HARD BLOW !

高山×ロドリゲスがSports Illustrated誌選出の年間最高試合に!

 タイトルの通りですが、どえらいクリスマスプレゼントが来たもんです。BWAAの記者投票ノミネーションで驚いていたら、なんといち早く別口での受賞の知らせが。しかも日本の記者投票ではなく、水着特集でもお馴染みの世界一有名と言っていい、アメリカ№1のスポーツ専門誌の賞であります。

 試合直後からファイトニュースで魔法のようなメキシコの一夜と絶賛され、ESPNのダンラファエルのツイッターでも「fight of the year」と言われてましたが、その通りの評価が広がっています。

 Sports Illustrated誌のウェブより、CHRIS MANNIX記者による今年のボクシングアウォードの記事
        ↓
SI's 2014 Boxing Awards

高山×ロドリゲスに触れた部分は以下の通りです

It’s a boxing axiom: The bigger you are, the more TV time you get. That’s why it was no surprise that the strawweight (105 pounds) unification fight between Rodriguez and Takayama didn’t get the premium network treatment. Too bad, because Rodriguez and Takayama produced in August the most action-packed fight of the year. For 36 minutes the diminutive brawlers went at it. Rodriguez buried savage body shots into Takayama’s midsection; Takayama responded by suffocating Rodriguez with overwhelming pressure. There was only one knockdown -- by Takayama, courtesy of a crushing Rodriguez uppercut -- but the violence was unparalleled by any fight in 2014. Rodriguez took the decision, but make no mistake: There were no losers in this one.

ざっくりと翻訳すると

体が大きければ大きいほど、テレビの放送時間も増える―これはボクシングの公理である。それだから、高山とロドリゲスのストロー級統一戦にプレミアムネットワークによる中継がつかなかったのは驚くべきことではないが、高山とロドリゲスは今年最もアクションが詰まった試合になったのだから(プレミアムネットワークによる中継が無かったのは)残念なことである。36分に渡って小柄な喧嘩屋は戦い続けた。ロドリゲスは野生的なボディ撃ちを高山にめり込ませ、それに対して高山は圧倒的なプレッシャーでロドリゲスを苦しめた。ノックダウンは、ロドリゲスのアッパーカットが高山に当たったことによる一度だけだったが、その荒々しさは2014年度の他のどんな試合も比肩するものはなかった。ロドリゲスが判定勝ちしたことは間違いないが、この試合には敗者はいない。

と言う感じですかね

外国の記者って粋なこと書きますね。

大晦日の試合に期待します。

この試合に対する海外での評価と日本国内の評価が違いすぎると感じる(旧徳山と長谷川が好きです)



 

 

Comment

B.B says... ""
スポーツイラストレーテッドとはまた凄いですね。
年間最高試合ですか。

「この試合に敗者はいない」というのは、これまたその通りですね。
ファンとしても嬉しいかぎりです。
2014.12.25 01:25 | URL | #bH1htKmU [edit]
いやまじで says... ""
この試合に関しては高山選手がわずかに及ばずの印象が強いのですが、
向こうの識者には価値ある闘いに映ったようですね。

私自身は高山選手のディフェンス能力の高さがこの試合に奥行き、妙味を与えたと思います。
それとこの試合、クリンチがほとんどない。
そんなところも評価されてるんじゃないかと思います。
試合会場の雰囲気もプレミアム感がありますね。
高山選手の戦いが世界基準で認められたことをうれしく思います。

これに浮かれず31日の試合では勝利を手にしてほしいです。

PS 江藤選手のOPBF戦が ROUND OF THE YEAR に選出されています。

2014.12.25 01:52 | URL | #Twj7/TDM [edit]
井上ファン says... ""
年末は世界戦が目白押しですが、ハードブロウの皆さんはやっぱり井上尚弥のバンテージに注目ですか?(笑)
2014.12.28 00:45 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
ナルバエスとリゴンドーに注目しております
2014.12.28 10:21 | URL | #- [edit]
幻 says... ""
井上選手は正直不利だと思いますね。
年齢以外勝っている要素が無い。
ナルバエスは身長158.5㎝ですが、井上選手(163㎝)よりもデカイ選手とはザラにやってきてますし。
いくら減量苦とはいえ、僅か3ヶ月で2階級上げては厳しいと思います。
相手もハードな減量しますからね。
2014.12.28 21:13 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
中出トレーナーは好勝負になるとの予想でしたよ
2014.12.28 21:45 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
僕もナルバエス有利と見ます。
前半はスピードとフットワークで井上選手。
しかし、タフな王者は中盤以降に掴まえると思います。
二階級上の体の圧力はおそらく予想以上でしょうし、エンジンが掛ると空いてる所に左右のパンチが何十発も飛んで来る。
なりふり構わず体と手数で潰しに来るのを正面から跳ね返そうとすれば、辰吉とラバナレスのような試合になるかも知れない。
井上選手は防御も巧いですけど、とにかく足を止めずロープに詰められない事、ナルバエスの左右のフェイントに惑わされない事。
綺麗なボクシングに囚われず足を使って遮二無二勝ちだけを意識して欲しいです。
どんな勝ち方でもナルバエスに勝利すればこれは本当に凄い事だと思います。

