なのです。

 先月の高裁判決当日、司法記者クラブで記者会見が行われましたが、二誌ある専門誌のうち『ボクシングビート』からは記者が派遣されており、自身のwebサイトで写真付で速報記事もアップしています。記事中には『この手の労働裁判で上告する例は極めてまれだという』という一文も入っており、上告することの問題点についての指摘もあります。

 もう一方の『面白くない方』の専門誌ボクシングマガジン様は此度の高裁判決をどのように報じておられるのやら...と、書店でページをめくってみると、ありましたよ!路傍に咲いた名も無い花のような小さなベタ記事が!

 小さい記事なので事実を伝えているだけかと思いきや、なんか短いながらも余計なエッジが効いた一文が挿入されております。以下に引用いたします。

 この判決についても納得のいかないJBCは、7月上旬、最高裁に上告。徹底抗戦の状態はなおも続いている。(引用以上)

 刀折れ矢尽きても負けを認めず、一ミリも勝ち目が無い裁判を続ける暴走JBCを『徹底抗戦』と雄雄しく表現するとは!ほとんど大戦末期の官製報道か極左党派の機関紙のような様相であります。

 違法行為・人権無視のJBCを援護射撃する提灯記事を乱発してきた茶坊主ぶりは相変わらずで、一審二審のボロ負けを受けても変節しないその頑固さは敬服に値します。

 しかし先述したとおり、JBCの違法行為が原因のこの裁判で浪費された経費は億に迫るのではないかとすら心配されている状況です。

 ボクシングマガジン誌2013年7月号に掲載されたゲテモノ記事「日本ボクシング界の秩序を守るために」で、記事の筆者であるボクシングマガジン誌の編集子氏(今更ながら無署名で腰が引けてますね)は裁判において全て覆された懲戒解雇を援護射撃する為

JBC職員に支払われる給与は、過去現在の有名無名のボクサー、あるいは練習生たちが直接、間接にJBCに支払った金の集積によるものである。

と殊更大袈裟に慨嘆されておられます。であるならボクサーや練習生から集めた金を勝ち目が全く無い裁判で何千万もジャブジャブ使ってる今のJBCは批判しないのですか?と素朴な疑問が浮かぶのですが...。

そもそもこの記事自体がJBCを擁護し、解雇された職員を糾弾するという内容で、判決と明らかに相違する結論に読者をミスリードしたものです。取材姿勢や執筆姿勢に明らかな問題があったと断じざるを得ません。ボクシングマガジンが記事を掲載すれば、裁判官が「こういう報道があるんだからきっと正当な解雇なのであろう」と誤認するとでも思ったのでしょうか?

このようなバイアスが明らかな姿勢で民事裁判に関与するのは、ジャーナリズムとして一線を越える行為です。ボクシングマガジン誌と記事中登場するジャーナリスト二氏には、なぜに違法行為をしたことが明らかだったJBC側に立って訴訟を支援したのか説明をする責任があると思います。

この記事は裁判では何一つ実体を証明できなかった安河内氏らの「新コミッション」を構想を糾弾する内容なのですが、もう一つの新コミッション構想、森田氏や浦谷氏がぶち上げた新団体についてはなぜか全く批判しておりません。一審判決文では

森田,浦谷及び羽生らによる行動は,まさに被告とは別のコミッションの設立を企図したものと評価し得るにもかかわらず,被告は,森田らの上記行動に対して何らの処分もしていないのであるから,(中略)原告につき懲戒解雇事由に当たるとするのは,明らかに均衡を欠き,平等原則にも反するというべきである。

と書かれています。普通に考えりゃこういう結論になるでしょう。なぜ一方の『新コミッション構想』だけを「秩序破壊だべ~」と騒ぎ立てるのか、是非ボクシングマガジン様の持論を伺いたいと思います。

そしてこの裁判に巻き込まれて不当なサスペンドを受け、キャリアの絶頂期で世界ランカーとしての一年を棒に振った大沢宏晋選手と未だにライセンスが回復していない関係者、不当な中傷を受けた高山勝成選手の名誉の回復も責任あるメディアであるなら絶対に行わなければならないと思います。

ブラック企業まがいの労働事件を起こして裁判でボロ負けし、組織の社会的信用を毀損するとともに大金を浪費し、なお裁判を続けるJBCの行為こそ、私にはボクシング界の秩序破壊だとしか思えないのですが、ボクシングマガジン様は『JBCは徹底抗戦』と未だ能天気なムード。判決を受けても変化ゼロということでしょうかね?

