HARD BLOW !

B・Bの気まぐれ日記  

4月30日(水曜日)朝
昨夜からの雨がいまだそぼ降る日比谷公園を散策した。
日比谷地下駐車場に車を止めて地上に出ると、そこはもう日比谷通りに面した公園入り口だ。

ここを訪れるとほっとして落ち着きを取り戻す。
八年前に亡くなった母との想い出が甦る。
父を早くに亡くした為にずっと母一人子一人の生活だったが、母は栄養士、調理師の資格を取り病院などを掛け持ちで働きながら自分を育ててくれた。
とはいえ女性が独立して生計を立てるにはまだ厳しい時代であったから生活は困窮する事も度々で、僕の年代では当時はもうあまり食卓には上がらなかったであろう「すいとん」をよく食べさせられた。
母の給料日の次の休日には銀座や有楽町に映画を観に連れて来られた。
二人が唯一の贅沢を許される日だったので、普段は母に反抗ばかりしていた自分もこの日だけは待ち遠しかった。
初めての記憶に残るのは「チキチキバンバン」や「クリスマスキャロル」などミュージカル映画だったが、その後はきまってこの日比谷公園まで足をのばす。
お目当てはこの公園の中にある松本楼のハヤシライスだ。

DSC_0325.jpg
DSC_0323.jpg



デモ隊の火炎瓶でこの建物は焼失し、しばらく母とのデートは中断したが再建されるとまた度々訪れた。
このレストランの由来や兵隊さんに占拠されたと言う戦中の話しを聞かされた。
震災や時代に翻弄されながらもやがて人の情や善意で復興したと言う話しで、当時小学生だった自分には理解出来なかったが、今思えば、この時子に教えるべき母のテーマは再生と希望だったのかもしれない。
そうか、今気付いたが二人で観た映画もそんな事がテーマだった。
最後に一緒に観た映画は松本清張原作の「砂の器」で人間の業を描く重厚なものだったが、
劇中の親子が巡礼するシーンで母は自分の人生を重ねたのか、ポロポロと泣いていた。
男勝りで気性の激しい人だったが、誰に対しても慈愛に溢れる人だった。

そんな事を思い出しながら、野外音楽堂やイベントの設営で忙しい大噴水を右手に見ながら曲がりくねった小道を行くと松本楼、さらにガーデンウエディングで人気の高い日比谷パレス。そしてあっという間にもう公園を抜け霞門の交差点に出る。
今日の目的は想い出の散策ではなく、ある民事裁判の傍聴が目的だ。
霞門交差点を公園から直進し、次が霞が関1丁目の交差点でここを右に折れるとすぐに東京地方裁判所の入口だ。
公園からここまで徒歩1,2分の距離。
地下鉄霞が関駅からだと地上に出たところがもう目の前だ。

DSC_0320.jpg
DSC_0318 (1)


数年前ならここを訪れるなんて想像も出来なかったが、この日僕にはどうしても「この目で確かめなければならない」という理由があった。

あくまでも個人的動機によるものだが。

続く

Comment

ななし。 says... ""
B・Bさん

私もこの近くで働いていたことがあります。
昼休みは、日比谷公園のベンチや芝生に座って、周りの人を見るのが好きでした。だから、日比谷公園を描いた作家・吉田修一さんの芥川賞受賞作「パ-ク・ライフ」が出た時『あ、これって私の生活そのものだ』と思ったものでした。
私がこの公園の周りを生活圏にしていたのは20年以上前ですが、B・Bさんのこの文で描かれているのは、それよりももっと前。沢木耕太郎さんの「テロルの決算」の舞台、日比谷公会堂も、ここにありますね。
2014.05.05 04:44 | URL | #/OUezYRM [edit]
B.B says... ""
ななし。さん、お読み頂きありがとうございます。

母との想い出はもうとっくにセピア色ですが、記憶というのは不思議なもので、その地を訪れるとか何かしら縁に触れると鮮やかに甦るものですね。

吉田秀一さんの本はたくさん映画になってますね。
最近だと「さよなら渓谷」「横道世之介」「悪人」「パレード」と、すべてDVDを借りて立て続けに観ましたが、解りやすくてポップで切なかったのは「横道」だけで、これは疲れなかった。
あとは監督は違えど、人間の心の奥底を描き切るのではなくて、観た者に考えさせると言う作風はやはり原作者の意図するところか。
作品自体は賛否あるでしょうが、他者を考えるという作業は汲々としたこのご時世では時に疲れますが、視点を変えると自分に重なる部分も見えてきたりしますね。

さて、この気まぐれ日記とした記事も当事者から見ればふざけたタイトルと批判を受けるでしょうが、裁判から垣間見える人の心理や考え方は映画や小説以上に胸に迫り、また自分自身への問い掛けになって来ます。
そこでひとつの答えを見つけたとしても、しかしそれは所詮、当事者で無いところの自己満足でしかありません。
自虐的ですが、そうした反省の思いでこのタイトルになりました。

ただ・・

この裁判の登場人物に対しネット上で単なる批判に終始し既に断罪までする人らもいますが、当事者で無い自分が他者を批判しなければならないとしたら、少なくとも事実関係をその目でこの目で確かめてからすべきではないのか?
この裁判では世間巷で公表される物事の裏には意外な事実が隠されていると知りました。
この続きではそうした事も含めて書きたいと思います。
2014.05.05 10:04 | URL | #bH1htKmU [edit]
やわらか says... ""
記事の後半の裁判も気になりますが…前半のB.Bさんのお母様とのエピソード 勝手に私の中で ダウンタウン 浜ちゃんの 「チキンライス」が鳴り響きました。

皆様それぞれに色々な回顧録がありまして、私 両親が公務員でして 小さい頃は近所に住んでた自営業の父方の祖父母の家に小学校時代は帰ってました。

祖父母は酒屋を経営していてお手伝いして褒められたり、前掛け姿を好きな女の子に見られて恥ずかしかったり 色々思い出してしまいました。
2014.05.05 20:37 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
やわらかさん、お読み頂きありがとうございます。
ホント拙い文章で恥ずかしいのですが・・。

浜ちゃんのチキンライス、知らなかったので検索しました。
https://www.youtube.com/watch?v=nz2ghdBeIbI

なんかほろっとしてしまいましたねぇ(笑
親孝行したい時には・・と申しますが、実際にそうなって見るとねぇ。
ある程度の歳になると厳しい事を言ってくれる人も少なくなりますから、今でも色んな事を考える時にオフクロだったら何と言うかなぁ・・なんて時々考えます。
2014.05.07 00:47 | URL | #bH1htKmU [edit]
やわらか says... ""
安全地帯の あの頃へ…さっきまたお母様とのエピソードよみなおして ふと思い浮かべた曲です。

この曲きくとバアちゃんがお餅のカビの生えた所を削いでくれてお餅焼いてくれたの思い出すんです。
2014.07.14 17:31 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/297-31d60a8d