HARD BLOW !

泥沼渦中の亀田ジム、存亡の危機? 一方では激震にもどこ吹く風?

IBF王座問題で日本ボクシングコミッションは亀田ジムに対する処分を正式に発表した模様。

産経ニュースの速報によれば吉井会長と嶋マネージャーのライセンス更新を停止し、事実上の資格停止処分となるようだ。
代理人の北村弁護士はJBCに対して再審議を要求し、覆らなければ法廷での対決も示唆。

記事によれば今後、三兄弟が国内で活動する場合はジム移籍か、新たにジム会長やマネージャーを立てるなどの対応措置が必要と書かれているが、こうした最悪の事態になるまで静観の構えの業界の中に、はたして今でも協力者がいるのか注目される。
問題なのはJBCが認めないというIBF王座を事実上保持する亀田大毅選手は三月にも防衛期限を迎えること。
ジムやコミッションのゴタゴタに選手が巻き込まれ選手活動に甚大な影響を与えた事は過去に幾つかあるが、今回の件について言えば大毅選手には何の罪も無い。
試合も組めず自動的に王座剥奪などという事態になれば、泥沼化した問題はさらに混迷を深め世界の中で日本ボクシング界の信用は失墜する。
かつて亀田サイドからアンチの代表格と言われた自分だが、ことこの大毅選手の件については選手への救済措置が必要ではないかと思う
これまでは業界の中で実力者の間で妥協案が模索され、また選手に対する救済措置が行われたと聞く。
そうして守られて来たのがこれまでのジム制度ではなかったのか?
名義貸しの問題もそうだが、これは亀田ジムだけにあてはまる事では無い。
選手だけでなく業界関係者の中にもあったジム制度の矛盾と弊害に対する声をも押さえて来たはずだ。
コミッションも多方面にわたり毅然とした態度を示せるのかはこれまでを見ても甚だ疑問だ。

子供じみた面子の張り合いでなく双方、第三者の大人の対応を心から望む。
今こそ原点に戻って、選手あってのボクシングとみなが気付かなければならないと思う。


一方で亀田サイドから亀田知毅選手の防衛戦情報がリリースされた。
スポーツ報知によると4月か5月に二度目の防衛戦を国内か米国で行うというもの。
相手は同級1位でタイのソー・シンユー。
比国の強豪AJバナルを打ち倒した強打者で、かつてスパー相手として招聘された事もあるそうだ。
不思議な事に実際の試合の相手よりも強い相手と数多く手合わせをしている亀田。
日本でもおなじみのソニーボーイ・ハロや井岡選手相手にしぶとさを見せたニカラグアのアルバラードもそうだ。
しかし、現段階では亀田ジムもJBCに対して徹底抗戦の構えを見せている事から国内での試合は実現が難しいだろう。
少し前にラスベガスでしかもパッキャオvsブラッドリー戦のアンダーでという情報が飛び込んで来てにわかには信じられなかったが、どうやらまったくのガセ情報ではない可能性も出て来た。
こうしたプロモーターとしての招聘活動の中で得た交渉力?にはどうであれ脱帽してしまう。
今回の問題は選手マネージャーというよりも、亀プロ陰の、というより実質の総帥史郎氏をボクシング界から徹底排除が目的とも囁かれるが、どんな形でもボクシング界で生き残るだろう。

個人的な事だが先月末にジムが引っ越してくれてほっとしている B.B

Comment

says... ""
>JBCの秋山弘志理事長は「ボクシングの公平性を疑われ、JBCの信用を傷つけられたのは遺憾。職責を果たしていない」と強い口調で話した。

自分たちは職務果たしてると思ってるんでしょうかね?
2014.02.07 20:16 | URL | #- [edit]
ホシイモ says... ""
毎回亀田しゃんには楽しませてもらってまつが(笑)
和解をオススメしまつね

くだらない茶番でつ
ファンはみたいのは試合でつからね
長男が責任とって引退して会長するというシナリオだけはやめてほしいでつ
(つд`)
あともう少し試合みたいし
引退するのは早すぎまつ
本人はブログで以前いってますたが強敵となるといってまつ

27~30才までにやると数年前にいってまつ
2014.02.07 20:19 | URL | #bGf9qjkw [edit]
says... ""
監禁事件は1000万。通報もせず、今頃。

>原告側によると、タイトル戦は対戦者それぞれが希望するグローブを使える契約内容だった。

あれ?ここではルールミィーティングの内容押さえてるんですか?
今回は、元々配られた両団体のルールも、ルールミィーティングの内容もよく押さえてないようですけど。
2014.02.07 20:57 | URL | #- [edit]
幻 says... ""
監禁恫喝暴行のグローブ問題って、調印式で決定したのを土壇場で反古にしたんですよね
確か

それを説明しないとフェアじゃないと思う
2014.02.07 22:20 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
まあ処分は規定路線だったので今更驚きもありませんが、これぞ俗情との結託と言う感じですね。「ついに正義が」みたいに言ってるボクシングファンは悪いけど頭カラッポです。処分を煽った人は今後起こることに責任を取って欲しいものです。

「負けても王者問題」についてはスポーツの枠内のことなのでスポーツ調停で事足りるのではないかと思います。

しかしJBCからの処分発表のその日にJBC職員が民事訴訟を提起するとの記者会見!まあ本当にやり口が変わらないなあと感心するやら呆れるやら。

しかしなぜ民事なのか?なぜ今日なのか?なぜ原告がJBCでなく一職員なのか?わけわからんですね
2014.02.08 01:57 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
高松ではは
 ルールミーテイングでグローブを選んで封印までしてたのに、試合当日に対戦相手がクレームしたのが原因で、JBCは『契約書には好きなグローブで試合できると書いてるので当事者同士で解決してください』 でトラブルに
大阪では
「対戦相手が体重超過したのにタイトルの扱いをルールミーテイングで協議も文書化もせず(というか語学力の問題でルールミーテイングで交わされた会話の内容を理解していない可能性が高い)に試合開催して、試合後IBFルールに沿ってタイトルが移動せず、試合前の「負けた場合はタイトル移動」という説明と齟齬を来たしトラブルに

JBCはどっちでもルールミーテイングを軽視というか無視している コミッションの仕事・試合管理とは何か分かってないんじゃない。

亀田と敵対するものは正義だと言う単純な思い込みでJBCとファンは安っぽいヒロイズムに陥っているんですよね

亀田を叩くことで現実逃避しているしているとしか思えません
2014.02.08 02:13 | URL | #- [edit]
榎 says... ""
ルールを教えてくれなかったから処分を下すJBC、どこまでぶざけてボクシング管理してるんだ、そのくせ健保金はこれから自由に使いますって。さすが浦谷
2014.02.08 03:18 | URL | #- [edit]
いやまじで says... ""
ま、榎さんのコメントに集約されてるんですが、
亀田を叩けば自分たちの株が上がる式の動きですね。

健保金問題をカモフラージュするためのスケープゴートにされてますね、亀田家は。

IBFが言うんだから仕方がないと言った事務長が責任を問われることもなく、
事務局長代行から理事長へと、
誰が意思決定しているか不明なブラックボックス現在のJBC。

亀田もいけないんですが、
ボクシング全体を仕切るコミッションがルールの明文化も確認もできていない。
英語スペイン語の通訳もいない。
それで問題が起きればジムの活動停止処分。

迷走を経て暴走モードに入ったように私には思えます。

協会は静観を決め込んでますが、
大橋協会長=JBC理事の意向でもあるわけですね、今回の亀田ジムへの処分。
2014.02.08 05:01 | URL | #XmKBmEnU [edit]
says... ""
ルールを主催者に任せるということの危険さをJBCはわかってないんでしょうか?
2014.02.08 07:38 | URL | #- [edit]
says... ""
今回の関連する記事を色々見なおしてますが、ボクシング記事を書く記者のレベルに疑問を持つようなの多くありませんか?

>IBFのルールには挑戦者が計量に失敗した場合、勝敗にかかわらず王座は維持されるという内容の記述がある。

 にわかファンとしては、「そうですか」としかいいようがないが、真のボクシングファンにとってはとんでもないことだった。

これ、野瀬って記者が書いた記事の一部ですが、真のボクシングファンにとっては、王座が維持される方が当たり前と考えると思うのですが。
2014.02.08 08:00 | URL | #- [edit]
幻 says... ""
別にも書きましたが、
2ちゃんねるとかみると、K-1などの格闘技団体みたいに、興行主がルールの管理、責任を負うと勘違いしてる人が多いんだよね
亀田兄弟やブログスタッフだって王座は空位だとブログに書いてたから
ルールに関わる亀田側のスタッフが空位報道を知らないはずはないというけど、
仮にルールの認識の食い違いを亀田側が知っててJBCに伝えなかったしても
それに関する最終責任はルールを把握してなかったJBCにあるんじゃないか

JBCが亀田側を裁く根拠として、ルールミーティングで王座は空位だと決めたはずなのに、
亀田側が内密にIBFと談合して、ルールを覆したことを、
ルールミーティングで決めた証拠を出さなければいけないのに、
どんどん論点がすり替えられてるような気がするんだよね
2014.02.08 09:11 | URL | #- [edit]
やわらか says... ""
JBCのルールミーティング軽視は度を過ぎていますね。2013年から新たに2団体承認したのは他ならぬJBCです。各団体のルール把握って必須なのではないのですかね?それでコミッションと言えるのでしょうか?何でも亀田サイドに責任を押しつければこの場はしのげると思ってるのでしょうか?ふざけるな
2014.02.08 09:26 | URL | #- [edit]
幻 says... ""
後、今回の件で色々調べたが、
今回の統一戦の扱いだが、王座が動かないからIBFはノンタイトルだ
だから、統一戦として宣伝したことは詐欺だというの
自分も最初はノンタイトル扱いかなって思ってたが、
何かで大毅が当日計量をパスした時点で防衛成立、防衛カウントにも数えると見て、
ソリスは失格で王座と王座になる権利を失い
大毅は当日計量で王座保持の確認がとれた
それにより相手の失格でIBF王座は試合の結果に関わらず大毅の防衛になることでIBFタイトルマッチは成立したと考えれば論理的だし
当日計量を実施した理由も分かる
ただ、剥奪って宙ぶらりんになったWBAのベルトは『勝たないと』手に入らないから、当たり前だが、大毅は勝たないと統一王者になれなかった
2014.02.08 09:35 | URL | #- [edit]
そう says... ""
今回の処分って、IBFの王座の取扱いそのものではなくて、この問題を調査する中で吉井会長と嶋マネージャーが実質ライセンスを有するに値する状態にないことが明らかとなったので行った処分です。処分そのものとしては、非常に軽いですが効果は大きいみたいな。

訴訟しても勝つ理由がないですよ。だって、少なくとも史郎氏の傀儡である状況証拠はそろっている訳で、それが違うということ、両氏が事実上責務を果たしていたことを証明できなければダメな訳ですからね。
何よりポイントは、3選手には処分していないということですよ。凄くシンプルに、”普通”になりさえすれば試合はできる訳で、大沢選手の場合とは訳が違います。

JBCは史郎氏を黙認していたのかと思っていたら、結果として泳がせていたことになりましたね。

あと、旧徳さんの記事のタイトルは恥ずかしいので変えた方がいいのではないでしょうか?一記者の記事だけで「ああ腰砕けJBC」って、感情が先に立ってしまってますよ。
2014.02.08 11:26 | URL | #XAjl2.RA [edit]
ホシイモ says... ""
_∧_∧
|(○`3´○)ボクモバより
|\⌒⌒⌒~\(有料)
\|⌒⌒⌒⌒|
   ̄ ̄ ̄ ̄


JBCによると過去10年で亀田は六回厳重注意処分を受けてまつ
ちなみに過去15年にJBCが厳重注意処分は亀田含めて50回だそうでつ

今後最低一年以上はみとめなくて
名義貸しもダメだそうでつ



名義貸しは関西ではたくさんありまつよ
亀田のせいで厳格化しすぎるのかが心配でつ
2014.02.08 11:51 | URL | #bGf9qjkw [edit]
says... ""
>吉井会長と嶋マネージャーが実質ライセンスを有するに値する状態にない

そうかもしれんですが、そうなると他の名義貸しジムの問題、そして、なんの管理もしていない実質、コミッションとしての資格のないJBCに対する問題も出てきますね。健全化するためには、亀田だけ処分しても、JBC本体も処分する必要があるでしょう。ジムからそういう声も出てきそうです。このタイミングでの職員による監禁民事裁判なんて噴飯もんです。
2014.02.08 12:43 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>そう様

コメントありがとうございます。前から書いてますが私は「処分は下されるだろう」と思っていたのでそのことは予想通りです。法的には薄弱な根拠で生活権を侵害するようなことをして大丈夫かしら?裁判費用はどこから出るのかしら?とは思いますが…。

私がこの記事のコメントに書いたようにスポーツ仲裁を利用すれば法廷までいかずとも紛争の解決は可能なわけで、両者同意の上でスポーツ仲裁で解決して欲しいと思います。なんだかんだいってスポーツの枠内の揉め事ですから。

私が腰砕けと書いたのは、事件直後には「ルールミーテイングの映像に負けたら空位と言う取り決めが記録されている」「IBFも非を認めている」としてた主張に根拠がなかったことをシレっと言ってるところです。最初に誤った情報を撒き散らして係争相手の印象を悪くすると言う手法は彼らの常套手段ですね。『フグの領収書以外にも色々ありますよ』とか『高山選手がアメリカにってIBFの会長に会っていた』とか事実関係を無視してして相手を貶める。しかし誤報を流した記者の方も華麗にスルーとは…。ネットの暇つぶし読み物だから裏取りなんかどうでも良いんでしょうかね?

>訴訟しても勝つ理由がないですよ。だって、少なくとも史郎氏の傀儡である状況証拠はそろっている訳で、それが違うということ、両氏が事実上責務を果たしていたことを証明できなければダメな訳ですからね。

JBCが正確にルールを把握してルールミーテイングでタイトルの扱いを決めた後文書化し、きちんとアナウンスするという当然の仕事をしていれば防げたトラブルです。従って彼らにも瑕疵があることは明らかです。そもそも裁判ではJBCの処罰に至る論理体系自体が論点になるわけで、JBCの理屈にそって一貫性があるかないかは判決に余り関係がないと思います。言うたらやくざの指詰めを『ワシらの世界ではこうやってケジメ取るのが当たり前なんや。イヤやったら堅気になったらええがな』みたいなことを裁判で主張しても意味がないのと同じです。JBC側が主張している処分理由の妥当性や職責に照らして彼らに責任があるかないかが問題ですから。
2014.02.08 13:31 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
いわば亀田とJBCの裁判はJBC村の掟が国家の法規に適っているかを問われる裁判になると言うことです
2014.02.08 13:33 | URL | #- [edit]
Tech21 says... ""
亀田ジム処分については、これという感想も異論も持たないのですが、奇異に思うのは、処分に便乗したかのようなタイミングのJBC職員提訴会見です。
この二つの事案は、全く別ものと言うか、さらに言えばリンクさせてはならない性質のものに思えます。

なかでも最大の違和感は、原告のJBC職員と同席する形でジャーナリストを名乗る人がいることです。
会見は9月3日のタイトルマッチであったとされる恫喝、強要による違法行為に対する提訴の会見だと認識していますが、ジャーナリスト氏は、そこで直接の被害に遭い、原告に名を連ねているのでしょうか?

