HARD BLOW !

K3 BOX&FIT GYM 訪問記 亀田興毅選手インタビュー PART3

 最初からあくまで『素のまま』でやってきたと言う亀田三兄弟は、内藤大助×亀田大毅戦での余りにも『素のまま』の一連の振る舞いで日本社会全体を敵に回すような厳しいバッシングを受けました。あの試合について個人的に気になっていたことを色々と伺いました。

HB-あの内藤×大毅戦の記者会見で『内藤はいじめられっ子、俺らはいじめっ子や』と言う発言は一線を越えてたと思うんですよね。それを聞いていじめられてた人はやっぱりどきっとするやろうし…。

亀田-そうなんでしょうねえ。

HB-でも今話聞いて、『素のまま』だったんやと。それはつまり『テレビでこんなこと言っていいんかな?』と言うフィルターを通っていないゆえの発言だったんやなと。

亀田-そうなんですよ。あとからいじめられっ子のこと考えてみろって言われたらそうなんですけど、その時はもうそのことしか考えてないからね。

HB-でもそのあと内藤さんも、少年期のいじめらてた時代の本がベストセラーになったりして波及効果はあったと思いますが...。

亀田-そこは俺ら全く関係ないから(笑)

 ある面で配慮が無く杜撰だと言える話ではありますが、しかし同時にあのような舌戦があったおかげで試合がヒートし、内藤大助選手の大ブレイクに繋がったのもまた事実。また当時TBS が内藤が勝つ可能性を殆ど検討していなかったような感じなのも個人的には『杜撰だよなあ』と感じたケースでした。

HB-あの試合の反則騒動で、アンチの印象も徹底的に変わったと思うんですよ。で最終的に興毅選手がスーツ着て謝罪会見をしましたが、どういう経緯でああなったんですか?

亀田-誰が出るってなったら俺が出るのが一番巧く収まるんじゃないかなあと。オヤジはまっすぐでハートもあるいい人間なんやけど、ああいう場には向いてないから。それ(反則)については謝っても、関係ないこと言われたら『謝るとこには謝るけど、今それは関係ないやろ』って素直に言ってしまう人間やから。マスコミってああいうところでは絶対へんなこと聞いてくるから。そしたらそういうやりとりだけ取り上げられて『あ、お父さん反省してないんですか?』『いや反省してるやんか。今あやまったやんかって』って放送されて、見た人は『あっこのオッサンまたや』ってワーってなるから。やっぱり正直やからね。要領が悪いから。でもあの場はそういう場所じゃないから、だから俺が出て行ったということです。

HB-あの時は家族としては葛藤があったでしょうね。

亀田-まあそれは実際にやったことやから。反則やからね。仕方無いから。

 ここでもやはりキーワードとして『素のまま』が出てきました。彼らのことを邪悪な計算高い人間であるかのように批判する人もいますが、むしろ『素のまま』に振舞ったおかげで買わなくても良い反感を買っている場面のほうが多い気がします。計算高いというよりはむしろ、不器用ではないのかと言う印象を持ちました。

 話の流れで、「負けても王者問題」と言われている、自分も観戦した大阪の大毅×ソリス戦について伺いました。

HB-あの時のサスペンドは仕方ないと思いますよ。でも今回はウエイトを守った大毅選手が試合をできなくなるって理不尽ですよね。

亀田-ほんまにね。もう一年以上試合してないから。25歳やった大毅が26歳になってしまったから。言うてもまだまだ若いけど、でもこの一年は痛いですよ。まあ俺の一年もそうですけど。

HB-試合で取り返すチャンスが無いっていうのがねえ。

亀田-あれはリボリオ(ソリス)が体重超過しただけであって大毅は何もしてないからね。でも今世界的に流行ってますわ、ファイトマネーいらんベルトもいらんけど勝ちたいって言うのが。ロマチェンコもやられたしね。もうその時点で一階級二階級違うんやから。

嶋-あの時悲しかったのはJBC が、ソリスの当日の体重に規制とかをかけなかったことなんですよね。昔、坂田×パーラとか当日53.5キロでやりましょうとかあったじゃないですか。でも今回無かったんですよ。だからさすがに怖いなと思って。

HB-それはJBC が危険性を分かってないんですよ。

亀田-こっちは(JBC に)何回も言ったんやけどね。

嶋-それでWBA に働きかけてやっと57.1 でってことになって。


HB-それ以上リバウンドしちゃダメだよというウエイトですね。

嶋-で、それをJBC に伝えて。でも当日ソリスがやってきて量ったらオーバーですよ。60 キロ近い。でもJBCは何も言わないんですよ。

HB-IBF は当日計量ありますよね。

亀田-でもソリスは計量でオーバーしてるからもうIBF はもう関係ないんですよ。

HB-ああそうか。

亀田-でもJBC は当日の体重をいつも必ず控え室で量るんですよ。大毅はIBF の当日計量の上限(10 ポンド以内)あるからリバウンドもできへん。結局当日に会場入りした時点で3.3 キロも違うんですよ。二階級違うんですよ。でもJBCは何もしてくれない。

 JBC はタイトルはいらないと開き直ったソリスの振る舞いになんのストップもかけずに放置したのだといいます。これは安全管理上重大な問題です。何かと言うと亀田はホームで招請した選手相手に理不尽なプレッシャーをかけているかのように言われて来ましたが、今回のバックステージの様子は真逆のようです。大毅選手はそのような状態でよく試合を受けたと思います。

亀田-これから(確信的にウエイトオーバーしてくる)そういう選手がきっと増えてくるから。でも興行があったら試合中止とかなかなか出来へんから、だからそういう場合に備えてちゃんと対策せなアカンと。ほんまは体重守らなあかんねんけどこういう場合のことも考えて、JBC と言う組織はルールをちゃんと把握してね。今だって、中の人ルール知らないですもん。

とそこから話は高松のグローブ問題へ

HB-さきほどビデオ見せてもらったんですけど、(監禁も暴行も)全く何も無くて。

亀田-そうなんですよ。監禁や暴行やって書かれて、俺何をしたんかなと思って。あの映像の中で暴行してるとしたら凄いノーモーションですよね。そんな凄いパンチあるなら打ちたいですよ(笑)。

HB-あれ見たら一目瞭然じゃないですか。

亀田-やのに未だにああいうこと言うてるっていうのがね。

HB-高松のあの場でJBC から受けた説明には納得できましたか?

亀田-一切出来なかったですね。だって逃げてばっかりですもん。JBC は昔からね同じグローブ使うって言うてるんですよ。それが今回はそういう契約してるから当事者同士話し合って下さいって言い出したから、『じゃ今後は違うグローブ使ってもいいんですか? 』『そうじゃないと今回のケースは特例になりますよ。いいんですか?』って聞いたら、『むー』ってなってもうて部屋から出て行こうとする、『いやいやちょっとまって、違うでしょ』と。『じゃ何のために昨日調印式してサインしたんですか?あれはなんやったんですか?』と聞いたら『いやあれは形だけやから』『セレモニーやから』と言うたんですよ。え~ほな何のためにやるの~って。もうやらんでええやんそれやったらって(笑)!

HB-そりゃそうなりますよね(笑)

亀田-で対応してた人(亀田兄弟に監禁恫喝されたと主張してるJBC 職員)以外の二人は何にも言わんと黙ってて。で、対応してた人は『もう話にならない!』って言うて出て行って。いやこっちが話ならんわっていう感じなんですけど。『出て行ったアカンやん、話終わってないのに』っていうても、どっか行ってしもて。

 その後残された他の職員が「我々は下っ端だから判断することが出来ない」と言って更に脱力を誘ったのは、前半に書いたとおりです。ここで問題になるのは一体誰が、監禁だ恫喝だと言い出したかということです。亀田サイドの抗議に対応したJBC 職員が意図的に話を大袈裟に伝えたのか?アンチ亀田記事が生命線のゴシップライターが意図的にトバシ記事にしたのか?あるいは両者が結託してやっているのか?『亀田がJBC 職員を監禁・恫喝・暴行した』という話は、『亀田の試合がつまらない』『判定がおかしい』『態度が気に入らない』『過去に反則をした』というのとは明らかに次元が違う話です。
 他人を犯罪者呼ばわりしてるようなもんで、映像を見る限る事実でもないですし重大な名誉毀損であると思えます。選手として気に入らないからと言って嘘で中傷してもいいはずもありません。そしてそのようなヨタ記事にコミッションの職員が確信的に関与しているというのは明らかに問題です。昨年来のライセンスの復帰やジム移籍を巡る亀田サイドとの交渉の場で、JBCは何度もこの裁判について言及したのだといいます。それはつまり言外に「この裁判を引っ込めたらライセンスも考えてやるよ」といってるのと同じだと思います。ライセンス停止の原因となった事案とは何の関係もないこの事件についての裁判を、ライセンスを巡る取引材料にするのは卑怯ではないでしょうか?

 亀田ジムはたまたま選手と経営者が一体であり、海外にも試合が出来る拠点があったことからJBC と裁判を戦いきる体力・環境がありましたが、もし中小のジムで同じようなことがあれば泣き寝入りです。いや実際に高山勝成選手や大沢宏晋選手は、御用ライターが書いた悪意の記事でネガティブキャンペーンをされて、実害にあっているのです。まあ妄想ゴシップライターは論外としても、スポーツ新聞や他のネットメデイアも取材に来ないことにおいては五十歩百歩。冒頭ご紹介したデイリースポーツにしても、興毅選手のブログを切り貼りして一丁上がりと言う姿勢は大変に疑問でありました。

HB-yahoo のTHE PAGE に載ってる本郷陽一記者の亀田記事も亀田サイドには全然取材してないんですよね?

