HARD BLOW !

因縁の始まり・・  それでもボク愛

その男はにやけた顔で突然店にやって来ました。

身長は160cmそこそこですが体躯はガッチリと筋肉質で、いかにも肉体労働に向いていそうな体つきでした。
観察癖のある私は優しく声をかけ先ずは目を見ます。
言葉を掛けながら視線を逸らしたり目を泳がせたりする人は、まずはBilog(不法滞在)を疑います。

この私の習性は、しばしば不法滞在者が流れ流れて私のところにやって来ることがあり、問題を起こされると地域や比国人コミュニティに迷惑がかかる事がままあるからです。これまで十数世帯の不法残留者を帰国の途につかせたことを書きましたが、Bilogが地元の警察に検挙されると、身元についてまずは虚偽の申告をするので、警察も困り果てると私の所に連絡があるのです。
帰りたくない本人を説得するのは結構厄介で、警察署内で一晩中掛かる事もあります。
本人がそれでも応じない場合は1週間ほどで不法在留者専門の署、あるいは収容施設に移送され面会もままならなくなりますので、仕事を持つ身としては必至です。
説得が無事成功すると今度は比国の国家統計局から出生証明書(戸籍謄本)を取り寄せ、和訳して調書を完成させ、身元が確認出来ほかに犯罪歴が無ければ、検察庁で「もう国に帰っていいよ」となりまして、次は住んでいた住居に行って家財道具の整理や帰国荷物の準備です。本人は拘留されてますから誰かが動かなければならない。ほとんどの住居は安アパートで、警察に目を付けられたくない大家さんは比較的に協力してくれますので楽ですが、何か月もの家賃滞納などがあると「知り合いなんだからいくらか払え」なんて人もいます。
さあ、荷造りも完了していよいよ帰国!とはならない事も多いです。今度はお金が無くて比国への航空券が買えない!強制退去命令となっても帰国費用は本人持ちですから、これが無いといつまでも拘留となります。
これがいよいよ最後の仕事。
この比国人の知人らに呼びかけ目標約五万円也の片道キップカンパ活動・・
こうして長い人では十数年の日本での旅がやっと終わります。帰る時は来た時と同じ一個か二個のバッグを持って、少しの安堵と大きな不安を胸に抱きながら・・
ひと仕事終える度にこちらも感傷的になります。
Bilogを帰国させるのも結構大変なんです。

さてこんな背景の中、例の彼は余裕の視線を返して来ましたので「ハハァ、観光ビザで日本に来たばかりなのだろう」と想像し、ちゃんと期日までに帰れよと祈りながらいつものように話しが始ります。
初めは解体業か何かに従事している土木作業員なのだろうと想像しましたが、その目は優しいながらも、眼の奥には鋭い眼光。そして彼のこぶしに目を落としてを見ると・・!!


私 「観光で来たの?」
彼 「いや仕事」  
私 「へぇ~なにやってんの?」 (ん?まずいな・・また流れ者か?)
彼 「ボクシング・・ボクシングトレーナーで来た」
私 「へ?トレーナー!」 (拳がフツウじゃないと思ったが、やっぱりボクシングやってたか・・)
彼 「カミダ知ってる?カミダ。カミダのトレーナー」
私 「カミダ??」
彼 「ホント知らないの?日本ではfamousだって聞いたんだけどなぁ・・ボクシング見ないの?」
私 「も、もしかして、カ、カメダ!!!」
彼 「そうよ、カミダよ!」

そのカメダだったらfamousじゃないんだけど・・悪名はとどろかせてるけど・・
それより彼はビサイヤ出身のようで、自分の名前さえ訛っていました。

亀田家初の比国人トレーナー S.A jr セブ島出身 自称アマ歴100戦95勝5敗
最近では、IBFライトフライ級暫定王者ジョンリエル・カシメロや、この回想録の後の方にも登場し私と義兄弟となるR・G(翁長ら日本人ランカーと2勝1分け)のかつてのコーチ。
100人以上の比国人ボクサーを教え、有力プロモーター、ワキー・サルード氏の信頼も厚い、比国内では知る人ぞ知る敏腕トレーナー。
昨年までは神戸でジェロッピ・メルカドの専属コーチも務め帰国。  

屈託なく憎めない彼とのエピソードをここまですべて明かすつもりでしたが、驚いた事に物別れしたはずの亀田ジムに再びトレーナーとして来日していますのでここは加減しなければなりません。


続く・・

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/33-f551941a