HARD BLOW !

「運営側がしっかりしていれば問題なかった」by村田諒太

村田は大毅に同情「運営側に問題」(デイリースポーツ)

うーむさすが金メダリスト、プロボクシング村の特殊論理にそまった近視眼的なファンやライター陣と一味違うまっとうな意見でございます。

JBC側が連発するリークのトーンも日々変化しています。『騒動の元凶となったIBF側は、JBCの問い合わせに関して完全に非があることを認めているようで、それらの背景もJBCの強気の姿勢につながっているようである。最終的にはIBFが、今回の大混乱を招いた問題についての声明を出す』『ルールミーテイングでリンゼイ・タッカー氏がタイトルが空位になるという旨発言している映像がある』と言う話はいつの間にやらウヤムヤになってますね。こういう記事で「JBCは確かな証拠をもっている」という印象さえ植え付けられれば、誰も事後の検証などしない。書く方も読む方も亀田を攻撃できればなんでも良いんでしょうね。

のみならず「JBC側にはルールミーテイングで交わされていた外国語での会話を理解している人間がおらず」「通訳もいなかった」ことが明らかになりつつあります。なんでもかんでもプロモーター頼みでやって、一旦トラブルが起これば「俺たちは悪くないよ」と逃げてしまう彼らが一体どのような試合管理をしているのでしょうか?ルールにのっとって厳しく運営していれば今回のようなトラブルは起こりようはないのです。

 昨日は亀田ジムサイドの代理人弁護士から、新たなリリースが出されました。
北村晴男弁護士が亀田ジム側見解を説明

 これまた前回と同じく奥歯にモノが挟まったような主張で、史郎の放言とは対照的に「JBCがウソをついている」と断定しないという煮え切らない態度。まあなんらかの戦略はあるのでしょうが...。当事者同士どちらも直接証拠と言える「ルールミーティングの映像」と「IBFからの回答」を参照せず、「とにかく謝れ」「いやまあそう言わないでお互いに調査しましょうよ」という変な状態になりつつあります。なんだこれ?

 しかし未だに「試合直後に英語のアナウンスがあった」という事実を踏まえていない批判をしてる人が多くて驚きます。やはりあのアナウンスは「JBCガンバレ」「亀田出て行け」の皆さんには不都合極まりないようで、「日本なのに英語でやるなんておかしい」というクレイジークレーマーのようなインネンつける人まで現れる始末。こういう教養や知性にたいする根深いコンプレックスは現在のJBCを覆う没論理・反知性的な傾向の反映でありましょうか?残念であります。


 亀田は処分後を睨んだ対応してるだろうなあと考える(旧徳山と長谷川が好きです)

Comment

ウチ猫 says... ""
「映像がある」「IBFも非を認めてる」というようなことは、JBCのような機関が発表した以上は「確定している事実」でなければおかしいわけで、そうであればこんな問題はとっくに片付いてるはずです。
少なくとも大毅の王座に関しては、亀田側の言い分を聞く必要すらなく、機械的・事務的に「ルールに則り空位」と発表できるわけで、それこそが世界戦統括団体としてまず決着をつけるべき事柄です。

それがこの体たらく。事実の検証も放棄して、亀田攻撃の拠り所が「プロモーターとしての道義的責任」とは、呆れてものも言えません。
仮にこのまま、「道義的責任」とやらで亀田陣営が処罰され、大毅の王座についても「試合当時のルールが参照される」以外の要因で剥奪されたとしたら、これはスポーツ界においてとんだ恥さらしですよ。

「ボクシングファンを自称されてる皆様」は、「一般人は知らないかもしれないが、亀田は汚いんだ。ボクシングファンはよく知っている」「これで亀田を処分できなければ信頼を失う」などとよく言います。
しかしこの件に限っては、今JBCが発信している「屁理屈にもなっていない理由」で処分が実行されたら、荒木記者のような大多数の普通の記者さんや、世間一般の常識人から失笑・嘲笑されることは間違いない。

ただそうなった時、ネットやメディア上で進んで意見を発信するのは「自称ファンの皆様」や亀田の時だけ騒ぐような人たちばかり。普通の人は反応するのもバカバカしくて相手にしないでしょうし、業界の人たちは基本的に、自分の商売に関係ないことには関与したがりませんから、見た目だけは「みんな納得」で平和になるんでしょうね。騒いでるのは私らのような変人だけなんで。
まっこと、めでたしめでたし、ですな。
2014.01.09 12:23 | URL | #nZcYMxmY [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
一般の人とボクシングファンとの関心ギャップが凄いですね。

勿論亀田には『プロモーターとしての道義的責任』はあります。それと同時にJBCには職権に応じた管理責任があるのです。その当り前のことを理解せず「JBCを批判する奴は亀田の味方だ」と短絡しちゃう人が多くて本当に驚くばかりです。「アイツらはもともと問題がある連中だから、なんでもいいから処罰すればよい」という発想は「怪しい奴がいたら証拠なんか無くてもいいから、しょっ引いて牢屋にぶち込め」と言ってるのと同じです。

