HARD BLOW !

安河内判決を読む 司法判断で何が語られたのか?PART5

 さて判決文検証もいよいよラストスパートへと入って参りました。

 亀田興毅選手がブログで当方の記事に触れた影響もありまして、アクセスも増加しております。

 少しでも多くの方に実際の判決文に触れて考えて頂ければと思います。

 判決文中の原告とは安河内剛氏のこと、被告とはJBCのことです。

 さて続いてはJBCが裁判が始まってから追加した解雇理由について、これまた裁判長から厳しいツッコミが...。以下判決文95ページより引用します。

安河内さん判決文 95

就業規則52条2項は,懲戒処分の手続について,「関係協議の上,処分を決定する。」旨定めているところ(甲9の1),第二次懲戒解雇処分の決定手続について,秋山及び森田は,「秋山,森田及び浦谷の三者で協議した。」旨述べる一方(被告代表者秋山本人・23,52頁,森田・63頁),浦谷は,「代理人弁護士に任せていた。内部での協議には,私は入っていない。協議があったかなかったかはわからない。」旨,上記秋山及び森田と矛盾する内容の証言をしている(証人浦谷・64頁)ことからすると,第二次懲戒解雇処分の実施に当たっては,上記就業規則の定めに従いしかるべき者による関係協議が行われなかった可能性が高いと考えざるを得ない。
以上によれば,第二次懲戒解雇処分は,その手続上,予め原告に弁解の機会を与えることなく,また,就業規則の定めに従った協議を行わずに実施されたという重大な瑕疵が存する蓋然性が高いというべきである。


 JBCの幹部連中が裁判長に『JBCの就業規則はこうなってますよ』と教えてもらうというこの状況も大概だと言う気がしますが、なんとびっくり解雇処分を決定した状況について秋山氏、森田氏と浦谷氏三者の証言が矛盾してると言うのです。しかも浦谷氏に至っては「代理人弁護士に任せていた。内部での協議には,私は入っていない。協議があったかなかったかはわからない。」という思わず腰が砕けるようなお話しぶり。就業規則にあるような手続きは踏まずに、トップが「コイツはクビだ!」と独断で決めてるような状況だとあっけらかんと認めてしまってるようなもんであります。

 これはもちろん倫理的には問題なわけですが、それ以上にJBCの内部統制にも大きな疑問が湧きます。ふつう裁判で証言に立つようなときは、きちんと組織の訴訟戦術にあわせた準備をするものだと思うのですが、こんな初歩的な齟齬を放置してるJBCの緊張感の無さが脱力を誘います。さらに代理人弁護士の能力にも疑問が湧きます。

 解雇された職員が行った公益通報が解雇理由になっていることについても厳しい言及がなされています。

以下判決文97ページより引用します

安河内さん判決文 97

そもそも第9号公益通報及び第10号公益通報のいずれもいわゆる内部通報であるところ,平成23年5月31日に羽生らがマスコミ等に対して行った,「原告,P49ら4名の飲食代1万7180円を被告の経費として処理した行為が背任罪に当たる。」旨の外部公益通報(前記1(3)キ(ウ))においてさえ,何ら被告事務所内の風紀の乱れや被告の損害について問題にされていないのであるから,第9号公益通報や第10号公益通報のような内部通報によって被告事務所内の風紀が乱れ,又は被告に損害が生じたとは考え難いのであり,本件全証拠によっても,P6によるこれらの公益通報によって被告に風紀の乱れや損害が生じたことをうかがわせる事情は認められない。

17180円の飲食代の外部公益通報とは、あの敏腕ジャーナリストが「これだけじゃない」と思わせぶりに言ったわりには何の続報も無かったあのフグ屋の領収書を巡る記者会見のことであります。要は外部に向けておおっぴらに「この飲食は背任だ!」とぶち上げたけど背任でもなんでもなかったという人がお咎めなしで働いてるのに、一方のそれも内部通報を問題視して解雇するのはおかしいよね?というこれまた至極当然のお話であります。この論理展開どっかで見たなと思ったら『新コミッション』と同じ構造でした。

 自分達は新コミッションをぶち上げて記者会見まで開いておいて「新コミッションを画策したから安河内はクビ」、自分達は適正な経費の支出を記者会見まで開いて「背任だ!」とぶち上げておいて「安河内は内部通報をしたからクビ」。驚くような厚顔無恥ぶりであります。

 また公益通報と言うのは組織の不正を正すためのものであり、本来その権利は厳重に担保されるべきものです。公益通報したからクビと言う論理展開には、ちょっと現代の組織としてどうかしてると言う根本的な問題も感じます。
 