嶋-だからこの間『一回取材に来てください』って言ったんですけどね。こちらとしても取材して記事にして頂きたいので。

HB-でもおかしな記事が出たら反論した方がいいと思うんですよね。『裁判してるからそのうちどっちが正しいかわかるやろ』と構えてたら、どんどん嘘の情報流されて、ネット見てるやつは信じますからね。黙ってると認めてると見なされるんですよ。

亀田-それはそうですよね。

HB-安河内剛さんもそうなんですよ。いずれ真実が分かるからって構えてたら、ネットでうそばっかりの悪評を広められて外堀を埋められて。

と、ついついトラブルにまつわる話ばかり聞いて来ましたが、最後に少し個人的なことなどを伺いました。

HB-小さい時はボクシングは好きだったんですか?

亀田-好きって言うか。でもずっと見てましたね、ボクシングは。

HB-好きな選手はだれやったんですか?

亀田-色々いますけどレナードが一番好きやったかなあ。デラホーヤ、トリニダード、ロイ・ジョーンズ、パッキャオ。(日本の選手では)大場政夫さん、辰吉さん鬼塚さん見ましたね。この三人は闘争心、根性が凄いですわ。アルセも好きやけどそれに匹敵するような根性があると思います。世界トップクラスになったらほとんど同じ実力。あとは何が勝負を分けるか言うたら根性ですわ。

HB-僕が亀田兄弟を見てて比較してしまうのは、子役とかスポーツ選手とか若くして成功した人達なんです。お金や名声が手に入ると、揉め事になったりして不幸になる人が多い中で、亀田一家の家族一体ぶりはかなり特殊な例だと思うのですが。

亀田-でも家族仲良く、兄弟仲良くって全然普通のことでしょ。普通に自然にやってるだけです。

 というわけで家族愛も『素のまま』ということでインタビュー終了。

 その後少しですが大毅選手と和毅選手のジムワークを見学させて頂きました。

IMG_4762_R.jpg

 ジムのものとしてはかなり大きなリング

 それぞれに外国人トレーナーがついて、30 秒から40 秒と言う短いインターバルでバッグを打っているのですが、なにか動きがゆっくりだなあと思って見ていると嶋マネージャーが現れ「スローに見えるでしょ」と一言。どきっとして「ええまあ」と答えると「あれは40 オンスのグローブでやってるんですよ」と謎解きしてくれました。重いグローブつけて、短い時間で切りながらインターバルにはトレーナーが頚動脈に手をあてて脈拍も計測しつつやる彼らのバッグ打ちは、正直今まで見たことが無いような練習スタイルでありました。

IMG_4771_R.jpg

和毅選手と大毅選手のバッグ打ち

 それにしてもそれぞれの選手にトレーナーがつきっきりで、練習に手間隙とお金をかけているなあと感心。
 現在の練習メニューはアメリカ在住のキューバ人トレーナーが作っており、メールで練習メニューが届くのだとか。そういったところも日本のジムではかなり特殊なスタイルの練習だなあと感じました。

IMG_4836_R.jpg

ジムの片隅で『世界のジャブ』を発見し、つい撮影してしまった筆者

 今回亀田ジムを訪問して感じたことは、彼らはとにかく経験主義者だということ。耳学問などは頼りにせず、正直に思ったまま行動して、自分が経験して実感したことを頼りに生きるタイプなんだなということでした。
 まあ他のボクサーも正直そういうタイプは多いですが。一方で昨年来のトラブルを見返してみると、大竹トレーナーを会長に据えようとしたり、ジムを移籍しようとしたりかなり今までとは違う柔軟さを見せていたのも事実。そのような変化に対する評価がちょっと余りに無さ過ぎるんじゃないかと感じました。

 今まで彼らはずっとアンチファンから『日本人と試合をしろ』『密室のジムではなく、練習生もいる開かれたジムをもて』『大きなことばかり言ってないで海外でビッグマッチでもしてみろ』と言われてきました。これら全てが実現するという変化が訪れているのに、アンチファンの見る目はますます厳しく偏狭になるばかり。かなり理不尽だと思わずにいられません。

 彼らが批判されている高松の『監禁・恫喝』には何の実体もないし、その後の大毅選手のタイトルを巡るトラブルも体重超過したソリスと、誤発表をしたIBF がまず悪いのであり、JBC にも一抹の責任があります。このような事実を冷静に見て、亀田兄弟を巡る言論状況が一刻も早く正常化されることを望みます。

 亀田興毅選手と嶋聡マネージャーには今回はお忙しい中、取材対応をしていただきました。大変ありがとうございました。

 ボクシングはマニアの占有物ではないと感じる(旧徳山と長谷川が好きです)

Comment

かっしぃ♪ says... ""
HBさん、気まずい選手にもキチンと取材してくれて、ありがとうございます。スッキリしました!
この取材記事が、沢山の人に読んで貰える事を願います。
2015.02.14 07:15 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
かっしい♪さん、
ありがとうございます。
アンチ亀田としても長年の鬱積と申しますか、直接意見も言わせてもらいました。
その意味ではスッキリした部分もかなりあります。
その他色んな話しも本当にオープンに出来まして、特に印象深かったのは「なんでわざわざアンチを作るような言動がこれまであったんでしょうか?」には、
「僕ら西成から出て一から始めたんです。だから舐められたらアカンっていうか、そういうのがありました」
「大阪に居る時はスパーで何度も転がされてね。もう悔しくて悔しくていつかやったろうと(笑)」
イメージとは違ってあっけらかんと話す姿にああ、普通の子やったんやなと。
こうした機会はもっと早く作るべきだったと今は思ってます。

実は他のアンチ亀田ファンの方から取材に同行したいという旨の打診がありまして、まだまだ納得いかんという方もおられるでしょうし、僕らとしても聞いて見たい事がありますので、また亀田対アンチ亀田の対談を企画したいと思っています。
2015.02.14 09:36 | URL | #bH1htKmU [edit]
says... ""
監禁恫喝裁判で本来10分ほどあるテープが2分ほどに編集されて提出して却下されたみたいですね。まずなんでビデオ撮影したんですかね?無理矢理証拠取るためですよね(笑)まあその時点でアウトですわ
2015.02.14 20:57 | URL | #- [edit]
says... ""
ハードブローさん大毅の「負けても防衛」のそもそもライセンス停止になった問題をなぜ聞かなかったんですか(笑)
2015.02.14 22:59 | URL | #- [edit]
ポジショントーク says... ""
かねてからの予告通りに亀田ジムへの取材お疲れ様でした。
これはかなり業界的にもエポックなことなんじゃないですかね。
とにかくこの件で何で誰も亀田本人に直接聞かないのか不思議で、部外者の外野ファンには内情が全く分からないままでしたし。
それこそあんなに提灯記事ばかり書いていたデイリーなんて、阪神記事の次に大特集で亀田側の言い分を列挙してもよさそうなものですが。

しかしやはり本人を目の前にすれば、あまり険悪になるような質問はやり辛いですかね。
高松の件にしても、そもそもそのグローブ契約書にサインしたのは亀田側なんでしょう?
それにグローブの件ばかりクローズアップされていますが、JBCやマスコミに内緒で勝手に自分達で当日計量をやった理由とかも聞いてほしかったところですが。
こっそりそんな事をやっておきながら、都合のいい部分だけJBCにはしっかり管理してほしいと言われても(苦笑)

それに負けても王座を知っていながら、公式ブログなどでは負けたら空位と書いていた理由は?
など、最初からJBCやマスコミや、試合中継するTBSにさえ協力する気が感じられない独善的な姿勢が、自らの苦境を招いている根本の理由なのでは?
なども突っ込んで頂きたかった所ですが、なかなか他人の家で本人を前にそこまでズケズケとは聞き辛いでしょうね。
自分だって当事者なら本人の前ではとても気の毒でそんなことは聞けないだろうし(笑)

いずれにせよお疲れ様でした、
これでできたパイプをもとに、今後数少ない亀田側の意見発信場所として期待しております。


2015.02.14 23:19 | URL | #LkZag.iM [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>監禁恫喝裁判で本来10分ほどあるテープが2分ほどに編集されて提出して却下されたみたいですね。

脳内裁判所の話は2ちゃんかゴッシプライターのところでやってください(笑)

>ハードブローさん大毅の「負けても防衛」のそもそもライセンス停止になった問題をなぜ聞かなかったんですか(笑)

それは根本的にソリスとIBFに責任がある話だと言う結論が出てると思いますし、裁判所もそう判断すると思います。

>ポジショントークさま

大手メデイアは人事移動などあると対応もガラッと変わるみたいですね。亀田叩く記事の方が受けるでしょうし(笑)。

高松の当日計量はむしろJBCの方が不可解です。グローブの問題は『当事者同士やって下さい。調印式はセレモニーです。自分達は下っ端なので決定権はありません。」とケツまくってた人たちがなんで当日計量にだけ一生懸命関与しようとなさるのでしょうか?(笑)

記事中にもありますが体重超過したソリスの試合当日のウエイトにも無関心だったこととも矛盾します。意義を理解せず『セレモニーとして』やるなら意味無いだろと。

TBSは亀田家には抗議していません。これが答えだと思います。

コミッションと言う厳格であるべき組織が、目の前で行われたルールミーテイングや統括団体のルールブックを参照せず、『選手のブログ』を根拠に意思決定するというのがそもそも異常なのです。
2015.02.14 23:43 | URL | #- [edit]
幻 says... ""
ルールミーティングの件ですが、
THE・PAGEでは、ルールミーティングでは王座の取り扱いについては決められてなかったようだという記事があった記憶があります。
ただ、英文のルールブックは配布されてたので、普通に考えれば、それに準じてやるということだと思うのですが、
ルールミーティング参加者のJBC職員は、ルールブックに目を通してないということなんですかね。
英語ができないから。
2015.02.14 23:56 | URL | #- [edit]
ポジショントーク says... ""
グローブの問題は当事者同士で合意契約していたのなら、当事者が責任持つのが当然では?
別に統括団体の世界戦ルールで、同じグローブでなければだめだと言うルールがない以上、興行打つ主催者がそういうサインしたのなら、興行主の自己責任だと思いますが。

