HARD BLOW !

K3 BOX&FIT GYM 訪問記 亀田興毅選手インタビュー PART1


※お願い もし今回から始まる亀田興毅選手インタビュー記事を引用されるマスメデイア、ネットメデイアの方やブロガーの方などいらっしゃいましたら、当ブログのメールアドレスまでご一報いただければ嬉しいです。もちろん強制ではありません。よろしくお願い致します。



 来るべき時が来たという感じでしょうか?

 『出来るだけ当事者にあって、直接聞いたことを記事に書こう』という方針でHARD BLOW!を始めて早三年。

 この三年間で様々な選手・元選手・関係者の皆様からお話を伺って記事にして来ました。
 当ブログの原点となった元東洋チャンピオンの榎洋之さん。(記事はこちら→悪童・・榎 洋之さんのこと・・

 坂田×内藤戦の試合後、判定を巡るトラブルでサスペンドされた大串尋人さん。(記事はこちら→ナイフと言われた男

 JBC との長く苦しい裁判を戦った安河内剛さんや谷川俊規さんやその他のJBC の元職員の皆さん。(記事はこちらから→新機軸だよ映像企画!安河内剛氏インタヴューPART1  もう一つのJBC裁判 谷川俊規氏の場合

 JBC を離脱して海外を主戦場に戦う山口賢一選手。(インタビューはこちら→イズム全開 山口賢一インタビュー&スパーリングレポート

 日本での承認直前に敵地メキシコでIBF タイトルを掴んだ高山勝成選手と中出博啓トレーナー。(インタビューはこちらから→高山勝成選手インタビュー&スパーリングレポート  インターバル40秒で12R!

 韓国で亀田興毅選手と戦い、不遇な判定で敗れたソン・ジョンオ選手とキムマネージャー。(記事はこちらから→HARD BLOW !年末年始スペシャル第一弾 ソン・ジョンオ(孫正五)インタビューinソウル 

 こうして列挙すると業界内のアウトサイダー的な人にばっかり会ってる気もしますが、同時に主流のメディアには載らない、発言の機会の無い人々に焦点を当ててきたと言う自負もあります。

 そんな我々が、ついに亀田三兄弟に直接面会してインタビューできることになりました。2006 年の亀田興毅×ファン・ランダエタ戦からのこの十年間、日本のボクシング界は良くも悪くも亀田三兄弟の強い影響下にあったと言えるでしょう。ブームの絶頂からランダエタ戦で急転直下総バッシング状態となり、その後の反則騒動で完全に世間を敵に回した亀田一家。かくいう自分もネット上では『病的なアンチ』なんて言われるくらいの激しい批判を浴びせたものでありました。

 ですが彼らはアンチの批判にもめげずしぶとく生き残り、日本での承認直後にWBO とIBF の王座を獲得するという絶妙のフットワークの軽さで世界初の三兄弟世界王者となり、アンチファンの鼻をあかしました。三兄弟の父親である亀田史郎氏が、大阪の片隅でぶち上げた「三兄弟世界王者」という稀有壮大な構想が、様々な障害を経て本当に実現したのです。

 もちろん安全第一と見えるスリルに欠けるマッチメイクや、おかしな判定、特異な言動などなど、手放しで乗れない要素に対して評価が分かれるのは致し方ないことであります。自分だって好きか嫌いかと言われたら、未だに好きなタイプのスポーツ選手ではないです。

 ですがしかし!しかし!正直認めざるを得ない要素があるのもまた事実なのであります。
 なんであれ世界初の三兄弟世界王者になったのです!
 2000 年代の国内フライ級トップ、内藤大助にも坂田健史にも勝っているのです!
 海外でWBO タイトルを取っているのです!ラスベガス、MGM グランドのメインアリーナで指名試合をしてKO 勝ちをしているのです!
 アメリカの大物エージェントとサインして、ラスベガスの世界戦で50万ドルのファイトマネーをとっているのです!

 ポンコツJBC の責任逃れのスタンドプレイのせいで国内での試合が出来なくなり、マスコミからも掌返しの冷遇状態という逆境にありながら、それでもJBC 相手に裁判も辞さずという対決姿勢を取れるのは海外のプロモーターとパイプがあるからで、これは日本のボクシングの歴史から見ても極めて特異なポジションです。

 それもこれも、史郎氏が三男和毅選手を単身メキシコに送り込んで鍛えた結果で、その慧眼にも今更ながら驚くばかり。さんざっぱらバッシングして来た自分が言うのもなんでありますが、もはや彼らは批判していれば済むという存在ではありません。現実に世界のボクシング界に一角を形成し、日本の業界に構造変化をもたらす存在になりつつあるのです。

