HARD BLOW !

安河内氏 記者会見 20141121

DSC00795 - コピー
 判決を受け15時より司法記者クラブにて原告側の記者会見が行われ、判決内容について次のような説明があった。

(1) 判決の概要
 東京地裁は安河内氏の主張をほぼ全面的に認めた上で、降格処分は、一部職員による新団体設立を盾にした要求に対し、被告が分裂を回避するためにこれを受け入れ、原告を被告から排除することを主たる目的としたもので、人事権の適切な行使とは認められないとした。降格処分、減給処分、配置転換、懲戒解雇処分はいずれも正当な理由を欠き、無効とした。

(2) 争点に関する判断
 降格処分、減給処分、配転命令は、人事権の濫用にあたり、違法、無効であるとした。
 本部事務局及びボクシング会場への立ち入り禁止は、業務命令の存在自体を認めることができないので、原告側の請求が理由がないとした。なお原告側の請求で全面的に退けられたのはこの点だけであるとのこと。
 第1回懲戒解雇、第2回の懲戒解雇についても、被告主張の懲戒解雇事由が認められないことから無効とした。
 降格処分と配転命令により原告が精神的損害を被ったと認められることから慰謝料〇〇万円が相当とされた。なお、この種の労働裁判で慰謝料が認められる例は多くないとのことである。
 またJBC側からの安河内氏に対する損害賠償請求の反訴は、損害が発生していないとして棄却された。  

 判決文は122頁の大部となり、プレスリリースに間に合わなかったため、主文および概要のみの説明となった。よって詳細の検証は次の機会を待ちたい。

 質疑応答で安河内氏は現在の心境について、次のように語った。



 JBCと安河内氏の話し合いが行われることを希望します。

以上

by いやまじで


追記:以下は記者会見で配布された資料です 

20141121 安河内vsJBC裁判 記者会見資料_01_R
20141121 安河内vsJBC裁判 記者会見資料_02_R
20141121 安河内vsJBC裁判 記者会見資料_03_R


Comment

旧徳山と長谷川が好きです says... ""
http://boxingnews.jp/news/20128/
ボクシングビートのwebボクシングニュース様の記事です
2014.11.21 20:49 | URL | #- [edit]
サル says... ""
ほぼ、安河内さんの主張が全面的に認められた判決が出たんですね。一連のJBCの処分が不当なものと認められたということで、安河内さんはひとまずは良かったですね。
さて、ハードブローのみなさんは、今後どのようにおさまることがボクシング界にとって一番望ましいとお考えでしょうか?

私も組織人の端くれとして考えるに、誰が正しいとか間違っているとか以前に、上司と部下の関係が上手くいっていない組織というのは、上手く機能しません。そういった状況で硬直化しないよう人事異動なり、機構改革なりがあったりするわけです。

今回の件にしても経緯から推測するに、本質は事務局長と他の職員との関係の悪化かと思います。だから、上記のような手法で解決すべきだったにもかかわらず、かなり強引な理由で不利益処分を行い解決しようとしたといったところでしょうか。

理想を言えば、関係者すべてが過去のことをリセットし、感情的なシコリをなくして以前の体制に戻りやり直すべきなんでしょうが、人間そうは簡単には行かないですよね。
現実的には、誰かの配置転換とか事務局長をはじめとしたポストに対する権限、機構の見直しを行うことで、最良の方法を模索していくしかないのではと考えます。
2014.11.22 00:58 | URL | #sLdgtBxg [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
仰られるように恩讐を超えてノーサイドというのが理想なのでしょうね。

ただ怪文書や専門誌やゴシップライターまで使って組織を乗っ取った人間がそういった期待に応えうる人格を果たして有しておられるのでしょうか?と言う疑問はございます。

亀田と裁判やってるリングアナあたりは特にね
2014.11.22 01:28 | URL | #- [edit]
いやまじで says... ""
今回のJBC問題の取材を通じてボクシング関係者に取材する機会が何度かあったのですが、
その中では感じたことは、
当然のことながらボクシング経験者が多いわけですが、
非常に感性の鋭い、特に直観力(物事を全体的に瞬時に感じ取る力)の強い方が多いなということです。
これは大いなる美点だと思います。人間的に魅力的だとも思います。