それはともかくとして、ジャーナリストなら、事実の有無を確定する裁判の開始前から原告側につくと言うのは、あってはならない事なのです。
何故なら、違法行為の有無を無視して、一方に非があるに違いないと事前から言い切る立場を示すからです。
これは万人が認める事実のみを報道するというジャーナリスト全てが享有する理念や倫理から大きく逸脱します。

こうした方の書く記事は、思い込みや先入観に基づき、最優先事項である事実であるか否かには、重きを持っていないのではという疑念が拭えません。
私観ながら、とくにこの方には以前から、取材をする前から結論ありきのスタンスが目立つだけに、胡散臭さを隠せません。

またJBC(職員)は、ジャーナリストを会見に同席させたことで、ジャーナリズムと不健全な関係を築いていることを露呈しました。
彼らが良く指摘される組織の機能不全は、こうしたことも関連しているのではないかと思います。
2014.02.08 15:00 | URL | #3un.pJ2M [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
IBFタイトルの扱いやルールミーテイングの問題はスポーツの枠内の事象なのですが、同日に記者会見を開いて「ホラ亀田はこんな悪い奴ですよ」とやって、ボクシングファンも「亀田の悪を暴いて業界追放だ!」「今日は旨いビールが飲めます」みたいな吹き上がりばかり。

実は亀田サイドが記事の真実性を問う裁判をしたことに対するリアクションなんですけどね。

JBCが原告でないこと、当該の記事が削除されて読めないことなど不可解なことばかりです

記者会見でプロレスまがいのイザコザがあったと言いますが、それが事実ならそれこそ事件化するべきだと思うのですが。裁判の当事者が係争中の相手を直接脅迫したり、ブログのコメント欄という公共の場所で脅迫したりちょっと考えられないことばかり起こるのですが…。亀田サイドがそんな何の得にもならない馬鹿なことしますかねえ。
2014.02.08 15:18 | URL | #- [edit]
幻 says... ""
本当にJBC職員なのかも怪しいのですが…

4対3で報道陣をシャットアウトしただけで監禁だと騒ぎ立ててるのもおかしいのですが
他の職員はどうなったんでしょうか?
2014.02.08 15:27 | URL | #- [edit]
沖縄にはハマグリ大のシジミがあると知った(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>本当にJBC職員なのかも怪しいのですが…

まあさすがにそれは無いと思いますが(笑)、組織防衛のために職員個人が裁判を起こすというのは、スポーツの統括団体としてはかなり特殊な対処方だと思います。

2014.02.08 16:11 | URL | #- [edit]
榎 says... ""
グーロブの事でJBCのくそ職員に文句言ったら監禁って、この記事書いたバカ誰なんだろう。監禁だけを強調するのやめろって。もうわかってるからJBCの連中はおかしいから。JBCの管理がむちゃくちゃだからこうなっただけ。
2014.02.08 18:04 | URL | #- [edit]
Tech21 says... ""
>実は亀田サイドが記事の真実性を問う裁判をしたことに対するリアクションなんですけどね。

自身が被告ならば尚更のこと、別の裁判の原告を利用しての意趣返しなどジャーナリストのすることではないでしょうに。
本来なら、ご自分の裁判について単独会見で意見を述べるなり、裁判で証拠を出し、勝訴で潔白を明らかにするのが、ジャーナリストを名乗る者の務めのはずです。

>記者会見でプロレスまがいのイザコザがあったと言いますが、それが事実ならそれこそ事件化するべきだと思うのですが。

会見を報じた一般紙も含む各紙で、このことを書いた記事は、ジャーナリストを名乗る方の関わるところ以外に見当たりません。
先に書いた理由で、彼の書く記事には信憑性が持てないので、信用することはないのですが、これを書くこと自体、報道の資質が彼に無い事を伺わせます。

本当に騒動があったとしても、その騒ぎを起こした者が「亀田関係者」と名乗ったのであれば、本当に関係者なのかを取材すべきなのです。
それが出来ないのなら、記事にすべきものではないのです。各紙が報じない理由はそこにもあるのだと思います。

自身をフィクションライターと言うのなら、全く反対の評価をしますが、彼がジャーナリストを名乗るのを見るにつけ、日本のジャーナリズムが馬鹿にされているように思えます。
2014.02.08 18:17 | URL | #3un.pJ2M [edit]
says... ""
あの自称ジャーナリストのゴシップライターが正義の象徴のごとく祭り上げられてるのを見ると恐ろしさすら覚えますね・・・
あの人はこの件でも最初は何の取材もなしに試合後に亀田がルールをひっくり返して無理やり防衛に変えたと主張してましたよね。
2014.02.08 20:19 | URL | #- [edit]
says... ""
記者会見の場に乱入した奴も訴えないといけませんねー。
都合よくジャーナリストになったり、ただのブログになったりw
彼は、恫喝事件にどう関わってるんでしょうか?弁護士でもなく原告でもない。正義の味方のジャーナリストですか?だったら、なぜ即、行動しなかったんでしょうか?なぜ、この時期?恫喝問題にしても然り。又聞きの情報で、本来なら、即、警察に通報すべき事でしょう。
記事は垂れ流しが多くありませんか?震えて待て的な書き方して、その続報はほとんどないような。フグの件はその象徴。芸能ネタも然り。お塩だのノリピーだの、凄いネタ持ってるような事書いて、そのままフェードアウト。あげく、今回も記事は削除ですか?削除するにしても、ここの井上のバンテージの件のように説明するべきでしょう。読者も、削除の件はスルーwほんとに読者なんですかね、あそこにコメントしてる人。あまりにも同じような主張が多くありませんか?
2014.02.09 00:31 | URL | #- [edit]
says... ""
>本当に騒動があったとしても、その騒ぎを起こした者が「亀田関係者」と名乗ったのであれば、本当に関係者なのかを取材すべきなのです。
それが出来ないのなら、記事にすべきものではないのです。各紙が報じない理由はそこにもあるのだと思います。

その通りだと思います。
今回の件も全く当事者に取材していない。
挙句、お金がかかるとか、謎の記者か、その擁護さんがコメントしていたような記憶があります。お金がかかって取材できないなら、憶測や想像、ネット情報なんかを頼って記事なんか書くもんではないと思います。ジャーナリストなら。そしたら、ライターであるとか言ってたかなwとにかく、あまりにも資質に欠けた記者?があの周辺には多いように思いますが。韓国まで行って話聞くようなことはできないんでしょう、彼らには。
2014.02.09 00:38 | URL | #- [edit]
AKG says... ""
このサイトは何故コメント承認制なのでしょうか?

拳論は確かに偏った意見の多いサイトかも知れませんが
反論意見も無下に消したりしていない事で公平性を保っていますよね?

このサイトを見る限り、一般的な意見とは乖離された意見が多く見受けられるように感じますが
それはコメントを承認制にしている所為ではないでしょうか?

返答お願い致します。
2014.02.09 02:54 | URL | #- [edit]
ホシイモ says... ""
六回目の処分まとめ
2006年 亀田父が厳重注意(観客との乱闘騒動)
2007年 亀田父が厳重注意(レフェリーに抗議)
2007年 亀田父セコンドライセンス無期限停止、大毅はボクサーライセンス1年間停止、興毅は厳重戒告(内藤)
社会現象となりこのあたりはまだホシイモはボクシングには感心がない時代
亀田に興味をもつ~このときから亀田ファンになる

2010年 亀田父&五十嵐(暴言)亀田長男が負けた時

2013年10月 吉井と嶋が厳重注意(大毅の当日計量の時間と場所を連絡なく変更)

そして今回の処分で六回目

2010年の四回目までの処分で亀田父ばかりでつね

よそのジム所属だったら四回目までは防げたかもしれまてん

今回の処分は2回目なら助かったかもしれまてん

他のボクシングジムも2回目の処分までならやりそうでつが亀田父をみて気をつける感じがしまつ
(○残*´ω`*念○)

四回目まで亀田父ばかりでつ

せめて三回目までの処分がなかったら歴史は変わってたのかもしれまてん
防ごうと思えば防げまつから
もったいないでつ

2014.02.09 08:11 | URL | #bGf9qjkw [edit]
ウチ猫 says... ""
AKG様

承認制にしてることについては何度か書いておりますが、それをご覧になってない方もおられると思いますので、再度ご説明しておきます。

ブログのコメント欄を開放して困ることと言えば、悪質なコメントの連投等でしょう。
意味不明な言葉の羅列等であれば、発見する都度削除すれば大したことはありませんが、これがプライバシーを著しく損害する内容や個人情報の暴露にあたることだった場合、気づいた時点ですぐ削除したとしても、一定時間公開状態になってしまった時点で被害が出てしまいます。
私たちは端末の前に一日張り付いていられるわけではありませんので、一番簡単で確実な対策として、内容を確認してから公開させていただくという方法を取っております。

ただ、当初はほとんどコメントをいただけなかったので特に不都合もなかったものの、一つ前の記事のようにたくさんのコメントで議論が展開された時に、タイムリーなコメントの反映がないと興ざめになってしまうことはありますね。
その意味では今後、コメントの即時反映も考えていこうかとは思いますが、私たち自身に対する嫌がらせ等なら「またかよ」で済みますが(実際、最近また某所で色々書かれてますしね)、友人や知人に対する攻撃をされる可能性も考えると、慎重に考えざるを得ません。

承認制にすることで、自分たちと同じ意見ばかりを公開し、反対意見を削除してるのではないか、と疑われる点については「そんなことはしてませんので信じてください」と言うほかないです。
しかし、私などは管理者の立場になって見て初めて実感できましたが、コメント欄を使って印象操作のようなことをするのは、承認制であろうと即時反映であろうと関係ないと思います。むしろ承認制にしていない方が「このコメント欄はどんな意見でも一度は反映されるので公正ですよ」とアピールできる分、何か操作をした場合はより効果的(つまり悪質)と言えるかもしれませんし。

いずれにしても、これからも皆さんに活発な議論をいただけるように考えていきたいと思いますので、よろしくお願いします。
2014.02.09 08:48 | URL | #nZcYMxmY [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>拳論は確かに偏った意見の多いサイトかも知れませんが
反論意見も無下に消したりしていない事で公平性を保っていますよね?

というかあたかも亀田関係者からの攻撃と言う体で、頭がおかしい人が書いたような文章が多々投稿されていますね。あれによって『アンチ亀田と亀田ファン双方の意見が書かれているから公平なサイトだ』と言う事になるのでしょうか?

>このサイトを見る限り、一般的な意見とは乖離された意見が多く見受けられるように感じますが

一般的であることよりも論理的に正しい事が大切だと思いますが...
2014.02.09 11:42 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>本来なら、ご自分の裁判について単独会見で意見を述べるなり、裁判で証拠を出し、勝訴で潔白を明らかにするのが、ジャーナリストを名乗る者の務めのはずです。

そうですよね。争点が同じ裁判をもう一つ起こしてそっちの裁判では記者会見し記事も書く、プロレスまがいのイザコザも起こすじゃねえ。

ところでJBCを解雇された方に対してJBCが何百万と言う損害賠償を求めてる裁判はスラップ訴訟じゃないのでしょうかねえ?



2014.02.09 11:53 | URL | #- [edit]
ウチ猫 says... ""
そもそも、「前日に王座保持を知っていたのに言わなかった」というのが原因で、ボクシングの公平性やJBCの信頼が棄損されたという秋山氏のコメントが完全に的外れです。
JBCからすれば「王座は空位」があるべき姿だと思っていたからそんなバカなコメントが出たのでしょうが、想定されていたことと違うことをタッカー氏が言ったことは、別に亀田サイドの責任ではありません。

仮に亀田サイドの工作で裁定が入れ替わったとしても、その場合に責任を問われるのは亀田だけではありません。
IBFも同罪であるのは当然ですが、試合を管理し王座を認定する立場であるJBCにも責任があるのは明らか。
もう何度も言ってますが、彼らが即座に「そのような、ルールミーティングの内容に背く主張は無効だ」と言えば、また亀田が変なこと言ったらしいで、で済んだ話だからです。

これは「JBCにはそういう権利がある」というような裁量の話ではなく、「そのように厳格に世界戦を運営しなければならない」という義務だと私は思います。
要するに、その部分で「自分達はきちんとやるべきことをやった」という自信がないから、何とか屁理屈こねて亀田を処分しようとしてるようにしか見えませんね(そうすれば、「いわゆるボクシングファンの皆様」は、自分達の不手際など不問にしてくれるでしょうから)。

勿論、知ってて言わなかった亀田プロ が悪くないとは言いませんが、その事で棄損されたのはプロモーターとしての彼らの信頼だけで、それは単なる自業自得。
ボクシングの公平性やJBCの信頼を傷つけたのは、ちゃんと仕事をすれば約束通り「王座は空位」にできたのに、それをせずに事態をグダクダにしたJBC自身に他なりませんから、秋山氏はそんなにお怒りになってるなら、ご自分の部下の方々にお説教するべきだと思いますよ。

こんな簡単なことがわからない、或いは、わかっていて無視する人ばかりだというんですから、やはり亀田家はある意味凄いですな。
2014.02.09 13:11 | URL | #ZA9zVw0U [edit]
榎 says... ""
大橋協会長=JBC理事
こういう問題には行動もないもしない。

2014.02.09 14:20 | URL | #- [edit]
says... ""
AKGさん
>拳論は確かに偏った意見の多いサイトかも知れませんが
>反論意見も無下に消したりしていない事で公平性を保っていますよね?

いえいえ、確かに承認制ではないので、一旦は載りますが無下に消しますよ。
(だから、魚拓取って証拠にする人が出てくれんですけどね)
それに彼らにとって都合の悪い言葉が禁止ワード設定がされていて、それを使ったコメントは載りませんよ。

それに反目する人が現れると何故か2ちゃんねると連動して、その人の個人情報や誹謗中傷が書き込まれ、そのあまりの頻度の高さから「偶然」とは言えないでしょう。
おそらく拳論の熱狂的ファンで、2ちゃんねるのヘビーユーザーがおられるのでしょうね。

2014.02.09 14:21 | URL | #- [edit]
Over says... ""
はじめまして初めてコメントさせていただきます。

毎回なるほどそういう考えもあるなと記事及びコメントなど楽しく読ませていただいているのですが少し疑問に思う部分があるのでご質問させて下さい。

> JBCが正確にルールを把握してルールミーテイングでタイトルの扱いを決めた後文書化し、きちんとアナウンスするという当然の仕事をしていれば防げたトラブルです。従って彼らにも瑕疵があることは明らかです。

今回の件でネックになっているのはこの部分だと思うのですが、亀田側としては試合後に親父さん長男がJBC・マスコミに対しての説明責任について言及こそしましたが、その後弁護士を交えてからは直接的なJBCへの責任追求をしていないのですが何か意図があるのでしょうか?

裁判の際の反論として今は口を継ぐんでいるとしても裁判にならずに話し合いや世論の後押しで処分回避になる方が時間的にも金銭的にも困らないと思うので、裁判を想定して自分たちの優位な情報を隠すのは少し不可解な感じが個人的にしています。

また亀田側に非は無くは無いとしても、JBCの職務怠慢・責任放棄が今回の騒動の根本的原因であれば、そこをJBCに対しても世間に対しても丁寧に説明していく事で先に非がある方に非を認めさせ双方謝るべき事は謝ってもらえれば落としどころが見つかり裁判などに持ち込む必要もなくなると思うのですが...