 今回HARD BLOW!は、亀田兄弟の長兄にして亀田プロモーションの代表である亀田興毅選手と、亀田プロモーションのチーフマネージャーである嶋聡さんのお話を伺い、併せて大毅選手と和毅選手のジムワークも少しですが、見学させて頂きました。以下はそのレポートです。

IMG_4806_R.jpg


 亀田一家の拠点『K3 BOX&FIT GYM』があるのは世田谷区の若林。三軒茶屋駅から徒歩十分程度で、東急世田谷線の沿線と言う渋い立地であります。亀田兄弟が育った大阪の西成も世田谷線のような路面電車が走っていますが、正直街の雰囲気は相当違います(笑)。
 ジムは幹線道路に面しており窓も大きく明るい雰囲気で、2 フロアに渡る広々としたもの。以前の葛飾のジムはプライベートジムで閉ざされた雰囲気でしたが、こちらは一般のフィットネス会員さんも集めると言う開かれたジムなので雰囲気の違いは歴然。リングも相当大きく、照明・音響用のトラスなども備えております。

 ジムの二階に通された我々は挨拶もそこそこに、まずは嶋マネージャーにお話を伺いました。嶋マネージャーはテレビマン上がりと言うことで弁舌の巧みな方かと思いきや、どちらかというと訥弁で、ゆっくりと言葉を選びながら話されるタイプの方でした。

 まずは妄想ゴッシプライターが「監禁・暴行」と書きたてた高松のバックステージでの事件について。

 その様子は一部始終がビデオカメラで撮影・記録されております。というわけでどちらの言い分が正しいのか?我々も映像を見せて頂きました。この映像は当初マスコミ向けに上映される予定でしたが、JBC 職員側からクレームがつきモザイク処理と音声加工が加えられた上でマスコミに公開されました。暴行の事実があるなら満天下に見てもらいたい映像でしょうになぜに正体を隠す必要があるのでしょうか?普段はデタガリの彼がこういうときだけ引っ込み思案になるのも大層不可解であります。

 で肝心のビデオの内容でありますが...。

 全然監禁でも暴行でもありません!抗議の様子は言葉使いも終始穏当で、論理的なものです。暴行と言われるような行為はかけらも記録されておらず、監禁されたと主張しているJBC 職員は普通に歩いて部屋の外に出ています。なぜ監禁を主張しているのでしょうか?

 以下に亀田ジムサイドが制作し、マスコミに配布した、JBC職員側の主張とビデオ映像を比較した表を掲載致します。
原告主張とビデオ映像の対比_01_R

 亀田サイドがマスコミに配ったJBC職員の主張とビデオ映像を比較した図表。我々が見た限り、ビデオ映像は実際この表の通りでした。

 そもそもコミッションの職員にとって、プロモーターやジムのマネージャーに対応することは職業上の義務です。仕事でちょっと抗議されたら監禁だ恫喝だと騒ぎ立てるような人は根本的に職能がないのではないでしょうか?抗議されている内容に対する返答も、長谷川×モンテイエル戦のグローブについて事実誤認しているように専門知識に乏しく、返答も言い逃ればかり。最後には「自分達は下っ端なので決定権がない」と思考停止して逃げるという対応は、はっきり言って職場放棄でプロとしても失格です。大毅×ソリスの体重超過の事案と同じく、根本的にトラブルを解決する能力が無いのではと感じられます。

 ビデオ映像という明白な証拠が残っているにも関わらず、裁判で訴えているJBC 職員の自信の根拠がどこにあるのか当方にはさっぱり分かりません。そしてJBC の職員がいかがわしいゴシップライターと癒着し、職務中にメールや電話でタレコミにいそしむと言う職業倫理にも疑問を感じざるを得ません。仕事に集中していないのではないでしょうか?件の記事の内容もどう見ても事実とかけ離れています。一体誰が事実を捻じ曲げているのでしょうか?安河内氏や谷川氏の裁判でもゴッシプライターの記事の虚偽性は完膚なきまでに暴かれました。彼の言論はお友達のJBC 職員を守るためにあらかじめねじ曲げられているのではないでしょうか?