しかし、その一方で、一度感じたことは余程のことがない限り動かさない、
これまでの心証と異なることが明らかになっても判断を変えられない、
頑固さ、下手をすると頑迷さと呼ぶべきものも感じました。
人間としてはある意味当然な部分なのですが。

たとえば安河内氏の人物評を求めた際にある方は「いけ好かない」と答えました。
この方がどこまで安河内氏と接していたのかは定かではないのですが、
けっこうスッパリ切り捨てるような言い方は有無を言わせぬものがありました。

人間ですから好悪(好き嫌い)の情はありますし、それだけで動いてはいけないとはいえ、
それ抜きに動くということは難しいものがあるとは思います。
この方の場合が感情的だとは思いませんが、感情と理性の区別というのは有って無きが如しですから、それらが入り混じったものではあるでしょう。

ただそういう一度持った心証なり印象が後になって覆される可能性はある。
その人の一面しか見ていなかったということはあることはある。
そういうことすら認めない頑固さ、下手をすると頑迷さともいうべきものがあると感じることもありました。

私の場合、安河内氏については、騒動のかなり前に、どこかのサイトに載ったルールについてのインタビューを読み、その明快さと議論のオープンさに大いに好印象を持っていました。その神経質そうな見かけに反して、といったら失礼ですが(笑

それがこの騒動になって、あの人がそんなことをするように思えないが...という思いがずっとあり、果たしてどっちが正しいのか決めきれずにいました。

幸い直接お話する機会があり、彼の人物については以前私が感じたとおりだと確認できました。もちろん彼について私もほんの一部しか知りませんし、彼が聖人君子であるかといったらそういうタイプではないとは思います。しかしボクシングに対する愛情がたしかにあり、そのために多くの勉強もしてきたし、いろいろなことを考え実行もしてきた。その点からボクシングを統括する組織の中で不正を働く人間ではないということは断言できます。(不倫疑惑についても、彼の面倒見のよさがつけこまれた形になっており、そもそもそういう関係に発展する質のものではなかった。彼に引っ張られてJBC入りした人間は一人ではないのではないだろうか。)

人間はそれぞれに生活があり家族があり、その中で一緒に仕事をしているわけで、そのことはたがいに話をすればするほどわかってくるものです。それでも互いの人間の相性が全てうまくいくということは現実問題としてはありえないことを考えれば、好悪の問題というのは極力慎むべき問題だし、とりわけ狭い組織の中で連携が必要な場合にはなおのことそうなります。

安河内氏に何らかの問題があるのだとしたら、それは断罪されてしかるべきですが、そうではなかったことを今回の判決は示していると思います。安河内氏自身にはもちろん、JBC関係者ボクシング関係者に理性的であること、冷静であることを期待します。
2014.11.22 09:09 | URL | #Twj7/TDM [edit]
どぶ猫 says... ""
安河内さんが全面勝利ですか良かったです

おめでとうございます。

2014.11.22 09:16 | URL | #- [edit]
L.S says... ""
サル様

>現実的には、誰かの配置転換とか事務局長をはじめとしたポストに対する権限、機構の見直し
>を行うことで、最良の方法を模索していくしかないのではと考えます。

 ご意見拝聴させて頂きましたが、何か大きく勘違いされているのではないでしょうか。判決では被告JBC側の理事・職員らがおこなった人事処分は
「違法である」
と明記されています。どこの組織にも人事上の対立や問題はあるかと思います。しかし同時に社会の構成員として超えてはならない一線もあり、その一線を示すために法が存在するのではないでしょうか。理事・職員らは人事権の濫用という「違法行為」をおこなったわけであり、もはや問題は人事上の対立で済むことではないのではないでしょうか。

