HARD BLOW !

ブログ開設に寄せて

拳論HN「いやまじで」



人を信じるとはどういうことなのか。

私は新聞やテレビやネットなどメディアを通して日々情報を得ている。情報というものは元来間接的なものであり、そこには常にバイアスがかかっている。そのバイアスを差し引いて私は真相に近づこうとする。

拳論のコメント欄に或る人から或る情報が寄せられた時に、ソースの存在をその投稿者に問い尋ねたことがある。相手は逆上したが、結局自分の所属するジム会長をソースとして挙げていた。しかし、それでいいのである。

どんなソースであれば信用できるのか。大手メディアの情報であれば無条件に信じられるなどと考える人はもはやいないだろう。これまでの誤報や不作為の例を見れば大手メディアも絶対でないことは明らかだ。しかし、私は大手メディアには一定の信を置く。なぜだろうか。

拳論の記事として掲載されていたこと、コメント欄にアガっていた事実や意見、それは玉石混交ではあったが、私は一定の信を置いていた。それは、記事の内容や運営メンバー、投稿者の言辞に納得できるものがあったからだ。それはそれなりに長い時間をかけて醸成された信頼関係というものだ。

それは人間と人間との関係である。直接会ったかどうかは問題ではなく。だから、私が大手メディアに信を置くのと、拳論に信を置く(置いていた)のと、自分の仕事上の取引先に信を置くのとは、全て同じものである。前出の投稿者が自分の所属するジム会長の言葉を信じるのも同じだ。それはもっともなことだ。

伝える言葉に嘘がなければ、そしてそれが続けば、私はその人間を信用する。しかし、そこに嘘があり、その嘘に向き合おうとしない人間にはもはや信を置くことはできない。

私は昨年6月に日本ボクシングコミッション事務局長の不正疑惑騒動の際、拳論コメント欄の呼びかけに応じ、抗議行動を起こすべくファンの会設立のため東京駅に参集した一人である。会は4時起き氏を代表に選出した後、どうなったのか。今、どうなっているのか。そのことが今、ここで明らかにされようとしている。

もちろん、会に参加した各人ごとに、事態の映り方は様々であろう。そして、ここにアガってくる文章を読む人によって、読後感は異なるだろう。読者には錯綜する情報を重ね合わせて一つの像に結び合わせていただくしかない。

(私は実名を挙げて書くつもりはない。それは泥試合にしないためではない。どうしても泥試合の可能性は残ってしまう。むしろ、書かれる側にも家族がいること、それが最大の理由である。)

私に関して言えば、ファンの会の設立に参加したことに後悔はない。私は「信ずる」ということをしただけのことであるから。まして、信の置ける数名の方と知り合うことができたのだから。

そして、ここに何かを書くことの意味については、あのファンの会のその後に興味を抱く多くの方のためというより、あの日同じように集まり、そして、もしかしたら大きな失望を味わっているかもしれない方々に、私の知りうることを伝える、ただそれを何か義務のように感じながら記す次第である。

もう一つ付け加えれば、といっても大義名分としてはこちらなのだが、ボクシングをもっと応援するために、そのために一度後ろを振り返っておかなければならないということだ。一度は後ろを振り向かなければならない。しかし、それはあくまでも前を向くためなのだ。

以上。

Comment

宝瓶宮 says... ""
遅れ馳せですが・・・ブログ開設おめでとうございます!
毎日「ハードブロー!」楽しみに拝見させていただいてます。
ブログのデザインが明るくなってとても見やすくなりましたね。
実は・・・私も以前は拳論読者の一人でした。