 さて続いては、嶋氏とクラブオーナーの吉井氏のライセンス停止の原因となった、大阪の大毅×ソリス戦のバックステージと、その後の移籍をめぐる騒動について、嶋マネージャーに詳しく伺いました。以下インタビュー形式で...。

ハードブロー(以下HB)-JBC には英語が出来る人がいないので、ルールミーテイングで交わされてる会話の内容が分かっていなかったのではと言う人がいるんですが...。

嶋マネージャー(以下嶋)-分かっていなかったと思います。だから試合の後、森田健さんに『JBC に英語が出来る人がいないのはいくらなんでもまずいんじゃないですか?』って言ったら『おおそうだなあ。誰かにやってもらわないと。』と言ってたんです。試合直後は、JBC の人も『今後はこういうことが無いように、ちゃんとルールを確認して』と言う感じだったんですよ。それが森田さんたちが東京に戻ったら急に『亀田が全面的に悪い』みたいになっててどうして?と。

 ここでもJBC は高松のケースと同じくイレギュラーな事態に何ら積極的に対応せず、『当事者同士で解決してください作戦』の一点張り。しかもルールミーテイングで交わされてる英語の会話も何ら理解していなかったのではという懸念すらあります。
 自分達の失態を糊塗して責任逃れするために、亀田ジムに全責任を押し付けたJBC は、嶋氏と吉井氏のライセンスを停止。ジム開き直前でクラブオーナーライセンスを止められた亀田三兄弟は、所属先がなくなったことで実質的に試合が出来なくなってしまいます。しかし興毅選手にはWBA チャンピオンの河野公平選手との指名試合があり、スケジュールの遅滞は許されません。そこで新しく会長を立てる道を模索します。

HB-元協栄ジムの大竹重幸さんが会長となるプランは、協会からも概ね賛同が得られてるという話だったとか?

嶋-こちらもそう思ってたんですけど...。

HB-協会の理事会で、あるクラブオーナーから強硬な反対があったということですが。

嶋-そう聞いてます。

大竹さんと亀田が組むとなる面白くない人は誰か…。それは読者各位が想像して頂きたい。そうあの人です(笑)。

HB-それで大竹さんは撤退となったと。でも『亀田君も頑張って』みたいなコメント出されてましたね。(正確には「興毅君には『お世話になりました』と言ってもらった。ぜひ4階級王者を目指してほしい」です)

嶋-そうですね。スタンスの違いで別れただけなので。

HB-次に話が上がった、ユナイテッドジムと言うのは?

嶋-あれはユナイテッドのオーナーにスポンサーとしてお世話になっていた縁で。

HB-ああリムジンのリースの。

嶋-そうです。

 ユナイテッドジムへの移籍は「世界戦をするような一流ジム」という移籍要件を満たしていないとしてJBCから却下されます。しかし協会の成員を一流とか二流とかコミッションが選別するのもおかしな話だと自分は思います。

HBー角海老ジムも名前が上がってましたが、ジム内部から反発があったとか?

嶋-そうみたいですね。

HB-もう一つ噂のあった、新日本木村ジムは実際に移籍話はあったのですか?

嶋-ありました。お話しをさせて頂いていたのは事実です。

 こうしてみるとかなり柔軟に移籍への道を探っていたのが想像できます。ですが、結局移籍も巧くいかず、国内活動は八方塞となり、最終的に移籍を断念して、亀田ジムの吉井氏と嶋氏がJBC に対してクラブオーナー、マネージャーとしての地位確認を求める裁判を起こすことで、事態の解決は法廷に持ち込まれました。

 ボクサーもジムも試合が出来なければ生活手段が断たれる訳で、ライセンスを止めると言うのは大変に重い行為です。いわば生活権を巡る戦いであり、ご存知の通り他人の収入の道を断つには相当合理的な根拠がいります。過去の事例とも照らしての整合性も問われます。
 根本的な原因が対戦相手の体重超過にあること、リンゼイ・タッカーが自ら失言を認めていること、過去の事例に対して明らかに厳しすぎること、JBC 側にもルール確認を怠ったという瑕疵があること、生活権を侵害するに足る合理的な根拠が無いことなどを考えるとJBC が敗訴する可能性が濃厚であると自分は思います。

 というわけで第一回はここまで。次回亀田興毅選手ご本人も交えてのインタビューをお送りします。ご期待下さい。

 どのような反響があるか楽しみな(旧徳山と長谷川が好きです)
 

Comment

says... ""
こういうのが取材ですよねー。
なんでこういう当たり前のことがプロに
できないんでしょうか?焚付ジャーナリストはJBCスルーしてる感じです。困ったもんです。連載楽しみにしとります。
2015.02.12 08:56 | URL | #- [edit]
says... ""
スラップ支援サイトでは、ビデオ映像は編集されているものであると主張しているそうですが、
実際見て、不自然なところはありましたか?

