HARD BLOW !

『亀田をやっつけろ』と言う人のトホホな現状

 本郷記者による新着記事が出ました。いつも引用させて頂いてスイマセン

亀田問題の議論終了 JBCが今月下旬に最終処分決定

 
 さてさてこの記事も色んな意味で驚きに満ちた内容です

 気になる箇所を引用してみます(記事の引用は赤字)

 JBC側は、試合直後にIBFのタッカー氏が、一転、「負けても防衛」と語った記者会見についても、当初、亀田大毅の出席予定だった場所で行われたことから、その混乱を招く原因となった会見が開かれることをJBCに報告しなかったことも「ルール違反だ」との認識を持っていて、それについての説明も求めた模様。JBCは、試合の管理者であるJBCの許可がなく行われた記者会見は、オフィシャルなものとしては認められないという立場に立っている。

 「タッカーがルールミーティングの合意を反故にした証拠を我々は持っているんだソ!」「IBFも非を認めているゾ。これから公式に謝罪があるゾ!」というあの威勢の良さはどこへやら。ひたすらIBFの関与をぼやかして亀田に問題を集約させる姑息な印象操作であります。。そもそもこの文章なんか良く意味が分からないのですが?「タッカーが喋る予定じゃなかったけど、タッカーが話したからそれはルール違反だ!」と言う事でしょうか?こんなことで処分されてしまうとはオチオチ記者の質問に答えることも出来ませんね。そもそもIBFが試合前と試合後で見解を変えたということが処分の大前提なのに、その発言がメディアの前で出た現場を「無かったこと」にしようとする感覚自体度し難いものがあります。率直に言って意図がわからない。これはまあ多分処分理由が一個だと弱いので「亀田のルール違反の事例」としてひねり出した後だしジャンケン的なインネンなのでありましょう。でないといきなりこのタイミングで出て来た理由が見当たりません。

倫理委員会及び資格審査委員会のメンバー構成は、「メンバーにいらぬ圧力がかかると困る」という理由で発表されていないが、弁護士2人と、外部の見識者が入っていて、それぞれが意見を述べ、相当な処分はどうあるべきかが議論される。

なんとビックリ証拠の開示どころか誰が処分を下したのかも一切開示されないというのです?こんな情報開示の姿勢をなんでジャーナリストである本郷記者は是認されるのでしょうか?メンバーや議事録、客観的な証拠も開示されぬまま処分が決定されるなんてまるでどこぞの独裁国家の粛清ではありませんか。

 記事後半では栄光の日本ボクシングコミッションの理事長として、赤字組織を力強く牽引する秋山弘志さまのありがたいコメントも読めます。少し引用してみましょう

 「JBCは、ボクシング界の相互の発展のため各ジムが、ちゃんとルールを守っているかを見る“裁判所”的な役割も持っている。その業界内のルールが守れないのであれば、出て行ってもらうしかない」という厳しい意見を語っていた。(引用以上)

 裁判所だと力みかえる以前に、JBCに試合管理の責任があることは自明の事であります。それが試合会場でトラブルを未然に防ぐ事が出来ず信用を失墜させたあとで、時代劇のお奉行さながらに大向こうウケするスタンドプレーだけされてもこっちは困っちゃうわけでね...。

 さてさてボクシングファンはと目を転じてみれば、恩人のツイッターアカウントを乗っ取るという悪戯で茶目っ気を発揮したとかしてないとか言われているゴシップライター氏がやってるサイトに集まってるファンは、「契約は口約束でも成立するから文書なんかいらない」「気に入らない奴は相撲協会のように首にすればいい」とまさに現実逃避全開。


 国際間の契約で文書を作成しないなどということは、まともな会社や組織ならありえないし、相撲協会は結局裁判で敗訴し解雇された力士は競技に復帰しています。少し調べれば分かる社会常識や事実を参照すらせず、感情的に吹き上がってお互いを慰めているだけ。

 このまま裁判に突入するかと思うとJBC様の行く末が心配でたまりません。協栄ジムのように亀田一家にケツの毛までムシられなきゃいいのですが。亀田一家は金儲けが出来りゃいいんだから、裁判で稼がせたら思う壺だと思うのですが。みんなしっかりしてくれよ...