とはいえJBCもJBCなのでそんなこと関係ないという横暴的対応の末の処分である可能性も多いにありますが、としても少なくとも世論などは納得してくれるのでないかと思います。

そうならないバイアスが浸透しているのかもしれませんが...

ただ直接亀田サイドからのそういった争点での話(JBCの職務怠慢であり等...)が全くといっていいほど出てこないない(もしくは我々世間が目にしたい)のはマスコミ各社が意図的にそういった亀田サイドのコメントを載せないようしているからなのでしょうか?

だとしたら弁護士などはマスコミ各社の横暴な情報操作での攻撃に対しても論理的に攻め入れれると思いますし、彼らのブログ等で積極的発言しどちらに非があるのかを浸透させるべきだと思うのですが、あまりそういった雰囲気でもないですので、なぜ当事者からこのポイントに関しての話が少ないのか疑問に思ってしまいます。

はたまた裁判時に彼らに赤っ恥をかかせる最終兵器として我慢しているのでしょうか??
だとすれば今後に期待していたいと思います。

以上長々と申し訳ありません。
2014.02.09 15:27 | URL | #- [edit]
榎 says... ""
Overさんへ


意図的にそういった亀田サイドのコメントを載せないようしているからなのでしょうか?
俺はそう思います。ひどいからあいつら
ボクシングくそビート ボクシングくそマガジン 
マスコミ各社 JBC みんな仲間を大事にする人たちだから

ボクシングを大事にしてほしい。
2014.02.09 15:48 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>Overさま

ご愛読を頂きありがとうございます

亀田は最初に史郎氏が『JBCは日本の恥』発言をしたことで思いっきり話がこじれたので(笑)代理人である北村氏に情報の出口を統一しているのだと思われます。まあ組織防衛ですね。社会的なイメージはもとから悪いわけで、情報のコントロールにはあまり関心が無いのではと自分としては思っています。刑事の凶悪事件ならともかく、今回のような民事裁判では『社会悪亀田に制裁を』というようなバイアスは働かないでしょうし、裁判で勝てばいいわいという実利を取る作戦でしょう。

ただ私としては再三書いておりますようにスポーツ調停による解決が望ましいと考えております。

しかし自称ジャーナリストの彼は、亀田処分のその日に亀田相手の民事訴訟に(どういう立場でか知りませんが)連座することで、JBCと一体である事をはからずも自ら暴露してしまいました。今までの彼のJBC問題を巡る執筆姿勢や情報操作全てJBCの意向を受けた物で、客観報道には程遠い御用記者・お抱えタイコモチ記者であったということです。

そんな彼の言論活動を未だに熱烈応援してる人は失礼ながら教養や常識が欠如していると感じます。
2014.02.09 16:17 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
史郎さん、いらんこと言うから弁護士さんから止められてるんじゃないですかね(笑

しかし、裁判で明らかになるでしょうね。
ただ、仰るように僕もこうなる前に仲裁に入る人がいなかった(いたかも知れないがどちらかが蹴った可能性も)ことが残念です。
どちらにとってもボクシング界にとっても何もいい事は無いと思います。

ぶっちゃけた話し、業界の中で亀田サイドで無い人の中にも「亀田にも非があるが責任の重さで言えばJBCが悪い」と言う方達は結構います。
「このままだと本当にプロレスになってしまう」とも。
しかし、この件については当事者でないから公けには言いませんね。

あくまでも噂レベルですが、史郎さん周辺が業界のタブーに言及した事で一気にこの流れ・・なんて話しも。
2014.02.09 16:39 | URL | #bH1htKmU [edit]
Over says... ""
榎様
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです)様
B.B様

ご返答ありがとうございます。

内容をまとめますと

・マスコミ・業界による亀田側への情報操作・偏向報道は存在する。(榎様)

・JBCへの責任追求が正しい論点だが亀田側の失言を押さえるために当事者の発言は禁止している。(シジミ様、B.B様)

という理解でよろしかったでしょうか?

また当事者の発言を制限するとともに弁護士からもこの論点の話が出ないのは亀田側としては世論などはあまり当てにしておらず(もとから悪いから)、裁判時になった際に勝てる争点(JBC責任)を既に持っているので今の段階でアピールする必要もないというのが理由として妥当でしょうか。

その場合そもそも亀田側は裁判ありきでこの件を進めているということになりますが彼らとしては裁判をしたいと。
(非は組織側なので内々の話し合いでは伝えていたが先方が納得しなかったということも考えられますが。)

ただ不思議なのが法廷の場に場所を移した際に一番始めに被害を受けるのは亀田側だと思うのですが、そこまで待っているのはなぜなのでしょう、JBCに対する義憤から彼らの瑕疵を広く世間に伝えるために立ち向かっているのでしょうか。

そうであれば業界内の人たちももっと彼らをサポートするべきだと思うのですが、JBCの権力の前には逆らえないのですね...

> ぶっちゃけた話し、業界の中で亀田サイドで無い人の中にも「亀田にも非があるが責任の重さで言えばJBCが悪い」と言う方達は結構います。
「このままだと本当にプロレスになってしまう」とも。
しかし、この件については当事者でないから公けには言いませんね。

ただ業界内にはB.B様の記述通り不満に持つ方々も多いらしいので、今後の裁判になった場合の亀田側の反訴してはこのJBCの責任範囲の話が争点になりそうですね、そういった公式な場所で様々な問題点が世間へと明るみにある事を期待しています。

ちなみに

> ただ私としては再三書いておりますようにスポーツ調停による解決が望ましいと考えております。

なのですが、再三とあるので既に議論済みなのかもしれませんが、公益財団法人日本スポーツ仲裁機構による【「スポーツ調停」とは】によると適用範囲外の(2)にあたるので利用出来ないのかと思いますが、今回は少し解釈が違うのでしょうか?

> なお、スポーツ調停は当事者が和解を求めて話し合いをする手続であるため、調停を利用した和解の実現が可能であると思われる紛争を主な対象としています。そのため、①競技中になされた審判の判定や、②競技団体が下した懲罰処分については、その事実を確認する場合を除いて、スポーツ調停手続の適用の範囲外となります。

http://www.jsaa.jp/guide/sports/p05.html

以上ありがとうございました。

--
※シジミ様の後半の下りに関しては今回私が疑問に思った点との関連は間接的かと思いましたのでご返信は割愛させていただきました。

また別の機会にご質問させていただければ幸いです。
2014.02.09 17:24 | URL | #- [edit]
やわらか says... ""
現実問題、裁判ありきで今からJBCと亀田との泥沼?法廷劇が始まるわけですが。

その間は当然国内では3人とも試合できないですし、海外で試合組んでいくのですかね?

正直長男は生ぬるい防衛戦ばかりで明らかに劣化してきています。
意地悪な見方でなくこれが吉と出ればいいなとは思います。

輝かしい選手生命なんて人生の中のほんの短い時間です。イタズラにこの件が泥沼長期裁判にならないことを祈っています。

因みに民事とはいえこのタイミングで監禁恫喝の話が出たのはいかにも…なやり口でJBCに辟易しました。

監禁された職員はせめて名前くらい自分で公表しなさい。

みっともない。

お隣の国の告げ口外交を思い出しました。
2014.02.09 17:36 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>overさま

Jリーグの我那覇選手のドーピング問題がスポーツ仲裁で解決したと思っていたのですが、これスポーツ仲裁裁判所だったんですね。勘違いしておりました。ご指摘感謝いたします。日本のスポーツ調停は統括団体が出した懲罰について異議申し立て出来ないんですね。これじゃ仲裁機構としては機能が不十分ですね。

JBCサイドがあくまで瑕疵を認めず「謝罪がなければ処分する」と言う態度ならば、亀田サイドとしても訴訟の準備に進まざるを得ないと思います。ですが北村弁護士の出した文書内で「共同で問題の原因究明をしましょう」という投げかけは成されているわけで、一応亀田サイドとすれば話し合いの意思は示しているわけです。

むしろJBCサイドの姿勢が一貫して強硬であり、「映像に証拠がある」「IBFも非を認めている」と言うような誤情報を絡めたリークを持って世論形成をした面こそ問題ではないかと思います。

この訴訟がボクシング村の論理が実社会で試される機になると思います。実は解雇職員の地位保全訴訟がすでにそうなっているんですが…

2014.02.09 18:31 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>やわらか様

JBC職員は私人ですからプライバシーには配慮があるべきとは思いますが、同じ争点の訴訟を抱えている自称ジャーナリストが被告と同席していることは奇異であるし、JBCが原告となっていないこと自体が不可解です。乱訴は税金の無駄使いですから、目的が厳しく問われるべきと思います。
2014.02.09 18:37 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
我々が取材している関係者から良く話題になるのが「清水智信選手の休養王者問題」です

あの時にJBCがなし崩しで清水選手の休養王者を認めたことで亀田一家は増長したのではないかという指摘です。思えばここ数年亀田一家はやりたい放題のわが世の春でした。業界全体の未来図に対するビジョンのないJBCによってもたらされた業界の混乱の象徴が今回のトラブルではないのか?

「亀田兄弟が追放で今夜は旨い酒が飲めます」と言うレベルのファンがJBCの現状を是認するのであれば今後もこのような問題は繰り返し起こると思えます。というかあと数年でJBCの資金は底をついてしまうのですが…。

残り少ない資金を裁判で消尽するようにけしかけたファンやメデイアは今後起こることに責任を取って欲しいと思います
2014.02.09 18:50 | URL | #- [edit]
幻 says... ""
>我々が取材している関係者から良く話題になるのが「清水智信選手の休養王者問題」です

あの時にJBCがなし崩しで清水選手の休養王者を認めたことで亀田一家は増長したのではないかという指摘です

この問題の時に帝拳の本田会長は、それは認定団体に言え
JBCはあくまで試合などを管理する場だからという記事をどこかで見ました。
うろ覚えで申し訳ないですが。
2014.02.09 18:58 | URL | #- [edit]
K says... ""
はじめまして。

私なんかのライトなファン(このサイトにコメントしている時点でライトではないかもしれませんが。笑)はとにかく亀田が嫌いなので、まずは亀田が排除されれば良いわけで、そこが皆さまがたのような真にボクシング界を良くしようと考えられている方々と根本的に違うのだなと思います。
仮にJBCもクズだとしても、クズ1(亀田)とクズ2(JBC)がどちらも相手にモノを言える資格はないということで膠着状態になり結果としてどちらも生き残ってしまうよりも、クズ2(JBC)にクズ1(亀田)を排除してもらった方が嬉しいのです。
その後のクズ2(JBC)への対応はそれから考えれば良いのでは、というのが正直なところです。
皆さまがたのような真にボクシング界を良くしようという志の方々にはなんと無責任な意見かと思われるかもしれませんが、世の中のライトなボクシングファンはこんな考えの人達もけっこう多いのではないかと思っています。

また私は、片岡記者はJBCの太鼓持ち記者などではなく、たまたま亀田排除という目的が同じであるためJBCと共闘している(互いに利用しあっている)だけだと感じています。
記事を書いた旧徳さんはそんなつもりはないというかもしれませんが、太鼓持ち記者と断じている文章を読んで、やはりポジショントークの部分も少なからずあると感じてしまう読者もいることを理解していただき、さらに公平な視点で各種論じていただければと思います。
もちろん片岡記者の発信する情報が全て正しいなどとは夢にも思っておりませんので、そこはご安心ください(笑)

今後のブログの更新も楽しみにしてます。
2014.02.09 19:05 | URL | #- [edit]
榎 says... ""
Overさんへ
・マスコミ・業界による亀田側への情報操作・偏向報道は存在する


言葉が足りなかったJBCの都合が悪いことはマスコミは載せないようなってる。
それをまじかで一人で抗議しながら観て聴いて感じたことです。

2014.02.09 19:51 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
>このJBCの責任範囲の話が争点になりそうですね

そうですね。
ただ実際に裁判でコミッションの仕事の範囲までを定義していいのか?という疑問も湧きます。
公益法人格を放棄し、自分達の仕事じゃないよと放り投げた健保金問題しかり網膜剥離の問題しかりです。
これまでは越権行為にあたると思われる(危険を冒しても)調整調停役をこなして、是々非々として紛争を収めて来た事実もあるわけです。
こういう言い方すると怒られるでしょうが、ぶっちゃけわからず屋の多い業界の中でこうした仕事をこなす事は大変だと思います。
しかし、何がボクシング界の為に選手の為に最善の策なのかを協会と共に模索する事こそ、公益としたコミッションの在り方ではないかと思います。

先日のコミッションの人の発言「JBCにはいわば裁判所的な役割がある」という自負があるのは解りますが、自らに批判が加えられた時に紛争を泥沼化させるこの有様では妄言と取られても仕方ない。

ボクシング界を安心して任せられる人材は出ないものかと心底思います。
かつて僕らが取材させて頂いた関係者、メディアの中でも真剣に考えていらしゃる方々もいました。

「選手を取り巻く環境を見れば問題は山積しています」
「だからこそ利益相反する中でも言う事は言わなければならない」

「コミッションの権威を失墜させたのは自身だと誰もが気づいているでしょう」
「ボクシングを公益性のあるものとして存続させる為に、先ず何が何でも公益法人を目指すべきだった」

「やがては国家の管轄の元にスポーツコミッションという形も模索が必要な時なのではないでしょうか」

面子や保身の人らには理解出来ないと思います。

※括弧( )内、言葉が足りなかった部分追加しました。
2014.02.09 20:17 | URL | #bH1htKmU [edit]
B.B says... ""
>この問題の時に帝拳の本田会長は、それは認定団体に言え
>JBCはあくまで試合などを管理する場だからという記事をどこかで見ました。

それの真意真偽は分かりませんが、ボクシング界の実力者がそういう事を言ってはいけませんよね。
試合管理だけがコミッションの仕事でいいんでしょうか?
お墨付きを頂いた!なんて勘違いの輩が出てくる。
プロモーターとして建前論で無く本音を言ったのかも知れませんが、どうかと思います。
というかそれで一発解決になったら、それで問題の本質が明らかになる訳ですが。
鶴の一声で・・という噂話?は絶えません。
2014.02.09 20:52 | URL | #bH1htKmU [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>K様

ご愛読を頂きありがとうございます 今後ともよろしくお願いします

>記事を書いた旧徳さんはそんなつもりはないというかもしれませんが、太鼓持ち記者と断じている文章を読んで、やはりポジショントークの部分も少なからずあると感じてしまう読者もいることを理解していただき、さらに公平な視点で各種論じていただければと思います。

これ実は根拠がありまして、要は安河内氏を排除する過程で彼は『フグの領収書』以外に複数の経理上の不正の証拠があるかのように匂わせていたわけです。ところがその後何ら新しい証拠は示されませんでした。結局現在JBCを掌握している人間の意向を受けて安河内を追い落としただけだったのだとしか思えません。

亀田の処分発表のその日に、JBC職員と並んで亀田に対する反訴をぶち上げるあたり、現体制のJBCとの距離感なき癒着振りは明らかであると思います。


2014.02.09 21:15 | URL | #- [edit]
says... ""
>亀田の処分発表のその日に、JBC職員と並んで亀田に対する反訴をぶち上げるあたり、現体制のJBCとの距離感なき癒着振りは明らかであると思います。

JBCがマスコミと癒着なんてイメージ悪くなるだけ。
しかも、そのマスコミがアレw
2014.02.09 22:03 | URL | #- [edit]
Tech21 says... ""
K様
>また私は、片岡記者はJBCの太鼓持ち記者などではなく、たまたま亀田排除という目的が同じであるためJBCと共闘している(互いに利用しあっている)だけだと感じています。

私も亀田三兄弟というボクサーを認めることが難しいのですが、以下はそれを別にします。

私は今回の彼の行為を亀田排除とは思えません。
片岡ライターの行動はこの件に関して言えば、提訴に対する自己防衛だと思います。
報道者を自認しながら亀田排除が目的とするならば、問題発覚後すぐにするべきだったでしょう。
それが何ヶ月も経てからの行動を見るに、主理由ではないのは明らかです。
亀田排除と言うのは、その支持基盤となっている読者の手前での姑息なパフォーマンスではないでしょうか?