 さらにJBCはスポーツの運営統括団体であり、コミッションはルールの運用統括をおこなうべき組織として存在していることは皆様がご承知の通りだと思います。JBCの理事や事務局職員であるということは同時に、試合競技のみならず業界関係者がルールを順守すべく監督する立場にあり、このような地位に違法行為者達を監督者としておいておくのが適切であるのかを考えるべきではないでしょうか。

 人は誰でも過ちを犯しますし、いつかは許される時が来るべきだとは思います。しかし人として許すべき事と、監督者という地位に従事する事は明確に区分すべき事柄であると思います。

 
いわんや訴訟の判決日当日に未だ誰の責任も問われていない現時点でこの問題を安河内氏と反安河内派理事職員の
「感情的なシコリ」
で片づけてよいのでしょうか。

安河内氏が彼らを許すか否かは、安河内氏個人の問題でありますが、同時に違法行為者をルールの統括運用組織の運用者として、今後も選手たちの監督者にすべきかどうかは安河内氏個人のみの問題であるとは思いません。

まず第一に問うべきは配置転換や機構改革ではなく、判決に明記されている違法行為に加担した者と加担した者の監督者の責任を明確にすべきであり、厳正に処置すべきではないでしょうか。

違法行為者やその監督者が安河内氏との心のしこりを取り除き配置転換や機構改革の末、今後も倫理委員会を招集し選手達の監督やライセンスの発給処分をおこなっていく競技団体で良いのか、JBCに関係すべき全ての当事者は熟考すべきだと思います。
2014.11.22 12:41 | URL | #- [edit]
サル says... ""
L.Sさま

安河内さんにJBCが行ったすべてのことは、JBC側が主張していた理由に基づいてなされたものと認識しています。そして、それが全面的に否定された以上、そのことに基づいて行われたいかなるものは無効となったという認識です。配置転換も含め。違ってたらごめんなさい。

最初から、誰かを悪人に見立て排除するというロジックではなく、組織の円滑な運営を目的として、安河内さんに限らず配置転換なり、ポストに対する権限の変更なりで是正をはかるべき話だったのではと思うところです。実際普通の会社ではそのようにするでしょうから。
しかしながら、今の状況ですべてをリセットし、その手法をとることができるかは私にはわかりません。
また、秋山氏が以前でいう事務局長のような働きをしていて、事務局長の森田氏が名誉職的な地位にある現状を見るにつけ、復職したとして事務局長の権限が以前と同じであるのかも疑問です。
そういったこともあり、どう収束するか、どう収束することがボクシング界にとってベストなのかは現時点では見当もつかないのが正直なところです。

さらに、排除のため問題をでっち上げたというような事実認定がされたのであれば、それに対する処分ということも出てくるでしょうし、そもそもそのでっち上げ自体をJBCは知ってたかどうかということも問われるわけで、ますます混沌としてきたことは間違いないですね。
2014.11.22 17:01 | URL | #sLdgtBxg [edit]
L.S says... ""
サル様

>最初から、誰かを悪人に見立て排除するというロジックではなく、組織の円滑な運営を目的とし
>て、安河内さんに限らず配置転換なり、ポストに対する権限の変更なりで是正をはかるべき話
>だったのではと思うところです。実際普通の会社ではそのようにするでしょうから。

普通の会社であれば、私もサル様の意見に全面的に賛同いたします。しかし違法行為が認定された今、普通の会社でなかったことも明確にされたのではないでしょうか。何処の会社にも人事抗争はあるかと思います。ただ変な言い方ですが、普通の会社の人事抗争は法に触れない範囲でするのであり、法に触れた時点で抗争以前の話としてダメなんじゃないでしょうか。

>また、秋山氏が以前でいう事務局長のような働きをしていて、事務局長の森田氏が名誉職
>的な地位にある現状を見るにつけ、復職したとして事務局長の権限が以前と同じであるのか
>も疑問です。