>あのファンの会のその後に興味を抱く多くの方

もちろんその中の一人でもあります。(笑)
元常連の皆様にはコメント欄で大変お世話になりました。
ボク愛さんちのピキ・チャキをまた見ることができてウレシイです。
ウチ猫さんちの穂積クンと老猫のポチ?も元気な様子でホッとしました。
また皆さんの近況、短くて良いので頻繁に教えてください。
私は今はもう拳論には書き込む気もなく、2ちゃんの拳論スレにいますw
2ちゃんと言ってもこのスレは荒らしに荒らされることも少なくてかなり順調ですよ。
おそらく拳論の元読者があの騒動の真相を知りたくて集まっているのでしょう。
時々、ご存知の例の自演荒らしが自分たちに都合のいいことを書き散らかしていきますが
もう心が揺らぐことなどありません。このブログに偽りがないことが伝わってきましたから。
どうか心を強く持ってブログを続けてください。いつまでもハードブローを見守っています。
そして2ちゃんも時々覗いてくだされば幸いです。またコメントします。お邪魔でなければ(笑)
2012.10.04 21:10 | URL | #/5lgbLzc [edit]
ウチ猫 says... ""
宝瓶宮さん、こんにちは。
以前からここを見てくださっていて、今このタイミングで初めてコメントを頂いたということは…やはりあのダークなデザインが元凶でしょうか(笑)。
このブログを始めた当初は、体裁よりも、とにかく中身をどう書くか、ということで手一杯だったんですよね。最近になって仲間うちからも「あれじゃあコメント入れるどころか、記事を最後まで読むのにも疲れてかなわん」という声が出てきたので変えてみました。いやー、メッチャ見やすいですね。大正解 v-63
そのうち、我が家とボク愛さんのところの怠惰な猫どもの様子等もご紹介したいと思いますので、これからもよろしくお願いします。
2012.10.04 22:33 | URL | #nZcYMxmY [edit]
宝瓶宮 says... ""
ウチ猫さん、そうなんですよ!~あのダークが原因です~読み難くて頭抱えてました。
こんだけ明るいと明かりに釣られて入ってきやすいですね・・・(蛾?)
中身はバッチリでした。ピースがどんどん集まって、あのJBC騒動、おおよそ把握できました。

拳論でも猫論は楽しみにしてたので、猫好きにはたまらないアングルの写真待ってます!
それぞれお仕事を持っていて、ブログ更新は大変でしょうが、そこは乗り越えてください(笑)
で、「宝瓶宮」というHN適当に付けたんですが、もしかして先に同じ人がいたかも・・v-12
もしそうであれば即替えますのでお知らせください。では、また~v-181
2012.10.04 22:54 | URL | #/5lgbLzc [edit]
いやまじで says... ""
宝瓶宮さん、はじめまして。コメントありがとうございます。
テンプレが打って変わって明るくなって私はまだ目が慣れません(苦笑。
私はマイペース投稿でがんばりたい(?)と思いますのでよろしくお願いいたします。
HNは今のところ初めて見るものですので大丈夫だと思いますよ。
お気づきの点ありましたら気軽にコメントください。
2012.10.05 01:20 | URL | #Twj7/TDM [edit]
B.B says... ""
宝瓶宮さん、こんにちは。
ご心配をおかけした事と思いますが、今後とも宜しくお願い致します。

ps、
ピキチャキ元気ですよ~
どちらも手の掛からない家猫なんですけど、しかし、それぞれ1度づつ脱走した事がありましてもう大騒ぎした事がありました。
そういえば、あの日の狂乱ぶりはどちらもウチ猫さんに見られてたんだ(笑
カミサンもウチ猫さんも至って冷静だったなぁ・・
ピキの時は夜中に気付いて子供たち全員叩き起こして探しましたが見つからず、どうしたものかとへたり込んでいた所に午前3時ころでしたか、開けておいた玄関からひょっこり帰って来ました(笑
チャキはピキに比べると少しおつむがあれなもんで、自力では戻れないと思ってたら案の定、二軒隣りの軒先に隠れてニァニァと鳴いてる所を発見。
しかし、無事を確認した瞬間のあの脱力感といったら・・(笑

今度機会があれば、おもしろ映像上げますね。
と言っても自分では出来ないので管理人さんにお願いしときます(笑
2012.10.05 16:26 | URL | #65fpICiI [edit]
宝瓶宮 says... ""
あーー、とうとうやっちゃいましたか~ネコ脱走シンドローム(笑)
なんかね人事だとほのぼのと聞こえるんですが、我が事だと世も終わりだと・・・ね。
賢いピキは帰ってきましたか。でも、わたしはチャキ好きですよ。愛おしくなりますもの。
悲しいことにウチの猫には噛み癖があってたやすく抱かせてくれないのです。
おもしろ映像期待してますね~v-181

p.s
旧徳さんちに愛の巣を作った鳩のカップル、その後が気になります。
小鳩はもう巣立った頃でしょうか・・・。
2012.10.05 20:27 | URL | #/5lgbLzc [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/37-4ff40c3b