さてここまでは一応事実を伝えることが前提のジャーナリストや専門誌の問題点。こっから先はジャーナリズムの枠外の安もんのゴシップライター、フリーライターの世界のお話です。嘘八百でも適当でも良いという売文屋には「ジャーナリズムがどうたら」という建前論は意味を成しません。彼が書くものには全然信用がおけないのが前提だからです。

怪文書が出た当初彼は大騒ぎしました。安河内氏が極悪人で人格破綻者であるかのように書きたて、読者を煽って動員して市民団体という名の圧力団体も企画しました。「飲食代金以外の不正の証拠がある」とぶち上げました。

でそこまでやった彼は極悪人であるかのように書きたてた安河内氏の裁判についてその後きちんと続報を取り上げたたでしょうか?新たな不正の証拠を出したでしょうか?判決に見解をのべたでしょうか?我々のような記者でも何でも無いアマチュアが入れた司法記者クラブの記者会見に「入れなかった」という奇妙な言い訳はなんなのでしょう?

それはインディープロレスの練習生が事故死したと言う時も同様です。

彼はいつもぶち上げて、騒いで、食い散らかして飽きたら終わり。関わった人たちも使い捨てです。代表作どころか単独での著書もなければ、スクープも無い。文体は常に憶測調。ブログの記事に対して裁判が起こされたら文責者なのに「ブログの管理人の責任です」と逃げる。

そんな彼が流布した実像とはかけ離れた安河内氏の悪辣なイメージを判決が下りたあとも頑なに信じている頑迷な情報弱者の皆さんが多々いらっしゃいます。まあ勿論信じる奴もどうかしてるわけですが、それにしても罪深いことだと思います。

ただ彼はジャーナリズムの人間ではない。書きっぱなし、やりっぱなしの売文業で面白けりゃいい人間です。議論が成立するような対象ではないですから、裁判で実像を明らかにするしかないのかも知れません。

ただこういう人間とコミッションの内部の人間が密接に交際して、バックステージでのトラブルなどの内部情報が筒抜けになっていることは大変な問題だと思います。「使い出があるから」と利用したコミッション内部の人間の責任を、ファンは忘れてはならないと思います。

そういうわけで次回はファンの責任について触れたいと思います。

専門誌はちゃんと総括する責任があるよと感じる(旧徳山と長谷川が好きです)



Comment

東日本の善良な市民 says... ""
相変わらずキレのある弁論、心が休まります。王様は裸だ、と言える人たちが集まれる場所があることがせめてもの救いです。
弁護士にしても記者にしても責任を負うべき一人一人にきっちり担わせない限り、同業者の方々にもご迷惑がかかります。でも、直接責任を問われることを免れるように振る舞ってきてはいても、傍観者然としている身近な同業者の方たちもだらしないんですよね。
2015.07.20 17:23 | URL | #7SPhLgiM [edit]
ウチ猫 says... ""
ここは是非とも、「フツーの」メディアの方々に頑張って欲しいところですね。
多分、世間の大多数の(ボクシングファン以外の)人達はこの事件のことを知らないと思いますが、それは即ち、ボクシングがスポーツとして認識されなくなってきているからではないかと危惧しています。

つまらない方の専門誌は、もう完全に存在価値はないですね。コンプライアンス感覚がどうのこうの…なんて形で母体の会社の方に影響が及んだりしたらアッサリ終わることもあるんじゃないでしょうか。

売文屋の方もマトモな話が通じないのは旧徳さんの指摘通りで、こちらでは寧ろ仲良しの職員氏の方が問題でしょう。
「悪いやちゅらのせいで、いつもやってる採点の◯◯ができなかったでちゅ!」なんて作り話を、いまだに安河内氏排除の根拠の一つとして信じてる方もおられるようだし、ちょっと罪つくり…というか悪質だと思います。
2015.07.21 01:51 | URL | #gnBYJsCU [edit]
谷川俊規 says... ""
今更ですので、堂々と本名でいきます。