これも確かにおっしゃりようはわかります。ただ現状で秋山氏が何の責任も問われないとも考えられません。安河内前事務局長は、判決文中におけるこの違法、無効とされた不当な降格人事において、株式会社東京ドームの連結子会社である松戸興産株式会社新宿事務所に勤務を命じられており、この行為は判決文中に勤務する義務がないことも確認されました。元松戸興産株式会社代表取締役会長の秋山氏の違法行為への関与があれば、当然責任も問われることでしょう。

>そもそもそのでっち上げ自体をJBCは知ってたかどうかということも問われるわけで
監督者が知らなかったではすまないでしょう。

丸く収める落としどころをお捜しかも知れませんが、もうそんなごまかしが効かないくらい事態が深刻になっているのではないでしょうか。落としどころなど既にどこにもないくらい厳しい判決でしょう。それでもまだお茶を濁して形だけの機構改革で済ますのなら、世間から見捨てられるのもそう遠い日ではないんじゃないでしょうか。遅いかもしれませんが、関係者の皆さんは現実を直視すべきだと思います。

2014.11.23 01:39 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
LSさんがおっしゃる通り、判決文全文で明らかになった裁判所の判断はもはや断罪と言えるでしょう。
いやまじでさんが足掛け3年に渡り追いかけ、所感としてまとめた裁判のまとめで結論した通りの判決となりました。
いや、この裁判を傍聴すれば誰でもこの結論に達した事と思います。
それに対しての寄せられた評価は身内として素直に嬉しい事ですが、そもそもメディアが真実の追求をやらないから、やったまで。
誰かに加担する訳でもなくやったまで。
安河内さんに対しても言うべき事はファンの意見主張としてキチンと伝えています。
僕らは理解者でもありますがある意味最大の批判者でもあります。
そのスタンスに今後も変わりはありません。
その上での結論に達しています。

それにしても裁判官の結論は社会悪に対する怒りとも取れる凄まじいものがあります。
控訴があっても如何なる証人を投じてもこれを覆すのは不可能だと思える、しかもそれをも見越した上での判決文内容でした。
2014.11.24 02:19 | URL | #bH1htKmU [edit]
says... ""
安河内さんは、そもそもなぜこんなにもJBC職員の方々から嫌われてしまったんでしょうか?
長年一緒にやってきた仲間から人望を得られなかった理由は?
2014.11.24 16:42 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
嫌われてたんですか?
何故そうだとおっしゃるのでしょうか?
まずその根拠をお聞きしたい。
裁判所は確かに一部職員、試合役員の氏名を挙げて首謀者認定してますが、彼らは好き嫌いだけでクーデターを起こしたんでしょうか?
だとしたら、現在管理者としての資格が問われる事になってしまいますよ。
安河内さんは誰をも糾弾するつもりはないと言ってますが、ならば僕らが判決文を根拠に徹底してやりましょうか?
この判決の重みが解ってない人が多すぎます。
2014.11.24 21:24 | URL | #bH1htKmU [edit]
says... ""
根本的な疑問です。
安河内さんは好かれてたんですか?
人望もあった?
なら、なぜクーデタが起きたのですか?
2014.11.24 22:00 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
匿名さん、了解しました。
それでは判決文を基にして裁判所の見解並びに意見を挙げましょう。
しばらく時間を頂きます。

すいません、個人的理由でして
これから仕事なんです。
2014.11.24 22:10 | URL | #bH1htKmU [edit]
says... ""
すみません、お忙しい中ありがとうございます。
難しいことはよく分かってないのですが、あんなに少人数の中で、好かれていたら人望を得られていれば、安河内さんを排除しようという動きは起きなかったのでは…と単純に思った次第です。
自分も月に平均3~4回くらいは後楽園ホールに足を運んでいる一ファンです。
どちらかに肩入れしてるとか他意がある訳ではありません。
2014.11.25 07:51 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
匿名さん、度々すいません。

判決文について12月初旬には記事に上げたいと考えています。
そちらを読んで頂ければ様々氷解する事と思います。
ただ、控訴審の可能性がある事と、本件には直接関係が無いであろう人たちの個人名が書かれている可能性もあり、どういった形になるかは流動的ではあります。
しかし、これを知らなければ問題の全容と真相には迫れませんので努力したいと思います。