普通の感覚であれば「ルールミーティングで交わされてる会話の意味が理解できていない」ことは管理者・統括者としては恥ずべき事だと思うのですが、「こっちに分かるように伝えてくれなきゃ困るよ」と言えちゃうところが凄いですね。彼らがいう『管理』ってなんなんでしょうね。JBC別に無くても世界戦出来るじゃん
2014.01.09 13:00 | URL | #- [edit]
ホシイモ says... ""
(*´ω`*)

今日も決まらなかったでつね
2014.01.09 19:56 | URL | #bGf9qjkw [edit]
says... ""
○論のコメントなんかを見ると、本当にボクシングに精通した人のものなのか非常に疑問です。まさしく近視眼的というか、本当にボクシングファンがコメントしているのかどうかも疑ってしまうこらいです。ルールミーィングの内容を証明する書類をJBCが持っていれば、なんの問題もないわけで、それってJBCの仕事でしょという感じがするわけですが。それとは別の問題で、リミットオーバーの相手に負けたら、王座陥落というのはありえない。ルールミィーティングで決める事項ではないと思います。
2014.01.09 23:46 | URL | #- [edit]
やわらか says... ""
契約ウエイト作れない選手に負けて陥落、空位はそろそろ見直すべきだと思います。ローカルタイトルも含めて。

2014.01.10 07:53 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
そうした意見や議論がファンからたくさん出るべきですよね。
自分も明文化されない暗黙のルールや、国際ルールとは言えプロスポーツとして合理的でないものの見直しなど、ファンが発信し変えて行く事は不可能ではないと考えますし、それを信じて発信しています。
それだけにファン(世論)の責任という一面に緊張もしますし、また常に真剣でありたいと思います。
ファンもいい加減ゴシップ的な興味は一旦置いといて、何が正論でそしてどうあるべきかに注視しなければならないと思います。
そうでなければ、ずっと同じ事の繰り返しで何も変わらない。

2014.01.10 09:44 | URL | #bH1htKmU [edit]
ななし。 says... ""
処分が下されたあとが、問題ですね。
3年前の前事務局長降格の時と同様に、一部のアンチが「万歳!」を
叫び、世間は冷ややか。でも、復帰とか、いう話は絶対なしにして、と
いう空気になると思います。マスコミはイエロージャーナリズムのところ
は除いて、中立を装っているところは、発表をそのまま書くだけでしょう。
亀田を救うのはおそらく、一般紙の一部など少数。もちろん、統括団体の
運営のまずさを中心に載せるところは ない と思います。
怖い世の中ですね。
戦後、何も日本人が学んでいないことが暴露されるようなものです。
先生(国=司法、行政)の見ていない所で、人を殴っても
殴ってない、という話。民事裁判がもっとスピーディならいいのですがね。
プロボクシングの死んだ日、として私は記憶します。

2014.01.10 15:34 | URL | #/OUezYRM [edit]
says... ""
恫喝問題などもどうなったのでしょうかね。
ジャーナリストになったり個人ブログになったりするので、読者も情報の捉え方がわからなくなってしまってるのでしょうか?
今回のこの問題に関しては、亀田側に追放になるような大きな非はないと思います。逆に仕事をしていないJBCが自らの非を認め、自分たちを処分するべきとさえ思いますけど。JBCは一体、自分たちは何のために存在してるんだということを理解してるのでしょうかね。
2014.01.11 09:44 | URL | #- [edit]
やわらか says... ""
昨夜は加藤ー中谷という前評判以上に熱い戦いを観戦したのでついつい拳○を覗いてしまいましたが、コメント数は相変わらず亀田をJBCが処分するかどうかに集中していて、加藤ー中谷は二桁コメント…そして相変わらずの永久追放!ガンバれJBC!…見るのも耐えられない、亀田とTBSへの罵詈雑言。なんだか観戦したあとの高揚とした気分が一気に冷めて悲しくなってしまいましたよ。せめて自分だけはああならないようにしないと、と思いました。

昨日の興業は試合は熱戦が多かったし、石田順裕のヘビー級テストスパーリングもあってあっという間に時間が過ぎました。

石田選手かなり身体大きくビルドアップされてましたが 動きが重そうでしたね。
2014.01.12 05:01 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
中谷選手やりましたねぇ・・僅か6戦目の載冠ですよ、驚きました。
自分はキャリアと粘り強さで加藤選手の防衛と見てましたが、こうした国内の好カードにも注目したいですね。
加藤選手に挑戦状を出していた斉藤司選手、両睨みで観戦に行ったようです。
http://ameblo.jp/p4ptsukasa/entry-11746736479.html#cbox

石田選手は再起後に村田選手とやりたがってましたが、いい返事はなかったようですね。
しかしキャリア残り僅かでのヘビー級挑戦は面白い。
ミドルとヘビーではパンチと体の圧力は雲泥の差ですが、スピードはあるし体もまだまだ若い。
藤本選手を攻略するのではないでしょうか。