JBCやマスコミが当日計量にも立ち会えないのなら、本当にウエイトが守られたのかも確認も出来ないし、それでJBCの管理が甘いとか言われても全くナンセンスだと思いますが。
管理されたくないのは自分達なわけですから。
それでソリス戦の時には急に泣きつかれても、JBCとしてもどの口で言ってるんだと言う感じでしょうか。

現にソリスは王座剥奪されているし、試合中止をせずに決行するのなら、あとはウエイトをどう設定するかなどは、選手と興行主と世界王座を認定する統括団体の判断で、JBCが矢面に立って責任負わされる問題でもないのでは?
嫌なら亀田側は中止すればいいし、やるにしてもグローブハンデつけまくりのノンタイトルにして、「世界戦!」とウソの発表で押しきれば良かったのに(笑)
どうせTBSや視聴者にも、負けても王座保持を隠したまま試合を強行してたんだし。


TBSが亀田に抗議していないのが答えとはどういう意味でしょうか?
まさかTBSも亀田とグルで情報の隠蔽工作を行ったと言いたいのなら、実にエキサイティングな取材だったのだなと類推しますが(笑)

などなど、そういう細かい部分にまで触れて頂ければもっとありがたかったのですが、さすがに無責任な外野がこれ以上望むのは図々しいというものでしょうね。
何しろこの取材に関するそちらの皆さんの行動力は、素直に頭が下がります。
2015.02.15 00:13 | URL | #LkZag.iM [edit]
B.B says... "ポジショントークさん、"
どうもです。
亀田直接取材は個人的にもボクシングファンとしても長らくの希望でして、それは叩き叩かれのある意味当事者であった自分の自己満足ではあります。
ネットや新聞報道などで喧伝される彼らの像は虚像であると感じながら、いやしかし本当にどす黒い何かがあるのではないのか?疑惑の判定から買収行為や八百長まがいの行為があったのではないか?「テープぶちまけたるぞ!」発言から実力者との間に癒着があったのではないか?等々疑念はずっとありました。
しかし、どこのメディアも想像を膨らませるばかりで真実を追った形跡すらありませんでした。
メディアも含めて「何故直接取材しないのか?」以前の貴方の投稿ご意見に背中を押して頂いた思いでした。
本当は一連の騒動など無い時に人間亀田に迫りたい実感したいとずっと考えておりました。
騒動などの現象は時としてそこに目を奪われ真実を覆い隠す場合があるからです。

取材の段取りは慎重に進めました。
僕らには何のブランドもありませんから、関係者当事者への下取材や交渉は数ヶ月掛りましたが、準備にはこちらの都合もあって実は数年掛りました。
その間にこれまでの個人的な多くの疑念は実は下取材で払拭されてしまっていたんです。

後に残ったのは反省です。僕はこの10年近く何をやってたんだろう?
自分に向き合う事。ここが一番辛い。
旧徳さんも執筆にあたってモチベーションが上がらないと言ってましたが、おそらく同じ思いでは無かったか?
「(これを)書けばアンチファンから寝返ったとか総攻撃を受けるよね?(笑」
「まぁ、でも書かなアカンでしょこれは(笑」
伝える為に取材という形を取った為に、一連の騒動が話題のメインになってしまいましたが、本当は真正面から向き合うこと、亀田の実像に迫る事だけでした。
そもそもなのか、そうした姿勢が評価されたか解りませんが、興毅選手は初めから心開いてました。
エポックな事と言われて正直に嬉しいですが、特別な事では無いというのが正直な思いです。
亀田は鉄のカーテンとずっと思ってましたが、妄想が現実を作って来たのだなと。
2015.02.15 07:17 | URL | #bH1htKmU [edit]
ななお says... ""
でもアンチはそもそも、恫喝や負けても防衛なんてのは亀田が追放できる材料なだけで何でも良いんですよ。
それに対してああだこうだ言うてもじjbcがあまり機能してないていうのはアンチも周知の事実だし、亀田側言うこともまあまあ同調同情できる部分もあるのかも。
ただアンチとしてはそこじゃなく、今まで亀田達が散々弱っちい相手連れてきては、大苦戦して、有り得ない判定で勝ちを拾ってきた事に憤りがあるわけで、そこをどう思う?って聞いて欲しかったですね
2015.02.15 07:53 | URL | #w4R48A.M [edit]
B.B says... ""
グローブの問題は試合2日前の9月1日、ルールミーティングで日本製グローブを両者使用する事で合意しその直後の調印式でサインがされているのだそうです。
ところが9月2日遅れて来日した相手陣営の関係者が契約書を盾にしてカナダ製を使用したい旨を通知して来た。
亀田サイドとしては単なる揺さぶりと見て、すでに合意したとしてそれを拒否。
亀田の主張はルールミーティングが最終決定であり、あの調印式での合意は何だったのか?ということで結局これまでの慣例通りに日本製グローブに落ち着いたという流れです。
これまではローカルコミッションが仲裁に入ってましたが、昨年コミッションは規則を変えて紛争には介入しない事になってるはずなので、これを職員は拡大解釈したのではないか?と推察します。この規則はジム間選手間の紛争等であって、グローブ問題は試合運営に直接かかわる問題で公正公平を期す為にはコミッションは積極的に関わらなければならないはずです。
そこで亀田の抗議は「両者違うグローブとなれば日本では例外を作る事になりますよ。それでいいんですか?今後の事もあるのでコミッションの見解を聞かせて欲しい」という事のようです。
次に自らの世界戦もありますから当然の質問と思います。
ただ、すでに亀田サイドには不信感があったのは事実と思います。
事実でない事までさんざんリークされてましたから、「言うた言わへんになるのは嫌やからビデオ撮らせてもらいます」と。

当日計量のトラブルは2時間前倒しになった件ですよね?
あれはIBFが「ローカルコミッション立ち合いという慣例が無く、しかし(尊重する立場から言えば)JBCに通知しなかったのはこちらの責任」と非を認め、森田健さんも「IBFルール(当日計量)は初めての事で、こちらも今後の為の勉強ととらえたい」という主旨の発言が報道されています。
興行サイドとしての責任も僕もあると思います。それはいらぬ憶測から自分達を守る為でもあったはず。こういうところも抜けてるなぁと思いますね。

ウエイトの問題も試合に直接関わる問題なので、コミッションは積極的に関わらなければならないと思います。
ノーウッドや坂田とやった・・だれだっけ?あの時も当日ウエイトを義務付けたはずです。
グローブハンデはもう公平という点では最悪で、それを防ぐ為です。
花形進さんがチャッチャイ・チオノイとやった時、王者のタイ人が約1.5kgオーバーで(当時は当日計量)グローブハンデつけられましたね。当時は6オンスでしたから8オンスだったかな?
今考えると両者リバウンド考えれば厳しい措置ですが、当時はルールに厳しかったですね。
ボクシングは体重制の競技ですから僕はそうあるべきと思います。

TBSについては今後のボクシング中継もありますから、亀田サイドではなくて、JBCとの関係を悪化させたくないという商売上の理由で発言していないのではないかと僕は推察します。
ボクシングコンテンツは他にも抱えてますから。
亀田サイドとしてはTBSに発言して欲しいはずです。
例のルールミーティングにおいてコミュニケーションに瑕疵があったとされる時の通訳者はTBSの関係者ですから。
内部調査は当然に行われていると思います。

2015.02.15 08:07 | URL | #bH1htKmU [edit]
B.B says... ""
ななおさん、どうもです。

韓国の試合でも0,5ポイント制とか内容とかどうなんですか?という質問に「採点方法は試合直前に聞かされた話しなんですよ。とにかく試合に集中してますし。試合は(内容的には)助かった」と正直に答えてます。
僕があれは負けでしょう?と聞くと「そう取られても仕方ない。ジャッジの判断なんですけどね」
とするとジャッジの適正の問題であって、直接亀田のせいにするのもどうかな?と。
鬼塚さんも現役時代に相当に苦しんだとどこかで読んだ記憶があります。
公平なジャッジは勝者敗者に関わらず選手のためだと言いたいですね。

ただ、マッチメークや試合内容、結果についてファンが批判するのは当然あって良いのです。
2015.02.15 08:29 | URL | #bH1htKmU [edit]
クローザ says... ""
ポジショントークさんが、書かれたような内容が、亀田サイドが一番答えに窮する可能性のある質問でしょう。だからこそ、その質問をぶつけていれば、世間一般からも、極めてフラットなスタンスでの取材との印象になったかと思います。
旧徳さんの言うように、ライセンス問題は亀田よりjbcの方が悪いのかもしれないし、皆さんの一番の興味はその部分なんでしょうけど、世間的な一番の興味は、あくまで亀田家ってやましいことをしてないのかってことですからね。そして、それを晴らさない限り、ライセンスが戻ったとしても支持はされないでしょう。それって不幸なことですよね。
質問自体にNGが出てしまってたとしたら仕方ないですが。

それからもう一つ、亀田興毅のプロモーター的な視点には、なるほどと思う部分も多々あります。ただ、亀田ファミリーという駒ありきで興行を盛り上げなければならないと言うところに、無理が出ているのではとも思いました。
それが慎重すぎるマッチメイクや戦い方等につながっているんでしょう。
逆に言うと、引退し、プロモートに徹し純粋に魅力的な選手と契約してマッチメイクし、いろんなアイディアを出していけば、ボクシングを盛り上げる存在になれるとも思います。
2015.02.15 09:02 | URL | #sLdgtBxg [edit]
B.B says... ""
クローザーさん、どうもです。