内容について私見を簡単に言えば、安河内氏が自らの信義と理念に基づいて組織改革を進めていた事が先ず判ります。
図らずも被告側証人尋問によってそれが明らかになった場面が度々ありました。
またスキャンダルとして扱われた不正経理や愛人登用問題等々いくつもの疑惑問題について、また追加事由とされた別団体を画策した事による懲戒解雇も事実として認められないと棄却。
裁判所の判断は双方の全証拠を持ってしても解雇、降格の事由と認められないという判断と、そして被告に違法行為があったと厳しく結論しているのです。
JBCは第2次調査委員会で職員に対するパワハラが一部認められると判断しましたが、裁判所はそれさえも教育的指導の範ちゅうに留まる主旨の判断をしており、これはつまり告発根拠の一部は逆恨みではないか?という指摘でしょう。
安河内氏側の訴えで棄却されたのは未払い賞与についての部分だけだったと記憶します。
これはそもそも当時利益団体ではなかった事もあります。、
また他の職員の裁判を傍聴すると、一部業者と一部職員の癒着問題までが、これまた何故か被告側証人(つまり仲間うちから)の口から飛び出したり、被告側証言の矛盾を担当裁判官から度々追及されるなど散々な内容を目撃しました。
被告側は根拠のほとんどを失ったわけですが、匿名さんが仰ったように、こうした事を考えると、なるほど好き嫌いだけでこのようなクーデターを起こしたではないか?と思えて来る。
加えて言えば、原告側被告側双方が認める仕事の出来る人を排除した後、現体制はどうなっているのか?と考えれば、やはりJBCは冷静な判断を失ったと思わざるを得ません。
また、これもまったくの私見ですが改革を進めると都合の悪い人たちがいるのではないでしょうか。

さて、精査と記事執筆にはもう少し時間が掛りますが、月末になってしまい仕事上どうにも時間が作れません。
どうもすいません。
2014.11.25 18:00 | URL | #bH1htKmU [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
JBCの事務局長は競技の公正や人命が関わる責任が重い仕事ですから、職能として『部下に愛されること』を優先するのは単純におかしいと思うのですが...。逆に恐れられるくらい厳しい人であるほうが望ましいのではないでしょうか?

さらに組織の財政面でも重い責任がありますね。安河内氏の退職後、収支が悪化して、赤字が年間2000万とも言われていますが。

職場は和気藹々やっているけれど一年近く前のトラブルも収拾出来ていない、運営は大赤字。そんな組織はプロと言えるのでしょうか?
2014.11.25 20:34 | URL | #- [edit]
says... ""
分かりやすい説明をありがとうございます。
自分は単純なもので、事の発端、原因を突き詰めて行けば、やはり上司と部下間の人間関係の悪化なのかな…と。
どんなに有能でも、部下からの人望を得られず一人で突っ走ってしまえば、総すかんを喰らうのは珍しいことではないし、例え一部反発する勢力があったとしても、せめて5~6割位の支持を得られていれば他に仲裁役が現れ、今回のような騒動には発展しなかったのでは…と考えていたのです。
また、そういった修復不可能な人間関係の複雑化が原因だった場合、正しい判決が下されようとも今後うまく相容れることが出来るのか、運営は大丈夫なのか、と危惧しておりました。
自分も当初、愛人登用や不正経理等を解雇理由とした記事を読んだのですが、それらの内容がどれも正直ひどく幼稚なものに感じられ、そんなことで本当に解雇出来るものなのか?職員の方々は一体どうしてしまったのか?実際のところは何が起こっているのか?と余計に分からなくなったのです。
ですが、この度今回の件を精査し記事を書いて頂けるとのこと、私以外のファンにとっても有難いお話と思われます。
ですが、大変お手数な作業と思いますので、どうか無理をなされませんよう、勿論いつになっても構いません、どうぞよろしくお願いいたします。
2014.11.26 20:09 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/367-78e68f0e