彼が公言しているボクシングへの情熱であるとか、ジャーナリストとしての矜恃というのは、根底から崩れています。
彼の執念は、先の自称盲人作曲家と同じく、自らの虚像を維持することであるのは自明です。

私は彼への失望を隠せませんが、今からでもジャーナリストとしてのあるべき姿を深く理解し、自己反省を述べた上で、出直して欲しいと思っています。
ただ、これまでの虚偽記事の多さを見るに、自分がしてきたことを認めることができなければ難しい作業になるだろうとは思います。
2014.02.10 00:19 | URL | #- [edit]
バンコク愚連隊 says... ""
「日本で行われた」「2団体統一戦(だった)」という条件があるので一概には言えませんがあたしが実際に体験してきたタイ・メキシコ・フィリピン・インドネシアでの経験をもとにすれば

・ルールミーティングってルールを決める場所じゃないんだよね…
 「試合進行のためのルール」を「確認」する場、ってだけで。協議する場でも決定する場でもない。

・計量時のトラブルでそれをどうするか、ってのは計量終了後すぐにその場で確認するもんだと思う。

・計量失敗時の処理などは2団体で事前にすり合わせて「統一戦ルール」として用意しておくものだと思うんだが、これは統一戦なんてものの経験はないので断言出来ず。ただルールミーティングで話し合うものではないと思う。今まで見たことのあるルールミーティングでの配布資料には「王座移動の条件」なんて記載は記憶にない。「試合中の反則がどーたら~」とかそんなんがほとんど。

・ちなみにルールミーティングで配布される資料は当然団体のルールブックを全部コピーしているわけじゃない。試合運用に関する部分だけ。

・今回の件には関係ないが、さらに言っちゃうと「採点は10ポイントマストで~」とかも書かれているのでどっかの試合のように「後になって0.5ポイントシステムだとわかった」ってのがあり得るんかいな?と思った。(一条一条全部読んでいくはずなので)タイでのWBAタイトルマッチで0.5ポイントシステムが採用された時は散々「今回は0.5ポイント制で~」と言ってた。

・ルールミーティングや計量での仕切り、文書保管って王座承認団体のスーパーバイザーの役目。よくグローブの封印とかJBCの人がやってるけどその後の保管はスーパーバイザーでしょ。まあJBCなら書類の「控え」はとってるだろうが。しかしあくまで主役はスーパーバイザー。

・JBCの人とかがルールミーティングにでても扱いとしては「オブザーバー」だと思う。司会もしないしね。当然聞きたいことがあれば聞けますが。

・スーパーバイザーは承認団体を代表して来ているのでその人の発言は基本「団体の意向」。軽いもんじゃない。(中には「俺がルールだ!」と断言する人もいる)記者会見でのスーパーバイザーの発言は非常に重い。

なのでなんでここでは「JBCがルールミーティングでぇ~」という話が出ているのかわかりません。むしろもっとIBF立会人の責任論が取りざたされていいと思うのだが…そういう意味でその辺事実認定を放棄した今回のJBCの発表には不満ですけどね。

ちなみに高松のグローブの件、文句をつけるのならば以上の理由から「IBFのスーパーバイザーに文句を言う」べき筋合いでJBCの中の人に言われてもそりゃ「権限ない」としか言えないわな。(箱に入れてスーパーバイザーに渡してるだけだもん…)優秀な通訳の方もついているんだからスーパーバイザーにクレームつけにゃ…
2014.02.10 02:26 | URL | #mQop/nM. [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>バンコク愚連隊

出勤前で時間がないので手短に

プロモーターがやりたい放題という感じになってはいけないので、判定の公平性の担保なども含めてローカルコミッションに一定権限はあるべきと思います

IBFに対して腰が引けてるというのはその通りで、「亀田がゴネたら裁定が変わった」というならそれはIBFに抗議するべきだろと思います

それと高松で当日計量から排除されて怒ってたのはJBCなわけで「関与させろ」なら積極的に関与すべきだし「関係ない」ならそれで一貫するべきだと思います

良いとこ取りはアカンよと。それは亀田にも言えることだと思います
2014.02.10 06:44 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>バンコク愚連隊様

敬称が抜けておりました 失礼しました
2014.02.10 06:46 | URL | #- [edit]
ななし。 says... ""
JBCルールの第43条
「世界タイトルマッチのプロモート」の三、四には明確に
ルールミーティングをJBCが定める公式行事と記しています。
そして、プロモーターの仕事として
「JBCの定める世界タイトルマッチに係る公式行事の実施に協力すること」と
あります。

ルールミーティングはプロモーター権限で行われるものでないことがこれで分かる。
JBCはオブザーバーだと、記したルールはルールブックのどこにも
私は発見できていません。
2014.02.10 08:02 | URL | #/OUezYRM [edit]
B.B says... ""
一昨晩からの雪かき作業で乗り遅れました(汗

バンコクさんの指摘に自分が持ってるJBCルールブックは古いのかなぁ・・と思って焦りました。
と、すでにななし。さんが指摘して頂いたので繰り返しませんが、実は他にもルールブックの実際と異なる事はあるんですよねぇ。
例えばリターンマッチなど将来の試合を保証する条項を契約書に盛り込んじゃだめよ!とか。
だけど実際には試合オプションとか正直ファンには理解しづらい事がまかり通っている。

何が言いたいかといえば、結局ルールと興行サイドのせめぎ合いが常にあるという事。
興行サイドにすべて任せては暗黙のルールや特例などが前例となって逸脱行為がまかり通ってしまうんじゃないですか?と思うんです。
だからこそルールとして定めたものを先ずはしっかり運用して頂きたいと思うわけです。
旧徳さんやななし。さんの主張はそういう事だと思いますし、自分もまたそう思います。

しかし、バンコクさんが仰る事も理解できる部分はあるんです。
僕らが参照したのはあくまでもJBC試合ルール。つまりローカルルールですから世界の現在の?実際は違うよということはあるんでしょう。
そうした時にローカルコミッションの実力が試されるんだと思います。
ジム制度やライセンス制を見ても日本は特殊な環境にありますね。
だからこそ日本においては独自のローカルルールが進化して来た背景もあると思います。
僕はそれを否定しません。

今回問題になった負けても王座保持は世界のルールでは常識なんでしょうが、自分のような古いファンには正直違和感があります。
皆さんの主張と異なるかも知れませんが、負けたら空位でいいじゃないかと。
僕は王者は強者の系譜というのが持論ですから、これは日本のローカルルールを支持したい。
ある関係者さんから「その通りです。あれ例えば1Rで倒されても王座は移動しないなんて言われてもお客さんが納得しますかねぇ。コアなファンはともかく一般には理解しづらいでしょう」とメールを頂きましたが、誰が見ても解り易い競技にすべきではないのか?というわけです。

そもそも、相手が体重超過して試合そのものが無くなった訳です。
体重超過の場合の対処やペナルティーについて契約書に書かれてあるかまでは調べてませんが、あの試合は異例であり、特例と言ってもいい。
それをJBCは冠試合と特別に認めたんだから、最後までしっかり管理監督せよと。

僕は初めから、やるならノンタイトルマッチにすべきだったと思いましたしそう主張しました。
しかし、興行サイドのこれは意向でしょう、何が何でも興行を成立させたい。
大毅選手本人だってそりゃ一生懸命練習して過酷な減量に耐えて来たんだからその成果を待ってるファンに見せたいと思うでしょう。
「あれはやる必要も無かった」という声もありましたが、中南米あたりの選手だったら「Oh!Lucky!」ってなもんで試合を拒否するボクサーもいるんじゃないかな?
だけど、ある意味日本人の精神性なのかな?応援してくれるファン、尽力してくれた関係者の為にも「期待に応えなきゃ!」という思いだとしたら、成立させたいという思いは汲んであげたい。
こうしたルールと興行のせめぎ合いの時「なんで報告しなかったんだ?俺は悪くないよ!」なんてコミッションが投げ出したら誰が責任を取るのか?
機能不全とはこういう事だと思います。
いつも言ってますけどケツを取らされるのはいつも最後は選手なんですよ。
2014.02.10 10:38 | URL | #bH1htKmU [edit]
K says... ""
旧徳さん、Tech21さん、ご回答ご意見ありがとうございます。

ただ個人的には片岡記者が信用おけないということはあまりプライオリティは高くなく、やはり亀田がどうなるのかということに関心がいってしまうところです。
たしかに今回問題となっているIBFルールの件についてはJBCにも落度はあるでしょうし、仮に亀田が100%悪かったとしてもこの件で亀田を追放処分にするというのはあまりに罰が重すぎると思います。
しかし今まで亀田が積み重ねてきた悪行の数々を思うと(たとえ証拠が無かったとしても)、これを機に亀田を完全排除してほしいのです。
もちろん無能なJBCにそのような横暴な裁定をさせた実績を作ってしまっては今後が心配であるとか、どこぞの独裁国家の粛清と同じだという意見は十分に承知しています。というか、そちらのほうが正しい意見なのでしょう。しかしそれでもボクシング界をここまでぐちゃぐちゃにした亀田には消えてほしいというのが、ライトなファンとはいえ、ボクシングを好きになって30年以上経つ私の思いです。
2014.02.10 12:46 | URL | #- [edit]
says... ""
ボクシング界がぐちゃぐちゃなのは、30年ファンをやっていれば、亀田のせいだけではないのはわかると思いますが。亀田の注目度は抜群、そして、この情報化の進んだ時代で、よく見えるようになっただけだと思いますよ。ぐちゃぐちゃの歴史は長く、亀田を排除しても、本体が不健康では、健全化ってやつは果たしてできるのでしょうか?今のJBCでは無理でしょう。単なるガス抜きしてるだけ。とりあえずガス抜くのが進歩というなら、この議論は終わりですけど。
2014.02.10 19:52 | URL | #- [edit]
says... ""
バンコクさんの言ってることは、現場見てるので、そうなんでしょうが、そんな状態だからボクシングはこのテイタラクだと思わないのでしょうか?日本もそうですが、タイのボクシングも、ファンからするとまともには全く見えません。

>スーパーバイザーは承認団体を代表して来ているのでその人の発言は基本「団体の意向」。軽いもんじゃない。(中には「俺がルールだ!」と断言する人もいる)記者会見でのスーパーバイザーの発言は非常に重い。

ならば、そのスーパーバイザーの最終発言が一番重いのでは。訂正したなら、それでOKですよね。言い間違い、勘違いと言われたら、事実はそれを認めるしかない。間違った発言をした責任はすべてスーパーバイザーということです。

>なのでなんでここでは「JBCがルールミーティングでぇ~」という話が出ているのかわかりません。むしろもっとIBF立会人の責任論が取りざたされていいと思うのだが…そういう意味でその辺事実認定を放棄した今回のJBCの発表には不満ですけどね。

ルールミィーティングの内容も把握しない、文書化して残さないのならコミッションはいらないのではということです。主催者がすべて勝手にやればいい話になります。コミッションが必要という認識なら、ルールミィーティングを監督するのは当たり前の職務だと思いますね。


>ちなみに高松のグローブの件、文句をつけるのならば以上の理由から「IBFのスーパーバイザーに文句を言う」べき筋合いでJBCの中の人に言われてもそりゃ「権限ない」としか言えないわな。(箱に入れてスーパーバイザーに渡してるだけだもん…)優秀な通訳の方もついているんだからスーパーバイザーにクレームつけにゃ…

高松で権限ないなら、今回もなんの権限もなく、処分する権限もないのではないでしょうか?矛盾が激しいです。JBCは一体、何をやる人たちなのでしょうか?
2014.02.10 22:13 | URL | #- [edit]
幻 says... ""
ここの書き込みや今回の事実関係を見ると、
JBCは面子を潰されると怒り狂うが、
その為の業務上の責任は全く取りたがらない感じがします
組織というのはそういうものだと言ってしまえばそれまでですけど
2014.02.10 22:45 | URL | #- [edit]
バンコク愚連隊 says... ""
っつーか世界戦の管理責任は世界戦承認団体だと思うんですが。そのために団体を代表するスーパーバイザーが来ているわけで。

高松の件なんか矛先はIBFのスーパバイザーに向かうべきもの。スーパーバイザーが裁定を下したらそれに従う、それだけだと思います。普通はそうですよ。抗議をするならばスーパバイザーにしなければ。

もっともそのスーパーバイザーさんが翌日になったら前日にはっきり言ってたことをひっくり返しちゃうようじゃ困るんですけどね。
2014.02.11 00:22 | URL | #mQop/nM. [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
自分が日本や韓国で取材したいわゆる海外事情に詳しい関係者が言うのは「亀田のようなやり方むしろ世界的には普通」だということ。統括団体にロビー活動して顔を売って、ホームアドバンテージ徹底的に利用して、メデイアを手なずけてと言うやり方。実際アジアや南米ではプロモーターの事情が最優先で競技性は二の次になっている印象です。メキシコで国重選手がこうむった計量の不正などは典型でありましょう。だからこそローカルコミッションの働きが重要だと思うのですが。日本人は特に「自国民が勝てば万万歳」というような短絡なスポーツ観の人は少ないですし。「とにかくプロモーターや統括団体のやることを追認する」と言う姿勢は結果的にコミッションの力を弱めてスポーツの競技性を損なうと思います。その為にも公平性・競技性を担保する専門知識や実務能力がいるのではというのが我々の言いたいことです。
2014.02.11 00:46 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
大阪のケースではJBCは当初「ルールミーテイングで負けたら空位という同意があったのに、ルールブックの文言どおりの裁定が下りたことがおかしい!」という主張をしてましたよね

それをあとで「言った言わないの話はしても仕方がない」と路線変更した。JBCも当初は「我々と同意したルールミーティングを尊重せよ」という立場だったのです。それが旗色が悪くなると「ルールミーテイングはJBC関係ないから」じゃ澄まんだろと思いますが。

高松では前日計量から排除された時にも「ローカルコミッションを無視するな!」と怒ってましたね。

関与したいけど責任は取らない。もっとも一緒に仕事したくないタイプですな
2014.02.11 01:23 | URL | #- [edit]
ウチ猫 says... ""
コメントを書いてる途中で最新のコメント欄をチェックしてみたら、旧徳さんの意見とかぶってる部分もありますが、書き直すのも面倒なので(笑)、そのまま投稿します。