>亀田サイドが一番答えに窮する可能性のある質問でしょう。

一般的な関心事と今回のこちらの取材主旨に若干のズレがあったかも知れません。
今回は亀田選手のボクシング観や個人史に焦点をあてることがメインでしたので、全てを聞く事は時間的に出来なかったです。
3時間ほどでしたがなんせ素人なもんでスイマセン。
ですから読者の方々がまだまだ納得は出来ないというのは承知しております。
取材にあたっては亀田サイドからのNGは一切ありませんでした。
こちらが拍子抜けするほどあっけらかんとしてました(笑
ただ、裁判に関わる事でその進行によって明らかになる事がありますので、こちらが書かない事もあります。
双方の最低限の人権は守らなければなりませんから。
裁判の進行はこれは結果ですから機会があればお伝えしたいと思います。
正直、気が乗りませんが。

アンチ対亀田はまた企画しますので同行取材して頂ける方を募集しても良いかなと思ってます。僕らの取材の目的は報道では無くてファンの実感を伝える事だと思ってますので、意見が違っても共有出来たら幸いです。
2015.02.15 09:30 | URL | #bH1htKmU [edit]
ポジショントーク says... ""
いや本当にそちらの行動力には脱帽です。
本来ならばこんな取材などはこの騒動の直後にでもプロのマスコミがやるべき話のはずですし。
しかしやはり読んでいても詰めが甘いと言うか、あえて触れない武士の情の様な部分が感じられたので…

グローブに関しては昨年末のリゴと天笠も、互いに別グローブ契約でサインしたので、日本史上初の別グローブ世界戦となりました。
この様に事前に契約していたのなら、契約社会の世界ビジネスにおいては当然そちらが優先されるでしょうし、それは事前契約の段階で8オンスのグローブを使用するとだけしか契約に盛り込まなかった、亀田ジムの落ち度だと思いますが。
もちろんゲレロは単なる揺さぶり材料にしただけなんでしょうが、監禁うんぬんは別にしても、興奮してJBCに尻拭いを強要するたぐいの話には思えないのですが。

当日計量の件も、IBFは負けても王座の件と同じく自分達のミステークと親切にも言ってくれていますが、JBCへの事前連絡なんて海外からの来賓のIBF関係者が自分でやらなければいけないものでもない気がしますが。
そんなことは興行主催者の亀田ジムが率先してやるべきもののはずで、IBFに急に2時間早めると言われ(個人的にはその事自体が懐疑的ですが)、JBCやマスコミにそのまま連絡もせずに自分達だけでこっそり行ったのは十分に亀ジムの判断であり責任では?
そう言う意味では抜けてるどころか、抜かりなく用意周到だったとしか…

TBSが発言しない件に関しても、亀ジムやこちらの皆さんが主張されている主張の方に正当性があるのなら、TBSは絶対に亀ジム側に立ってJBCを責めていると思いますが。
現にこの騒動の当初はTBSも、JBC側に責任を押し付けようとしていた流れが見え隠れしていましたし。
ニュースやサンデ―モーニングでも、張本氏はJBCに喝!をつけていたくらいに(笑)

それがいつの間にか軌道修正して亀田の中継自体を放棄したのは、TBSが亀田に文句言わないのが答えというよりは、普通に考えてTBSが今までの様に亀田を擁護しないことの方が、よほど雄弁な答えとしか思えないのですが。

…等々色々書きましたが、結局はななおさんの言われるように亀田側が、今までつまらない試合や変な判定・運営ををダラダラやってきたことの、フラストレーションがファン側の根本にあるんだろうなという気はしますね。

正直もっと亀田が真の意味での人気があって面白い試合を見せてきたなら、もっとファンや業界の後押しもあったでしょうが、あんな不良品ばかり客に押し売りしては、何か問題があれば開き直るような姿勢を取っていては、本人たちの主張の是非に関係なく周囲は動かないでしょうね。
まさに辰吉の眼疾の時に全国でファンの署名が集結したのとは対照的に、亀田兄弟復帰署名はネット署名という辰吉時代とは比べ物にならない有利な条件であるにもかかわらず100人にも届かないようですし。

もちろんそういう感情論とルール運営は別問題ですが、上でも書いたように“亀田”という問題に常につきまとうこの種の問題は、亀田自身がファンやボクシングという競技に真摯に向かい合ってこなかった事に全ての根本があるのではないでしょうか。

そう言う意味では、亀田憎しで全てを捻じ曲げてでもディスるのは当然間違っているでしょうが、亀田側の過去の数々の行いを考慮せずにJBCに対する建前論だけで擁護しようと言うのも、やはりバランスを欠いた違和感があるように思いますが。
そこらへんのポジションの違いが、アンチとこちらの皆さんとの間での見解の齟齬というか、どうにも微妙に話の噛み合ってない感じを生んでいるように思えるのですが(笑)

いずれにせよバランスを取るという意味では、こちらのように亀田側の主張を発信する場も必要ですし、今後も無理のない範囲で取材等頑張って下さい。

なにしろこの亀田の問題に関して、もう1年もたつのにファンに対して何の検証や論議もなされないまま、曖昧な状態で放置されている事自体が如何なものかと思いますし。
亀田やJBCに問題があるならどこに問題があって誰が責任取るべきなのか、貴サイトがもっとオープンな状態で第三者のファンも論議ができる為の役割の一端となる事を願っています。


2015.02.15 09:51 | URL | #3/VKSDZ2 [edit]
B.B says... ""
>亀田ファミリーという駒ありきで興行を盛り上げなければならないと言うところに、無理が出ているのではとも思いました。
それが慎重すぎるマッチメイクや戦い方等につながっているんでしょう。

僕もそれは感じました。
業界挙げてビッグコンテンツにしたい思惑があったのは明らかですし、今批判してる人達の中でも亀田でさんざん商売してた人らはいます。
無理を承知で画策してたのは実はその人たちだったということ。
亀田ジム設立も、納得は出来なかったけどそれが一番良いと言われ従ったという事でしたが、なんでそれが今になって?と。
言い分としては梯子外された思いだと思います。
TBSとの契約で年間何試合やるとかの縛りはあったのでしょう。
一般層へのアピールとしての過剰なパフォーマンスやマッチメーク、テレビの偏向実況はコアなファンからはソッポを向かれる事は彼らは途中から解っていたようです。
業界挙げて同じ方向を見ていたというのは真実だと思います。

視聴率40%はヒール役を買ったから?には「亀田負けろ!って観てる人も当然たくさんおるでしょうけど、テレビはそんな甘いもんじゃないです。それだけで取れたらとっくにだれかやってますよ」「ボクシングは一部のマニアの為のものだけじゃないと思うてます」

異論は勿論あるでしょうがここから始まる彼の考え方は記事から想像して頂きたいですが、彼のプロ意識にはなるほどと思わざるを得ない面があります。
僕も興毅選手の本領はプロモーターとして発揮されるのではないかと思ってます。
2015.02.15 10:07 | URL | #bH1htKmU [edit]
幻 says... ""
何でもかんでもJBCに報告しろ、当事者間の契約だけがすべてなら、JBCいらないと思うんですけどね。

正直、どんな仕事をして、どこまで関わるのかが、素人の自分には分からないというのが本音ですね。
2015.02.15 10:11 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
詰めの甘さはそのまま企画した僕の責任なんですわ。
急きょ大阪から飛んで来て貰って、旧徳さんからしたら突撃取材みたいになってしまって。
またやりますので、その時はどうぞ一緒してください。

最後の言葉は特に感謝します。
>貴サイトがもっとオープンな状態で第三者のファンも論議ができる為の役割の一端となる事を願っています。

それがそもそもの出発で今でもそれを希望しています。
今後とも宜しくお願いします。
2015.02.15 10:54 | URL | #bH1htKmU [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>ポジショントーク様

>TBSが発言しない件に関しても、亀ジムやこちらの皆さんが主張されている主張の方に正当性があるのなら、TBSは絶対に亀ジム側に立ってJBCを責めていると思いますが。

 TBSはリンゼイ・タッカーが言ったことをそのまま報じただけで、いうたら誤発表の被害者です。でローカルコミッションはそのような齟齬が無いように、正確な情報をメデイアにリリースするのが職務であるのではないでしょうか?

 個々の心情を類推したところで詮無いことで、職務上の責任を問わないと意味がないと思います。

 高松のグローブについては、その日持ってきたグローブを「触ってみたけど大丈夫な感じでしたよ」みたいな温度で試合に使うのを認可しちゃっていいのかしらという問題がそもそもありまして。
 そしてグローブの選択はルールミーテイングでするのが当たり前だと思います。極端な話試合直前に「やっぱりこっちのグローブのほうがいいなあ」とどっちかの選手が言い出したら、その場でチェックしてサインするんかい?と。本来そういう混乱を避けるためにルールミーテイングをやるんでしょ?ルールミーテイングを『セレモニー』と言っちゃう人が「ローカルコミッションを軽んじるな!」と言うのは自己矛盾です。

 そもそも大毅が昔金色のグローブで戦った時には、アンチのほうが「同じ色のグローブ使わないのが問題」みたいに批判してたんだけどなあ。今回グローブが違ったらまた試合後に「亀田が違うグローブを使う不正!」みたいに騒ぎになってたかもですよ。

 ローカルコミッションの職員や統括団体のインスペクターは、誰よりもルールに詳しくないといけないと思います。そういう人が誤発表をしたと言うことが何よりも問題であると思います。