 ちなみにこの公益通報に対する裁判長の評価はどうだったのか?少し飛びますが104ページより引用します

安河内さん判決文 104

本件降格処分以降,解雇権限を持たない森田及び羽生が正当な理由もなく谷川を解雇したり(前記1(6)),経理内規に従って処理すべきボクシングの試合の放送承認料やテレビ局の中継の承認料が経理担当者への事前の相談もなく勝手に決定される事態が頻発したりし(乙44,証人  ・12頁),また,本部事務局では,森田が事務局長になって以降,事務局全体のミーティングが行われなくなり,森田は週に2,3日,各数時間程度出勤するのみであったため,職員が誰の指示で何をすればよいか,業務の報告を誰にすればよいか明確でない状態となっており(甲66・4,5頁,乙208,証人森田・20頁,証人羽生・16,34頁),さらに,指定暴力団員の観戦等,被告の対外的な対応にも問題が生じていたことがうかがわれる(前記1(8),甲13,59,乙121)。本件降格処分以降の上記のような状況や,原告が本部事務局長在任中に被告の組織体制の改革や反社会的勢力の排除等に積極的に取り組んでいたこと(甲44・4頁,証人斉藤・46頁)に照らせば,原告が「被告のガバナンスが機能を喪失しており,これを正すには林代表に現状を認識してもらう必要がある。」と考え,林代表にその現状を認識してもらうため,客観的な資料を集め,  らによる公益通報等にも積極的に協力していたという原告の上記説明にも十分に合理性があると認められる 

ざっと整理しましょう
・森田氏と羽入氏が解雇する権限もないのに谷川俊規氏をクビにした
・経理内規に従って処理すべきボクシングの試合の放送承認料やテレビ局の中継の承認料が経理担当者への事前の相談もなく勝手に決定される事態が頻発した
・森田が事務局長になって以降,事務局全体のミーティングが行われなくなり,森田は週に2,3日,各数時間程度出勤するのみであったため,職員が誰の指示で何をすればよいか,業務の報告を誰にすればよいか明確でない状態となった
・指定暴力団員の観戦等,被告の対外的な対応にも問題が生じていた

だから内部告発・公益通報には充分な理由があるという認定であります。これらの問題が一万幾らのフグ屋の領収書とどっちが重大問題かはもとより自明でありましょう。実際に安河内氏が辞任後JBCは赤字経営となっています。

亀田を排除すればボクシング界は安泰と信じて疑わぬ皆様は、こうした事態の進行をどのように感じられるのでしょうか?次回で本検証は最終回とします。(この項続く)

荒川仁人選手のワタナベジム移籍に驚いた(旧徳山と長谷川が好きです)

Comment

いやまじで says... ""
公益通報(いわゆる内部告発)者についてはこれを保護する法律があります。
JBCの役員・評議員には法曹関係者も複数名前を連ねているにもかかわらず、
解雇等の不当・違法な処分が行われ、というか、濫発されたことは、
この組織の現状を物語っていると思います。

財政健全化策はないと言い切り、
コンプライアンス、ガバナンスも崩壊を通り越しているように思えます。
現在のJBCは日本のプロボクシングの試合の管理・運営を行う組織として極めて不健全な状況にあると言わざる得ません。
2015.04.06 18:08 | URL | #Twj7/TDM [edit]
懲戒 says... ""
>現在のJBCは日本のプロボクシングの試合の管理・運営を行う組織

誤解されている方が多いですが、
JBCが管理運営しているのはJBC管轄下の試合です。
日本のプロボクシングの試合ではありません。
2015.04.06 18:26 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.04.07 00:11 | | # [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
非公開コメントの方

いつも貴重な情報ありがとうございます

たまには公開のコメントも是非(笑)
2015.04.07 01:48 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
貴重な情報、ご教示、誠にありがとうございます。
共有させて頂きました。
2015.04.07 03:26 | URL | #bH1htKmU [edit]
B.B says... ""
懲戒さん、ありがとうございます。
ご指摘についてですが、法的にもその通りでありますね。
ただ歴史的事実とした場合、あるいは立場上の解釈についても考察されねばならない。
この辺りを解説して頂けたらありがたいです。
一国一コミッションを僕は理想としますが、時代や背景によって変化はあり得ると思います。
憲法改正まで論議される時代です。
ここに焦点を当てる事は意義ある事と思います。
2015.04.07 03:43 | URL | #bH1htKmU [edit]
懲戒 says... ""
B.B様

 いずれその事に関しても遠くない時期に精査すべき時が来ると思います。
しかしまずは、判決の内容検証と責任所在を明確にすべきかと思います。
沈む船からこっそり逃げ出したつもりの方も沢山いますしね。
2015.04.07 11:06 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
なるほど・・
しかし、ここまでの結果が出た以上、僕らファンが最後まで突き詰めてやるべき事なのか。
非常に悩みます。
2015.04.07 11:14 | URL | #bH1htKmU [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/406-3ab0f24e