私はJBCとの裁判では懲戒解雇撤回の末、和解しましたので(https://www.jbc.or.jp/rls/2014/0826.pdf)JBCに対してはなんら不満はありません。
ある意味、感謝しているところもあります。そして戻れるなら広報誌の執筆・編集業務だけでも戻してくれれば、と思っているのも事実です(議員は他の職業についても構わないことにはなっています)。

その前提でお話しますが、先日「ボクシング・マガジン」の編集部に電話させて頂きました。こちらは、はっきり「京都府会議員の谷川です」と名乗っての電話だったのですが、電話口の相手は名前も最初は名乗って対応してくださいませんでした。今月号に掲載されているJBC裁判の記事で、「懲戒解雇」の撤回があった上での和解だったことを表示されていなかったことへの説明を求める電話だったのですが、電話口の向こうの相手は「(懲戒解雇が撤回されたのを)知りませんでした」との返事。

まあ、びっくりしましたね。
そこで電話口の相手の名前をはじめて聞いたのですが、平田編集長でした。改めて、JBCのホームページに懲戒解雇撤回で円満退職になっていることが掲載されていることを伝えた(掲載されていることも、知らない 、とのことでした)のですが、同時に「専門誌の方がそういう事実を知らない、ということはどういうものか、と思います」ということは伝えました。JBCとの約束は掲示後1年間載せる、ということですので、来月の27日までの掲載でその後は削除されるはずです。しかし、約一年間、専門誌が知らないというのは大丈夫か、とほんとうに思いました。

同誌には2013年3月号、そして7月号の2度にわたっての記事で、取材も含め〔おとしまえ〕を付けて頂かなければならない、と思っていることもあるのですが、それはこの際、別次元の話です。

こういう事実は、元ジャーナリストだった私としては、きちんと伝えておく必要があると思っています。実名で、責任をもって。

2015.07.21 02:55 | URL | #/OUezYRM [edit]
まつば says... ""
記事を読ませて頂きました。僕もウチ猫さんと同じく、一般メディアの奮起を願うところであります。


しかしながら、二審判決の辺りから注目度が上がりつつあるとはいえ、やっぱりまだまだ知られていないですね。仮に野球やサッカーであるなら、とっくの内に社会問題化してるかもしれません。


やはり、ウチ猫さんが言われるようにスポーツとしての注目度の低さが響いているんでしょうね。
2015.07.21 08:19 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
ボクシング界の秩序破壊だとすらぶち上げた事件について、裁判の内容を承知していないということがあり得るのでしょうかね?
違法行為した側に立って裁判に関与した責任を自覚する以前の問題ですね。
2015.07.21 09:18 | URL | #- [edit]
ポジショントーク says... ""
ここで当事者の谷川さんに本心かどうかはともかく、JBCには何ら不満はなく感謝してるとまで発言されてしまうと、こちらの皆さん的にもはしごを外された形で困ってしまいますね。

谷川さんがこう言われている以上、こちらで今までのようにJBC糾弾に明け暮れていると谷川さんとしても板挟みで苦慮されることになるでしょうし、ここはこちらとしてもマスコミやファン批判に矛先変えて方向転換してやり過ごしますか?
それともそんなポンコツ運営のJBCに戻るのを希望している谷川さんを今度は糾弾の対象にしますか?

そもそもそんなにJBCが問題組織であるのなら、責められるべきは当事者である各ジムや選手の業界内部の人間であると思われますが。
こちらの言うところのポンコツ組織に、今もせっせと加盟金払ってるジム関係者はなぜ何も動かないんですか?
業界を変えるなんて業界内部の人間にしかできないだろうに、その業界内部の人間が何もしない以上、部外者にできることなど大して何もないと思いますが。

だからこちらの皆さんもJBCをどうにかしたいなら、糾弾すべきは不安やマスコミよりもまずはそんな変な状況でも何も動かないジムや選手が先だと思いますが。
こちら一押しの高山もJBCに復帰して以降は中出氏ともどもJBCに対して何も言わない、それどころかそのJBCとつるんで何やらすっかりポンコツTBSロードを歩んでいるようにさえ見えますが、まずはそういう身近な関係者から説教していくべきなのではありませんか?