 プロモーターを規制するのが職責の人が、プロモーターに判断を任せたらダメなんですよ。
 

2015.02.15 15:17 | URL | #- [edit]
ななお says... ""
ポジショントークさん


もう、まさにその通りかと
読んでて面白かったです
2015.02.15 19:42 | URL | #- [edit]
says... ""
そもそも亀田に実力がないのが一番の問題。別にリング外でいくらゴタゴタがあろうがファンが望むマッチメイクしてスカッとKO勝ちする実力があればそんなに叩かれてないでしょ
話題性だけで実力がないのにTBSに無理矢理チャンピオンにされて後に引けなくなって現在まできた感じだろ。TBSなんて結局数字取れればいいだけだし亀田一家に素のままやりたい放題させてれば勝手に視聴率は上がるしボロ儲け。一番おいしい思いしたのはTBSだろうな(笑)
2015.02.15 19:43 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
亀田を嫌うのは自由だと思いますよ

ただ嫌われ者だからやってもいない監禁や恫喝の汚名を着せられたり、異常にバランスを欠いた理由でライセンスを取られたりするのはおかしいと言ってるだけです。

なんかこう『日本から出て行け』式の雑なことを言ってる自称マニアとか見てると悲しくなります。ガキみたいなこと言う大人が多すぎますよ。
2015.02.15 23:21 | URL | #- [edit]
かっしぃ♪ says... ""
そうですよね。
チョットおかしいですよね。
私は興毅を応援してますけど、
亀田家を嫌う人がいても、仕方ないですしね。
アンチは多いとは思いますが、
嫌いやからって、何もかも悪いと決めつけてる様に感じます。
別に好きになる必要は無いんで、
冷静な目で、公平に判断して頂きたいですね。


2015.02.18 00:01 | URL | #- [edit]
とっくめい says... ""
八百長や不正レフェリング、細工は山ほどやってますよね。
2015.02.18 14:34 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>とっくめい様

そういう子供向きの話題は2ちゃんか妄想ゴシップライターのブログの方が向いてると思いますので、そちらでどうぞ。
2015.02.18 18:39 | URL | #- [edit]
とっくめい says... ""
でも不確実なことが多すぎますよね?あなたも例のブログで疑義を呈してたわけではないですか?カルロス・ボウチャン戦でのローブロー連打が何故か止められなかったり、イルファン・オガー戦で肩に噛みついたり、次男がビッキー・タウミルとの試合でボディ・プレスまでやっておとがめなかったり、3男がジャモエ戦が引き分けなのが何故かスライマン父の電話で裁定が2-1に変更になったり不思議な事が多くないですか。史郎氏が安河内氏に「タマとったる!」とポンサクレックに長男が負けた後は何を意味してるのかゴシップ・ライターでなくても気になりますし、都合の悪いことを聞けないのもあなたが毛嫌いしてるマスコミ以下でないですか。
これほど不可解なことをコンプリートしてるのは亀田だけってあなた「亀田家は割腹死」をHNにあげていたときにコメントしてたじゃないですか。都合のいいところだけ抜き出して無かったことにするのは亀田ともあなたが毛嫌いするライターとも同類ですね。リング外のことや業界の内情に首を突っ込むあまりリング上の事は見えなくなったか、見えない不利をしてるだけですね。
2015.02.18 21:06 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
あなた相当な亀田マニアですね(笑)

>これほど不可解なことをコンプリートしてるのは亀田だけってあなた「亀田家は割腹死」をHNにあげていたときにコメントしてたじゃないですか。

ついでに私のマニアですか?(笑)

リング上のことを言えば自分は亀田兄弟のファンではないです。
でもだからといって監禁とか暴行とか言うのは違うと思いますよ。
そういう卑怯な方法で嫌いなスポーツ選手を貶めるのは間違っています。
2015.02.18 23:38 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
>八百長や不正レフェリング、細工は山ほどやって

ちょっと気になったのでコメントします。
当時、不当判定と思われる試合について僕も亀田に批判をぶつけていましたがさすがに八百長とまで言った事はありません。
ファンが感情が昂ぶってそう叫ぶのは自由ですが、あったとした場合には当事者、例えば対戦相手や当該試合審判が告発しない限りそれを証明するのは難しい。
これまで散々あったのではないか?という疑念を抱くのは自由。
しかしながら、証明しようとした人もいないし、実際に訴えも無いという事を考えれば無かったということです。
いちいち説明するのもあほらしいですが、「何人も有罪と宣告されるまでは無罪と推定される」つまり推定無罪の原則です。

不正レフェリングという表現についてこれは公平公正を欠くレフェリングという意味ですね。
これを意図的に「不正を働いた」つまり買収などによって人を欺く行為があったと印象付けようとしたものですね。
僕もカルロス・ボウチャン戦でのロウブロウ連打とレフェリーには何故注意しない?についての疑念がアンチ亀田になったきっかけです。
この「反則」について何故起こったのか?は選手に聞いてます。
「リングの中では何が起こるかわからないんです。やるかやられるしか無くて、とにかく勝つ事しか考えてませんでした。レフェリーが注意してくれてたら(試合途中で)気が付いたかも知れません」
これについては擁護するつもりも毛頭ありません。
「僕らずっと素でやって来てこれはやったらアカンのやな(という繰り返しで)と一つ一つ勉強して来ました」という発言を旧徳さんは経験主義という言葉で表現してますが、亀田親子には世間でどう見られるという視点はほとんど無くて、つまり世の中を信じないまま世に出て有名になってしまった。
まず自分の世界があって世間との間のそこから生まれる軋轢から学んで来たという訳です。
ぼくらからしたら世間でどう見られるか?というのは義務教育終える頃にはほとんど学ぶというか大人達にぶっ叩かれて知る訳ですが、彼らには無かったと言っていいでしょう。
品行方正ではないし、ハッキリ言ってアホか!とも思いますがこれは僕の尺度で、この“経験主義”はある意味特異な環境と相俟って育まれたものと感じます。
だからこそ、どうであれ、三兄弟世界王者を作れたのかなと思ってます。
僕はリングの中は解りませんが、少なくとも彼らは世間と言われる中でも凡人では無かったという事です。

一方でレフェリングについては以前に当事者であった方に取材してまして「反則は許されないものですが、あれは(試合当事者である)僕らにも責任があるんです。ちゃんと注意して度重ねれば次は減点もあると警告しなければならない立場。そういう反省はあります」と。
選手の責任と試合管理者の責任という両面をファンは見なければならないという事です。

「タマとったる!」の真相は一部報道されてますが、歪曲して報道された事をそのまま鵜呑みにしてる人がまだいますね。
以前にこれは当事者の安河内さんに取材してます。
ポンサクレック戦のトラブルについて
「亀田サイドの抗議は判定を巡るものでは無くて、5Rのバッティングについてレフェリーに向けられたものです。万が一不正などあれば僕は辞める覚悟で(試合後)採点表をチェックしました。しかし採点表には問題無かった。ただレフェリーのガルシア氏が間違ったアクションをしてしまったんです。ですからJBCとして直ちに記者会見をやって説明をしました。しかし(後で知ったが)それを捻じ曲げて報道した一部メディアがあったようですね」
「証拠のテープがある!というところだけが抽出されて報道されましたが、あれはテレビ局のカメラが一部始終を納めてるはずという意味で、これを検証すれば誰が正しいか解るという意味だと思います。当時ちゃんと取材してくれれば無用の混乱は無かったと思います。亀田との癒着が言われたようですが真実はこれしかないです。何回も言ってますが(笑)コーヒー一杯ご馳走になった事はありませんし・・ただ、あの言動は域を明らかに越えてましたから厳しい処分になりました。処分発表直前にライセンス返上を通知して来ましたが、これも僕は受け付けませんでした。」
受け付ければまた取得も可能になってしまうからだと思います。
安河内さんが永久追放にしたんですよね?と亀田サイドに聞きましたが「そうなんですけど、今はね冷静に受け止めてます」
ここでも経験主義なんだよなぁ・・。

※補足
焦点は5回の偶然のバッティングによる減点ポイント。WBCルールにより、ガルシア・レフェリーは、負傷のないポンサクレックに減点1を科した。直後にもバッティングが生じたが、これは両者が負傷したため、減点対象にはならなかった。ここでガルシアは指を2本立ててアピールしてしまった。それを亀田サイドはポンサクレックに減点2を与えたと認識した。しかし実際には両者減点のため相殺されてポンサクレックの初めの減点1のみが反映された。
そこで亀田サイドはレフェリーがリング上で2点減点とアピールしたのは事実、試合展開が変わった可能性もあるとして猛抗議。
そしてあの暴言が飛び出した。
2015.02.19 07:34 | URL | #bH1htKmU [edit]
とっくめい says... ""
>シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです)

あなた、2ちゃんねるで相当の有名人ですしね。例のブログのスラップ訴訟のサイトを荒らした事も否定してないし、普通にネットで検索すればあなたの矛盾した過去発言やHNなどすぐ検索できますよ。亀田の暴挙なんてyoutubeに一杯落ちてるし、普通にボクシング・ファンならマニアでなくても覚えてるでしょ。あなたのいうマニアの定義ってそんなにハードルが低いんですかwww
どうりでその時々の感情に流された薄っぺらな書き込みしかないわけだ。
皮肉ったつもりでも例のブログで匿名相手にしてたときみたいに賛同してくれる人はもういないよ。あなたのお仲間たちを除いてね。
2015.02.19 07:55 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
情報から取り残されてしまったファンの為に一生懸命取材してるんですけどね。
いや、それはそもそも僕らの反省から始まってる事なんですけど。
情報源の秘匿の為に書けない事もあってそれは素人のくせにいっちょまえに葛藤してます(笑

それと誰が書いてるか判らない2ちゃんねるを鵜呑みにしてる人は、やっぱりいるんですね。
レベル低いわ。悪いけど。
2015.02.19 08:07 | URL | #bH1htKmU [edit]
とっくめい says... ""
>BBさん

申し訳ないけど長男の発言は金をもらって試合を見せるプロとしては言い訳にしか読めませんね。リングで何がおきるかわからないとか言いつつも、故意に頭をぶつけにいったり、ローブローを続けて出したり、噛みつきや投げまで打つのは擁護出来ないと思います。しかも何戦も何回も、マリーシアどころではないだろうよ。
例のブログであなたは別HNで兄弟が密室と化した例のジムで反則の練習をしていたであろうという記述をしてたことを覚えてます。それも例の方の自演か捏造ですか?
リング外の監禁・暴言の有無に関しては当事者間で解決すればいいですが、リング上でファンに不誠実なものを見せ続けていた事実は消えない。しかも確信的に。プロだけで30戦以上もやって今さら真面目にやるから支持してくれと言われても誰も信じませんよ、そんなこと。

あと割腹死氏は監禁や暴行など卑怯な方法で嫌いな選手をおとしめるのは間違ってると言ってるけど、リング上が駄目だったからおとしめられてるということを忘れてるのか?そっちの印象付けの方がずっと卑怯だし、例のブログの頃から変わってないですね。
2015.02.19 08:11 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
>例のブログであなたは別HNで兄弟が密室と化した例のジムで反則の練習をしていたであろうという記述をしてたことを覚えてます。それも例の方の自演か捏造ですか?