と、自分は仕事でホールに行けませんでした。
やわらかさん、試合内容についてもご投稿頂けたら嬉しいです。
2014.01.12 05:29 | URL | #bH1htKmU [edit]
B.B says... ""
失礼しました、中谷選手7戦目での載冠でしたね。
2014.01.12 05:38 | URL | #bH1htKmU [edit]
やわらか says... "B.Bさん"
私は皆さんのように、ジャブがどうだとか、ストレートがどうだとかがどうも上手く書けないんです。かれこれ観戦歴20年になりますが未だにオーソドックスかサウスポーかこんがらがる始末でして…。

なので試合の流れだけを書きたいと思います。

1R、2Rともに中谷が初挑戦らしくスピード抜群のワンツーからのボディへの返しで加藤を攻め立てます。加藤は様子を見ている感じでしたね。

3R以降も中谷が攻め立てるんですが打ち終わりを加藤が狙いはじめます。これがよく当たるんです。中谷に余裕が無くなりはじめたと感じたのは同じ流れの4Rからでした。

途中採点は2-0で中谷。

5Rから6Rも中谷が攻めて加藤が受けて返す流れは変わらず。ただ中谷が打ち終わりの加藤の返しを被弾しなくなりました。ここが若さを感じましたね 試合の中で成長していってるんでしょうね。
5Rと6Rは中谷のラウンドでした。

7R、この回から加藤も前に出始めます、しかし長身選手苦手なのかパンチが
やや単発…かと思いきや終盤にフックが中谷の顎を捉えて中谷が腰砕けになります。加藤のラッシュの中7R終了。

8ラウンド、加藤が出て行くんですがどうも加藤から攻めると当たらないんですよね逆に頭が近くなりすぎてこの回あたりから加藤のバッティングが目立ちはじめます。

途中採点 3-0中谷

9Rから11Rは中谷が前半飛ばしすぎたのか少しスピードが落ちてきます。それを見て加藤が前にドンドンでてきます。再三頭が当たったために中谷は遂に瞼をカット。加藤も決定的なパンチはなかったですが盛り返します、単発ながら顔面に何発かクリーンヒットさせて、流れは
加藤ペース。

12Rここが勝負の別れ道中谷が逃げ切るか?加藤が攻め立てるか?

ここで両者が選んだのはどつきあいでした。中谷のボディからの返しで加藤が口を開いたり、加藤のフックで中谷が下がったりと一進一退の打ち合いの末のゴング。

結果 2-0で新チャンピオン中谷

いい試合でした!個人的には加藤の僅差判定勝ちかな?とも思いましたがナイスファイトでしたね。

是非再戦してほしいカードです。

会場に宮崎亮選手が元気そうに中谷の応援に来てたので、少しホッとしました。
2014.01.12 06:48 | URL | #- [edit]
B.B says... "ありがとうございます!"
う~ん、やはり激戦だったんですねぇ・・伝わって来ます。
中盤の中谷選手の変化、その後のベテランの押し返しには興味深いものがあります。
順調に来たキャリア未だ浅い選手で、いわゆるプロとして筋金が入る瞬間のラウンド、試合ってあると思うんです。
昔の事で恐縮ですが具志堅さんが鮮烈な王座奪取を遂げた後、初防衛戦で迎えた相手は曲者ハイメ・リオス。楽勝と予想された結果はダウンを奪われての辛勝。
その後の快進撃で13回防衛するわけですが、このリオスとの試合がプロとして初めて筋金が入った瞬間の試合だったと今でも思います。

中谷選手はアマチュアから大器と言われて来た選手にしても、加藤選手のキャリアは侮れない高いハードルだったはず。
挑戦者先攻でベテランの追いこみパターンは予想されましたが、これをなんとか凌ぎ切った中谷選手にはタイトルと共に大きな財産が。
もしかしたら、やわらかさんは筋金が入る瞬間を目撃されたかも知れなせんね。
井岡選手の成長も生で見てらっしゃいますしねぇ・・その中にあったかも。
だとしたら、実にうらやましい(笑
2014.01.12 07:15 | URL | #bH1htKmU [edit]
ウチ猫 says... ""
やわらかさん、リポートありがとうございます。
中谷選手は見たことが無いんですが、キャリアからしても最近の充実ぶりからしても、まあ加藤選手が順当に勝つんだろうと思っておりました。やはりボクシングはやってみなければわかりませんんね。

しかし加藤選手は日本と東洋の二冠王者でしたが、この試合は東洋タイトルしか懸かってなかったんですね。
外国人選手相手なら勿論そうなるのが普通ですが、日本人選手相手の場合は、それこそ「同じ日本人に負けたのに日本王者?」みたいになっちゃうから、必然二冠が懸かることがほとんどだと思うんですが。

片方でもベルトが残れば興行上便利というようなことなのか、あるいは井岡ジムが「勝ってもどうせ世界へ向けて返上するから日本王座はいらんですわ」等と言ったのか(笑)。
斉藤司応援団としては、今後どうなるのかちょっと興味ありますね。
2014.01.12 10:02 | URL | #nZcYMxmY [edit]
B.B says... ""
自分も前戦をyoutubeで見ました。

中谷正義対土屋修平 2013年7月25日 後楽園ホール
http://www.youtube.com/watch?v=Rcbkhogvmsk
2014.01.12 10:50 | URL | #bH1htKmU [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/266-7cda4299