HARD BLOW !

前提が崩れた大沢選手のサスペンド

 ワールドカップイヤーと言う四年に一度のかきいれ時に、なぜか『サッカーマガジン』を週刊から月刊に変更したり、かつての所属社員ターザン山本氏が金を貰って偏向記事を書いていたことを暴露したりと、何かと話題を提供してくれるベースボールマガジン社が発行していることでお馴染みの、素晴らしいボクシング専門誌「ボクシングマガジン」。そのボクシングマガジンの2013年3月号の「大沢宏晋に一年間ライセンス停止処分」、同じく2013年7月号「日本ボクシング界の秩序を守るために」という二本の記事で、谷川氏や他の解雇職員が画策したと言う『新コミッション』の構想が見てきたような臨場感で語られていましたが結局、その疑惑は解雇事由とはなりませんでした。そもそも新コミッションは森田氏や浦谷氏といった現在の中枢職員が安河内氏を放逐した時にぶち上げた構想だったので、そんな人が「お前新コミッションを画策したな!」と追及してる構図自体が悪い冗談なのですが、結局法廷においても解雇の要件とは認められなかったようでございます。

 谷川氏の無理やりな解雇に絡めてとばっちりサスペンドされ、汚名を着せられた上に一年と言う貴重な競技生活を棒に振ったと思しき大沢選手は純粋な被害者ではないでしょうか?そして連座する形で未だにライセンスが下りないトレーナーもいます。

 海外で未公認のタイトルにチャレンジしている選手は今も沢山います。何故に大沢だけがこんな理不尽な目に遭わなければいけないのでしょうか?

 JBCは直ちに大沢選手に一連の経緯を謝罪し、被害の回復に努めるべきです。

 このようなヒドイ裁定をしているJBCを「亀田を追放したから」と言う一事で手放しで評価し、大沢選手の苦しみに想像が及ばない自称マニア・ファンの態度にも絶望しか感じません。

 とりあえず大沢選手を陥れたライターや雑誌、JBC職員はちゃんと謝ろうよと思う(旧徳山と長谷川が好きです)

Comment

ウチ猫 says... ""
この問題もこのブログで取り上げましたが、あの時「処分も仕方なし、又は当然」みたいな意見がけっこうあって驚きましたよね。
想像以上に多い、というよりも、あんな理由でのサスペンドに同意するファンは皆無だと思ってましたので。

この件に関しても、色々なサイトや個人ブログまで見てみましたが、みんな形式的な「気の毒だね」程度の意見でガッカリした記憶があります。
こんなの、ネット上で意見を発信してるような熱心なファンなら、「気の毒」なんてもんじゃなく、怒りを覚えてもいい出来事だと思いますがね。只でさえ短いボクサーのキャリアが貴重だということは、皆知ってるはずですから。

亀田問題を見るにつけ、「ああ、亀田の負のパワーは、ここまで人間から論理的思考を奪うのか」という思いを抱きますが、大沢問題も「どうやら大沢陣営は谷川とつながってるらしい」「そんでもって谷川は安河内と仲がいいらしい」「てことは…そうか、その先には亀田がっ!これで繋がったっ!やったねパパ!」みたいな感じでしょうか(笑)。
ホントにそれくらい、大沢選手の処分に無反応なファンの気持ちは理解できません。

冗談はさておき、何が楽しくて前途あるボクサーのキャリアをもてあそんだのか知りませんが、彼らはきっちりとケジメをつけるべきだと思います。

御用ライターの方々も、この期に及んでまだボクシングの記事を書くつもりなんですかね?
というより、ボクシングマガジンなんかはもう役目を終えて臨終の時を迎えてもいいんじゃないですか。

どうしても観戦紀を紙媒体で読みたいという人には需要があるかもしれませんが、情報源としての性能は他のメディアの後塵を拝しているし、業界の病理を摘出したと言わんばかりの記事は蓋を開けてみたら嘘だらけ。
それが只の誹謗中傷で留まっているならまだしも、現実的な被害が出てるんですからね。

それでも少しは実体経済のほんの一端を担ってるんでしょうが、ここ何年かで急激に書店から姿を消してる現状を見ると、失礼ながら、廃刊になったら生活が困る、という人も少ないんではないかと。

職場がなくなる社員さんはクビになったら困るでしょうが、そこはそれこそ、ボクマガ廃刊で浮いた人員をサッカーマガジンに回して、再び週刊にしたらいいんじゃないでしょうか。

唯一、私が同誌の存在価値を認めるとしたら、谷川氏の裁判はじめ、これから次々と起こる一連の出来事を誠実に記事にすること、その一点のみです。
2014.08.29 22:30 | URL | #P34iZ9Wo [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
彼らは自分達の政治闘争に選手を巻き込んでキャリアをムチャクチャにしたのです。これは人間としての態度の話です。世界ランカーだった彼の一年間はもう戻ってきません。もうおそいですがせめて道義的な責任を取らなければなりません。
2014.08.29 22:46 | URL | #- [edit]
ミゲルロラ says... ""
なにやらライターA沢氏は執筆業を辞め、一ボクシングファンに戻るようですよ・・・・・
2014.09.01 09:33 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
ホンマですか?まあ辞めたところで責任がなくなるわけじゃないですが

物書きなら何があったかちゃんと説明して欲しいですねえ
2014.09.01 15:05 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/340-310a3ff3