それこそ亀田のように率先して訴訟起こしている方がよほど実行力があるくらいですし。

2015.07.21 10:13 | URL | #sSHoJftA [edit]
懲戒 says... ""
谷川俊規 様

>和解しましたので不満はありません。

 旧徳さんの指摘が適切であれば裁判費用に一億円以上の経費を掛けている事になります。他にもHARDBROWにはJBCに関する様々な問題への指摘があります。このようなJBCに対し「不満がない」と言われるのであれば戻って何をされるおつもりなのでしょうか。広報紙上において貴殿のご不満のない浦谷体制の擁護をされるのであれば、いっそこちらのコメント欄でされてはいかがでしょうか。
2015.07.21 11:37 | URL | #- [edit]
谷川俊規 says... ""
どこまで書きべきか、いうべきかとは思いますが、少しだけ。

ほんとうにボクシングを愛してられるのなら、問題の根源がJBCにあるのでないのは分かってられるはずです。今回、私などが不利益を被った原因は、もっと、単純で奥が深い、人間の欲、そして業(出世欲や目立ちたいという欲、権力欲、嫉妬など)だったと私は思っています。

小さい頃、それこそ、父親と衛星放送の粗い画面で放送されたオーストラリアで行われたファイティング原田選手のファーメション選手への挑戦試合を見、ボクシングの不条理を父親に説かれたのが、ボクシングファンになった最初でした(笑)。それから、いろんな不条理をボクシング界に限っても見させていただきました。

結論からいえば、スポーツ庁が出きようか、という今、どう公的にボクシングを認めてもらい、競技として存続させていくべきか、大きな視点が必要だと思っています。その時に、狭い視野でものを考えるべきでない、と私は思っています。国会議員を一度は志したのも、それを押し進めるのに一番早いと思ったからですが、ご存知のとおり、「懲戒解雇」の悪評を流布されることにより、頓挫しました。

中から組織を見、仕組みを見、そして考える。
「懲戒解雇」もそうでしたが、おかしな目にも合います。私は、約一年の間に、2度、同じ組織に解雇されたのですから。いまだに、ネットでも「懲戒解雇」を軸にした悪評は残っていますし、「谷川俊規」という、ジャーナリストとしてだけでなく、小説家としても使っていた名前を捨てた(現在は、「俊規」は使っていません)のも、おかしな目に何年も合い続けた結果としての選択です。

それでも、私はボクシングという競技が好きです。目が悪くて、競技者になれなかった私は、選手に対するレスペクト、という点は人一倍ある、と思っています。そして、この競技にまつわる不条理も、「懲戒解雇」はともかく、大抵のことは、分かっているつもりでいます。その前提で、競技をよくする方向。今、ほんとうに、日本にこの競技を、国内、そして世界合わせて、「ああ、この方向なら確かだ」と思わせる方に向かわせて下さっている方はおられるのか?

どこが悪い、誰を戻せ、何をしろ、どうでもいいのですが、欠けているのは大きな視点だと思います。中にまず入らないと、なにもできないし、分からない。今、やっている地方政治だって同じですが。私は、あくまで経験主義です。

2015.07.21 13:03 | URL | #/OUezYRM [edit]
says... ""
和解して復帰ですか?
和解とはつまり解雇を受け入れたのですよね?
和解金は無かったのでしょうか??
2015.07.21 17:31 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>和解とはつまり解雇を受け入れたのですよね?

ではなく解雇自体が撤回され円満退職という内容です。詳しくはJBCのホームページのリリースをご参照下さい。https://www.jbc.or.jp/rls/2014/0826.pdf横倒しで読みにくいですが...。
2015.07.21 20:49 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
谷川さんは一年生議員ですし、ひとまずは『JBC復帰』などという雑念煩悩(笑)は封印していただき、納税者・有権者の皆様のために粉骨砕身・奮励努力されることを私としては望んでおります。谷川さんの選挙区には友人も住んでおりますので。




2015.07.21 21:06 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>ポジショントーク様

うふふ想像が逞しいですね。そうやって色々憶測で書くのがお好きなタイプですか?
私は取材対象を使い捨てにするようなどっかのフリーライター様のような傲慢なことは出来ないタイプでございまして、現在も結構こまめに連絡取り合ってるんですよ~。どうぞご心配なく。

>こちらの言うところのポンコツ組織に、今もせっせと加盟金払ってるジム関係者はなぜ何も動かないんですか?

動きはあります。お楽しみに。

>まずはそういう身近な関係者から説教していくべきなのではありませんか?

