HARD BLOW !

事件のその後

                        桜ノ宮 表紙

 面白い本を読んだのでちょっとご紹介を。その本はフリーライターの島沢優子さんがお書きになった『桜宮高校バスケット部体罰事件の真実―そして少年は死ぬことに決めた』です。

 著者は高校、大学とバスケット部出身で大学では全国優勝という実績の持ち主。彼女の左の脛は高校時代に顧問に蹴られすぎて平たく変型しているのだそうです。人格否定の罵倒など(時には両親の悪口まで)も日常的だったそうです。

 そんな彼女が、様々な議論を巻き起こした桜宮高校バスケ部事件の経緯と現時点の顛末(顧問の刑事裁判の結果など)を詳細に取材してまとめた労作であります。

 ワイドショーなどで「昔は体罰が当たり前だった。今の子はひ弱ではないのか?」というような粗雑な体罰容認論を流布するコメンテイターがいましたが、それは少年の自殺という重い事実の前にはあまりに空疎な言葉でありました。しかし実際に「寛大な処置」を求める署名が1000筆以上集まったり、バスケットボール部員の一部の父母が自殺した少年の家庭に原因があるかのような嘘の情報を週刊誌に流すというような、顧問を守る動きが実際に多くあったのです。顧問の教師は自殺の数日後には少年宅を訪れて、「部活の指導に復帰しても良いか」と尋ねて両親を唖然とさせています。

 少年はキャプテンに抜擢されましたが、顧問に目の敵にされて体罰の標的になります。それはこの顧問の常套手段で、レギュラーの中でマジメで素直な選手を怒られ役にしてチームをまとめるという手法を従来からとっていたらしいということが取材から分かってきます。コーチの要望を先回りして読み取って動くという無理難題を日々要求される少年は、暴力と罵倒で磨り減っていき、たまりかねてキャプテンを辞めると申し出ると「それならレギュラーからも外す」と宣告されます。「キャプテンでなければ試合に出れない」という条件をつきつけられたことが自殺の直接の引き金になったと著者は分析しています。理不尽な暴力を一方的に受けた上に「お前はダメな奴だ」と毎日罵倒され、あげくバスケットボールすら取り上げようとした顧問。子供を相手に試合出場と暴力と言うアメとムチで支配した男は自分の行為の残酷さに無自覚だったようで、裁判では自分を舌鋒鋭く論難した少年の兄を睨みつけたりしています。

 実は周囲の生徒や運動部の部員、桜宮高校を目指していた受験生達にも、部活が出来ないことや入試が中止になったことに対する不満が相当あったようです。人が一人死んでいる事の重大さや、原因が顧問の教師にあるという重大性を理解できない、受け止められないという学校のありようは異様であり、入試中止の判断は正しかったと当時も思ったし今もそう思います。

 自殺した少年の人間性や両親、バスケット選手である兄との関係も詳細に書かれています。どちらかというとそちらがテーマかもとすら思えるほどです。

 終章では体罰する側の心理にすら踏み込んだ分析がなされます。

 大変示唆にとんだ内容ですので是非ご一読を。

 バスケ界の内紛も相当ひどいよなあと感じる(旧徳山と長谷川が好きです)


 

Comment

ウチ猫 says... ""
自分もあの体育科の入試中止は妥当だと思いましたが、反発の声がかなり多くて驚きました。

こういう深刻な問題をネタにしてまでも、とにかく橋下徹を叩きたいだけという人間は論外ですが(自分は別に橋下支持者じゃないですよ)、真面目にこの問題について考えた上でなお「入試はやるべき」という判断をされる方は、かの部員の死の重大性がわからないというよりは、「彼の死」と、「桜宮高の部活・指導の有り様」「それを取り巻く、保護者らをも含めた空気」といったものとの関連性が理解できないんじゃないですかね。或いは、理解しているけれど認めたくない、とか。

部員の自殺という悲惨な「結果」に対して、じゃあその「原因」となったものをなくしたり改良しよう、という話になってるのに、これまで通りの部活動ができて当然というのは、筋道の通った理論的な考えでなく、単に「部活をやりたい」「だから部活動が原因とは思えない(思いたくない)」という感情的な考えだと思うんですけどね。

そうではなく「いやいや、理屈から言っても、生徒達の部活動を妨げるべきでない」と言う人がいるなら、まさにそういう人は事の重大性がわかってない人なんだと思います。
2014.12.10 22:04 | URL | #gnBYJsCU [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
まあ自分も別に橋下支持じゃないですが、あの生徒を使った記者会見をやった教職員や活動家はマジでどうかしてると思います。

「人間的に弱いから自殺した」と言わんばかりの論理は結局、自分達の日常を変わりなく続けるための方便なのではないか?と思えます。

ボクシングファンでもおるでしょ。「裁判の結果がどうだろうと今のままでいい」みたいに思考停止してるバカが。一緒ですよ一緒。
2014.12.10 22:23 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/373-a119a6dc