というか、編集されていたら、他の職員も「編集されたものだ!」と指摘するはずですけどね。
JBCはビデオを確認しているそうですから。
2015.02.12 10:28 | URL | #- [edit]
says... ""
で、表を見て気になったのは、
職員の、契約にのっとって試合が公正に行われているかを確認するのがJBCという
何のためにJBCに承認料を払っているという興毅選手の主張に対する反論ですが、
だったらJBCって何のために存在しているんだと疑問に思いました。
それなら誰でも出来るし、認定団体が契約内容見て許可すれば済むだけのことだと思いましたが。
2015.02.12 11:53 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>スラップ支援サイトでは、ビデオ映像は編集されているものであると主張しているそうですが、
実際見て、不自然なところはありましたか?

もしそうだとしたら、大変な問題ですね。ですがこちらが見た限りでは何ら不自然なところはなかったです。その辺はモザイクがかかったビデオを見たTHE PAGEの本郷記者と同じ見解です。

ビデオがあるならむしろ監禁・暴行された側に寄する証拠のはずなんですけどね...。

>それなら誰でも出来るし、認定団体が契約内容見て許可すれば済むだけのことだと思いましたが。

誰でも出来るような仕事内容にしたいんでしょうね。その方が自分たちが楽だから。
2015.02.12 12:15 | URL | #- [edit]
says... ""
ホシイモ
2015.02.12 23:08 | URL | #- [edit]
ホシイモ says... ""
ついにインタビューにいったのでつね
(亀田^ω^最強)

インタビュー料金とか払ったのでつか

専門誌みたいな記事でつね

専門誌のボクシングマガジンやボクシングビートとかがもっと早くやってほしいのでつけどね

2015.02.13 08:20 | URL | #bGf9qjkw [edit]
B.B says... ""
ホシイモさんのメッセージ興毅選手に確かに伝えましたよ。
「なんであんな文体なんですかね」と笑って言ってましたのでホシイモさんの事は以前から知っていたんじゃないでしょうか。

他読者の方々からメール等で頂いたご意見や激励についてもそのまま伝えました。
2015.02.13 09:52 | URL | #bH1htKmU [edit]
says... ""
ということは、興毅選手は、係争中のゴシップライターが過去に、オウム関係者がカンボジアにいた!とスクープしたことを当然に知っているということですね(笑)
2015.02.13 10:23 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>インタビュー料金とか払ったのでつか

我々にそんな余裕はないです(笑)

>ということは、興毅選手は、係争中のゴシップライターが過去に、オウム関係者がカンボジアにいた!とスクープしたことを当然に知っているということですね(笑)

まあ裁判やってるわけですから、『実像』は良く分かってると思いますよ。
裁判を通して分かったこともお伝えしていきます。

2015.02.13 10:36 | URL | #- [edit]
ホシイモ says... ""
亀田しゃんボクシングファンのホシイモのこと知ってますたか~うれしいでつ
(自慢^ω^自慢)

みんなに教えたいでつね
2015.02.13 13:07 | URL | #bGf9qjkw [edit]
ななし。 says... ""
亀田選手についにインタビューですね。
発信する方法を取り上げられている人に場を与える。

谷川氏には「手記」、安河内氏には「ビデオ出演」。
そして今回のインタビュー。
各々の、語りやすい、話しやすい、やり方で取材をされたり、記事を構成されている手法には脱帽です。

頑張ってください!
応援しています。
2015.02.13 16:00 | URL | #/OUezYRM [edit]
幻 says... ""
皆様方、取材ありがとうございます。
しかし、ここまではっきりとした証拠があるのに、監禁恫喝暴行を主張している職員は、ゴシップライター氏に洗脳されて頭がイカれているのか、元々頭がイカれているのかの2択しかないでしょう。
私は彼氏の職務行動を見る限り、後者の可能性が高いと思います。
2015.02.13 21:55 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
リングで自分が目立つことしか考えてないんじゃないの?と思えてなりません
2015.02.13 22:25 | URL | #- [edit]
says... ""
次回は妄想ゴシップライター氏を対象に取材してほしいですね。色々と(笑)
(ネット上では)亀田選手よりも反響は大きそうですし、叩けば亀田選手とは比にならないくらい埃が出てきそうですから。
2015.02.14 10:06 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
裁判が進行するほどに明らかになって行くと思いますよ。
それでいいんじゃないでしょうか?とは個人的に思います。
他の裁判ですけど証人尋問など傍聴すると鳥肌が立つような奇怪な事実を目の当たりにする事があります。
裁判はあくまでも争点ですが、それ以外にも諸々が判って来ます。
JBC被告の裁判では被告に勝ち目無いと感じその通りになりましたが、その腐敗ぶりまでが明らかにされました。
一般のメディアが傍聴していたら大変な事になるとも思いました。
流石に僕らでも書けない事があります。
是非とも傍聴をお薦めします。
2015.02.14 10:32 | URL | #bH1htKmU [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/391-f4a6d915