そんな偉そうなことは出来ません

>それこそ亀田のように率先して訴訟起こしている方がよほど実行力があるくらいですし。

それは仰るとおりですね。亀田の行動力、DIY精神は村社会では突出しております。
2015.07.21 21:13 | URL | #- [edit]
ポジショントーク says... ""
何か動きがあるんですか。
それは何よりですが、この安河内さんの裁判が始まって何年たちますかね。
それで今の今までまったく何も動かずせっせと加盟金払ってJBCを存続させ続けた時点で、全ジム全選手ともに立派な運命共同体だと思いますが。
思わせぶりなことを書かれていますが、散々引っ張ってフグの領収書だけだったみたいなことにならないことを祈りますが(笑)

そんな偉そうなことはできませんと言われますが、上記したように業界の事は業界人に責任や義務があるのは当然では?
さんざんマスコミやファンには低能だのポンコツだの毒づいているのに、肝心の業界関係者には恐れ多くて意見も出来ないのでは、根本的な問題提起にも問題解決にも何もならないと思いますが。

哀しい話ですが所詮マイナースポーツのボクシングファンだのマスコミだのの絶対数なんて、大勢に影響を与えるものでも何でもないでしょう。
業界内部の人間が現状を変えようと思えば、自浄作用で十分に変えられる程度の規模の業界だと思われますが。
それなのに取材対象と結構こまめに連絡取り合ってる方が、その肝心の取材対象にはへりくだって何も言えず、所詮は外野で大して何もできない少数フアンやマスコミに当たり散らしてるだけなのは、それこそ私怨(笑)なのでは?

以前からこちらのサイトに感じていた違和感と言うか、論理の方向性がどうも腑に落ちない部分があるように感じていたのはまさにその部分で、怒りや糾弾の方向性がどうも的が外れていることが多いという所でしょうか。
JBCに対するお怒りはご尤もですが、あとはそんなJBCを延々と延命させて、それこそ直接利害対立関係者の亀田しか公で何も言わない時点で、現状の全ジム関係者も黙認している共犯でしょう。

JBCの健保金だの資産だのが裁判で消えてしまったと言っても、そんなJBCにここ数年好き勝手に裁判やらせたまま放置していた業界の自己責任だと思いますね。
それこそただの客のファンに言う前に、この低能選手に低能ジム関係者どもが!と糾弾する方が先だと思われませんか?
2015.07.21 22:54 | URL | #sSHoJftA [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>ポジショントーク様
>それで今の今までまったく何も動かずせっせと加盟金払ってJBCを存続させ続けた時点で、全ジム全選手ともに立派な運命共同体だと思いますが。

勿論不作為の責任もございますよ。それはメデイアやファンと同じであります。

>さんざんマスコミやファンには低能だのポンコツだの毒づいているのに、肝心の業界関係者には恐れ多くて意見も出来ないのでは、根本的な問題提起にも問題解決にも何もならないと思いますが。

ご自分でどうぞ...

>それこそただの客のファンに言う前に、この低能選手に低能ジム関係者どもが!と糾弾する方が先だと思われませんか?

ですから是非ご自分で...

2015.07.21 23:09 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
しかし物見高い野次馬的な人とは言え、読者にあれこれ指示されるようになるなんて我々も少し信頼感が出てきたんでしょうかね?
2015.07.21 23:14 | URL | #- [edit]
ポジショントーク says... ""
いえいえ別に指示などしていませんよ。
ただ普通に考えれば問題点の本質は明らかにしか見えないのに、なんでそこはあえて触れないようにして隅っこを責めているのか不思議なので質問してみただけです。

結局こんな状況でトップが変わった変わらないでJBCが健全化するのですか?
JBCなんて所詮は各ジムの意思決定機関であって、その各ジムが自覚持って自浄作用を働かせない限りは、誰がトップだろうが同じことの繰り返しだと思いますが。

今回の上告も東日本協会は一応反対したのにJBCは強行したんでしょ?
だったらJBCが上告してムダ金使うのに反対ならば、上告するなら全ジムがJBC脱退するくらいの姿勢を見せない限りは、業界内部が本気で健全化する気があるとはとても思えないですね。

どう考えても問題の本質はそこにしかないと思うのですが…
ファンやメディアの不作為なんて、それに比べれば二の次三の次の話では?
2015.07.21 23:45 | URL | #sSHoJftA [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>ただ普通に考えれば問題点の本質は明らかにしか見えないのに、なんでそこはあえて触れないようにして隅っこを責めているのか不思議なので質問してみただけです。

問題の本質は違法な手段でJBCを乗っ取った人たちだと思いますが。変わった分析をされる方ですねえ。

>結局こんな状況でトップが変わった変わらないでJBCが健全化するのですか?