それでもボク愛のハンドルネームでの投稿のことですかね。
リーク用に「砂上の楼閣」というハンドルネームで当時の関係者から聞き取りした事をそのまま投稿した事は何度もあります。
当時黒いライターとかなんとかも流行ってましたね(笑
なんか発信者としていっちょまえになってたつもりというか、馬鹿ですわ。
スパーリングパートナーの発言や亀田ジムに出入りする人からの情報はそのまま夕刊紙の記事にもなりました。
ファン同士で顔を突き合わせての集まりでも、それを言った事は何度もあります。
しかし、亀田糾弾が使命みたいに思ってた当時の僕が出来る事はここまででした。
その意味では例のブログ?と利害が一致した時期がありました。
ただ僕の情報は二次情報に過ぎない事にある時気付いたんです。
それを書き手に言った事はありまして直接取材を薦めた時もありました。
それは書き手を守る為でもありました。
書いてる人はさらに主観や想像も入りますから最終の受け手はいわば三次情報です。
これは大変な事をしてしまったという猛反省が今あります。
レベル低いなんて書いてスイマセン・・僕も相当にレベル低いです。

>リング上でファンに不誠実なものを見せ続けていた事実は消えない。しかも確信的に。プロだけで30戦以上もやって今さら真面目にやるから支持してくれと言われても誰も信じませんよ、そんなこと。

それはその通りだと思いますが、選手は支持してくれなんて女々しい事は言ってませんよ。
ジム関係者は選手を守る立場ですから、「今後はアンチの方々にも納得して頂けるようにリングで結果を出します。応援お願いします」とは言いますよね。
でも、それは受け手が判断する事であって僕もそうです。
ただ、海外でやるというのは国内でやる事よりも相当に厳しくて、その中に居る彼らも覚悟を決めている事が実際に会って解りました。
これはあくまでも僕の感想ですが、海外で結果出したらそりゃ認めざるを得ないだろうと言う事ですわ。
結果出したら胸張って日本に帰って来なさいと。
もう僕は過去の事はいいですわ。
選手はリングで答え出すしかない。
2015.02.19 08:49 | URL | #bH1htKmU [edit]
says... ""
私からすればカルロス・ボウチャン戦のローブローは
当初から審判が悪いと思ってましたけどね。
ちゃんと注意しないのが悪い。
オーソドックス対サウスポーはオープンの構えになるから相手から見て股間が開く形になって、
ローブローになりやすいのは常識ですからね。
反則を取られなければガンガン殴りにいくのは当然です。
2015.02.19 10:22 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>とっくめい様

2ちゃんや匿名のコメント欄に書かれたことを否定しないと、事実になると思ってるんですか?『2ちゃんがソース』じゃ生きるの大変でしょ?

 まあそういうことして他人の評判を落とすのが常套手段の『匿名掲示板の神』がいると言う話は聞いたことがありますけどね。

 このブログを始めて様々な信頼できる関係者や業界の方、ファンの方と知り合えたと言うのが私の実感です。

 亀田が嫌いと書くのは自由ですよ。亀田のリング上の振る舞いや判定には疑惑を持っていると書くのもOK。でも「あいつらは監禁・暴行をした」と書くのはアウトです。事実じゃないから。

 そこを分けて考えないとね。分かったかな?

 しかし『スラップ訴訟』の原因だと言う記事の真実性が危ういと言う時2ちゃんだなんだとやってられるなんて呑気ですねえ。ネットで印象操作しても裁判の行方にはなんの影響も無いと思いますよ。

 無駄なことしてるなあ...
2015.02.19 10:31 | URL | #- [edit]
says... ""
亀田の記事面白かったです。
まるで2ちゃんのような某ブログなんかよりも
2015.02.19 15:03 | URL | #SP4vahHI [edit]
says... ""
この一家は何から何まで井上一家とは正反対だね。ヒールなのに弱いってのも笑えるな。
2015.02.19 17:27 | URL | #- [edit]
渡辺パンチ says... ""
2ちゃんのようなブログとは?
2015.02.19 18:13 | URL | #- [edit]
says... ""
とっくめいさんってのは
ハイ◯ーさん、もしくは拳◯関係者ですか?
2015.02.19 18:30 | URL | #/ywX.P5o [edit]
ホシイモ says... ""
昔の拳論ぽい絡みのある書き込みでつね

(懐かしい´ω`懐かしい)
2015.02.19 19:12 | URL | #bGf9qjkw [edit]
says... ""
パンチへ

わかる奴だけわかればいい
2015.02.19 20:10 | URL | #jKuwQH0I [edit]
says... ""
例えば今の裁判が全て亀田の勝訴になったとして世間の亀田の印象は一切変わらないでしょう
本質はあくまでボクシング選手としての実力ですから。本物井上みたいに誰もが納得する強者とやってこそ評価される
まぁ亀1、2はもう手遅れでしょうけど(笑)
2015.02.19 21:36 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
名誉毀損の裁判は蒙った被害を回復するためにやってると思うので別にアンチファンのリアクションはどうでもいいでしょう

JBC相手の方はライセンスを戻すのが目的なのでこれも関係ない

裁判とリング上のことは分けないと混乱するだけですよ
2015.02.20 00:36 | URL | #- [edit]
says... ""
ハイ◯ーや拳◯関係者はわざわざこちらで書き込みしてるんですか?
2015.02.20 12:40 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
そういうのも2ちゃんでお願いします

今後は承認しません。悪しからず
2015.02.20 14:40 | URL | #- [edit]
おまえ says... ""
リング上の亀田三兄弟は好きです。しかし、マッチメークや過去の数々の悪態については嫌いです。そして、裁判やJBCとの問題などは、記事になっているものも含め、多分に憶測などもあり、お互いに言い分もあるでしょうから、結果が出るまでは興味がありません。
亀田三兄弟や亀田父がボクシングに一生懸命取り組んでおられるのは見ていてよくわかります。マッチメークや判定がどうあれ、三兄弟が揃ってチャンピオンになった事は偉業だと思います。だからこそ、「素のままだから」だけで色々済まさないで欲しい。特に相手選手に対してのリスペクトのない言動や反則指示。これについては、素のままでもやってはいけない。「反省して謝った」のはわかっていますが、「あの時は素のままだったので…」と言われると、「だからしゃあないやん」って、反省してないように見ていて不快になります。
マッチメークにしても、戦ってきた相手は決して強くない選手ばっかりとは思っていません。しかし、本物の強い選手は避けてきたと言われてもしかたないとも思います。「負けたくないから」だと思いますが、そんな事スポーツ選手なら全員が思っています。「オリンピックは強いのがいっぱい来るからやめとこ」って言って国内最強の柔道選手。みたいなのはいないのに、ボクシングはそれができる。
亀田選手のせいではないでしょうが、亀田選手のブログに「山中選手を倒して下さい」などの書き込みをしても消される。これは逃げてると受け取ってしまいます。
少なくとも私は強い選手と試合をして倒されても、「それでも俺が最強」などと素のままで悪態をついて初めて、リング外での行動を評価したいと思います。

ともあれ、興味深い記事本当にありがとうございました。これからも楽しく拝見させて頂きます。
2015.02.20 17:18 | URL | #- [edit]
says... ""
ナルバエスを瞬殺してアメリカに衝撃与えた井上とやったら一番盛り上がるよ。
興毅と同じスーパーフライだし大橋さんならすんなり交渉進むでしょ。ただ興毅は絶対断ると思うけど(笑)実際スーパーフライで勝てそうな王者は河野くらいしかいないしね。必要以上に河野に拘るわけだね(笑)
2015.02.20 21:09 | URL | #- [edit]
says... ""
JBCと裁判とあのゴシップ記者はセットなのでしょうか。
都合の悪い奴、嫌いな奴は捏造で陥れられる村社会…というのは笑えません。
マッチメイクや実力なんて、不満なら見なければいいという程度の問題でしょう。
2015.02.20 21:27 | URL | #- [edit]
says... ""
>>マッチメイクや実力なんて、不満なら見なければいいという程度の問題でしょう。
毎日汗水流しバイトしながら日々地道に努力して世界チャンピオンを目指してるボクサー達に失礼だろ。具志堅さんじゃないが金あれば実力なくても世界チャンピオンになれるのか?
そんなプロレス興業みたいなお笑い出来レースはアメリカで思う存分やってろ。通用するならな(笑)
2015.02.20 22:21 | URL | #- [edit]
says... ""
以前に興毅はあること無いことを書く雑誌記者を例えて「ペンはナイフより怖いと」言ってたが亀田一家の今までの言動や行動はそれ以上に世間に対し不快な印象を与えた事は事実極まりない。もう古いが「ありのままの~亀田一家見せたのよ~」と今更カミングアウトされてもハァ?だから何んだ世間知らずでゴメンちゃいって済まそうってか?って話でしょう。
だれが納得するんじゃいボケ
2015.02.20 23:21 | URL | #- [edit]
says... ""
HBさん
次亀田を取材した時はパンダム時代にモレノとの対戦が義務付けられてたのに孫戦をしてからとモレノを待たして孫戦後に何故スーパーフライに逃げたのか聞いてくれ(笑)
2015.02.21 00:01 | URL | #- [edit]
says... ""
>毎日汗水流しバイトしながら日々地道に努力して世界チャンピオンを目指してるボクサー達に失礼だろ。

「毎日汗水流しバイトしながら日々地道に努力して世界チャンピオンを目指してるボクサー達」を精一杯応援して上げて下さい。でもそんな選手もボクシング村でわけのわからない処分を受けたり捏造で陥れられて中傷されたりするかもしれませんね。
2015.02.21 06:51 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
匿名さん、もう全部掃き出しましたか?

