HARD BLOW !

石川一雄氏のこと

DSC_0010 - コピー


2013年9月17日正午過ぎ、東京メトロ霞が関駅A1出口を出て東京地裁前へ向かう路上、差し出されたテッシュを受け取り通り過ぎようとすると「イシカワ カズオ」というハンドマイクの音が耳に入った。何かがひっかかり立ち止まると、この場所では珍しくない裁判関係の街頭アピールの人の列が見えた。そのうちの一女性が私に署名を呼びかけてき、その列の端に一組の老夫婦が立っていた。それが石川一雄夫妻だった。

石川一雄。その名前からイメージするには驚くほど血色よく健康そうな一人の男、老人と呼ぶのがためらわれる壮健そうな男が、背広姿で背筋を伸ばし立っていた。

石川一雄氏は1963年(昭和38年)の狭山事件で逮捕・起訴され、裁判では無実を訴えるも無期懲役が確定し服役。1994年に仮釈放されて現在に至っている。

狭山事件について私は学生時代(1980年代)に調べたことがある。きっかけは部落差別が話題になった時、東北出身の私がそれについて全く知らなかったことから、それを知る材料として先輩から紹介されたのだ。その先輩からは「東北自体が部落なんだよ」と言われたりしたが、この事件はたしかにこの問題に対する私の蒙を啓いてくれた。

文献も20冊程度読んだと記憶している。最も多かったのは佐木隆三著のものだが、最も説得力があったのは野間宏の「狭山裁判」だった。これは裁判記録に基づいたもので、憶測・推測を極力排し、最も客観的に書かれていた。

当時私が接した文献は、捜査過程に不自然な点が複数認められる、どちらともとれる状況がことごとく被告の不利に解釈されている、失態に焦る警察が証拠を捏造し被告を犯人にでっちあげたのではないか、部落出身である被告が警察に利用されたのではないか、そういった論調が支配的だった。

当時の狭山事件に関する一般的書籍は、冤罪、部落差別裁判のトーン一色だったのだが、そこに部落解放運動や、司法に批判的なライターたちのバイアスが強く働いていたであろうし、特定の目的のために裁判を利用しようとする人たちの思惑もあったのであろう。実際元被告は部落解放運動の良き広告塔となっていていた。

これについて私は、部落出身であるがゆえに被告が捜査や裁判で差別された可能性はあるとしても、確証がない以上、それらは憶測であり、せいぜい推測にとどまる。それゆえ被告が部落出身者であることと法的判断とは切り離して考えなければならない、そう考えていた。

結局当時の私の心証は、石川被告は何らかの形で事件に関わっていたかもしれないが、殺人は犯していないであろう、また、警察は証拠を捏造していた疑いがある、したがって改めて裁判をやり直すべきである、というものであった。

2010年代に入った現在、この事件がいかなる状況にあるのか、参考のためwikipediaを覗いてみて驚いた。

「部落」出身者への「差別」裁判とのかつての論調は遠ざけられ、むしろこの裁判は部落解放運動によって利用され捻じ曲げられたものだとの見方が目立つように思えた。少なくともそのような印象を与えるような諸々の事実の列挙が目立つように思えた。それらの記述は石川氏について、事件に巻き込まれたおかげで裕福な生活を送ることができた(焼け太りだ)とでも言いたげであった。そう私が感じるのは、私の見方が偏向しているからかもしれない。

 しかし、なるほどと頷かされることもあった。たとえば国語学者・大野晋による筆跡鑑定である。大野晋といえば国語の大家であるがゆえに、彼の鑑定が被告無罪の有力な証拠として扱われ、私自身もそのような印象を持ったものだ。しかし、大野の鑑定対象は被告の筆跡の非常に限られた一部であり、被告の無罪を決定づけるには根拠薄弱であると指摘されている。それはその通りだと思った。

これは野間宏の「狭山裁判」についてもあてはまることで、司法に関して必ずしも専門家ではない野間の裁判記録の読みの信憑性は、それなりに限定的なものだと考えなければならない。

いずにしても今、かつてとは正反対のバイアスがwikiなどには働いているように思われる。ここには元被告についての印象操作の意図が感じられる。それがあるとして、それは何のためであろう。何のためでもないかもしれない。あるいは単純に元被告と周辺の、偽善性なり虚偽性を批判したいのかもしれない。ネット上にはこの種の無償の正義感はしばしば見られるものだ。

言っておくが、石川氏が現在裕福な生活を送っていようがいまいが、それは彼の有罪無罪には基本的に関係のないことである。彼が再審を求めるのは金持ちの道楽なのか。もしそう考える人がいるなら、その人は金銭的に何不自由なく生活できるなら、自分が無実の罪を着せられて何十年も拘束されようが、そのまま死んでしまおうがさして気にならない人なのだろうと言うしかない。

印象操作が悪いというのではない。裁判自体が印象操作の塊のようなものだから。問題は少なくともそれが事実に基づいているかどうかだ。そして事実に基づいたものであるならば、それが事件とどのように関連しているかである。それによって印象操作は正しく意味を持ちうるはずだ。つまり真相に近づきうるはずだ。虚偽の、事実でない事柄を基に印象操作を行うならば、それは裁判以前の問題であろう。

部落差別が事件の捜査と裁判に影響している可能性があるにしても、断定することができない以上、この問題と被告の有罪無罪とは別問題と考えるべきだ。それは石川氏の印象に関してプラスになる意味でもマイナスになる意味でもそうである。少なくとも裁判において争われている以上、証拠の客観性・信憑性を基にそれは決せられるべきだ。

石川氏の有罪無罪が争われることは、人が正しく裁かれるか否かの点で私にとって意味を持つ。彼に対する捜査や裁判に不審な点がある以上、それをはっきりさせるためにも、再審が行われるべきだと私は考える。

まだ暑さ厳しいこの日、石川氏らは再審請求を次月に控えアピールを行っていたのである。

私は署名し、石川夫妻に支援の意を伝え激励の言葉を贈ると、地裁の建物に入っていった。

by いやまじで

Comment

B.B says... ""
シンプルで淡々として、それでいてこの凄みは僕にはとても真似の出来ない事です。
次回の記事も期待します。
2014.04.02 03:48 | URL | #bH1htKmU [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/282-8d999add