例えば事務局長が変わっただけで赤字が年間二千万出るようになりました。安河内氏が復帰すれば財政面は良くなると思いますよ。

>上告するなら全ジムがJBC脱退するくらいの姿勢を見せない限りは、業界内部が本気で健全化する気があるとはとても思えないですね。

いまJBCの財政は危機的な状況ですから好むと好まざるに関わらずそうなるかもですよ。

>ファンやメディアの不作為なんて、それに比べれば二の次三の次の話では?

ファンについて書くのは自分もファンだからですよ。まさに当事者性のある話です。メデイアの責任が大きいのはメデイアが本来の監視機能を果たしていないからです。大半の関係者がメデイアを通して情報を知るわけですからね。

JBCの財政やガバナンスについてチェック機能がないのは問題ですが、だからジムの人間を説教しろみたいなどうかしてる提案されてもなんともね...。

必要を感じているおられるなら是非ご自分でやってください。多分何の効果もないので。

世間知らずの人と話すとなんか消耗しますね...。
2015.07.22 00:16 | URL | #- [edit]
ポジショントーク says... ""
だから問題の本質は、そんな違法な手段?でJBCを乗っ取った人たちを何年も放置している自浄作用も危機感もない内部の人間と言う話ですが。

大半の関係者がメディアを通して情報を知る?とか言ってるような能天気な集団にどの道未来があるとも思えませんが。
たとえ初期情報は報道で知ったとしても、ちょっと調べれば内部情報なんて内部の人間ならすぐわかるでしょうが。
ガバナンスやチェック機能がない?と言うのなら、それも自分で加盟金払ってJBCと言う組織を構成してるのにそれを設けない内部の人間の自己責任でしょう。

変わった分析も何も、世間的に考えてごくごく普通の感想だと思いますが。
逆に変に業界内部の人と半端に通じてしまうと、世間的な感覚が失われて何だか妙な身内意識が身について世間ずれしていくものなんですかね。

どの業界のマスコミでも、あまりにその業界にべったりだといつの間にやらその業界の特定の人間の利益代弁者みたいになってしまいがちですが、反JBC・反マスコミ・反ファンに凝り固まるが故に、それ以外は擁護なんて単純な論法はいかがなものかと思いますね。

以前も書きましたが、敵の敵は味方理論で高山やら亀田やら無理に擁護するのもいいですが、そんな偏った論法で嫌いなものを責めるためだけに無理やり擁護してるから、どんどん自分で整合性取れなくて辻褄が合わなくなっていくのでは?
2015.07.22 10:11 | URL | #sSHoJftA [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>だから問題の本質は、そんな違法な手段?でJBCを乗っ取った人たちを何年も放置している自浄作用も危機感もない内部の人間と言う話ですが。

こういう論理って

放火された人に「放火魔の見えるところに燃えるようなものを置いておくのが悪い」

とか

路上強盗された人に「物騒なところを歩いているほうが悪い」

とか

「そもそも犯罪を生むような社会の成員我々一人一人の責任で」

式の論理ですね。
「不法行為できるような状況だからやりました。やれないような仕組みを作っていない方が悪い」なんて言い訳世間で通用しますかね~。

もちろん不正出来ない仕組みつくりは重要ですが、より責任が重いのは確信的に不法行為をした連中とそれと分かって手を貸したマスコミ人です。

まああなたには此度の問題の原因も対策もよーく分かってらっしゃるみたいなので是非ご自分で心行くまで不正の追及をやって下さいませ。

こんな過疎ブログのコメント欄でハッスルされていては貴重な人生の無駄使いですよ。「こいつらのやってること的外れだなあ」とお考えなら、誰も止めませんので好きなだけご自分でおやり下さい。

我々は我々流でやらせてもらいますので悪しからず。
2015.07.22 11:45 | URL | #- [edit]
捏造と自演が得意です。(旧・亀田家は腹上・・・) says... ""
>我々は我々流でやらせてもらいますので悪しからず。