>具志堅さんじゃないが金あれば実力なくても世界チャンピオンになれるのか?

金があればというのは世界戦を行える環境が整えばという意味ですね?
ならばそれはお金も含めて最低条件でしょうね。
これは下取材で知った事でしたが、スポンサー集めや観客動員など選手も相当に努力して来た事をかつての支援者から聞きました。
今や選手も練習だけしてれば良いという時代じゃないんですよ。

実力が無くても世界王者になれるか?は一定の実力が無ければそりゃ無理でしょう。
あとは結果をもっての実力比較の問題ですね。
世界王者は沢山いますからね、ここは冷静に考えるしかない。

プロボクシングは競技スポーツと興行の二面性があってファンはスポーツとしての一面しか見ない場合があります(それで良いのだと思います)が、現実はそうではないという事ですね。
しかし、これは何も亀田だけではないという事です。

>今更カミングアウトされてもハァ?

世間知らずなのか、それで済まそうとしてるかどうかは判りませんが、彼らのアイデンティティーの一端は記事でお伝え出来たのではないか?と思ってます。
僕らにとって今回の取材は人間亀田とは?という視点でしたので、その意味では批判という形の反響も成功だと思ってます。
どうしても騒動に目が行ってしまいますけどね、しかし現象としてそこからも彼らが何を考え何を目指しているのかが垣間見えて来ます。

>何故スーパーフライに逃げたのか聞いてくれ(笑)

さて、「これからは先ず米国で結果出して欲しい」と思う僕にはもう興味無いんですわ。
彼らはもう先を見てますからね。
取材中に負けたらどうするんだろう?って内心思ってたらそれを読み取ったのか興毅選手は「負けたらまた一からやるしかないんです。僕ら西成から一から始めましたから同じです」と。
ちゃんと会話が出来るのか?という所から始まりましたが、彼はとても繊細ですよ。
こういうところがギャップがあって面白い。

モレノ戦とか聞きたい人が直接聞いてくれって正直思うんですけど、もっと知りたいという声が多ければ機会があれば聞いてみますよ。
2015.02.21 07:09 | URL | #bH1htKmU [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>おまえ様

コメントありがとうございます。こういうコメントが入っただけでも記事を書いた甲斐があるというものです。

亀田兄弟にとって真摯な批判者となるのは亀田兄弟を好きな人たちだと思います。

しかしアル・ヘイモンと契約したことや、河野公平と対戦したいと言ってるわけですから、マッチメイクについては大分改善されたと思います。なのに批判すると言うのは解せないなあと。

>少なくとも私は強い選手と試合をして倒されても、「それでも俺が最強」などと素のままで悪態をついて初めて、リング外での行動を評価したいと思います。

例えば海外の一部の選手って負け惜しみが凄いですよね(笑) 。亀田兄弟も開き直ってあれくらいすれば...。

2015.02.21 12:12 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
我々の取材は別に彼らを批判することが主旨じゃないので、「JBCと全面対決宣言!亀田兄弟壮絶スキャンダル史の真相!全て答えた激白90分!」みたいな記事にはそりゃなんらんですよ...。そんな喧嘩腰で行ったら取材自体できないですし...。

なんかもはやアンチファンにとっては亀田は犯罪者的な次元の悪人になってるんですね...。

亀田が嫌いなら見なければ良いし、自分が好きなボクサーの試合を見ていれば良いと思うのですが。

お金が無いと世界戦ができないというにはまさに現実的な話で、佐藤洋太選手などはそれで引退したようなもんじゃないでしょうか?

世界王者になっても、それに見合った報酬が受けられない。経費に興行収入が追いつかない。

河野公平選手もだからこそ亀田と対戦したいのだと思います。デンカオセンと試合を組んだのも亀田との試合を見越してのことではないかと。

「河野公平は亀田と試合するな!」みたいなこと書いてるファンは、その結果や彼の今後の人生に生じる変化についてなんらかの責任を持つのでしょうか?引退後飲み屋で居合わせればファンからビールの一杯も奢ってもらえるかも知れませんが、まあそれくらいでしょ?はっきり言ってファイターの生活を無視したようなイチャモンをつけるのはファンの領分を越えています。

まして現在のプロボクサーの生活を取り巻く環境は10年前、20年前とも全く違います。命を懸けてリングに上がってもアルバイトをしないと生きられないくらいしか稼げない。テレビ放映権料も下がって海外から選手やオフィシャルを呼ぶ経費すら追いつかないと言う現状を分かっているのでしょうか?

それは日本タイトルとて同じこと。もはや首都圏か一部の関西圏でなければ、日本タイトルマッチの興行すらコンスタントに打てないのです。日本タイトルや東洋タイトルをとっても経費ばかりかかって儲からない、労力に合わないということで早々に返上する、海外で下部タイトルに挑むと言う流れが出てくる。

国内で世界戦をしようとすればテレビ局は少数のプロモーターに独占されてがんじがらめ。選手の招請や興行も一部のプロモーターに独占されて、中間搾取で利益も出ない。その結果和気選手のケースのようなトラブルが出てくる。

ファンも業界の構造変化や現実を踏まえて意見発信して欲しいと思います。そうでないと選手に全てのしわ寄せが行くことになってしまいます。
2015.02.21 12:45 | URL | #- [edit]
says... ""
パッキャオとメイウェザーの対戦決まりましたね。ついでに井岡レベコも決まりました。さて亀田兄弟はこれからアメリカを主戦場にするわけですが向こうは打ち合いを好みつまらない試合には容赦ないブーイングですぐ干されます。あのテクニシャンのリゴンドーでさえ干されて日本での試合を余儀なくされた。
そういうボクシングの本場で亀田兄弟のスタイルが到底受け入れられるとは思えない。
2015.02.21 20:40 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
仰る通り正念場ですねぇ。
ただ、そういう時期を何度も迎えられるのは選手としては幸せな事だとも思います。
2015.02.21 22:54 | URL | #bH1htKmU [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
全ては試合次第でしょうね
2015.02.22 00:44 | URL | #- [edit]
says... ""
亀田兄弟と井岡は一生応援はしたくないですね。てか日本ボクシング界の恥ですわ特に亀田兄弟は。本物王道ボクサー井上の試合や生きざまみたらボクシングの真髄はなんたるかを改めて教えられましたわ。
2015.02.23 22:33 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
まあ好みはひとそれぞれですので

海外サッカーしか見ない人もいれば、J2しか見ないという人もいます。

日本映画しか見ない人もいれば、洋画しか見ない人もいます。

アイドルのCDしか買わない人もいれば、洋楽ロックしか聴かない人もいます。

大事なのは自分の趣味を絶対視し他人を否定しないことだと思います。

2015.02.24 12:43 | URL | #- [edit]
says... ""
俺は亀田兄弟が日本で試合出来なきゃそれでいい。後はアメリカでやろうがメキシコでやろうがどうでもいい。ただもう日本では二度とやって欲しくない。これ以上日本でボクシングの本質を汚して欲しくないからね。
2015.02.24 22:14 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>俺は亀田兄弟が日本で試合出来なきゃそれでいい。

亀田が嫌いなら見なければ済む話だと思いますけど

自分が嫌いだから日本から出て行けというのは単なるワガママですよ

それと日本には職業選択の自由と言うのがありますので、不当な方法で就労を妨げるのは違法ですよ

2015.02.24 22:35 | URL | #- [edit]
おいろん says... ""
そもそもの話、大毅の統一戦での興行主はどこなのかという話ですよ。
TV局と契約結んで放映権料を戴いていたのはどこですか。
それは亀田プロモーションではないのでしょうかね。
仮にルールミーティングで負けても王座保持が決まっていたとしても、その事実を公表するのは亀田プロモーションの仕事ではないのでしょうかね。
仮にJBC側がルールを誤解していたとしても、あれだけ繰り返し負ければ空位と報道し本人たちのブログにまで「負ければ空位」と書いてある訳で落ち度が無い訳がありません。
(負けても保持のルールであったとした場合、不思議な事にJBCは全く逆に勘違いし亀田側は知っていたのに誤って全く逆の報道を行ない尚且つそれに気付かないというおよそ起こりえない状況と考えなければいけません)
それでも当初JBCは寛大な対応をしてくれていた訳です。
それなのに、「世界的な常識」だの「JBCは世界の恥」だの発言されては堪忍袋の緒が切れるのも仕方ないでしょう。

結局それまでにも好き勝手やってきていた彼らにしっぺ返しが来た訳です。
今回の処分は、興行主としての勤めを果たしていなかった亀田プロモーションに対しての処分であり、それによってそこに所属する選手のライセンスに間接的に影響しただけです。
職員との訴訟は亀田側がそもそも起こした訴訟に波及したものです。混同してはいけませんね。
移籍を模索するのは現役を望むのならば当然ですし、認められないのは自身の過去が災いし審査が厳密になっているだけです。
簡単な話です。自身のプロモート権を主張せずに、大きなジムに移籍をお願いすればいいだけです。
自業自得である本人の意向が反映されないのは当然の「社会の常識」ってやつですね。
2015.02.25 00:11 | URL | #FECFAQn. [edit]
B.B says... ""
おいろんさん、投稿ありがとうございます。

