HARD BLOW !

高山選手3-0で判定負け

だったようです。なかなか現実は映画のようには行きませんが、舞台に立ったこと自体凄いことだと思います。

沢山の試合があった週末ですが、この試合は日本のプロボクシング史に残る試合だと思います

台風が去ったので外出する(旧徳山と長谷川が好きです)

Comment

B.B says... ""
その通りです。
2014.08.10 22:11 | URL | #bH1htKmU [edit]
B.B says... ""
Francisco Rodriguez, Jr. vs. Katsunari Takayama フルラウンド
https://www.youtube.com/watch?v=dW_U6VNrhX4&feature=youtu.be

10、11Rは自分は高山選手が優勢に見えましたので僅かの差で凌ぎ切ったと思えましたが・・
しかし、両王者すべてを出し切った本当に素晴らしい試合でした!
統一王者となったロドリゲスJrもこれほど打たれた事は無かったでしょう。
激闘を乗り越えた末のあの号泣だったと思いました。
特に中盤から切り替えた高山選手の徹底したボディ攻撃は出色で、あのまま失速してもおかしくない展開でした。
ここで大振りを止めて脇を一層締めて、コンパクトで息もつかせない得意の怒涛の連打に切り替え対抗したWBO王者。
この両者の攻防の切り替えも見事。
試合終了のゴングまで、互いの闘志と駆け引き、勝利への執念が交差して、観ているこちらまで息が詰まる思いでした。

中出トレーナーはボクシングは勝った者が強いと仰ってましたが、高山選手のファイティングスピリッツ、スピードと技術、そしてチームの戦略はやはり一流だと思いました。
素晴らしかった。

これまでの高山選手の険しい道程を振り返れば、今はゆっくりと休んでいただきたいと思いますが、まだまだ夢をあきらめないで欲しいとも思いました。

2014.08.11 05:06 | URL | #bH1htKmU [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
自分も先ほどフルラウンド見せてもらいました。

クリンチも殆ど無い素晴らしい打撃戦でした。軽量級ボクシングの面白さが存分に出たゲームでメキシコの観客のリアクションも素晴らしかったです。

ロドリゲスの左の強さがゲームの帰趨を決めたのではないか?と感じました。

高山選手からは『ベストを尽くした』と言うコメントが出されています。

会場の華やかな雰囲気が素晴らしいですね。山口賢一さんのオーストラリアの試合を見てショウアップされた海外ボクシングに触れ、引退を撤回し海外進出した高山選手が辿りついた敵地での統一戦は本当に素晴らしいステージでした。

現状チャンスが無い、閉塞していると感じている国内のボクサーは是非彼が引いた道に続いて欲しいと思います。
2014.08.11 19:25 | URL | #- [edit]
ウチ猫 says... ""
非常にいい試合だっただけに、結果がついてこなかったのは残念ですね。
パワーの差と若さの勢いは、スピードとキャリアでカバーできるという高山陣営の読み以上に、ロドリゲスが頑張りました。
粗削りな部分も多々ありますが、ロドリゲスにもこの試合で一本筋金が入ったんじゃないでしょうか。これから更に化けるかもしれないですね。

しかし、敵地での統一戦という大舞台で、気負わず怯まず、持てる力全てを出し切れるというのは、他のアスリートの手本にもなりますね。
まだまだ挑戦は続くのでしょうが、まずはゆっくりと休んで欲しいと思います。
素晴らしいチャレンジでした。
2014.08.12 00:56 | URL | #P34iZ9Wo [edit]
B.B says... ""
ロドリゲス選手の評価でいうと、やはりローマン・ゴンザレス戦でしょうね。
ここで筋金が入ったと。
それがメルリト戦ではっきり見えます。
強敵と合間見えて一段と逞しく、21才にして早くも完成形に近づいた。
しかし、高山戦はローマン戦より更に厳しい戦いだったと言えまいか。
その意味では更に筋金が太くなったか、あるいは意外にも若くして燃え尽きてしまうか。
激闘の後には往々にしてあることです。
次戦とその後の一、二戦に注目したいですね。
2014.08.13 03:36 | URL | #bH1htKmU [edit]
いやまじで says... ""
高山選手、結果としては残念でしたが、いい試合をしたと思います。

相変わらず体がよく動き、ディフェンスが良かった。

ただロドリゲスの左が距離・角度・タイミングが多彩で、
2Rあたりで中出さんが「距離」をアドバイスしていましたが、
あの左でガードの低いところをやられましたね。

中盤でボディ中心に反撃した時はイーブンまで戻したと思いましたが、
全体として下がる展開、クリーンヒットの数で相手が上だったと思います。

それにしてもラウンド内でもシーソーゲームが展開され、
終盤まで両者動きが止まらず息もつかせぬ攻防でした。

最終Rは高山にしては動きが悪かったかな。これも相手の強さゆえかと思います。
2014.08.13 22:50 | URL | #QWDkGr0I [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/336-42aaa19e