しっかし、ナルバエスは防衛戦なのにこの寒い時期に良く日本に来ましたねぇ。
2014.12.29 00:02 | URL | #bH1htKmU [edit]
ななし。 says... ""
ナルバエス選手の距離、間合いを、井上選手がスピードで上回ってつぶせるか。
一度はまると無理な気がします。1、2ラウンドで試合の趨勢は分かるのではないでしょうか?
井上選手が勝つ時は好勝負。負ける時は、そうならない気がします。
予想ほどあてにならないものもないので、気にしないでください。
2014.12.29 15:03 | URL | #/OUezYRM [edit]
B.B says... ""
井上選手、フェンテスをボディブロウで何度も転がしてるそうですね。
ドナイレの王者攻略指南もあって、これはカギを握るかもしれない。
ナルバエスの右を外して左ボディを正確に決められたら勝機も見えるでしょうか?
しかし二階級上の頑丈な体ですから一発で決めるのは難しい。
とするとリスクは更に広がりますね。
両者の耐久力が明暗を分けるでしょうか。
井上選手、左ボディのあと間髪入れずに右を斜めから叩き込めたら面白い。
2014.12.30 04:32 | URL | #bH1htKmU [edit]
やわらか says... ""
パンチも今までの相手と違って簡単には当てさせてくれませんからね。後は井上のタフネスも未知ですし。飛び級したことが吉とでるか凶とでるか全くわかんないですけど楽しみではあります。その前にリナレスの試合は放送されるのでしょうか?一応3大タイトルマッチなんですけど、井上 八重樫 村田で終わっちゃうんですかね?煽りVTRとかいいからリナレス放送してほしいですわ
2014.12.30 04:47 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
海外ブックメイカーの掛け率は井上圧倒的有利みたいですね。

リナレスは村田の試合が早くおわったらみたいですね
2014.12.30 13:41 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
村田選手ダイジェストでリナレス選手見せて欲しかったですねぇ。
スタミナ切れず最後まで攻め続けての完勝は良かったですけど。
2014.12.30 19:20 | URL | #bH1htKmU [edit]
B.B says... ""
八重樫選手まさか!
左ボディ一発で沈むとは・・
ぺドリンなんて可愛い愛称のメキシコ人でしたが構えはリカルド・ロペスのような本格派。
パンチもシャープでしたね。

あ、このあとリナレスだ。
2014.12.30 19:55 | URL | #bH1htKmU [edit]
B.B says... ""
なんとあのナルバエスから完ぺきなダウン奪いましたね!
いやぁ驚いた!
2014.12.30 20:29 | URL | #bH1htKmU [edit]
B.B says... ""
最後は左ボディですか・・完璧でした、井上選手。
凄い仕事やりました!

ななし。さん言われた通り初回で見えましたねぇ。
今夜は眠れないかも(笑
2014.12.30 20:37 | URL | #bH1htKmU [edit]
幻 says... ""
井上選手の予想は完璧に外れました(笑)
まさかここまで身体がデカくなりパワーが増しているとは想像できませんでした。
ただ、また拳を痛めたそうなので、
癖になっていないか心配です。
2014.12.30 21:00 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
幻さん、ナルバエス相手に何にもさせんとパーフェクトゲームですもんねぇ。
もう超越してますよ(笑

自分、長年の見方考え方変えますわ(笑
それほど衝撃ありました。

2014.12.30 21:12 | URL | #bH1htKmU [edit]
B.B says... ""
あと仰るように右の拳はねぇ・・
2014.12.30 21:13 | URL | #bH1htKmU [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
良くミニマムまで落としてましたよねえ。

まさに規格外。ローマンとやっても全然大丈夫でしょう。

野獣のような攻撃性も日本人ファイターのイメージかえるインパクトがありました
2014.12.30 22:08 | URL | #- [edit]
says... ""
リングアナウンサーですが、何であんな中2病の感想文みたいのを長々と話続けるんでしょうか?
戦績とタイトル歴と選手名だけで十分でしょうが。
K-1とかの格闘技はもっとシンプルでしたし。それで良かったと思います。
2014.12.31 00:08 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/378-53dcaaac