おいろんさんのご意見はそのままJBCが主張している所で、概ねそうした根拠で処分決定書が書かれているようです。
それに対して亀田プロモーションは不服を申し立てた上で、昨年の12月27日に(地位確認を含む)民事裁判を起こしています。
プロモーターとしての道義的責任はあるのではないか?と僕も感じるところですが、JBCにも実務上の問題があったと。
この辺りの根拠となっている事実関係が裁判では争点の一つになっていく事でしょう。
注目されるのは証人尋問です。

さて、その事実関係が明らかにされ、認定されたところで「社会の常識」なるものが如何なるものだったのか?が司法によって判断される訳です。
ブログ発信の件など幾つかについて詳細に聞き取りをしていますが、その他記事で触れなかった点については、裁判ですべて明らかになると判断した為です。
裁判はまだ始まったばかりですが、決着にはそう時間が掛らないものと思われます。
2015.02.25 02:54 | URL | #bH1htKmU [edit]
幻 says... ""
以前にも何度も書いてますが、
プロモーターからルールを発表するなんて聞いたことがないですし、
あったらおかしいことだと思いますが。
そのために統括団体が存在しているハズですが。
2015.02.25 07:34 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>おいろん様

亀田に責任がないとは言ってません

ただJBCにもIBFにもリボリオ・ソリスにも責任があるのだから亀田だけをパージして終了と言う始末はおかしいと言ってるのです。

特にJBCは試合管理に際して職責があることは明白であり、ルールを知らずに試合をさせたことに重大な瑕疵があります。

そもそも全てがプロモーターの責任ならJBCは一体何をするのが仕事なのでしょうか?

と言うやり取りももう一年近く繰り返してますね。ウンザリしますな。まあ裁判で妥当な判決が出るでしょう。

それと

>それでも当初JBCは寛大な対応をしてくれていた訳です。
それなのに、「世界的な常識」だの「JBCは世界の恥」だの発言されては堪忍袋の緒が切れるのも仕方ないでしょう。

JBCって江戸時代のお代官様みたいなもんなんでしょうか?まるで封建制度のような感覚ですね。民主的な組織とは思えないですねえ。
2015.02.25 22:31 | URL | #- [edit]
says... ""
>>亀田が嫌いなら見なければ済む話だと思いますけど

内藤大毅戦以降から亀田兄弟の試合は見てないですわ。あんなんもはやボクシングじゃないからからね。亀田の茶番劇でこれ以上、輝かしい日本ボクシング界の歴史を汚されたくないからこれ以上日本で試合を絶対して欲しくないだけ。嫌いなら亀田を見なきゃいいやんとかのレベルではない。海外でやる分にはどうぞ勝手にどうぞだけどね
2015.02.25 22:41 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>嫌いなら亀田を見なきゃいいやんとかのレベルではない。海外でやる分にはどうぞ勝手にどうぞだけどね

 根本的な問題として、社会と言うのは価値観の違う人とも共存しなければならないと言う前提があなたは分かっていますか?

 「日本から出て行け」式の発言をする資格は誰にもないのです。2ちゃんとかの匿名掲示板の論法をどこでも使うと教養を疑われますよ。

>輝かしい日本ボクシング界の歴史

あなたに質問

協栄ジムのオレンジ事件や渡辺二郎が譲渡した拳銃で殺人事件が起きたこと、麻薬中毒のエドウィン・バレロが奥さんを殺して留置所の中で自殺した事件とかは輝かしい日本のボクシング史に含まれるのでしょうか?

最近だとクラブオーナーが所属選手を脅迫して警察沙汰になった事件は?内山高志をプロの世界に誘ったと言う有名プロモーターが強姦未遂事件で実刑判決をうけたことは?これも輝かしい日本のボクシング史に入りますか?

JBCが民事裁判で連続して不当解雇の判決を受けて多大な賠償を命じられているのはどうでしょう?

コミッションの職員がゴッシプライターと共謀して捏造記事で選手を貶めているのはどうですか?


2015.02.26 00:04 | URL | #- [edit]
says... ""
Jbcで人事換えがありましたが、これは裁判に影響されたものでしょうか?
今、最高はどういう状況なのでしょう?
裁判で勝ったら亀田は国内復帰となるのでしょうか?
2015.02.26 12:36 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
浦谷さんが記者会見で出してた安河内事務局長(当時)の横領の証拠だというフグ屋の領収書はどうなったんでしょうね?

公共の場で人様を犯罪者呼ばわりしたわけですから、説明が必要だと思いますけど。
2015.02.26 13:03 | URL | #- [edit]
says... ""
亀田兄弟の試合を日本で見れなくなってから実に快適ですな。砦の残るTBSお抱え井岡も怪しい傾向ですがまぁ興毅やら大毅よりは強いし期待したいですね。金払ってロマゴンから逃げて干されてましたがアムナトとの敗戦を経験して強者レベコとやる みたいなので少しは見直したよ。
2015.02.26 22:50 | URL | #- [edit]
says... ""
暫定王者のサンチェスが次戦は河野とやると言ってるからこのまま行けば河野サンチェスなんだろうけど興毅にとっちゃ勝機がある河野とやりたいだろうから強引に河野戦を実現させるのかな?
2015.02.28 10:43 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
暫定王者と統一戦してもすぐに次の暫定を作られるしで正規王者にはメリットはあんまりないですねえ。

亀田戦がしたいのは稼げるからでしょうね。再三書いてるようにプロなんだからお金を稼ぎたいと思うのは当然だし、それを罪悪視するようなファンの感覚は訳分からんです。
2015.02.28 13:36 | URL | #- [edit]
says... ""
WBAが去年河野に亀田を指名試合相手にしましたがJBCがWBAに暫定王者の乱発や規約違反なタイトルマッチなどに苦言を呈しWBA脱退を匂わせ河野亀田戦は中止されました。まぁ本来であれば正規チャンピオン河野と暫定王者サンチェスの対戦が最優先されるわけで2位の興毅は対象外です。まぁWBAとしても日本市場は失いたくないだろうし挑戦者興毅優先は もうないでしょうね(笑)
2015.03.01 22:51 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>苦言を呈しWBA脱退を匂わせ河野亀田戦は中止されました

苦言ってこのデタラメな英文のやつですか?(笑)私には国辱もんのクレームだとしか思えないのですが。→http://boxing2012.blog.fc2.com/blog-entry-352.html

暫定王座の乱発も何ら変わっていないですが、JBCは今でも脱退の意思はあるのでしょうか?これ単に亀田へのイヤガラセでしょ。本当に程度が低い。しかも英語が恥ずかしいし...。

暫定王者を倒してもすぐに新しい暫定作るだろうし、賽の河原の石積みみたいなもんです。それよりも稼げる試合した方がいいですよ。
2015.03.02 00:07 | URL | #- [edit]
says... ""
そらWBAだって亀田で金儲けしたいしょう。だけど個人亀田と大きな日本市場を天秤にかけたら答えは言わずもがな。ただでさえWBAは金儲けの為に王者乱発して世界中の信頼を失ってますしね。
2015.03.02 21:51 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
JBCは暫定王座の乱発について『苦言』(笑)を呈して脱退をほのめかしたんでしょ?

でも暫定王座の乱発は何ら変わっていないので状況は何も変わっていないと思うのですが?

結局JBCと敵対してる亀田の妨害をするためにヘタクソな英文レターで横槍を入れたと言うだけでしょ。それが一国のスポーツコミッションがやることですかねえ...。

そもそも亀田と組むなら縁を切るぞ!って現役のチャンピオンやランカーがいるのにJBCの一部の幹部の思惑で出来るわけないでしょ(笑)。そんなことしたらまた裁判で負けちゃいますよ。
2015.03.02 23:19 | URL | #- [edit]
says... ""
亀田長男がいるWBAはずいぶんと嫌われてるようですが、どの団体も似たりよったりだと思います。アンチメガネをかけるとWBAがより黒く見えるようですけど。

そもそも、世界チャンピオンがこんだけ存在することが、おかしいのですが、悲しいかのか幸いなのかわかりませんが、一般的にはそれが知られていません。

せめて、テニスのようなグランドスラム的扱いのようになればとも思いますが(全米だけ狙いの選手はいないでしょうし)。

もうタイトルにはあまり興味がわきません。なんで世界挑戦すんのに日本ばかり、防衛も国内じゃ、世界チャンピオンの価値など語るに値しません。好きな選手の試合、マッチメイクの質が重要で、昔のように(昔は騙されていた部分もあるので)タイトルマッチというだけで心躍ることもなくなりました。
2015.03.03 19:43 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
仰るとおりもう世界タイトルの価値が昔とは違うわけで、権威がどうたらいうても詮無いことです

WBAとWBCの老舗団体が世襲っていうのもなんとも

ATPやFIFAのような組織が出来るような展望もないですし、現実を前提に考えるしかないですね

プロのトップ選手は試合数が少ないという根本的な問題もありますので

AIBAの方が競技の構造はしっかりしてますね



2015.03.03 20:18 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
僕も古い考えなんでどうしてもタイトルの権威に目がいってしまいますが、もうそんな事を言ってられる時代じゃないんですね。
マッチメークで耳目を集めるしかないと。
しかし世界最高峰という位置付け意義付けが失われ、タレント頼みになってはスポーツとしての存在意義さえ無くなってしまいますね
本当にそれで良いのだろうか。
いつか転機が訪れて世界タイトルの価値を一つにして欲しい。
2015.03.06 21:19 | URL | #bH1htKmU [edit]
says... ""
アンチの意見って本当に偏りすぎ
2015.04.07 19:28 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/393-923d409e