亀田追放を望んでる方々の代表的な意見として、JBCには厳格に試合を管理・運営する義務などない、というものがあります。
バンコクさんの意見もこれに近い感じかと思いますが、海外での実務をご存じの方の見方としては大変参考になります。
海外のボクシングといえば、プロモーターの力が強く、そのおかげでファンの望む面白い試合が実現するといったメリットはありますが、スポーツとしての公平性や適正な運営という面では疑問符がつくこともあるのではないでしょうか。

5個くらい上の方のBBさんのコメントに「1Rで倒されて王者というのは…」というくだりがありますが、これなどは競技に対する日本人の誠実さを表しているものだと思います。で、そういうのが普通だという感覚の人が多いからこそ、今回の件でも、ルールがどうのこうのという以前に「何で負けたくせに大毅は王者なんだよ」と怒る人が多いわけですよね。

そして実際、私たちがこれまで色々な方にお話を伺ったところを総合すると、少なくとも今までのJBCは、日本国内のプロボクシングの唯一の統括機関として、興行とスポーツ(競技)との間の線引きをしっかりしてきたという印象です。何度もベストコミッションとして表彰を受けていることは、そうした試合運営の結果でもあるでしょう。
またファンも、(地元判定がゼロとはいいませんが)諸外国に比べてかなりフェアな競技環境であることを誇りに思ってるんじゃないでしょうか。

であるなら、今後どういう道に進むべきかという話になった時は、ファンも含めた、ボクシング界に関わる人間の選択の問題ということかもしれませんね。
これまで通りにリーダーシップを発揮して国内ボクシングの試合を管理していくのか、それとも、単に人員の派遣をしたりオブザーバーとして傍観するだけで、あとは実際に試合を組んで興行をする各ジム・プロモーターや王座認定団体の好きなようにさせるのか。

ある方は「日本のボクシングファンの意識は間違いなく世界一」と評しておりました。「面白けりゃいい」「好きな選手が勝てばいい」ではなく、ボクシング全体や選手のことを真剣に考えているファンが多い、と。
またある方は、ご自身は興行サイドの人間であるにも関わらず「JBCのように中立・公正な統括機関は絶対に必要」とおっしゃってます。

繰り返しになりますが、亀田サイドのプロモーターとしての責任はあると思います。
しかし、ルールミーティングの内容やそこでの発言に関する主張も二転三転し、土壇場でひっくり返された王座の扱いについても、いつまでも「今問い合わせ中」等と進展がなく、そのくせ「知って言わなかったからボクシング界から退場いただく」なんてのは、筋としてどうしてもおかしいと私は思います。
だからJBCの奴らこそ退場しろ!などとは言いません。ただただ、理に適った判断・裁定をお願いするのみです。
2014.02.11 01:27 | URL | #nZcYMxmY [edit]
Tech21 says... ""
ウチ猫さん

>だからJBCの奴らこそ退場しろ!などとは言いません。ただただ、理に適った判断・裁定をお願いするのみです。

正にその通りです。
今、彼らがしている行動はどこにベクトルが向いているのか。
努力を重ねたボクサー、トレーナーはじめ後方を支えたジムの方々、そうした人への悔い無き結果を与えるために、身を費やすことが使命の筈なのに、保身が最優先事項となっているように思えます。
万人が認めるリングの結果を保障する、何故それが出来ないのでしょうか。
原因を他に求める前に、自省が必要だと思います。
2014.02.11 01:50 | URL | #3un.pJ2M [edit]
says... ""
>っつーか世界戦の管理責任は世界戦承認団体だと思うんですが。そのために団体を代表するスーパーバイザーが来ているわけで。

なら、JBCは世界戦にはいらないってことになります。
そうなると、今回処分する権限はないってことにも。
そんなんでいいんですかね?ダメでしょ。
2014.02.11 08:35 | URL | #- [edit]
says... ""
>拳論は確かに偏った意見の多いサイトかも知れませんが
反論意見も無下に消したりしていない事で公平性を保っていますよね?

公平ではないですよ。ここのアドレスとか禁止ワードなのか、貼り付けできなかった(今はどうなのかわかりません)ですし、フグ領収書問題や、監禁問題の矛盾など、痛いとこコメントすると規制されます。全部かわかりませんけど。ちょっとやってみてくれませんか?規制されるかどうか。
2014.02.11 08:42 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
まあ個人のブログなんて文責者の方が自分の思うように管理されたらいいわけですが、読者や投稿される方もそれぞれのサイトのバイアスを分かった上で楽しんで頂きたいと思っております。ウチも当然特有のゆがみはあるかと思いますが、分かった上で楽しんでいただけたらと。それがメディアリテラシーというもんでありましょう。
2014.02.11 12:15 | URL | #- [edit]
バンコク愚連隊 says... ""
>なら、JBCは世界戦にはいらないってことになります。

まあ極端な言い方をしてしまえば国内を統括するコミッションがなくても世界戦をやっている国はあるわけで。

ただ「王者の認定」と「試合の開催・運営」は別ですよね。JBCは「日本国内で開催されるボクシング興行の運営がJBCの認可したプロモーターの元、きちんと行われているか?」については責任を持たなければいけませんよね。でも、それが「王者の認定」にJBCがかかわったり、使用グローブの選択にJBCが絡む必要があるということとは別なわけで。
「ボクシング興行」でメディアへされたアナウンスが「実は違いました。」となったら一義的に責任を持つのはプロモーターだと思います。今回のJBCの処分はこの部分についてのもとと理解します。(違いますかね?)
恐らくその辺がJBCが今回の処分に際してIBF王座の移動についての検証について言及しなかった理由かと思います。

グローブの選択みたいな「世界戦に直結する問題」はやはり世界戦承認団体のスーパーバイザーの権限に依るところと思います。JBCが出来るとしたら「オブザーバーとしてスーパーバイザーに助言する」くらいでしょうか。
ただこの試合の時は「何故前日にグローブの選択を終えなかったのか?」というところの事情が不明ですね。なんか「翌日に持ち越した」みたいなことは読んだ記憶がありますが。あたし自身はその部分についての情報が無いので詳しくは語れませんが、しかしJBCになんとかしろ、と訴えるのは違うと思います。ホント何故前日に決めなかったのか謎。すでにすでにその時点で大もめしていたのか?(しかしそういう報道はなかったですしね)
2014.02.11 18:59 | URL | #mQop/nM. [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>バンコク愚連隊

おお出ましたねJBC不要論!(笑)バンコクさんが一番過激じゃないですか 

実際、日本IBF騒動のときに公正取引委員会が「ボクシング興行を独占する法的な根拠がない」旨認定しているそうです。

JBCは公益も取れていまや任意団体。日連がAIBAプロの有料興行をやれば事実上興行の独占も終わります。安全確保さえ出来ればJBC抜きで世界戦をやるやつが出てくるかも知れません。

高松の問題に関しては確か

前日グローブについてはルールミーテイングで同意し現物を封印もしていた
                ↓
試合当日になってチャレンジャー陣営よりグローブを変更したい旨要望があった
                ↓
亀田はルールミーテイングの同意を盾に反発
                ↓
JBC「当事者同士で解決してください」
                ↓
亀田「ルールミーテイング何のためにやっとるねん!コイツらに守らせんかい!」
                ↓
JBC「わー小突かれた、監禁された」

ちゅう流れであったと記憶しておりますが。間違っていたら訂正して下さい
まあ裁判でおいおい分かるんですけどね
2014.02.11 19:43 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
>JBCは公益も取れていまや任意団体。日連がAIBAプロの有料興行をやれば事実上興行の独>占も終わります。

その通りなんですよね。
だからこそ「今年がボクシング界にとって正念場」と危機感を持つ会長さんも既にいらっしゃいます。
異常な粛清の背景には業界引き締めの狙いも見え隠れする。
それだったら逆効果だと思うんですが。
裁判でどうなるかも判らない所に業界の一致団結なんて無理でしょ。
JBCは亀田がどうだとかをやってる場合じゃないと思いますけど。
2014.02.11 20:58 | URL | #bH1htKmU [edit]
幻 says... ""
>JBCは公益も取れていまや任意団体。日連がAIBAプロの有料興行をやれば事実>上興行の独占も終わります。安全確保さえ出来ればJBC抜きで世界戦をやるやつが出てくるかも知れません

史郎氏がアマの山根会長に近づいた理由は
まさか……
2014.02.11 22:50 | URL | #- [edit]
B.B says... "そうなんですよね・・"
強い企業をスポンサーとして持つAIBAプロも興行面での不安は当然ある。
アジアの拠点は何処になるかは分かりませんが、日本もマーケットとして無視は出来ない。
利害が一致すればそういう推論も成り立ちますよね。
アマチュアジムオーナーとしては出発から異彩を放ち、実力を発揮するかも知れない。
商業テレビはどちらを選択するでしょうかね。
すでに闘争は始まっていると思いますね。
ボクシング界も再編成の可能性?と以前コメント欄に書きましたが、もう目前に迫った黒船に対抗出来るのか?
選手やジムに公平に利益が還元される組織が出来上がったらどうなるでしょう?
利権の一極集中からいつまで経っても脱却出来ないボクシング村。
亀田を排除しても実は何も変わらないんです。
亀田追放!とかファンを煽ってるメディアの人たちには正直呆れてしまう。
コミッションの中の人、言った言わない監禁恫喝とか、もうレベルが低くていやになる。
亀田追放で結局得をするのは興行利権の人と、何の恨みか知らないが、目の上のたんこぶが無くなって、ああスッキリした晴らされたという私心の人。
それも一時的なものです。
ファンも踊らされていた事に気付いてほしいと思いますね。
長年に渡って作られた盲目の批判は今度は誰に矛先が向けらるのでしょうか?

ここまで書いて来て、誤解のないようにしておかなければなりませんが、ずっと考えて来て、自分は結局はJBCを守らなければならないという立場にいます。
機能不全に陥っている今、解体すべきではないのか?との議論もしました。
しかし今必要なのは組織の刷新ではないかと思います。
ファンが言ったところでどうなるもんでもない。
それでも言わなければならない事がある。
業界関係者や選手の努力で辛うじてボクシングは体を成しているのが現状と思います。
ぶら下がっているだけで、かき回すような事ばかりしている人らには退場して頂きたい。
黒船危機を乗り切れる人は今ここにいません。
2014.02.12 04:59 | URL | #bH1htKmU [edit]
バンコク愚連隊 says... ""
旧徳様

念のため書かせていただきますが、あたしはJBC不要とは一言もいってません。
もしJBCがなくなったら1)タイのように誰でもリングに上がれるようになる、2)キックやプロレスのように多団体に分裂する、のどちらかで、日本人の性格を考えたら後者になるでしょう。そしてボクシング人気はさらに限られた人たちのものになると思います。
JBCがプロモーターやボクサーを管理するのは日本国内の興行をきちんと行うために必要だと思います。そのためにはもっと頑張って欲しいと思うんですけどねえ…(この辺は皆様に近いかも知れませんが)
2014.02.12 05:23 | URL | #mQop/nM. [edit]
やわらか says... ""
B.Bさん

そうですねJBCは保身ばかりに力を注いでいる場合ではないですよね。

組織刷新には大賛成です。
2014.02.12 05:37 | URL | #- [edit]
桃色竿(ほろ酔い) says... ""
バンコクさん

なにがなんでも現JBCを悪者にしたいここの人達的には、その前のバンコクさんの書き込みを、「バンコクさんがJBC不要と言った」とかにしたいのでしょうね。


さて、この私のコメントは残るのか削除されるのか・・・


ま、私もJBCに不満はありますが、ここの人達の感覚とは大分違います。

2014.02.12 21:35 | URL | #Xa0.Kibk [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>バンコク愚連隊様

タイやメキシコの事情を鑑みて頂ければ、プロモーターの専横がいかに競技性を歪めるかは分かっていただけるかと思います。スポーツとして信頼できる存在であるためにはローカルコミッションが機能している事が不可欠です。

試合管理と言うのはボクシングの信頼を損なうような事態を未然に防ぐことではないでしょうか?一旦トラブルが起こって醜態が晒されたあとで当事者を厳しく処分することを試合管理と言うのでしょうか?

逆に質問したいのですが、ではバンコクさんが考える国内における世界戦でJBCがなすべき役割とはなんなのでしょう?何の責任も負わないなら彼らは何のために世界戦のルールミーテイングに同席しているのでしょうか。

何でもかんでもプロモーターや統括団体の責任にするなら不要論が澎湃と湧き上がるのは必至であります。


2014.02.12 22:30 | URL | #- [edit]
says... ""
ほんと、タイやメキシコ、日本はそこまでひどくはないと思うけど日本も。
これはしっかりしたコミッションがないからなのでは。
その方が金になるという輩が群がっている。
バンコクさんの視点は、根本が間違っていると思います。
コミッションがしっかりしてないことによって、恩恵を受けている側の発言です。
2014.02.12 22:35 | URL | #- [edit]
says... ""
>「バンコクさんがJBC不要と言った」とかにしたいのでしょうね。

JBCが不要にならない理由を書くべき。
世界戦はいらないってこと?
2014.02.12 22:37 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>桃色竿(ほろ酔い)様

個人を中傷するような書き込みや明らかに事実と違うガセなど書かない限り規制はいたしませんのでどうぞご安心を。

JBCは昨年創設以来始めて赤字に転落しその額は2千万円とも言われています。このままでは5,6年後には内部留保を食い尽くして破綻します。姑息な謀略をもって安河内氏を排除した連中に舵取りを任せた帰結です。東京オリンピックの頃にはJBCは無くなっているかも知れないのです。亀田をやり込めて万々歳とか程度の低いことに一喜一憂してられるうちが花で、もう実は猶予は余りないのです。

私はJBCに日本サッカー協会やアメリカのアスレチックコミッションのような厳格で影響力がありスポーツの競技性を担保する頼もしき存在になって欲しいと思っているだけです。

ゴッシプライターや腹黒いノンフィクションライターに食い込まれて、気がつけば放漫経営と訴訟地獄になったJBCを、ただ「亀田と対立している」と言う一点で評価するようなガサツな心性を私はしておりません。

私はずっとファンも挑発していきます。

「亀田を排除しろ、JBC頑張れ」と囃し立てた結果起こることに責任を取る覚悟があるのかと
2014.02.12 22:55 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
あちなみにJBCの内部留保とは厳密には選手が医療費名目で積み立ててきた健保金です。従って本来はJBC職員が自由にして良い金でもありません。

亀田どうこうのスキャンダルよりも健保金の目的外使用や不当労働行為の認定の方が明らかに社会的な責任は重いんですけどね。こういう地味だけど大切な話題にはボクシングファンは興味がないみたいですね。芸能ニュースみたいな亀田ネタに夢中なんですから

コミッションの管理の下ボクシング興行が存続するには基盤がいります。その基盤が失われつつある時に記者会見でプロレスしてるんだからJBCってのは本当に暢気な組織です。
2014.02.12 23:08 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>K さま

返答が遅くなりました。まことにどうもすいません

証拠もなしに排除しても裁判されて大変なだけなので、見たくないなら見ないことが大切だと思います。実際視聴率は下落傾向で飽きられてたのに今回のトラブルでまた息を吹き返してしまいましたね。トラブルイズマイビジネスであります。

内藤のことゴキブリ呼ばわりしてたけどあいつらこそゴキブリですな
2014.02.12 23:23 | URL | #- [edit]
バンコク愚連隊 says... ""
>ただ「王者の認定」と「試合の開催・運営」は別ですよね。JBCは「日本国内で開催されるボクシング興行の運営がJBCの認可したプロモーターの元、きちんと行われているか?」については責任を持たなければいけませんよね。でも、それが「王者の認定」にJBCがかかわったり、使用グローブの選択にJBCが絡む必要があるということとは別なわけで。