「野暮」の一言に尽きる。
2015.07.22 13:00 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
他人様のブログのコメント欄でいきなり「あんたらのやり方は間違ってる」と説教かましちゃう方がよっぽど野暮だと思われ...
2015.07.22 13:16 | URL | #- [edit]
ポジショントーク says... ""
正直言って例え話に用いられている放火や強盗の話が、たとえ話にしても全く的外れで何もつながっていないので当惑するばかりですが。

例えるならせめて、今の業界が悪いのはファンやマスコミが悪いなんて論理は、今の政治が悪いのはマスコミが悪いと言ってるようなもので、自分で選挙に行かない当事者の国民は全然悪くないと言ってるみたいなものでは?

それと同じく当事者の業界関係者が何も動かないのがそもそもの問題だろうに、これでたとえ安河内氏が復帰できたとしても、結局根本の問題はそのままなので、安河内氏が正義の?行動をやろうとしても、またぞろ追放だのゴタゴタだのが繰り返されるだけだと思いますが。

あれだけJBCに文句言っていた高山陣営も、JBC復帰した後は文句どころかすっかり仲良くポンコツ活動に勤しんでいるし、結局は高山陣営がJBCにあれだけ文句言っていたのは正義でも何でもなく、単純に追放されていた私怨(笑)を晴らしていただけで、自分たちがJBCと運命共同体になってその恩恵を甘受するようになれば何の文句もないという、こんな業界内部の人間の空気では今後も何も変わらないでしょうね。
自分たちの利益に反するような行動を持ち込むものは何度でも排除されるだけでしょうし。

しかし確かにこれ以上の書き込みは無意味なようですね。
真面目に疑問を質問しても答えにくい話になると急に、こんな過疎サイトでハッスルしてどうするのとか、あまり面白くもない自虐的な論法でしか話を逸らせないのなら書くだけ無意味ですし。

その調子で自分の見たいこと、思いたいことだけしか考えが行かなくなって、こちらの仮想敵のゴシップライター(笑)のようにならなければいいですね。
端から見たら思い込みが強くて他人の意見をあまり聞く気もない貴方も、その性質は人並み以上にお持ち合わせの様ですし。
2015.07.22 22:42 | URL | #sSHoJftA [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>正直言って例え話に用いられている放火や強盗の話が、たとえ話にしても全く的外れで何もつながっていないので当惑するばかりですが。

私の例えは、あなたのやってることは一番責任がある違法行為の当事者を免責するためのレトリックなんじゃないの?ということで、例えとしても的確であると自負しております。

あなたはそもそもこのJBCの騒動について違法行為を働いて組織を乗っ取った人達をどのように評価しているのでしょうか?まずはそこをはっきりしないとね。出来るかな?

>結局は高山陣営がJBCにあれだけ文句言っていたのは正義でも何でもなく、単純に追放されていた私怨(笑)を晴らしていただけで、

初耳です。いつ追放されたのですか?屁理屈こねるなら、せめて事実関係くらいしっかりして下さいよ。

それと根本的な疑問ですが、なぜに我々が違法行為の当事者でもない取材対象者に、ネット経由でコメント入れてくるだけの一面識も無いあなたに言われたからと言って説教かまさないといけないのでありましょうか?

まともな大人はそんな要求はしないもんですよ。分をわきまえて頂きたい。

ネットでやり取りしただけで勘違いしちゃダメだよ。

2015.07.22 23:02 | URL | #- [edit]
元業者だから言える says... ""
このブログ偏りもあるけど正攻法で発信してるのはいいね。
噂聞くけど行動力もある。
ざっと読んだけど方向も大方間違ってないしね。
大体がなんにしても主張あればある程度偏りあるのは当然でね。
中立保って何が出るのかそんなもん歴史見ればわかることでね。
言葉で遊んでるやつは相手しなくてもいい。
あなたらのこと評価してますよ。
マイペースでやったらいい。
今の体制おかしいと思ってる人ばかりだから時期に変わるでしょうよ。
2015.07.23 05:06 | URL | #- [edit]
捏造と自演が得意です。(旧・亀田家は腹上・・・) says... ""
>元業者だから言える

自演・捏造乙。
2015.07.23 07:42 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
『乙』って久々に見ましたね

2015.07.23 10:42 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/428-13f4cfcb