 IBFやTBSに取材をかけずJBCからだけ話を聞く取材姿勢がとても疑問な(旧徳山と長谷川が好きです)

Comment

B.B says... "亀田切りは今しかない!"
道理も筋道も関係ない!そんなヒステリックな思惑が見え隠れします。

はたして道義的責任を追及できる組織なのでしょうか?
権力闘争の中で、あの震災の混乱に乗じてクーデターを画策し、事実に反する理由で人材を解雇、懲戒解雇、あるいは退職に追いやった人たち。
組織運営に重大な損失を与えたのが現組織中枢ではないですか。
選手積立金を取り崩して人件費に充てるような道理も倫理観もない組織。
権威失墜させたのはお前らが悪い!と自らの襟を正そうともしない。

そもそもの現組織の出発を見れば、利権と保身と私怨でしか無かった事が何れ明らかになる。
世論の判断を仰ぐ為の重要な情報開示もままならないとは呆れてしまう。
確固たる理念も信念もそして勇気も自信もないから権威権力の行使に走るしかない。
権威というまやかしの陰に隠れて、風評を操り、私情の思うままにする外道。
組織のまやかしだから皆が騙される、単なる人の集まりと冷静に看破すれば明らかになる。

今、騒いでいる人たちに言いたい。
いいでしょう、諸悪の根源の亀田追放の後に本当にすべてが解決されるのか最後まで見届けなさいと。
公益法人放棄も積立金の問題も、そして今回の問題もすべてが他人の責任。
いなくなった人たちの責任と転嫁すれば、自分達の非とはならないはずと真剣に考えている。
醜い保身の人ら。こんな人たちに選手もボクシングも任せられるのですか?

日本の歴史と伝統である一国一コミッション堅持を主張する方も「どうであれJBCを守らなければならないが、現状は明らかにおかしい」と漏らされる。
本当は解っていらっしゃるのだと思います。
2014.01.16 05:27 | URL | #bH1htKmU [edit]
やわらか says... ""
委員会のメンバーが匿名な意味が全くわからないし説明もあやふやですね。

亀田憎いから処分だの追放だの言ってるひと達のネガティブな力もっと他の事に力を使えばいいのにと 毎度、毎度呆れてしまいます。

以前あるサイトのやり取りを閲覧していたら、今後、亀田が決定戦は行わず各階級の最強の王者に挑戦したら応援するか?のしつもんに対して

大嫌いだから今更なにしても応援しない

という答をみてさすがに悲しくなりました。
2014.01.16 06:50 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
誰がやったかも、どういう証拠の基づいてかも開示されないで処分だけが下されるって、ワンマン企業かヤクザ的な組織ならまあままありますが、一応スポーツの統括機関ですからね。これでいいんでしょうか?いいんでしょうね きっと。

2014.01.16 13:29 | URL | #- [edit]
says... ""
あそこのサイトのコメント見ると、同じボクシングファンとは思いたくなくなります。
JBCの管理問題には触れず、ひたすら、亀田追放一色という感じです。
フグの領収書の件、恫喝問題等、今まできっちり取材して結論出したことあるのでしょうか。それに、乗せられている信者?は、彼らの取材姿勢に何の疑問も持っていないのでしょうかね。まさしく垂れ流しの記事ばかりです。コメントするなんたら記者とかも、よくわかりませんし、疑問があるなら、孫さんに取材行ったように、直接、聞いて記事にすればいいと思うのですけど。
2014.01.18 10:16 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
フグの領収書で思い出しましたが、そう言えば亀田との癒着がさんざん取り沙汰された前事務局の話しです。
僕らの取材に応えて頂いたのは、以前のウチ猫さんの記事になりましたが、未だに風評を信じてる人はいます。
「処分を下したのは自分ですよ。何処でどうなったらそんな話しになるのか?コ-ヒ-一杯ご馳走になったこともありません」とキッパリ。
裏社会の人の実名まで挙がってまことしやかに噂されましたが、
「暴対やった自分がですか?どんなメリットがあるんですか?話した事もないです(笑)」とこれまたキッパリ。
まぁとにかく、きちんと取材すれば明らかになる事をしないんですから、何らかの意図があるんでしょう。
申し訳ないけど自分には見る価値もありません。
2014.01.22 04:01 | URL | #bH1htKmU [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/269-01223632