こう先に書いているんですけどこれでも足りないんですかね?
逆にお伺いしたいんですけど、アメリカでは世界戦の王者認定にローカルコミッションが絡むんですが?アメリカのアスレチックコミッション(だったっけ?)は世界戦でどういう役割をしているんですか?不勉強で知らないのでお教えください。

>ほんと、タイやメキシコ、日本はそこまでひどくはないと思うけど日本も。
これはしっかりしたコミッションがないからなのでは。

ではどこの国がしっかりした運営されてますか?個人的にはフィリピンのGABがそうですが、「ただし」あそこの国は「国が全部管理しています」。GABは国の一機関です。独立したコミッションではないですね。まあだからこそ大幅な改革を行って現在の「フィリピン人は強い」という評価を得れる体制を作れたわけですが。予算も人もついてるしね。

>コミッションがしっかりしてないことによって、恩恵を受けている側の発言です。

なんで?これさっぱりわからん??
タイと日本の絡みでいえば、変なことをやってる人間が多いのは一重に「タイ側の管理がなっていないから」です。JBCがきちんとしようとしても対応できる受け手がタイ側にいないから出来ない。これに関しては本当にいい知恵がないけど、タイ国内側で少し改善の動きがありますね。タイ国内の戦績管理改善はまだまだ見えていないし、boxrecもタイ人選手についてはこれからひどくなるけど。(そうなるように動いた人間がいるわけですが。けったくそ悪い。)


ちなみにひとつ聞いておきたいんですが、

「世界戦で使うグローブの選択にJBCが関与する必要性はありますか?」

これに関しては私はJBCが関与する必要はない考えます。そこまでやれるならスーパーバイザーなんて派遣せずローカルコミッションに丸投げで委任しちゃえばいいわけですよね?皆さんの考える「だらしなくないJBC」だと関与する必要があるんでしょうか?もちろん実務上では外国から1人で来たスーパーバイザーの手助けをする人間が必要なのは別問題ですよ。

高松の件で亀田側がグローブの選択についてJBC職員に「なんとかせえや」と詰め寄ったのはどう考えても筋が違うと思います。承認団体のスーパーバイザーと交渉するべき案件だと思いますが皆様は違うんですかね??

ちなみに

今のJBCのままでいい、なんて一言も言ってないですけどね。
2014.02.13 03:09 | URL | #mQop/nM. [edit]
どぶ猫 says... ""
こーゆー議論もいいですねぇ
道中の亀田問題ですっかり影が薄くなっていますが森田事務局長って最近体調が悪いんでしょうか?
会見でも代理を使ったり倫理委員会の詳細ことも事務局長が発言した記事をみたことないんで知ってる人います?
2014.02.13 15:10 | URL | #- [edit]
幻 says... ""
バンコクさんなどの今回の話を受けて、普通に考えてみれば、
世界王者と決めるのはJBCじゃないわけですよね

もし、認定団体が試合を認めれば、JBC抜きでも世界戦ができますよね

実際、亀田側は海外は自由に活動できますし
2014.02.13 21:02 | URL | #- [edit]
バンコク愚連隊 says... ""
>もし、認定団体が試合を認めれば、JBC抜きでも世界戦ができますよね

やろうと思えば出来るでしょう。現状でも日本国内でエキシ扱いにして実質ボクシングの試合をしている人たちもいますし。
ただし、JBC登録選手がアンダーカードに参加しようとすると以降JBC絡みの試合に参加できなくなる可能性がありますから決断が必要ですよね。まあ極端な話、メイン以外はキックボクシングの試合でもいいんですけど。あとはいろいろ圧力がかかって会場がとりにくいとか。

海外での試合はさらに簡単でしょう。ただし国によっては所属国の認証を要求するような国もあるのでその場合はある国のプロモーターと契約してその国から認証をもらえるようにすることが必要でしょうか。まあ十分できると思います。
2014.02.13 22:00 | URL | #ORyjlEF2 [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>バンコク愚連隊

JBCの職員の皆さんはそこで交わされている会話の意味も分からず、なんら権限も責任もないのになぜルールミーテイングに同席しているのか?ということが聞きたかったのですが…。

>JBCは「日本国内で開催されるボクシング興行の運営がJBCの認可したプロモーターの元、きちんと行われているか?」については責任を持たなければいけませんよね。

バンコクさんのこの見解によれば、大毅×ソリスの試合は全然「きちんと行われて」いなかったのでJBCにも責任があるんじゃないですか?

高松の当日計量でトラブルがありましたが、そのときある関係者の方が「秤はコミッションの職員がホテルの部屋で管理してるはずだけどなあ」と不思議がっていましたが、よく考えりゃ当然の話で計量場所に放置してたら細工されたりの危険があります。コミッションが秤を管理してれば亀田が当日計量を勝手に行うことも出来なかった。そういった当然のノウハウすら現在のJBCでは失われているのではないか?というのが私の懸念です。

あと私は世界戦の王者認定にコミッションが関与すべしなどと書いてないですけどね。どこを誤読されたのでしょうか?ちなみにJBCのランキング表の世界王者の欄にIBF王者の大毅の名前がないですね。JBCが思いっきり世界王者の認定をしてるみたいですけどこれってどうなんですか?(笑)

>アメリカのアスレチックコミッション(だったっけ?)は世界戦でどういう役割をしているんですか?不勉強で知らないのでお教えください。

世界戦じゃないですがポール・ウイリアムス×エリスランディ・ララの試合後判定が問題になりコミッションからレフェリーがサスペンドされましたね。試合役員の皆さんが仲良く運営されているJBCでは決して出来ない裁定でありましょう。

>「世界戦で使うグローブの選択にJBCが関与する必要性はありますか?」

と言うご質問ですが、年末高山選手のスパーリングに同行させて頂いた際、ジムに向かう道中、中出トレーナーから「コミッションから『グローブ何使いますか?』って問い合わせが来てたぞ」と言う発言がございました。結論から言うと「関与してます」ということで。
2014.02.13 22:14 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
バンコクさんの見解に沿えば。JBCはもうルールミーティングに出る必要ないんじゃないでしょうか?

JBC様には試合後トラブルに巻き込まれるリスクを避けるためにもルールミーテイングは欠席をお勧めします。これ以上裁判はいやでしょうからね。
2014.02.13 22:22 | URL | #- [edit]
バンコク愚連隊 says... ""
>JBCの職員の皆さんはそこで交わされている会話の意味も分からず、なんら権限も責任もないのになぜルールミーテイングに同席しているのか?ということが聞きたかったのですが…。

現場にいたJBCの方は英語も解さない方しかいなかったんですか?海外で見ていると森田事務局長が来られるような時はJBCの英語のわかる方が同席して森田事務局長に説明していたんですが。

日本にタイ人選手がタイトルマッチに行った際に日本側で通訳を用意していました。(あたしが通訳させられるかとドキドキしちゃったのに…っていうか中国で某日本人の方が名指しで「バンコクさんにタイ語英語の通訳してもらったら」と言われて「おいおい」と思ったけど。)ああいう通訳はプロモーターが用意するんですよね?(ある程度決まった方がいるようでしたが)そういう方がルールミーティングにも入るだろうから極論すれば英語やスペイン語を解さなくても平気な気もするんですけどね。この辺の通訳の準備とかは慣習的には日本でどうやってるんですかねえ?この辺は正直全然知りません、がイメージ的にはプロモーターが用意するような気がします。どなたかお教えくだされば幸いです。

あと、あとでうちのサイトにWBCアジアタイトルマッチの資料を例として出すつもりですが、

  通常ルールミーティングに提出される資料には王座移動については一言も書いていません

これはメキシコに行った時もそうでした。「ルールミーティング」の意味は「試合運用ルールを説明する」ということがほとんどです。他にもバンデージングの時間とか、コーナーやトランクスの
色など確認するので現場を整えたりする地元コミッション(があれば)は同席して確認する必要はあるでしょうね。「事務手続き」のために。

今回の大毅のIBF王座の問題では王座移動規定について「いつ話がされたのか?」が(あたし的には)まったく見えていないのが困ります。
考えられるのは

 1)ソリスの計量失敗直後にその場で。
 2)計量後に続いてルールミーティングをやるのでその場で。

本郷氏の記事を読むとルールミーティングで王座云々は話さなかったとあるので1)の可能性が高いのですが。ノンタイトル戦にして大毅側にグローブなどハンデを与えるかどうかなど話し合うはずなのでここの部分で普通は喧々諤々の議論がありそうなのにそういうのが聞こえてこないのが不思議です。なんか亀田側があっさり「大毅に不利」なそのまま同じグローブで試合させる、という条件をのんだということしか聞こえてこないので。


ここでのやりとりのおかげもあって自分なりにローカルコミッションの意義付けが少しまとまってきました。世界戦にローカルコミッションが関与するのは

 世界戦承認団体の事務的サポート

がメインと考えます。

 関係者の方で「違う」という方は是非いろいろご教示ください。(本音です)

まだこの業界に足を踏み入れて短いですし、ましてや普段関与していない日本でのことなので真面目に皆様にご教示ただければ助かります。

さて、先にも書きましたが世界戦承認団体からスーパーバイザーが一人で乗り込んできても事務手続きなど大してできるわけでもなく、秤の用意や採点用紙の配布など細々としたことはローカルコミッションが「サポート」する。ということかと理解しました。(ちなみにタイだとこれは試合を開催するプロモーターがやっています。ここに大きな問題があるわけですが)

そういう意味ではコーナーの振り分け、採点法(最近であれば10点か、0.5点刻みか)、採点の中途公開などなどルールミーティングで確認される事項をローカルコミッションが把握する必要があると思います。コーナーの振り分けで控室を変えたりとかあるわけで。

上で書かれている「グローブについて聞いてきた」というのもそういう事務上(アナウンスなど資料作成上や現物確認)のための事務手続きで必要だから確認したのではないでしょうか?王者側が「これや!」というのに変更を求めるようなものではないと思います。

まあ後は「最低限度譲れないローカルルール」を適用させる、というのはあると思いますけどね。いい例がボクサーの血液検査です。アメリカ(全部じゃないのかな?)、韓国、マカオ、ロシア、南アフリカなどでは必須ですが日本、メキシコ、タイ、フィリピン、中国(本土)では不要です。ドーピング検査は中国以外は皆あるかな?(採尿後どうしているか知りませんが)ここのローカルルール適用の線引きがどのように決まっているのかは正直わからないのでどなたか教えてください。

一応本件に関して話す際は以前から「日本の実情はよくわかりませんが…」と書いております。実際に知らないので。ご存知の方がいたら色々お教え願いたいですね。勉強になるので。
2014.02.13 23:37 | URL | #mQop/nM. [edit]
バンコク愚連隊 says... ""
ああ、ついでに書いちゃうと高松の時って、当日計量はどんな秤でやったんだろう?

 中国みたいに家庭用体重計でやってないですよね?(汗)

あの時高山が上着とか着ててオーバーしてたけど「洋服来とるからええわい。よっしゃよっしゃ」で通ったと聞いて

 IBFの当日計量ってそんなものなのかあ…

と思いましたが。(あれ高山陣営だってオーバーしないように気を付けていたと思うのに…)


えっと


秤がJBCスタッフの管理下だったら、「JBCに連絡しなかった」ってこと出来ないですよね…もっとも保管する部屋をプロモーターが用意していたら(これは普通)なんとでも出来る訳ですが。
2014.02.13 23:46 | URL | #mQop/nM. [edit]
ホシイモ says... ""
(○`3´○)

バンコクしゃんと旧徳しゃんのからみ懐かしいでつ

昔の拳論サイトみたいでつ

ちなみに昔のほうが好きでつ
2014.02.13 23:54 | URL | #bGf9qjkw [edit]
says... ""
バンコクさんには、旧徳さんの質問にひとつずつ答えて欲しいと思います。
国の違いが見えるし、何が問題かも見えてくる気がします。

事務サポートの割に、主張しすぎだし、主張するわりに仕事していないJBC。
コミッションがしっかりしてないと、プロモーターの思うがまま。
それでいい思いしてきたのが、大手ジム、そして、そのコバンザメたちでしょう。

バンコクさんだって、タイや日本のコミッションがしっかりしてしまったら、仕事やりにくいでしょう?

しっかりしたコミッションなくして、スポーツにはなれないんですよ。
事務サポートなら、タイトルに口出すべきではなく、IBFの説明どおり、ダイキが王座でしょ。タッカーの間違いで終わりです。管理するなら、こんな問題が起きる事自体、管理不足もいいとこです。
2014.02.13 23:56 | URL | #- [edit]
バンコク愚連隊 says... ""
ん~

なんか抜けてましたか?

>逆に質問したいのですが、ではバンコクさんが考える国内における世界戦でJBCがなすべき役割とはなんなのでしょう?何の責任も負わないなら彼らは何のために世界戦のルールミーテイングに同席しているのでしょうか。

これについては上で「こういう役割じゃないの?」と思ったことをやればいいと思います。ルールミーティングに同席する理由は上のコメントで書いた通り。


>JBCの職員の皆さんはそこで交わされている会話の意味も分からず、なんら権限も責任もないのになぜルールミーテイングに同席しているのか?ということが聞きたかったのですが…。

上のコメントで答えてます。


>バンコクさんのこの見解によれば、大毅×ソリスの試合は全然「きちんと行われて」いなかったのでJBCにも責任があるんじゃないですか?

スーパーバイザーに前日と違うことをいきなり言われたら対応できないですよね。それを「前日から知っていた」と言いつつJBCはもちろんマスコミにも生放送するTV局にも連絡しなかった運営側を今回処分した、ということで。


>ちなみにJBCのランキング表の世界王者の欄にIBF王者の大毅の名前がないですね。JBCが思いっきり世界王者の認定をしてるみたいですけどこれってどうなんですか?(笑)

うえ~の方で書いていますが、世界的にはJBCが認めようが世界的には世界王者ですわな。あとはIBFとのすり合わせをどうするかで、それが今どう動いているのかについては知りません。(普通に考えればJBCからIBFに何らかアクションをおこしているはずですが)それを受けた落としどころに収めればいいだけでしょう。


>バンコクさんの見解に沿えば。JBCはもうルールミーティングに出る必要ないんじゃないでしょうか?

上のコメントで答えています。


>しっかりしたコミッションなくして、スポーツにはなれないんですよ。
事務サポートなら、タイトルに口出すべきではなく、IBFの説明どおり、ダイキが王座でしょ。タッカーの間違いで終わりです。管理するなら、こんな問題が起きる事自体、管理不足もいいとこです。

個人的感想ですが、今までは業界の中で(業界にとっての)「性善説」で物事が動いてきたんじゃないかと思います。(ある意味「なあなあ」)そこに亀田ジムという異質なものが入ってきて「(業界にとっての)性善説」的流れで物事が動かなくなったので色々問題がおこっているのだと思います。(高松の当日計量なんか典型だと思いますけど)なおあくまで(業界にとっての}「性善説」なので一般の思う「善」と一致するかどうかは…


以上
2014.02.14 00:49 | URL | #mQop/nM. [edit]
バンコク愚連隊 says... ""
ホシイモ様

あたしも昔の「拳論」が好きなんだけどねえ…
2014.02.14 00:51 | URL | #mQop/nM. [edit]
バンコク愚連隊 says... ""
ボクマス様のところのIBF会長の発言だと前日の「負けたら空位」発言が「勘違い」だった。ということで試合後に公表された結果(大毅の王座残留)が正しい、ということにしたいようですね。まあこんな大事なことで勘違いするスーパーバイザーも困りものですが。

これってさぁ、

  IBFのスーパーバイザーが一番IBFルールを知らなかったってことでOK?(爆)

あの状況で一番肝心なことやん…

これでIBFが正式に謝ってからJBCはどう王座を取り扱うのかな?ま、もう一度王座に認めることになりそうな気がしますが。
2014.02.14 01:06 | URL | #mQop/nM. [edit]
バンコク愚連隊コウモリバージョン says... ""
こんだけこちらで書くとまたあっちで叩かれるかな?(苦笑)
2014.02.14 01:08 | URL | #mQop/nM. [edit]
バンコク愚連隊コウモリバージョン says... ""
連投いっぱいですいません。ちょっと逃避したいので(おいおい)

あたしの投げかけに答えてくれてるの旧徳様しかいない気がするんですけど…

 皆さんは世界戦に際してJBCはどこまで関与すればいいとお思いなんですか?


上の匿名様に言われて気が付いたけど、JBCが今回亀田ジムの処分にIBF王座の言った言わない、を理由にしなかったのはあたしが書いたような「王座規定は承認団体の問題」「JBCは事務面で(あの時にしてみたら興行的管理として)(結果として)事実と異なるアナウンスがされた混乱させたのが問題」というラインに沿った形にしてるんじゃないですかね?と、ふと思いました。
2014.02.14 01:18 | URL | #mQop/nM. [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>ホシイモ様

彼は未だにイカれた亀田ファンが現れてみたいなことやってるのね。ホント進歩がない。
人間年月とともに変わるもんなんだけどね。

>バンコク愚連隊様

いりますかねえ事務サポート…。バブル時代のOLさんみたいなもんですか?
事務サポートじゃことあるごとに彼らが言う『権威』の源泉とはならないとおもうのですが

公益法人格をあっさり手放し、選手が何十年もかけて積み立てた健保金を自己都合で消費したり、人事抗争で卑怯な手法を使ったりしてる人間が性善説ですか…

もはやそんな前提は壊れていると思うのですが
2014.02.14 07:09 | URL | #- [edit]
なしお says... ""
ボクシング マスター氏の情報では、IBF会長がWBC前会長の葬儀の場にて「立会人が勘違いしてルールミーティングにて大毅が負ければ空位と言ってしまった事で混乱招いた」との言。
亀田側が述べている「試合前に負けてもタイトル保持を知っていた」とか「ルールミーティングでの確認はなかった」との前提はますますしんどくなった。
2014.02.14 08:54 | URL | #I2fxXaMU [edit]
バンコク愚連隊コウモリバージョン says... ""
JBCの「事務サポート」はあくまで「世界戦に限って」と書いているつもりなんですけど通じてませんかね?
当然日本国内の試合では選手・プロモーター、マネージャーの資格審査から試合の承認まですべてやるわけですが。

あと上に書いた性善説はあくまで「業界としての性善説」ですので一般化されないように。今までの業界の流れの中で、ということでそういう意味では昔の日本IBFだとか、一時JBCを離れて活動した高山だとか、亀田などは「異質な存在」になるのではないかと。
2014.02.14 10:03 | URL | #UKzGZv1A [edit]
バンコク愚連隊コウモリバージョン says... ""
追記

事務サポートぉ?みたいな感じに言われましたが、コミッションがやらなければ主催者(プロモーター)がやるだけです。

 秤の用意からなにから。

タイと同じです。タイならまだ昔からの繋がりで各世界団体の代理人的な人たちがいて採点の集計や計量時の手伝いなどしますが、例えば歴史の浅い日本とIBFの関係を考えたらほとんどの仕切りは主催者の人間がやることになるでしょうね。それで公平性が保たれる、というのならいいんですが。それでなければ承認団体本部から機材持込みスタッフも来なければ仕事にならないと思いますが。(えらい経費増になるわな…)
2014.02.14 10:16 | URL | #mQop/nM. [edit]
ホシイモ says... ""
本日片岡記者がケイダッシュを名乗る男からの脅迫から
警察な正式に被害届だしますたと
藤堂記者からの書き込みでわかりますた
名前はサイゾーから聞いたみたいでつ
ネットで名前フルネームで漏らしてまつ
名前の実名を自分のブログのコメント欄にかかれてまつ
格闘家崩れの噂でつ
しかし日にちとかいつも選んでまつね
記者だからそういうのは得意なのかもしれまてん

(○*´д`*○)

2014.02.14 17:39 | URL | #bGf9qjkw [edit]
ホシイモ says... ""
元高田道場の下谷池という格闘家の噂がでてまつ

(*´д`*)

すでにフルネームででてまつ
2014.02.14 17:59 | URL | #bGf9qjkw [edit]
says... ""
>JBCの「事務サポート」はあくまで「世界戦に限って」と書いているつもりなんですけど通じてませんかね?

ということは、別に事務サポートいらないと、主催者が言えば、それで通るんですよね?世界戦は。なら、秤でブツブツ言う、立場ではJBCははないわけで。主催者が用意できるのなら。だから、グローブの問題もJBCに言うのは筋違いで、IBFに直接言うべきですよね。

今回も、IBFの本体が王座保持と言ってるのですから、それに従わないと。タッカーがボケという結論になったみたいですし。ただ、広報に問題があったとうだけで、追放とは職権乱用に思われますが。
2014.02.14 21:36 | URL | #- [edit]
says... ""
性善説ってことはありえないと思います。
ボクシングの歴史を見れば、性善説をとれるはずがない。
亀田が日本ボクシング史上最悪とは思えません。
情報もロクにでなかった昔はもっとひどいでしょう。
要するにナアナアなんです。力のある主催者がいいようにできるシステムにしてあるということです。ジム制度からしておかしいですもん。相撲部屋かってw
2014.02.14 21:45 | URL | #- [edit]
バンコク愚連隊 says... ""
出来れば現状をよくご存じの方に私の考えが合っているのかお伺いしたいですね。私の「仮定」をもとにして話をしていても仕方がないのでは?ここのブログを書いてらっしゃる方とか業界の方々とコネクションがあるようですから。

ただ2つ上のコメントの方、「事務サポート」を必要とするのは「世界戦承認団体」の方だと言っているんですが。案外伝わらないですねえ…それがない場合は主催者側がすべて取り仕切る形になるので「場合によっては」日本の方々がタイでの試合で不満を持たれるようなことと同じことになりかねないのでは?と危惧しているんですけど。

 <ただし改めて日本での世界タイトルマッチで配布された書類を見ると主催者のサポートにもなってますね。(書面を作成したのがJBCスタッフならば。そう思われる文面ですね。題には世界団体名とJBCの名前が大きく書いてありますね)>←この辺の実務についても不案内です。

 <余談になりますが、現場で見ていてもかなり仕事されてますよね、JBCの方々。月によってはかなりの試合があるのにあの人数でよくこなせるなあ、と感心しちゃうんですけど。去年の12月とか。>

「性善説」も便宜上この言葉を使っていますが、何度も書いていますが「業界としての」「性善説」であって、たとえばスーパーバイザーの判断が一々書面でのこされていないとか、これはお互いの信頼感があってなりたつものですが、今までは業界の中でそれよかったものが異質なものがその不備をついてきた時にトラブルになるという今までの業界のやり方では対応が出来なくなってるんだと思います。業界のある方が「オプション契約とは本来はお互いの信頼感の上に成り立つものだったのに、現在はただの商売の道具になってしまっている。」とおっしゃってましたが、この辺も以前と現在で色々変わって来ているひとつを表してるのかなあ、と思います。


んで、皆さんはJBCにどういう仕事をお求めなので?
2014.02.14 23:11 | URL | #mQop/nM. [edit]
バンコク愚連隊 says... ""
追記

下の質問者様のおっしゃった「なあなあ」というのが旧来の「業界にとっての」「性善説」と同じだと思います。業界の慣習、人のつながり、旧来の力関係などから「これでいいでしょう」と皆がなんとか納得していくもの。
その「なあなあ」が通じないから「言った、言わない」「証拠がどーだ」という話になるわけですよね。

まあその「なあなあ」が良いとは一言も言ってませんよ。あたしの書いた「性善説」の「善」はあくまで「業界にとって」の「善」でしかないですから。

これで通じるかな?
2014.02.14 23:16 | URL | #mQop/nM. [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
>バンコク愚連隊様

そもそも何が善かということは、価値判断をする主体によって変わってくるものです。
性善説と言う言い方自体定義が大雑把じゃあないでしょうかね?
そもそもビジネスにまつわる利害の調整を性善説で出来るのでしょうか?
利害の調整も健康管理もしないならJBCは何のために存在するのでしょうか?

JBCの権威の源泉は世界タイトルという上位概念があった上で成り立っています。国内で世界戦に挑むには日本か東洋を取れと言うルール設定自体がそれを前提としています。
世界タイトルマッチというゴールがなかりせば「JBCの権威」もまたないのです
それなのに「事務的なサポート」をしてればいいという見解自体が解せません
(そもそも事務的なサポートすら出来ていないから混乱が起きてるわけですが)

バンコクさんはなんでまたそこまでJBCの責任範囲を狭く設定しようとされるのでしょうか?

もとよりJBCは白井義男さんの世界戦を実現するために生まれた組織であり、設立の趣意自体が世界タイトルマッチを前提としています。世界戦がなければJBCもないのです。従って「JBCの権威を尊重をせよ」と言う立場と「世界戦におけるJBCの責任の範囲を狭く設定せよ」と言う要求は根本的に矛盾しているのです。JBCの権威は世界タイトルマッチを大過なく公正に行うことを源泉としており、そこで「事務的なサポート」をすれば事足りるようなものではないのです。

もっと単純に言うと
「世界戦ではプロモーターのお手伝いをするだけです」というような統括団体になにほどの権威が生まれるでしょうか?「そんなもん承認料勿体無いしこっちでやるから要らん」となって権威低下するだけではないでしょうか?

権威と言うのは責任もって厳格に仕事をするから付与されるものだと思います。なんでもかんでも「それはこっちの責任じゃないよ」と言う人には権威が生まれません。これは単純な真理です。
2014.02.15 00:26 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
ところで「JBCは世界戦でプロモーターのサポートをするための組織だ」というのは結構新しい見解ですね。

JBCの人数が少ないのは人事抗争で後先考えずに職員を首にしたからですよ(笑)

まあゴシップライターと組んで裁判するような余裕があるんだから大丈夫でしょ
2014.02.15 00:38 | URL | #- [edit]
says... ""
世界戦の事務サポートなら、シルバー人材センターに頼めばやってくれる。
バンコクさんは、JBCの定義を自分の中でしっかりできているのでしょうか?現状は関係ないですよ。どう読んでも、コミッションの冠かぶって仕事してはいけない事務集団としか扱っていない。コミッションとしては考えてないのかなと。

日本が健全にボクシングをやりたいなら、コミッションが世界戦もきっちり管理すべきと考えます。ルールしらね。グローブしらね。秤どこだ?リミットオーバーでもいいんじゃない。言葉通じないから仕事無理だわwこれを、コミッションと呼ぶことに抵抗ある。

大手ジムは直接、団体と交渉して、世界戦できるんですから、そうすればよいのに。まあ、帝拳なんかわ、策略でしないか。

2014.02.15 05:06 | URL | #- [edit]
バンコク愚連隊 says... ""
資料とか見直して考えてみたんですが…

  JBCの役割については前言撤回します。(あっさり)
  もっとはるかに重いわ…

やっぱローカルコミッションのない国にいるとわからん。まだまだ勉強が必要です。つきあってくれた旧徳様ほかの皆さんありがとうございます。


で、改めて(改めるのか!?)「負けたら空位」問題ですが、ここを御覧の方で記者会見時に配布されたJBC作成の日本語レジメを見たことのある方いらっしゃいますかね?そこにたぶん

 「WBA・IBF統一戦使用ルール」

とかって書いてあるんじゃないかと思うんですけど。(以前もらったWBAタイトルマッチ資料には「WBA世界タイトルマッチ使用ルール」というのがありました)それとルールミーティング時に配られた恐らくは英語版のレジメ。誰かもってないですかね?(重要なのは前者ですが。後者はたぶん試合関連のことしかかいてないと思うけど念のため)結局そこに記載されている「事実」がどうだったのか、を知らないと議論にならないんですが。
一番重要なのは「ルールミーティング云々」じゃなくて

  JBCがIBFを承認した時点で「世界戦ルール」についてすり合わせを行っていたのか?そこではどう決まったのか?

であって、

 「タッカーの勘違い」

で済ませちゃまずい問題でしょ、これ。今後のためにも。IBFをJBCが承認した時点で「日本で世界戦を行う場合はJBCローカルルールを採用する」なのか「IBFルールを用いる」なのか、決めてないといけない問題ですよね。今までWBAとかにはJBCローカルルールを押し付けておいて、IBFにはやらなかったのか?やっていたのか?

もしIBFにもWBA同様、「負けたら空位」のローカルルールを認めさせていたというのならタッカー氏の記者会見での発言はそれを「改めて追認した」のであって勘違いじゃない。そして

  試合後に「負けても保持」としたのが明白な間違い

で、当然IBFとしても大毅の王座は認めない、としなければいけない。そして今回の浦谷氏に「タッカーの間違い」と発言したというIBFピープルズ会長の認識も間違っている、となる。それにJBCも「ルールミーティングのビデオがぁ~」とかいわずとも最初から「合意がある」(きっぱり)といえばいいだけだったんですが…(それをしていないってことは???)

JBCがIBFに対して(あの世界戦に対してだけじゃなくて)計量オーバー時の「IBFルール」適用を認めていたのならばタッカー氏の記者会見での発言がそもそも間違いでその場にいただろうJBCの人間は発言の確認を怠った、となる。まあ、確認を怠ったのは「とんでもなく忙しく」てその場にいながらタッカー発言に気が付かず、なおかつ「とんでもなく忙しく」て翌日の新聞を読む時間もなかったという亀田ジムの方々もそうなんですけど、このケースではJBCの比重がはるかに重い。

このJBCがIBF承認時あるいは今回のタイトルマッチ前に「王座戦に伴うローカルルール適用」を決めていたのかどうか、ご存知の方お教えください。
(今回のトラブルの感じではJBCは「ローカルルール適用」で解釈していたようですが)

少なくとも今まで読んできた限り「JBCとIBF双方の事前の取り決めがあった」ということについて明確に言及されたのはみたことがないので。(ブログでのやりとりでローカルルールの適用云々についてやりとりはありましたが、これは自然法じゃなくて両者の取り決めに基づくものですから)

そもそもこの部分がはっきりしていればすべて簡単に処理できるはずなんですが。これがうやむやだった、となればこれは長谷川の世界戦にも影響してくるし、そもそも

  JBC何をやってんじゃ

と、あたしも「転向宣言」せにゃならん(苦笑)

請う情報!!!
2014.02.15 06:02 | URL | #mQop/nM. [edit]
B.B says... ""
大雪がおさまりましたが被害はありませんか?
昨晩は東京では珍しい吹雪きと、時々は雷まで交じってちょっと異常な感じがしました。
朝から雨に変わりましたがシャーベット状の雪に雨水がどんどんたまって足を滑らせる人も多く見受けられます。
皆さまどうぞ足元にお気を付け下さいませ。
自分は深夜からの納品が終わったのが今で、もう雪かきをする気力体力がありません。
明日の為に(もう今日ですけど)少し休養してまたがんばろ!

さてと、JBCの今の異常に気付く人はこれから増えて来るでしょうね。
関係者さんの中には「IBFは他に比べればルールに厳格だし、事実上の実務最高責任者のタッカーさんがルールを知らないとか言い間違えるなんてチョット考えられない」と言われる人は当初から複数いましたが、統一試合ルールにどう書かれているかは僕も知りません。
バンコクさんの言われる「IBF承認時のすり合わせ」「タッカーの勘違い」以下はその通りと思います。
この村ではよくある矛盾の一発解決!
さて、鶴の一声で一体何があったんでしょうね(苦笑

ここからはバンコクさん宛てじゃなくて僕のひとりごとの繰り返しなんで読み飛ばして下さい(笑
もう再三言ってる事ですが、僕はそもそもあれは世界戦と認めてはいけないという立場です。
相手が大幅な体重超過の時点で試合そのものが不成立ではないかと。
JBC試合ルールブックに示されたタイトルマッチの定義が壊れてしまうからです。
しかし、興行上の理由(選手、テレビ、関係者の意向も含めて)を優先して国内においてその権限があるJBCはそれを公式試合として承認して試合は行われた。
前例もありますし、ルールブックでも触れてますからこれを認めない訳にいかない。
利益権者がやりたいならやってもいいよ、認めるよと言うわけです。
しかし異例であり特例である事に変わりは無い、という事を先ず押さえておかなければならないと思います。

さてさらに、国内公式試合を管轄するJBCのローカルルールについてです。
正式には「日本ボクシングコミッション試合ルール」だったかな?
国内におけるJBCの役割りが良く解るものです。
誰でも買えますから一度興味のある方は手に取って見て下さい。
これあくまでも世界基準が元になっているようですが、日本の独自性が顕著に現れている部分が結構あって、個人的には実に日本のボクシング理念、またタイトルについて権威価値論に基づいて作られていると感心しているのです。
それは試合管理についても試合承認でもアジアでは類を見ないその厳格さは、利益相反する中でも苦労しながらボクシングの正当性を主張し発展させて来たのではないかと思えます。
そのこれまでの伝統と歴史こそが世界の中で権威として認められるものと思います。

暫定王座を何故認めないのか?
正当な理由が無い場合、王者は同時に二人いちゃだめよ混乱するからね、という第72条の1階級1チャンピオンの原則が論拠となっているでしょう。
王者の正統性を目指すものとしてこの考え方は間違ってないと断じて思う。

僕が拘るタイトルマッチの定義は第70条ですね。抜粋すると
タイトルマッチとは、チャンピオンとタイトル挑戦有資格者とが双方共に正規ウエイトで対戦し、かつ、JBCが承諾した10回戦以上の試合をいう。
あの試合も国内公式試合と承諾したんですよね。
つまり世界戦ルールも参照するけどJBCが関与する権限は当然ありますよ~ウチのシマでやってんだから~と言う事です。
権限あって責任無いは通らない。


問題になったのはこれですね。
第78条の1~3.
疲れちゃったんで要約すると王者が体重超過の場合は「タイトル空位ですよ日本では」
挑戦者が体重超過の場合はベルト懸けるか懸けないかは王者側が決めていいよ。だけど負けたら当然タイトルは空位ですよ日本では」
これが思い込みになっていなかったか?
ちなみに今回の通訳さんも興行サイドが用意したものだそうです。
おそらく・・というかテレビの人でしょう。
それはそれで良いんですが、それを複数で検証する体制はとっておかないといかんだろ?と。

試合とそれを決定するルールが根本から違うんですから、なんで文書に残さなかったの?なんて蒸し返しても今さら始まらんですけど、JBCがこれから先ずやるべきは興行主の処分じゃなくてまずルールの徹底と文書化。
そこから初めて性善説が成り立つと思うのです。
言葉も文化も違う人たちと一緒に仕事する事を決めたんだから。
2014.02.15 10:35 | URL | #bH1htKmU [edit]
ウチ猫 says... ""
何度かコメント欄でも書いてますが、日本国内における世界戦では、JBCコミッショナーが試合前と試合後のセレモニーでそれぞれ文書を読み上げますよね。
試合前に於いては「両者が検診や計量をきちんとパスしたから、この試合を世界タイトルマッチと認定する」という旨の、試合後には勝者に対し「王者と認定する」と。
タイトルマッチとしての試合の成立と、勝者を王者とすることをJBCに「認めてもらってる」ということは、とりもなおさず、JBCが王座認定団体と同程度以上の権限を持って試合運営にあたっているということだと思います(世界情勢だとかには関係なく、今までの実態として)。

そしてそれは、世界的にも一定の評価を得てきたと思いますし、その姿勢は海外の試合においても同様で、これまでJBCのメンバーがスーパーバイザー等で派遣された時には、事前に様々な事態を想定して、ルールの確認や両陣営への周知等に努めてきたと聞いております。

そうなるまでには、国内でも「(例えばある行為について)何で前は何も言われなかったのに今はダメなんだよ!」とか「ちっとは融通きかせろよ!」といった興行主等々からのプレッシャーもあったそうですが、スポーツとしてのボクシングの権威を守る為に厳しく線引きしてきたと思ってます。
ですから私は、ビジネス面はともかく、試合運営に関する部分は、JBCが責任と権利を持って任にあたるべきと考えます。

「ビジネス面はともかく」というのは、「だから興行主のことは罰しちゃダメよん」と亀田を擁護するわけじゃなくて(笑)、興行主がよからぬことをしたなら罰することもまた当然です。実際に今回、ファンが騙された形になったのは事実ですので、亀田プロの「結果責任」は問われることになるでしょう。そこに異存はありません。
ただ、「興行主のせいでルールが曲がった」というようなことは、JBCが試合の管理者である以上は有り得ないですし、もしそんなことが起きたのならその時点でJBCにも(もちろんIBFにも)責任の一端は間違いなくあると思います。何度も言ってますが、誰がなんと言おうと、何を画策しようと「適正な手順で決められたルールを覆すことは認めません!」で済むんですから。

ではなぜこんなことが起きたか…については、もう散々私たち含め皆さんが推理を披露していますが、結局事実は当事者しかわからないんですよね。だからデリケートかつ重要な事項については、言った言わないを防ぐ為に、確実な両陣営の確認を取っていれば…といった感じでフリダシに戻ってしまうんですが。

これ、かなり的外れな喩えかもしれませんが、ノーウッドとゲイナーの金的の打ち合いの試合がありましたよね。あれ、どちらが悪いのか等は別にして、少なくともあのレフェリーのカウントについては皆さん「何じゃそりゃ!」と思いませんでしたか?プロレスのリングアウトじゃあるまいし、イレブンを数えた時点で「それはおかしい」と思ったはずです。

あの件についても「実はレフェリーがゲイナーに買収されてた」とか「反則打については20カウントという特別ルールをひそかに適用してた」とか、いろいろな想像をすることは自由ですが、少なくとも目の前で起きている「10以上のカウント」は、どう考えてもおかしい、と思うのが普通でしょう。ファンの常識として備えているルールに照らしたら明らかに変ですから。

個人的な感覚としては、私が今回のJBCに対する思いもそれに近い感じです。
「ルールは前日に決めたんじゃないの?」「ならなぜそれを反古にするのを容認するの?」「それとも、きちんと確認しなかったの?」と。なぜいつも通りに普通のことをしないんだろう、ということです。

それでも、しかるべき結論が出たのなら納得したと思いますが、「映像もIBFの言質もある」と言ったわりには続報もなく、いつのまにか「ルール的には王座保持みたいだけど、知ってて言わなかった点はおかしいからその点について罰します」のような流れになり、そうかと思ったら今度は「ピーピルズさんが過ちを認めた」とかなんとか…
多少の混乱はあるにしても、もともと定められたことに照らして判断するだけの「非常に簡単な」ことなのに、こんなに時間がかかっていること自体が、適正な試合管理をしていなかったからではないか、と考えるのは普通じゃないでしょうか。

これも何度も言ってますが、私たちは別にJBC職員の方を追い出そうとしてるわけでもなんでもなく、きちんと、というか普通に仕事をしていただきたいだけです。
よく私たちを称して、かつてJBCにいたYさんを復権させる為の「手先」みたいに言うお馬鹿さんがいますが(笑)、現JBCスタッフがちゃんと仕事をしてくれるなら、別にYさんが復帰する必要などないわけです(ただし、氏を追い出す為に弄した策の数々はかなり悪質で、それは現在の仕事ぶりと関係なく責任を負うべきと考えておりますが)。

これだけ時間がかかってしまったのはもう巻き戻せませんから、せめて誰もが納得できる理に適った裁定を、重ねてお願いしたいと思います。
2014.02.15 12:48 | URL | #nZcYMxmY [edit]
says... ""
JBCはなぜ確認しなかったの?の一言に尽きます。
ケンロンさんのとこは、それさえわかっていない人が多いのが不思議でなりません。
最近は、そこに触れたくないのか、亀田が知らせなかったことに対してだけの処分と言い出す始末。JBCはコミッション。しっかり仕事をしろと言いたい。
2014.02.16 00:17 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
あらためてですけど、読み返すとバンコクさんや皆さんの書き込みで“そもそもの問題点と思われる事が”一つ二つと明らかになりましたね。
ブログをやって良かったなと、僕はそう思います。
ちゃんと議論になっていると感じます。

また、これは反省点としなければならないのかな?
僕らの主張もまだまだ完全ではありません。
ポジショント-クとのご指摘がありましたが、しかし主張としてどちらかに偏るのも仕方ないかな、と思うところはあります。何故なら僕らの主張にはそれなりの根拠があるからです。
今後とも反論反証をお待ちしております。

蛇足ですが、過去このブログで削除させて頂いたコメントは一件だけです。それもご本人に理由を伝え承諾して頂いています。
根拠無しと思われる個人への批判、若しくは中傷の類いは、まぁそうだろうなと思いつつも承認出来ない場合もあります。
宜しくお願いします。
2014.02.16 06:06 | URL | #bH1htKmU [edit]
B.B says... ""
あとこれは個人的な希望なんですが、ユニークアクセスも大分増えてきたので、出来ればハンドルネ-ムを付けて頂ければ有難いです。
コメント管理はもちろん出来ますが、有意義なコメントが増えて来ましたので。
2014.02.16 06:21 | URL | #bH1htKmU [edit]
やわらか says... ""
処分、処分て騒いでる人達も亀田憎しはわかりますが 一度冷静に経緯を振り返って欲しいですよね。

私はただの試合が面白ければいいという感覚のボクシングファンでした。

もちろんJBCルールブックやルールミーティングの内情も全く知らないので、hard browの方々やバンコクさんのやり取りをみていて勉強させていただいております。

2014.02.16 06:56 | URL | #- [edit]
ホシイモ says... ""
(○*´ω`*○)

凄いコメント数でつ

もりあがってまつね
2014.02.16 10:18 | URL | #bGf9qjkw [edit]
バンコク愚連隊カモノハシバージョン says... ""
>もりあがってまつね

ええんとちゃいます?(出身どこ?)
2014.02.16 13:38 | URL | #mQop/nM. [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
体重超過という前提を忘れてる人が余りに多いですね

トラブルが起きた時の対応も含めて『試合管理』だと思うのですが

>JBCも「ルールミーティングのビデオがぁ~」とかいわずとも最初から「合意がある」(きっぱり)といえばいいだけだったんですが…(それをしていないってことは???)

当初はそうだったんですよ。ルールミーテイングを反故にしたと言う論調だった。
なんか知らんけど途中から『言った言わないはどうでもいい』みたいな感じになって。いや今回のケースは「誰が何を言った言わない」が一番大事でしょと

いやほんまピープルズは「いや~メンゴメンゴ」みたいな感じで軽く謝ってますけど、今更おせーよと。これでIBFが瑕疵を認めたわけですから、亀田だけを処分しているのはおかしいですし、まして大毅をチャンピオンとしてランキング表に載せないなどは陰湿な嫌がらせに過ぎません。

これ憶測ですけど強気でカマしたら亀田が謝ると思ったら、全然謝らないので意地になってるだけじゃないかと。

一連のJBC裁判の資料や原告の皆さんの意見を参照すると、理屈に後付けが余りに多いんですよね。 「強く出て抵抗されたらかなり無理のある新証拠を出してくる」と言うサイクルの繰り返しでして。

2014.02.16 18:57 | URL | #- [edit]
ホシイモ says... ""
バンコクしゃん~関西の奈良県出身で大阪で働いてまつよ~去年某一流国家資格とれまつた~地獄の働きながら毎週20時間以上学習時間確保しての数年の勉強からやっと解放されまつた~まるでボクサーみたいでつ~一割しか合格できない国家資格で一年で二回合格しないといけないでつし二回の試験がありどちらも六時間半の試験でつ~二回合格しないといけまてんからね

(○*´д`*○)

リアルはいつもたいへんでつ
2014.02.17 12:01 | URL | #bGf9qjkw [edit]
どぶ猫 says... ""
あはは あはは
亀田君ボクシング協会からも聴取するみたいです
処罰うんぬんじゃなく情報収集らしいですが大橋会長でさえ把握していないのかねぇ
2014.02.17 19:22 | URL | #- [edit]
ホシイモ says... ""
今更~亀田ジムよびだしだそうでつ
東日本ボクシング協会対応おそすぎまつ

(○*´ω`*○)

数年前に東日本は亀田ジムを認めたのでつから
亀田ジム設立は反対意見がボクシングファンとか物凄く多かったでつし

その時に移籍させとけばまた歴史は違ったかもしれまてん
2014.02.17 19:34 | URL | #bGf9qjkw [edit]
バンコク愚連隊 says... ""
なんやホシイモ様勝ち組やん。
大したもんです。

あたしなんざなんの資格も持ってないっす。裸一貫っす。
2014.02.18 04:11 | URL | #mQop/nM. [edit]
B.B says... ""
ホシイモさん、凄いやないですか~おめでとうございます!
公認会計士さんかな?

だとしたら、金融庁絡むかな?是非とも健保金問題やってください!
僕ら○○連合会の方にお話しを聞いた事がありましたが、何度聞いてもチンプンカンプン・・
2014.02.18 18:02 | URL | #bH1htKmU [edit]
ホシイモ says... ""
バンコクしゃん
BBしゃん
ありがとうでつ
建築の免許でつよ
クリスマス前に発表ですた

勝ち組ではなくて今はびんぼっちゃまでつよ

【花粉前線 接近中】

   彡ミ. ゜~ ::. :.。
   彡ミ彡ミ: .:: 。:.~
  彡ミ彡ミミミ : 。~ :゜
 彡彡ミ杉ミミミ゜:: ゜~。
  ⊂|゜д゜i|: ゜ ::.゜~
   |iiハ⊂): ゜   :。
   (⌒) | ダッ
   三 `J

2014.02.19 08:32 | URL | #bGf9qjkw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/273-38066295